【坂本龍馬】2017新発見の手紙の内容は?新国家設立に奔走していた

坂本龍馬が亡くなる直前に書いた手紙

そこには何が書かれていたのか?

龍馬は死の直前まで、新国家設立のために奔走していた


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

坂本龍馬が亡くなる5日前に作成した手紙が、2017年1月に発見された

・手紙の内容は「三岡八郎(由利公正)」を、新政府の財政担当にすべきだ・・と福井藩のサムライ「中根雪江」に要請するもの

・手紙は平成31年3月31日まで、高知市の「高知城歴史博物館」で展示されている


2017年1月、坂本龍馬暗殺5日前の手紙を発見

坂本龍馬

『引用元ウィキペディアより』

高知県は2017年1月13日に、2017年3月4日から開催されている『志国高知・幕末維新博』開幕事前記者発表会にて坂本龍馬の暗殺された『1867年11月15日の5日前』に、坂本龍馬から福井藩重臣の「中根雪江」宛の直筆の手紙を発見したと、尾崎正直知事より発表しました。

どこでどのように発見されたか、発見された経緯などは公表されていないが、高知県が大政奉還明治維新150周年を記念して開催する『志国高知・幕末維新博』のため全国の資料を調査する中で発見されたとのことです。

封書に入った形での発見で大変貴重な発見です。

封書には「才谷楳太郎」と、本紙では龍馬としている、また封書には「中根雪江様・御直披」としているが本紙では「中根雪江様 左右 」としていることから、内密に中根に渡されるようにしたものだと思われます。


スポンサーリンク

手紙の内容とは?

手紙は福井藩の重臣「中根雪江」に宛てたもので、その中で龍馬は当時、幕府への強硬な姿勢から謹慎処分中であった福井藩士の「三岡八郎(後の由利公正)」を、新政府の財政担当などの要職として、福井藩より出してほしいという依頼でした。

このことは龍馬の頭の中に、新政府の概要をイメージしていて、新政府の樹立に邁進していたということをあらわしています。

また、龍馬と福井藩の関係性が近いものであったといえるでしょう。

また、追伸として本日(11月10日)幕府の要人「永井尚志」に面会しようとしたが会えず、また明日会いに行くから、中根に同行できないかと尋ねています。

大政奉還がなされた約1か月後の事なので徳川家も含めた、新政府の形も思い描いていたのかもしれません。

この後、坂本龍馬の死後約1か月後、三岡八郎は新政府に出仕することとなり、新政府の資金調達や「五箇条の御誓文」作成に大きく貢献することになります。

手紙の実物はどこで観られるの?

現在、この手紙は「平成29年3月4日」から高知市の「県立高知城歴史博物館」で開催されている『志国高知・幕末維新博』で展示されています。

このイベントは「平成31年3月31日」まで開催の予定です。

まとめ

本日の記事をまとめますと

・2017年1月に坂本龍馬の暗殺5日前の福井藩重臣中根雪江宛の手紙発見されたと発表された。

・龍馬が福井藩士三岡八郎(後の由利公正)を新政府に出仕させるよう要望したもので、新政府樹立に邁進していた証となる。

・現在高知市の県立高知城歴史博物館で開催されている『志国高知・幕末維新博』にて展示されている。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


坂本龍馬」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「【坂本龍馬】死亡・暗殺の真相を解説!最期の様子とお墓の場所は?」の記事はコチラ
「坂本龍馬とおりょうは新婚旅行第一号じゃない?第一号はあの人だった」の記事はコチラ
「坂本龍馬の功績を超わかりやすく解説!当時の時代背景も合わせて説明」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る