フルベッキ群像写真の真相とは?明治天皇も坂本龍馬も写ってない!

幕末・明治の英雄たちによる集合写真「フルベッキ群像写真」について、真実をわかりやすく解説いたします。

「坂本龍馬・西郷隆盛」など、幕末から明治に活躍した有名人が、仲良く集合写真を撮影していた?

実は「天皇」も「龍馬」も写っておらず、「岩倉具視」の息子たちの写真だった


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・「フルベッキ群像写真」とは、フルベッキを中心に「幕末・明治の英雄」が勢揃いした写真のこと

・「西郷隆盛」から「坂本龍馬」まで、英雄たちが「せいぞろい」している・・・と言われているが実際には違う

・実際に写っているのは「岩倉具視」の息子たち


フルベッキ群像写真とは何か?

フルベッキ群像写真・・・オランダ出身のアメリカ人「グイド・ヘルマン・フリドリン・フェルベック」・・・通称「フルベッキ」という学者を中心にして撮影された写真のことです。

《フルベッキ群像写真》
『引用元ウィキペディアより』

この写真ですが、どうやら「幕末・明治の偉人たちが大集合した写真」と言われているようなのです。

西郷隆盛大久保利通勝海舟高杉晋作岩倉具視坂本龍馬・・・・挙句の果てには明治天皇まで写っている・・・なんていう説もあるほど・・。

本当にそんな写真が存在するのでしょうか?


スポンサーリンク

写真の真相とは?写っている人たち一覧

「フルベッキ群像写真」に写っている人達の名前入り写真を用意しました。

《フルベッキ群像写真》
『引用元ウィキペディアより』

中心の「大室寅之祐」という人物ですが・・・・これを若き日の「明治天皇」とする説まで存在します。

明治天皇や坂本龍馬、西郷隆盛が一同に介して写真を撮影した・・・。そんなことが本当にあり得るのでしょうか?

結論から言えば、「フルベッキ群像写真」には「明治天皇」は勿論「坂本龍馬」も「西郷隆盛」も「高杉晋作」も写っていません。


スポンサーリンク

明治天皇も坂本龍馬も、高杉晋作も写っていない

この写真は、「明治元年」にフルベッキの「英語学校」に岩倉具視の二人の息子「岩倉具定」と「岩倉具経」が入学した際に、それを記念して撮影されたもの。

「岩倉具経」と「岩倉具定」の兄弟が、明治元年に「フルベッキ」が教えていた佐賀の藩校「致遠館」へ入学したことは、はっきりしています。

周囲に写っている武士たちは、フルベッキの学校「致遠館」に通う弟子たち。

フルベッキの両隣に、「岩倉具経」と「岩倉具定」が座っています。

《フルベッキ群像写真》
『引用元ウィキペディアより』

この写真で「岩倉具経」と名前を入れた人物ですが、先程の「坂本龍馬」「西郷隆盛」たちの名前を入れた写真では、「岩倉具視」とされていました。

しかし、この人物が「岩倉具視」であるはずがないのです。岩倉具視の息子「岩倉具経」で間違いありません。

岩倉具経の写真と比べてみると、本人であることがよく分かるのです・・・。

《岩倉具経》
『引用元ウィキペディアより』

これが岩倉具経の写真。顔をアップにしてみます。

《岩倉具経》
『引用元ウィキペディアより』

上が、成長した「岩倉具経」

そして下が「フルベッキ群像写真」で「岩倉具経」とされている人物・・・。

同一人物で間違いないでしょう。フルベッキ群像写真で「岩倉具視」とされている人物は、実は「岩倉具視」の息子「岩倉具経」なのです。

《岩倉具経》
「引用元ウィキペディアより」

「岩倉具視」というのは真っ赤なウソ・・・・そして、この写真が岩倉兄弟入学を祝って「明治元年」に撮影されたものなら、明治維新前に亡くなっている「坂本龍馬」が写っているはずがないのです。

