徳川家康の死因は天ぷら?真田幸村に暗殺された説は本当か考察!

徳川家康の死因とは?

天ぷらを食べて亡くなったというのは、まさか毒殺?

真田幸村に暗殺されたという噂もあるが、本当かどうかを考察!


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

徳川家康の死因は「胃がん」と考えられている

・「天ぷらを食べて食中毒で亡くなった」というのは、可能性が低い

・家康は真田幸村に暗殺されていた・・・という説も、おそらくあり得ない


徳川家康の死因

1616年4月17日午前10時頃

徳川家康・死去

享年75歳

その死因は、最近の研究で「胃がん」だったと考えられています。

血を吐き、しこりが腹部に現れ、黒色の便・・・どれも「胃がん」の症状だそうです。

家康は老後、かなり肥満だったとか。

にも関わらず、死の直前、めちゃくちゃ痩せていったと記録が残っています。

それもまた「胃がん」の症状・・・・。長く患っていたのかもしれません。

天ぷらを食べて亡くなった説

一説によると、家康は「鯛の天ぷら」を食べて亡くなった・・・とされています。

すったニラをかけた「鯛の天ぷら」を食べ、食中毒で亡くなったと・・・・。

実際家康は、亡くなる直前の1616年1月21日夕方、鯛の天ぷらを食べて倒れています。

しかし、亡くなったのは4月17日です。

食中毒で亡くなったなら、3ヶ月弱も間が空くのは説明が付きません。

「天ぷらを食べて亡くなった」と言うのは、後世の創作・・・又は勘違いの可能性が高いでしょう。

ちなみに家康が「天ぷら」を食べて体調を崩したため、後に江戸城では「天ぷら禁止」になったと噂されています。

しかし実際には、江戸城の侍女が天ぷら調理中に火災となりかけたため、「天ぷら禁止」になったのだとか。


スポンサーリンク

真田幸村に暗殺された?

「幸村・暗殺説」

一説によると「真田幸村」に「暗殺された」という話もあるようです。

真田幸村といえば、1615年5月7日、「大坂夏の陣」で家康を追い詰めるも、あと一歩で戦死した名将。

徳川政権下でも、名将と絶賛されていた武将。

あと一歩で「家康」を打ち取れた・・のもかかわらず、戦死してしまったため、人々は幸村の死を惜しみました。

そのためなのか、「真田幸村生存説」がよく語られています。

「花のようなる秀頼を、鬼のようなる真田が連れて、退きものいたよ鹿児島へ」

という歌が流行ったほど・・・。

その説によると、家康は大阪夏の陣で、真田幸村により追い詰められ、駕籠にのって逃亡中に「後藤又兵衛」の槍で重傷。

堺の寺へ運ばれた家康は、この傷が元で死去。

堺市の南宗寺というお寺には「家康公の墓」なるものが存在しています。

後に、「徳川秀忠」も「徳川家光」も、この南宗寺へ参拝しています。

家康の影武者を「小笠原秀政」が務め、1年間その死を隠したとのこと。

又は、徳川四天王の一人「榊原康政」に見出された「矢惣次」という農民が、家康の影武者を務めたとのことですが、毒入り天ぷらで殺害された・・・と言われています。

おそらくですが「毒入り天ぷら」の説は、家康が「天ぷら」で亡くなった・・・という説に掛け合わせているのでしょう。

しかし、実際には家康は「胃がん」で亡くなっているので、「矢惣次」の説はあり得ません。

現実的に考えて、真田幸村に殺害されたというのは、無いでしょう。

何と言っても、家康に致命傷を与えた「後藤又兵衛」は、「真田幸村」による攻撃が行われる前日に亡くなっています。

つまり、「真田幸村による暗殺」説は創作。

家康は病死で間違いありません。

真田幸村も、大坂夏の陣以降、生きているとは到底思えません。

家康の「辞世の句」と、その意味

【辞世の歌】は2つ

「嬉やと 再び覚めて 一眠り 浮世の夢は 暁の空」

 

【嬉しいな!最期かな?と思って目を閉じたのに、また目が覚めてしまった!

この世でみる夢は、まるで暁の空のようだなぁ・・・。

さぁ・・・私はもう一眠りするとしよう】

「先にゆき 跡に残るも 同じ事 連れて行ぬを 何とぞ思う」

 

【先立つ私も、残される者たちも、いずれは亡くなるので、同じことよ。

他の者たちを連れて行くことは、断じてしないぞ。これで別れだ皆の者!】

その辞世からは「生き抜いた」「やり切った」という思いが滲み出ています。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・家康の死因は「胃がん」

・天ぷらを食べて亡くなったのではない

・真田幸村に暗殺されていたというのは、創作

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る