【地租改正とは】目的と内容を超わかりやすく解説!反対一揆が起きた理由は?

明治に行われた税制改革「地租改正」とは、いったいどういうものだったのでしょうか?

この税制改正に対して、大規模な「反対一揆(反乱)」が起きていますが、なぜそれほどまでに過激な反乱が起きたのか?

「地租改正」の内容や目的を、とってもわかりやすく解説いたしました。

これを読めば「地租改正」が簡単に理解できます!


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・「地租改正」とは、西郷隆盛たちにより明治時代に行われた「税制改革」。米からお金、収穫高から地価へ、税金のおさめかたを変えたこと

・それまでは明治政府ではなく、全国の各藩が税金を徴収する権利を保有していた。そのため明治政府は貧乏だった

・「地租改正」に反対した民衆により多数の「一揆(反乱・暴動)」が勃発した


「地租改正」とは何かを、超わかりやすく解説

「地租改正」とは何か?

≪地租改正反対暴動≫
「引用元ウィキペディアより」


一言でいえば「税金の集め方を変えた法律」のことです。専門用語で解説しますと「税制改正」です。

「納税方法(税金のおさめかた)」や「税率」が変化したということです。

江戸時代、それまでは「収穫高」に合わせ「お米」を役所にもっていけば、納税を達したことになっていたのに・・・。「地租改正」以後、今度からは「土地のお値段」の3%に当たる「お金」をおさめなさい・・・ということになったのです。

幕藩体制・・・日本の各地に「大名」、つまり「お殿様」が存在して、そのお殿様が「領地」ごとに、税率を定め、その税金を使って行政を行い、それを「幕府」という中央政府が統括するという制度です。

現在の日本では、北海道から沖縄まで、日本国民全員が同じ税率で税金をおさめています。(例外もありますが・・・)しかし、江戸時代の日本では、「藩」ごとに税率が異なっていたのです。

そのため、「地租改正」という「税金のおさめ方と税率」を全国で一本化する法律を造ることによって、公平な税金制度を定めることが、「地租改正」という制度改革だったのです。



スポンサーリンク


「地租改正」の目的は何?明治政府は「超貧乏」だった

地租改正には、明確な目的がありました。

それは「税制度」を日本全国で統一し、安定した収入を確保すること。

「明治政府」はとてつもなく「貧乏」でした。

新しい国家体制を作り、近代的な軍隊や産業、そしてインフラを整備しなくてはならないときにもかかわらず、日本は「藩」が税金を握っていたため、設備投資するお金がなかったのです。

征韓論」と言って、朝鮮半島に出兵するという計画があったという説がありますが、現実的に考えて、「朝鮮半島」という一国家を相手に戦争をする財力が、当時の日本にあったとは思えません。

それほど日本は貧乏だったのです。

貧乏だけど、近代的な軍を作り、各国と対等に交渉するだけの政府機関を整備する。

そのために日本の「近代産業」を育てなくてはならないのです。

「地租改正」は、近代国家を作るための基礎となる「収入」確保のために、絶対に必要な「税金」の改革だったのです。



スポンサーリンク


地租改正に対して「反対一揆」が多数勃発!一揆が起こった理由とは?

地租改正に対して、全国で「反対一揆」、つまり「過激な反対運動」が続発します。

理由は簡単。

税率がそれまでの江戸時代よりも高くなるから

地租改正で決定した税率は、地価の3%。

実はこの税率、江戸時代よりも高い税率なのです。

そのため、全国で増税に対して反対運動が激化。

これに対して、政府は税率を「2.5%」に引き下げることを決定。

これで民間の負担は、江戸時代よりも大体「20%」ほど軽くなりました。

「増税したから反対運動(一揆)」

かなりわかりやすい理由です。

平成の現在における「日本政府」も、虎視眈々と「消費税増税」を狙っていますが、実は「経済成長政策」を採用すれば、増税など不要。

増税よりも「減税」をすれば、国民の消費活動は活性化し、かえって「税収」は増えるのです。

消費税が「10%」にあがり、2020年、日本のGDPはかなりの打撃を受けて減少してしまいました。

現在の日本人も、増税に対しては、明治の民衆を見習って、毅然とした態度で挑むべきかもしれません。



スポンサーリンク


「地租改正」について「ひとこと」いいたい

地租改正。

この地租改正こそが、近代日本の礎となった政策と言っていいでしょう。

廃藩置県」「廃刀令」で身分制度を改革し、「士農工商」という身分を廃止して「四民平等」を実現。

「地租改正」で「税金」の制度を全国で統一。

これにより、日本全国を実質的にまとめ上げる「中央集権」が実現しました。

更に「徴兵令」で、近代的な軍隊を創設。

これらの改革で、大国「ロシア」や西欧諸国に対処する国家の形がやっと整いました。

当時の日本は、「ロシア」という圧力に対処するため、迅速な近代化が必要不可欠でした。

下手をすれば、「ロシア」により、日本が滅びる危険すらあったのです。

国民の負担が大きすぎた。そのため「一揆」が起きたのは仕方ないかもしれません。

しかし、当時の日本は、「メディア」制度が未熟だったせいもあるのでしょうけれど、「国難」に対する国民の意識が薄かった気がします。

現在の日本はどうでしょうか?

中国による「海洋進出」が過激になり、北朝鮮の「核兵器」と「拉致問題」が複雑に絡み合う国難のとき・・。

それにもかかわらず、「憲法9条」改正にも消極的。

変革を受け入れず、旧態然とした国家で、果たしてこの国難に対処できるのでしょうか?

国難・・・それは外敵によるものではなく、「危機意識のない国民」が引き起こすものなのかもしれません。



スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

・地租改正とは、全国統一型の「税」の制度改正

・明治政府は、とても貧乏で、「地租改正」による「税金の安定収入」が必要だった

・「地租改正」で実質的に「増税」となったことにより、全国で「一揆(反対運動)」が頻発した

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「長州藩主「毛利敬親」とは?吉田松陰たち維新志士を育てた幕末の名君」の記事はコチラ
「薩摩藩と長州藩はなぜ対立していたのか?その後同盟した理由を解説!」の記事はコチラ
「薩長同盟とは何かわかりやすく解説!同盟締結の場にいた人物は誰?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 5月 16日

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る