フルベッキ群像写真・・・・「幕末の英雄勢揃い」の写真だったら、とてもめずらしいものなのですが・・・犬猿の仲だった長州と薩摩の実力者同士が、一つの写真に写るはずがありません。

薩長同盟締結後なら、その場に幕臣だった「勝海舟」がいるはずもないでしょう。

挙句の果てには「明治天皇」が、京都御所を抜けて「フルベッキ」と写真撮影・・・ちょっと荒唐無稽にすぎるのではないでしょうか。

フルベッキは「1898年(明治31年)3月10日」に、東京赤坂葵町の自邸で亡くなっています。死因は「心臓麻痺」

墓地は東京「青山墓地」

フルベッキの子孫

7男4女、合計11人の子供がいましたが、その内3人が夭折し、横浜外国人墓地に眠っています。

孫の「ウィリアム」は太平洋戦争で日本と交戦。61歳で亡くなり、「アーリントン墓地」で眠っています。

曾孫に当たる「グイド・フリドリン・フルベッキ四世」(2014年9月現在30歳)は、アメリカの「ノーステキサス大学」で「化学」の教授をしておられます。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・フルベッキ群像写真は、幕末の英雄勢揃いの写真・・・と言われている

・フルベッキ群像写真には、「明治天皇」「高杉晋作」「坂本龍馬」「西郷隆盛」たちが写っていると言われている

・しかし実際には、西郷も坂本龍馬も、勿論明治天皇も写っていない

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました

「坂本龍馬」関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

これらの記事でも「坂本龍馬」の「逸話」や「功績」を簡単に理解できるように、極めてわかりやすく解説させていただいております。

「西郷隆盛」の記事

「西郷隆盛の家系図を調査!子孫はカフェ経営やタレント女医の夫に?」の記事はコチラ
「西郷隆盛の生涯年表を世界一簡単にまとめてみた!」の記事はコチラ

 

「坂本龍馬」の記事一覧

「坂本龍馬がどんな人物か分かりやすく解説!成し遂げた2つの業績とは」の記事はコチラ
「坂本龍馬の功績を超わかりやすく解説!当時の時代背景も合わせて説明」の記事はコチラ
「坂本龍馬暗殺の真犯人が判明?犯行場所では現在『かっぱ寿司』営業中」の記事はコチラ
「【坂本龍馬】死亡・暗殺の真相を解説!最期の様子とお墓の場所は?」の記事はコチラ
「坂本龍馬は新撰組・斎藤一が暗殺したのか考察!新選組は龍馬の敵か?」の記事はコチラ
「坂本龍馬を中岡慎太郎が暗殺した説とは?2人は考えが違い仲悪かった」の記事はコチラ
「【坂本龍馬】グラバーの手先でフリーメイソンと関係してた説を検証!」の記事はコチラ
「坂本龍馬は誕生日に死んだ?命日と生誕日が同じ説を徹底調査してみた」の記事はコチラ
「坂本龍馬・名言集!有名な数々の言葉の意味をわかりやすく簡単解説!」の記事はコチラ
「坂本龍馬のたち名前とその後一覧!姉・お栄が自害したって本当?」の記事はコチラ
「【坂本龍馬】2017新発見の手紙の内容は?新国家設立に奔走していた」の記事はコチラ
「坂本龍馬とおりょうは新婚旅行第一号じゃない?第一号はあの人だった」の記事はコチラ
「坂本龍馬が明智光秀の子孫説を検証!2人は似たような業績を残してる」の記事はコチラ
「【坂本龍馬】持ってた刀剣の名前は?長崎の柱に酔って刀傷をつけた!」の記事はコチラ
「坂本龍馬には別に本名があった?実は竜馬という名前は通称だった!」の記事はコチラ
「坂本龍馬が教科書から消える理由とは?超わかりやすく簡単に短く解説」の記事はコチラ
「坂本龍馬は評価されすぎ?彼の功績を検証して英雄か否か判断してみた」の記事はコチラ
「【坂本龍馬について】その生涯を簡単にわかりやすくまとめてみた!」の記事はコチラ
西郷隆盛が坂本龍馬暗殺の黒幕?『西郷黒幕説』が広まった2つの理由」の記事はコチラ

