【陸奥宗光とは】その生涯と最期!坂本龍馬の盟友で、暗殺犯に復讐した

外務大臣「陸奥宗光(むつむねみつ)」について、その「生涯」と「最期」、「子孫と家系図」について、わかりやすく解説いたします。

「海援隊メンバーで、坂本龍馬の盟友。カミソリ大臣と呼ばれ、不平等条約の撤廃に力を尽くした」

実は「龍馬暗殺」の犯人に対して、復讐していた!


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・「陸奥宗光」とは、明治政府の外務大臣。「不平等条約改正」に尽力した

・陸奥宗光は、坂本龍馬の盟友で「海援隊」で共に活動した

・「天満屋事件」で坂本龍馬暗殺の犯人と思われる「紀州藩士」に報復している

≪陸奥宗光とは?その功績をわかりやすく解説≫

陸奥宗光

明治政府の外務大臣。

とてつもなく頭が切れる人物であったため「カミソリ大臣」と呼ばれた人物。

明治以前は「陽之助」と名乗っていました

《陸奥宗光》
『引用元ウィキペディアより』

坂本龍馬とともに「海援隊」で活動していた人物で、龍馬の弟分のようなお方。


スポンサーリンク

陸奥宗光の功績

陸奥宗光の功績を短く解説いたします

・坂本龍馬とともに「海援隊」で活躍

版籍奉還廃藩置県・徴兵令・地租改正などの明治政府による改革に尽力

・西欧列強との「不平等条約改正」を成功させた

・後の名外務大臣「小村寿太郎」の才能を見抜き、育て上げた

陸奥宗光・・・坂本龍馬とともに活躍し、日米和親条約日米修好通商条約で始まった「不平等条約」の改正を、小村寿太郎とともに実現した外務大臣ですね。


スポンサーリンク

子孫

陸奥宗光の子孫は、どこで何をしているのでしょうか?

陸奥宗光の孫「陸奥イアン陽之助」さんは2002年に他界。

妻で元アナウンサー本多寿賀さんとの間に、おそらく子供がいるだろうとは思うのですが、はっきりとはわかりませんでした。

美女・陸奥宗光夫人

陸奥宗光・・・彼自身も有名な人ですが、その妻「亮子」夫人もまた、とても有名な方です。

亮子夫人は、その美しさと賢さから「ワシントン社交界の花」と呼ばれていました。

《陸奥亮子》
『引用元ウィキペディアより』

元々は芸者さん。

男嫌いで有名だったようですが、妻「蓮子」を亡くした陸奥宗光の後妻として迎えられています。

板垣退助の妻「小清(こせい)」と並び、「新橋の双美人」と讃えられたのです。


スポンサーリンク

≪陸奥宗光の生涯と最期≫

陸奥宗光の生涯と最期を解説いたします

生い立ち

1844年、紀伊国和歌山にて、紀州藩士「伊達宗広」と政子の六男として誕生。

「伊達政宗」の子孫を自称していましたが、実際には、「織田信長」に敗北した「今川義元」に仕えた「駿河伊達家」が先祖であり、伊達政宗とは同族というだけで子孫ではありません。

