大久保利通の家系図を調査!子孫は内閣総理大臣で財務大臣のあの人!

「維新三傑」の一人「大久保利通」

「西郷隆盛」「木戸孝允(桂小五郎)」と並ぶ明治の偉人

彼の家系図と、子孫を調査した所、「内閣総理大臣」が子孫を判明!


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・大久保利通の子孫は、元内閣総理大臣「麻生太郎」さん

・麻生太郎さんは、家柄は良いが、質素な生活をしていたらしい

・大久保利通の家系は、下級武士出身。子供たちは娘婿も含めて、全員「政治家」


≪大久保利通の子孫は、あの人!≫

明治の偉人・・・大久保利通

実は大久保利通の子孫は、元・内閣総理大臣で、2018年現在「財務大臣兼副総理」を務めている「麻生太郎」さん。

麻生太郎さんは、大久保利通の「玄孫」・・・つまり「孫の孫」に当たる人です。

大久保利通には4人の子供いました・・・息子が3人娘が1人

大久保の次男で外務大臣・文部大臣などを歴任した「牧野伸顕」が、麻生太郎さんの「曽祖父」に当たられる人。

この「牧野伸顕」さんの娘「雪子」さんが、内閣総理大臣「吉田茂」に嫁いだのでした。

ちなみに、麻生太郎さんの妹「信子」さんが、皇室の「寛仁親王殿下」に嫁いでおられ「親王妃信子殿下」となっておられます。

大久保利通の血筋は、皇室にも入っているようです


スポンサーリンク

≪麻生さんは、坊っちゃんじゃなかった!≫

「吉田茂」といえば、「麻生太郎」さんの祖父。

吉田茂の娘「和子」さんが「麻生太賀吉」さんと結婚。

生まれた長男が、後の内閣総理大臣「麻生太郎」さん。

麻生太郎さんは、幼いころは福岡に住んでいましたが、小学生の時に東京へ。

お金持ちのお坊ちゃんというイメージの強い「麻生太郎」さんですが、両親の教育方針から、かなり質素な生活をさせられていたらしいです。

福岡で親代わりに育ててくれた祖母が、相当厳しく、とっても恐ろしい人だったのだとか。

両親に「ランドセル」を買ってもらえず、弟の「麻生次郎」さんと一緒に、同級生の中でも唯一、ズック生地のカバンを持たされていたとのこと・・。

スタンフォード大学へ留学していた時、仲間とお金を出し合ってテレビを借り、オリンピックの開会式を観たというエピソードも・・・。

結構「お坊ちゃま」ではなく、苦労されているのかもしれませんね。


スポンサーリンク

≪大久保利通の家系図≫

大久保利通は、一体どういう家系に生まれたのでしょうか?

鹿児島・島津家につかえていた大久保家

大久保家は、島津家に仕えた下級武士の家柄でした。

大久保利通は、長男。元々の名前は「大久保正助

父は「大久保利世」、母は「」、女性ばかりの家族だったようで、姉が1人妹が5人

妻の名前は「大久保満寿子(ますこ)

子供は4人。

長男・大久保利和(貴族院議員)

次男・牧野伸顕(外務大臣)【麻生太郎の曽祖父】

三男・大久保利武(貴族院議員)

長女・芳子(外務大臣・伊集院彦吉の妻)

子供たちは軒並み政治家ですね。

子孫も「政治家」を志す人が多いようです。

「家系図の引用などはご遠慮くださいませ」

名君と呼ばれた「島津斉彬」に、西郷隆盛とともに見出されて活躍。

大久保利通の最期は、1878年(明治11年)5月14日に「紀尾井坂の変」で襲撃され暗殺。

「紀尾井坂」は現在の「東京都千代田区紀尾井町清水谷」

不平士族6名による犯行。

享年47歳

西郷隆盛と大久保利通 破壊と創造の両雄 (PHP文庫) [ 立石優 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2018/9/22時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

大久保利通・・・壮絶な最期をむかえた、実質的には日本最初の首相

紀尾井坂の変

奇しくも大久保利通は、自らが終わらせた「徳川幕府」の分家「紀伊徳川家」「尾張徳川家」、そして徳川四天王「井伊家」の屋敷近くで亡くなりました。


≪まとめ≫

本日の記事をまとめますと

・大久保利通の子孫は、「麻生太郎」元内閣総理大臣

・麻生太郎さんは、質素な生活をさせられてきた

・大久保利通は、下級武士出身。子孫は政治家になっている人が多い

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする