【版籍奉還とは】世界一わかりやすく解説!廃藩置県・大政奉還との違い

明治時代の改革「版籍奉還」とは、どんな制度だったのか?のちに行われた「廃藩置県」と何が違うのか、わかりやすく解説いたします。

版籍奉還とは「全国の『藩』にいた『お殿様』が、領地と領民を、天皇陛下にお返しすること」。

版籍奉還は、のちに行われる廃藩置県の下準備だったのです。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・「版籍奉還」とは、全国の「藩」が保有していた「土地」と民の「国籍」を朝廷に返上した改革のこと

・版籍奉還は、「廃藩置県」の下準備であり、新政府が全国を統治する「中央集権化」のために、必要な改革だった

・「版籍奉還」は、後の「廃藩置県」の布石。「大政奉還」とは、江戸幕府が朝廷に「行政・立法・裁判権」を返上した事件のこと


版籍奉還とは何か?世界一わかりやすく解説

版籍奉還とは、1869年(明治2年」に行われた改革のこと。

江戸時代まで、「土地(版)」と「民(籍)」は、各藩が所有していましたが、これを朝廷へ返上(奉還)するというのが「版籍奉還」

土地と人民を朝廷に返上???

これだけ聞くと何のことやらわかりませんが、「版籍奉還」をしなくてはならなかった理由を知ると、理解が進むと思います。


スポンサーリンク

なぜ版籍奉還をしなくてはならなかったのか?

「幕藩体制」・・・・江戸時代、全国は「藩」によって支配され、その藩は「幕府」によって支配される「地方分権」が強く、中央の権限が弱い状態でした。

その「藩」という古い統治機構が明治になっても残っていたのです。そのため藩が、民衆から税を取り立てていました。

全国3000万石の生産高の内、明治新政府が税を取ることが出来た地域は、わずか800万石。しかも、軍事権は各地域の各藩が握っていたため、「日本軍」という形での統一軍を作り上げることが難しい状況でした。

そのため、明治新政府としては、「藩」という「大名」個人による土地支配の制度を廃止し、政府が日本全国の人民を支配して税金を徴収し、全国統一型の「軍」を組織できる体制づくりが急務だったのです。

先祖伝来の土地・・・・・・藩とは、戦国時代に手柄をたてて、その褒美として徳川幕府からその支配権を与えられた領域のこと・・・。「明治維新」だから。「近代化だから」といっても、殿さまは、先祖から引き継いだ土地を、そう簡単に手放すことは出来ないでしょう。

本当は、明治政府は「藩を廃止して、県を置く(廃藩置県)」ことで、全国の府県を直接統治する体制を作りたいと思っていました。しかし、突然それをやってしまうと、全国の藩主たちが反乱を起こして、日本が戦火に巻き込まれてしまう・・・。

そのため、「廃藩置県」を行う前に、「版籍奉還」という「ユルい」の改革を行ったのです。「土地」と「人民」を朝廷に返すという形で、藩と藩主の権限を弱めようとしたわけです。

「版籍奉還」は、子孫に代々引き継がれていく「藩主」というものを廃止した改革ではありましたが、藩主はそのまま「知藩事(ちはんじ)」として、その土地のトップに任命されていました。

更に、知藩事にはそれぞれの藩の全収入の10分の1が、給料として定められていました。

「藩」と「藩主」を廃止しきれず、近代的な日本を作るためには、「版籍奉還」という改革では不十分だったのです。「廃藩置県」が必要不可欠でした。


スポンサーリンク

廃藩置県や大政奉還との違い

「版籍奉還」と「廃藩置県」・・・そして「大政奉還」は、何が違うのでしょうか?

まず「版籍奉還」とは、先程述べたように

「藩」が、所有していた「土地」と「人民」を、朝廷(天皇)に返すこと。

しかしその改革は不十分で、まだまだ藩の権限は強く残ったままでした。

「大政奉還」とは、1867年に将軍「徳川慶喜」が、それまで260年の間「江戸幕府」が持っていた「政権(行政・立法・司法権など)」を、朝廷に返上した行為。

「廃藩置県」とは・・・・一言でいえば、「版籍奉還」によって弱められた各地の「藩」を完全に廃止してしまった改革のこと。「版籍奉還」は、「廃藩置県」の下準備だったと言っても良いかもしれません。

1871年8月29日、「廃藩置県」が行われたことによって、「藩」という代物は完全に廃止。

「廃藩置県」に頑強に抵抗していた薩摩藩「島津久光」などの反乱が予想されていたため、薩摩・長州・土佐からの1万人の「御親兵(のちの近衛兵)」によって、鎮圧が予定されていました。

予想に反して抵抗は少なく、藩は廃止され「府県」に統一された事により、中央集権化が進み、日本は近代的な体制へと変貌していくのでした。


スポンサーリンク

『版籍奉還』について、レビュー(評論)!

「版籍奉還」は、後に行われた「廃藩置県」の下準備・・・と言っていいとは思いますが、これを行った「木戸孝允」や「大久保利通」の態度を見ていると、やはり極端に「内乱」を恐れていたことがわかります。

全国の4分の3を占める「藩」が、もしも一致団結して反乱を起こしでもしたら、おそらく日本は欧米列強につけ入るスキを与え、下手したら植民地になっていたでしょう。

まず「版籍奉還」で様子を見て、後に行われる「廃藩置県」のために何が必要なのかを探ったのでしょう。

版籍奉還・・・・・実はこれにより藩主の権限は弱められ、廃藩置県の際に「反乱したくても出来なかった」という事情もあったようですので、急激な改革を二段階に分けたと考えれば、版籍奉還は成功だったと言えるのではないでしょうか。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・版籍奉還とは、土地と人民を、藩から朝廷に返上したこと

・版籍奉還は、廃藩置県の下準備と、実験的な改革だった

・大政奉還とは、江戸幕府から朝廷への政権返上のこと。廃藩置県とは「藩」を完全に廃止してしまう改革のこと。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「【船中八策とは】坂本龍馬が造ったわけじゃない!考案した黒幕は誰?」の記事はコチラ
「【佐賀の乱とは】世界一わかりやすく解説!乱の原因と江藤新平の最期」の記事はコチラ
「【鎖国とは】国を閉ざした理由を解説!なぜオランダとだけ貿易してた?」の記事はコチラ
「【朝廷とは】世界一わかりやすく簡単に解説!幕府との違いはなに?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る