父親からの教育による影響で、「尊皇思想」・・つまり天皇に対して忠誠心が強い性格に。

1852年、父が藩内で失脚したため、困窮に苦しむこととなるのです

幕末・・・坂本龍馬との出会い

1858年、江戸へ

江戸で「坂本龍馬」や、長州藩の「桂小五郎」「伊藤博文」と出会う。

1863年、勝海舟や坂本龍馬の「神戸海軍操練所」に入所。

1867年、坂本龍馬の「海援隊」に加わり、坂本龍馬とともに活動するようになります。

坂本龍馬が「陸奥宗光」のことを評価して、こんなことを言っています。

「刀を二本も差さずとも、食っていけるは、俺と陸奥」

後に「カミソリ大臣」と呼ばれる片鱗を、すでに見せていたようです。

1867年、坂本龍馬は「近江屋事件」で暗殺されてしまい、陸奥宗光は犯人と思われる人物に復讐しています。


スポンサーリンク

明治維新の後

1868年(明治元年)、岩倉具視から推薦を受けて、「外国事務局御用係」となります。

その後は、兵庫県知事・神奈川県令・元老院議官などを歴任

禁固刑

1877年、西郷隆盛による西南戦争が勃発した際に、陸奥宗光が「政府転覆」を狙った人物と連絡を取っていた疑惑が浮上。

1878年、禁錮5年の実刑判決を受け、山形や宮城の監獄へ幽閉。

1883年、特赦により釈放。

ヨーロッパへ留学

釈放直後、「伊藤博文」から留学をすすめられて翌年にはイギリス・ロンドンに到着

ウィーンで、明治憲法制定のきっかけとなった人物「シュタイン」から、国家学を学んだ


スポンサーリンク

政治家として復帰

1886年、帰国

同年、外務省へ

1888年、駐米公使に任命された

同年、メキシコとの間で、日本最初の対等条約「日墨修好通商条約」の締結に成功

農商務大臣に就任。

1890年、和歌山県1区で出馬歳、衆議院議員に初当選。

1891年、薩摩藩閥との政争により政務部長を辞任。

1892年、辞職して「枢密顧問官」へ

外務大臣・不平等条約改正と小村寿太郎

第二次伊藤博文内閣で「外務大臣」に就任

1894年、英国との間で「日英通商航海条約」を締結。治外法権の撤廃に成功

同年、日清戦争が勃発しているが、日英間の不平等条約撤廃のために、陸奥宗光はこの「日清戦争」を最大限利用しています。

陸奥は、日本にいる「英国人居留民」を盾に利用するという離れ技をやってのけています。

陸奥は英国代表に、こんな言葉で脅しをかけています。

「日清戦争が勃発したら、当然日本は国際法を守って、英国居留民の生命と権益を、最大限守るつもりです。

ですので、どうか条約改正をお願いしたい。

もしも我々を文明国として認めずに、条約改正を拒むというのなら、文明国でない我々日本は、そもそも国際法を守る義務がないということになる。

となると、英国居留民を守る義務すらもないということになってしまいます。」

つまり「英国居留民」を守ってほしいなら、条約改正をしろ・・・・と脅しているわけです。

この後、アメリカ・ドイツ・イタリア・フランスとも同じ様に、「治外法権撤廃」の条約改正を成し遂げています。

そしてこの後、陸奥宗光により見出された後の外務大臣「小村寿太郎」によって1911年「日米通商航海条約」が締結され、「関税自主権」を回復。日本は完全に不平等条約撤廃に成功するのです。

 

同年、日清戦争が勃発。

1895年、下関条約で、日清戦争に事実上勝利して講和

ただ、戦勝で得た「遼東半島」を、「ロシア」「フランス」「ドイツ」による「三国干渉」で手放す。

陸奥は「遼東半島」を手に入れたら、当然「ロシア」が干渉してくるとわかっていたので、清国から多目に賠償を受け取っていた・・・と回顧録に書かれています。

(余談ですが、三国干渉の黒幕はロシアではなく、ドイツです。鉄血宰相ビスマルクを罷免したおかげで「露仏同盟」により挟み撃ちとなり、危機に陥ったドイツの皇帝ヴィルヘルム2世が三国干渉における真の黒幕。ヴィルヘルム2世がロシアからの攻撃を恐れ、日本を挑発しロシアとの関係を悪化させたのです・・・。)

1896年、肺結核のため、外務大臣を辞任。

最期

1897年(明治30年)、肺結核のため、東京都北区西ヶ原の自邸で亡くなります。

享年54歳

墓所は鎌倉市の「寿福寺」にあります。


スポンサーリンク

≪坂本龍馬の盟友!龍馬暗殺の黒幕に復讐していた!≫

坂本龍馬は、陸奥宗光のことを非常に評価しており、陸奥もまた龍馬を非常に尊敬していたと言われています。

近江屋事件で龍馬が殺害されると、陸奥は即座に復讐を開始

龍馬は生前、紀州藩と揉め事を起こしていました。(いろは丸沈没事件)

この「いろは丸」事件で、龍馬は紀州藩から大金を賠償金として引き出しているのですが、陸奥は「龍馬暗殺」の犯人を「紀州藩士・三浦休太郎」だと思い込んだらしく、海援隊の仲間15人とともに、三浦休太郎がいた宿「天満屋」を襲撃しています(天満屋事件)

この時「三浦休太郎」を新選組・三番組隊長「斎藤一」たち「新選組」が警護していた為、陸奥は新選組と交戦。

この戦いで、斎藤一は危うく落命するところでしたが、援軍がくると察知した陸奥は即座に撤退。

新選組隊士2名が亡くなっています。

天満屋事件が起こった「京都市下京区油小路」には、天満屋事件を記録する石碑が存在しています。


スポンサーリンク

龍馬暗殺の黒幕は誰?

しかし、最近の定説では「龍馬暗殺」の実行犯と黒幕は、「三浦休太郎」ではありません。

実行犯は「京都市中見廻組」の「佐々木只三郎」

佐々木に命じた黒幕は、会津藩主「松平容保」と言われています。

黒幕は幕府「若年寄」である「永井尚志」とも噂されていますが、大政奉還に賛成していた「永井」が、龍馬を殺す理由がありません。


龍馬暗殺」について、詳しくは以下のリンク記事をお役立てくださいませ

↓↓↓↓↓↓

「坂本龍馬暗殺の真犯人が判明?犯行場所では現在『かっぱ寿司』営業中」の記事はコチラ

スポンサーリンク

≪まとめ≫

本日の記事をまとめますと

・陸奥宗光・・・不平等条約「治外法権の撤廃」を実現した外務大臣

・陸奥宗光は、日清戦争後の交渉で活躍。ロシアが干渉してくることを見越していた

・龍馬と陸奥は盟友であり、龍馬暗殺後、陸奥宗光は紀州藩士・三浦休太郎に復讐している

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


坂本龍馬」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。
↓↓↓↓↓↓

「【坂本龍馬】2017新発見の手紙の内容は?新国家設立に奔走していた」の記事はコチラ
「坂本龍馬には別に本名があった?実は竜馬という名前は通称だった!」の記事はコチラ
「【坂本龍馬】死亡・暗殺の真相を解説!最期の様子とお墓の場所は?」の記事はコチラ
「坂本龍馬がどんな人物か分かりやすく解説!成し遂げた2つの業績とは」の記事はコチラ
「坂本龍馬の功績を超わかりやすく解説!当時の時代背景も合わせて説明」の記事はコチラ
「【坂本龍馬】持ってた刀剣の名前は?長崎の柱に酔って刀傷をつけた!」の記事はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る