 

「坂本龍馬」の関係者 記事一覧

「【お龍とは】性格は超過激!坂本龍馬が暗殺されたその後の人生とは?」の記事はコチラ
中岡慎太郎の生涯と最期!実は坂本龍馬暗殺の動機を持つ容疑者の一人」の記事はコチラ
「【寺田屋事件とは】世界一わかりやすく解説!坂本龍馬と有馬新七」の記事はコチラ
「【山内容堂(豊信)とは】その生涯と最期!坂本龍馬と面識なかった?」の記事はコチラ
「【後藤象二郎とは】坂本龍馬と敵同士だった!大政奉還は後藤のおかげ」の記事はコチラ
「【陸奥宗光とは】その生涯と最期!坂本龍馬の盟友で、暗殺犯に復讐した」の記事はコチラ
勝海舟と坂本龍馬の関係を解説!勝が龍馬暗殺の黒幕という説は本当?」の記事はコチラ
松平春嶽と坂本龍馬の関係をわかりやすく解説!初代首相候補だった?」の記事はコチラ
吉田松陰と坂本龍馬の知られざる接点とは?龍馬は松陰の弟弟子だった!」の記事はコチラ
高杉晋作と坂本龍馬の関係を解説!天才革命家たちのエピソードが怖い」の記事はコチラ
徳川慶喜と坂本龍馬が大政奉還した理由!2つの狙いとその後を解説」の記事はコチラ
「【亀山社中とは?】集合写真付きで世界一わかりやすく、即効理解!」の記事はコチラ
「【船中八策とは】坂本龍馬が造ったわけじゃない!考案した黒幕は誰?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • 山と海
    • 2019年 6月 27日

    初めまして。

    作者も分からない某ブログで「尊王攘夷志士46人衆」と言う名前入りの写真を、たまたま目にしまして・・・そんなことがあるのか!と調べ回るうちに、こちらの記事に辿り着きました。

    そして記事の内容に納得していますが・・・ただ一つ、坂本龍馬と書かれている人物は、高知県で見かける肖像画(写真?)によく似ているように思います。この写真のコピーを高値で売っているサイトもありましたし、、
    龍馬の部分は合成写真でしょうか?龍馬だと言われたことによる刷り込み効果なのでしょうか。

    龍馬が写っているとする写真の撮影年月は、確かに暗殺される2年前が記載されていたと思います。

      • rekishiru
      • 2019年 6月 30日

      この度は、当サイトへお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

      坂本龍馬の写真の件ですが、おっしゃることごもっとも。
      確かに「坂本龍馬」に似ている気がします。

      ただ、この写真の人物が「坂本龍馬」である可能性は低いと思います。
      とはいえ、「絶対に坂本龍馬じゃない」と言えるほどの物証があるわけではなく、それを明確に証明することも出来ません。
      あくまでも「龍馬である可能性が低い」というだけの話です。

      実はこの写真の中で「西郷隆盛」とされる人物が「杖」をついているのですが、西郷隆盛は「禁門の変」で足を銃撃されて負傷。
      1864年の「禁門の変」の直後に撮影された可能性も否定は出来ない・・・のだそうです。
      となると、龍馬が亡くなったのは「1867年」ですので、もしかすると龍馬が写っているのかも・・・・・・となるかもしれません。

      曖昧な返答で恐れ入りますが、「龍馬じゃない」と確定はしていませんが、「龍馬である可能性は低い」と思います。

      この度はお越し下さいまして誠にありがとうございました。
      またぜひぜひお越し下さいませ。
      ありがとうございました
      失礼致しました

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る