伊藤博文暗殺の理由と真相が超コワイ!犯人と襲撃場所から浮かぶ矛盾

初代内閣総理大臣「伊藤博文」について、「暗殺」された「理由」や「真相」を、わかりやすく解説いたします。

「伊藤博文を暗殺した安重根。実は勘違いで暗殺してしまった」

暗殺理由・動機の一つに「孝明天皇を伊藤博文が暗殺したから」というものがあるが、それはありえない。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・伊藤博文を暗殺した犯人は「安重根(あんじゅうこん)」、暗殺現場は現在の中国「黒龍江省・ハルビン市」

・暗殺の理由は、「韓国独立」と「東洋平和」のため、らしいが、伊藤博文は朝鮮半島の「併合」に最期まで反対していた

・暗殺の動機・理由に「伊藤博文が孝明天皇を暗殺したから」という項目があったが、伊藤が孝明天皇を暗殺した可能性は極めて低い

・伊藤博文が亡くなった翌年1910年、日韓は併合された。安重根は「韓国を独立」させようとして伊藤博文を暗殺したらしいが、暗殺したせいで逆に「韓国は消滅」した


伊藤博文暗殺の犯人と、襲撃現場を解説

伊藤博文

松下村塾吉田松陰の弟子にして、初代内閣総理大臣

《伊藤博文》
『引用元ウィキペディアより』

「伊藤博文暗殺事件」が起こったのは「1909年(明治42年)10月26日」

場所は、清国・黒龍江省・ハルビン市の「ハルビン駅」

犯人は「大韓帝国」の民族運動家「安重根」

ピストルを至近距離から発射されたのです。

伊藤はロシアの「ウラジミール・ココツォフ」蔵相と、満州や朝鮮問題については話し合うために「ハルビン」へ来ていたのです。

伊藤博文は撃たれた直後に、犯人が朝鮮人であることを知らされ

「俺を撃ったりして、バカなやつだ」

と言ったみたいです。

この言葉・・・どういう意味なのでしょうか?


スポンサーリンク

暗殺の理由は?実は勘違いだった

なぜ安重根は、伊藤博文を暗殺したのでしょうか?

この「安重根」という人物。実は結構有名な活動家で、一部の日本人からも支持されていた人物

安重根は留置されている間、看守たちと親しくなり、看守たちは安重根の「助命嘆願」や「差し入れ」、死後は供養も欠かさなかったとか。

そんな安重根が伊藤を襲った理由は、本人が言うには「韓国のため」ではなく「東洋の平和のため」だそうです。

安重根は裁判で、動機について「15の理由」を公表しています。

1,伊藤博文の指揮で韓国王妃が殺害された

2,伊藤博文は兵力で無理やり「5箇条の条約」を締結したが、全て韓国にとって不利益

3,伊藤博文が締結した「12箇条の条約」は、韓国軍にとって不利益

4,伊藤博文は、韓国皇帝の廃位を画策した

5,伊藤博文のせいで韓国軍は解散させられた

6,不利益な条約締結を原因とし、韓国義兵が多数起ったが、伊藤博文は彼らを多数死なせた

7,韓国の政治権、その他の権利を奪った

8、伊藤博文は、韓国の学校で使う良好な教科書を焼却した

9、韓国民による新聞購読を禁止した

10、韓国の悪役人に金を渡し、銀行券を発行している

11,韓国民から国債を募り、土地を奪ったり役人にばらまいたりした

12,韓国皇帝を廃止し、日露戦争などを起こして東洋の平和を乱した

13、韓国に不利益な施設を多数つくった

14、伊藤博文は孝明天皇を殺めた

15,伊藤博文は、「韓国は無事」と偽りを世界に吹聴している


スポンサーリンク

実はこれ、結構いい加減で、事実と反するところが多々あります。

特に「孝明天皇を殺めた」という点ですが、孝明天皇が亡くなった当時、伊藤博文は長州藩及び桂小五郎の命令で、主に「薩摩藩」や「英国商人」を相手に「武器購入」の交渉役をしていました。

孝明天皇に危害を及ぼせる立場にありません。

安重根は、日本の天皇に敬意を払いつつ、東洋の平和を乱す伊藤博文を暗殺したらしいのですが・・・・・ちょっと見当違いです。

勘違いで暗殺・・・大久保利通の暗殺も勘違いが原因でしたが・・・伊藤博文も同じ目にあうとは・・怖いですね。

それどころか、安重根が伊藤博文を殺めてしまったことで、韓国は併合されてしまうのです。


スポンサーリンク

暗殺した結果、何が起こったのか?

伊藤博文が亡くなった翌年「1910年」、韓国は日本に併合されてます。

なぜ翌年に併合が起こったかというと「伊藤博文」は、日韓併合に強く反対した人だったから。この事件は「韓国併合賛成派」による陰謀だ!なんて噂が立つほどでした。

伊藤博文は、韓国の国力がつくまで「保護国」とすることには賛成していましたが「日韓併合」には反対していたのです。

なぜなら、日本国内の開発ですら巨額の資金が掛かり参っているのに、韓国まで併合したら費用が増して大変だから。

伊藤が韓国を保護国化して、国力をつけてもらいたかった理由は、韓国に38度線以南への「ロシア南下」を防ぐ盾になってもらいたかったからです。

日清・日露戦争に勝利したとはいえ、当時の日本の驚異は、あくまでも「ロシア」と「清」。

伊藤が残した言葉

「俺を撃ったりして、馬鹿な奴だ」

というのは、そういう意味だったのです。

安重根は、日本では「テロリスト」として扱われ、韓国では英雄扱い。

しかし・・・・安重根は、韓国があれほど「歴史の汚点」と忌み嫌っている「韓国併合」を加速させてしまった人なのです。

アメリカ出身の日本文学者「ドナルド・キーン」が言うには、安重根は「大韓帝国」消失を招いてしまったとのこと。

結果として韓国の歴史に汚点をつくってしまった安重根を、事もあろうに英雄扱いするのは、ちょっと筋違いな気がするのですが、どうやら韓国ではその価値観は通用しないみたいです。まぁ、朝鮮半島は、今も昔も「日本をおとしめるためなら、なにをしてもいいと考えている」ということでしょう。昔からそうだったんですね。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・1909年10月26日、伊藤博文は、清・黒龍江省・ハルビン市・ハルビン駅で、安重根に暗殺された

・暗殺の動機は「東洋の平和のため」だとか

・安重根の行動は「大韓帝国消失」を招いた

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


吉田松陰」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「【吉田松陰】松下村塾の門下生・塾生一覧!松陰の教えは超過激だった」の記事はコチラ
「吉田松陰と坂本龍馬の知られざる接点とは?龍馬は松陰の弟弟子だった!」の記事はコチラ
「吉田松陰の墓所が東京にある理由!なぜ宿敵・井伊直弼の墓が近くに?」の記事はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る