大久保利通の家系図を調査!子孫は内閣総理大臣で財務大臣のあの人!

明治維新を成功させた大政治家「大久保利通」の「子孫」と「家系図」をわかりやすく解説いたします。

大久保利通には八男一女がおり、その子供たちもまた「政治家」の道を歩んでいた!

「子孫」は元内閣総理大臣「麻生太郎」氏。

安倍晋三政権では「財務大臣 兼 副総理」を務めていた。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

大久保利通の子孫は、元内閣総理大臣「麻生太郎」さん

 

・麻生太郎さんは、家柄は良いが、幼いころから「質素な生活」をしていたらしい

 

・大久保利通の家系は、下級武士出身。子供たちは娘婿も含めて、「政治家」が多い

 

・子供達9人は、「政治家」「学者」「実業家」など、各方面で活躍している


≪大久保利通の子孫は、あの人!≫

明治の偉人
大久保利通

《大久保利通》
『引用元ウィキペディアより』

実は大久保利通の子孫は、元・内閣総理大臣で、2018年現在「財務大臣兼副総理」を務めている「麻生太郎」さん。

麻生太郎さんは、大久保利通の「玄孫」・・・つまり「孫の孫」に当たる人です。

大久保利通には4人の子供いました・・・息子が3人娘が1人

大久保の次男で外務大臣・文部大臣などを歴任した「牧野伸顕」が、麻生太郎さんの「曽祖父」に当たられる人。

この「牧野伸顕」さんの娘「雪子」さんが、内閣総理大臣「吉田茂」に嫁いだのでした。

ちなみに、麻生太郎さんの妹「信子」さんが、皇室の「寛仁(ともひと)親王殿下」に嫁いでおられ「親王妃信子殿下」となっておられます。

大久保利通の血筋は、皇室にも入っているようです


スポンサーリンク


≪麻生さんは、坊っちゃんじゃなかった!≫

「吉田茂」といえば、「麻生太郎」さんの祖父。

吉田茂の娘「和子」さんが「麻生太賀吉」さんと結婚。

生まれた長男が、後の内閣総理大臣「麻生太郎」さん。

麻生太郎さんは、幼いころは福岡に住んでいましたが、小学生の時に東京へ。

「お金持ちのお坊ちゃん」というイメージの強い「麻生太郎」さんですが、両親の教育方針から、かなり質素な生活をさせられていたらしいです。

福岡で親代わりに育ててくれた祖母が、相当厳しく、とっても恐ろしい人だったのだとか。

両親に「ランドセル」を買ってもらえず、弟の「麻生次郎」さんと一緒に、同級生の中でも唯一、ズック生地のカバンを持たされていたとのこと・・。

スタンフォード大学へ留学していた時、仲間とお金を出し合ってテレビを借り、オリンピックの開会式を観たというエピソードも・・・。

そして祖父「吉田茂」が、孫「麻生太郎」さんの「アメリカ訛りの英語」を聞いて激怒。戦争に負けたアメリカの英語が気に入らず、「留学先を変えろ」と迫った話も有名です。

麻生太郎さん・・・結構「お坊ちゃま」ではなく、苦労されているのかもしれませんね。


スポンサーリンク


≪大久保利通の家系図≫

大久保利通は、一体どういう家系に生まれたのでしょうか?

鹿児島・島津家につかえていた大久保家

大久保家は、島津家に仕えた下級武士の家柄でした。

大久保利通は、長男。元々の名前は「大久保正助

父は「大久保利世」、母は「」、女性ばかりの家族だったようで、姉が1人妹が5人

妻の名前は「大久保満寿子(ますこ)

子供は5人。

長男・大久保利和(貴族院議員)

次男・牧野伸顕(外務大臣)【麻生太郎の曽祖父】

三男・大久保利武(貴族院議員)

五男・石原雄熊(いしはらたけくま)

長女・芳子(外務大臣・伊集院彦吉の妻)

子供たちは軒並み政治家ですね。

子孫も「政治家」を志す人が多いようです。

「家系図の引用などはご遠慮くださいませ」

名君と呼ばれた「島津斉彬」に、西郷隆盛とともに見出されて活躍。

大久保利通の最期は、1878年(明治11年)5月14日に「紀尾井坂の変」で襲撃され暗殺。

「紀尾井坂」は現在の「東京都千代田区紀尾井町清水谷」

不平士族6名による犯行。

享年47歳

 

実は大久保利通には「おゆう」という名前の愛妾がいました。

その「おゆう」との間にも、子供が4人いたのです。

四男・大久保利夫

六男・大久保駿熊(はやくま)

七男・大久保七熊(ななくま)

八男・大久保利賢

こちらの子供たちは、農学者などの学者の道を選んだ方が多いようです。

 

以下の書籍は、大久保利通について取り上げた書籍ですが、非常におもしろい作品でした。

 


壮絶な最期をむかえた「大久保利通」は、実質的には日本最初の首相の立場にあった人物です。

紀尾井坂の変

奇しくも大久保利通は、自らが終わらせた「徳川幕府」の分家「紀伊徳川家」「尾張徳川家」、そして徳川四天王「井伊家」の屋敷近くで亡くなりました。


スポンサーリンク


子供達の生涯

「大久保利通」の9人の子供達について、簡単にその「生涯」を解説いたします。

長男「大久保利和」(母・満寿子)

1859年
薩摩藩の鹿児島で生誕。

岩倉使節団に同行し、映画「ロッキー」の舞台「フィラデルフィア」の中学校へ留学。

 

1878年(明治11年)
「侯爵」の爵位をもらい、東京青森間の「鉄道計画」に力を尽くします。

 

1881年(明治14年)11月
私鉄「日本鉄道」を「岩倉具視」とともに創設。その後「甲武鉄道」という会社の社長を務めています。

 

1890年(明治23年)
「貴族院議員」に就任。

 

1928年(昭和3年)
引退。
弟で大久保利通の三男「大久保利武」に家督を相続。次男「牧野伸顕」は「牧野吉之丞」に養子入りしていたため、「大久保」の家督は相続できなかった。

 

1945年(昭和20年)1月20日
死去。


スポンサーリンク


次男「牧野伸顕」(母・満寿子)

1861年
薩摩藩の鹿児島で生誕。生まれて間もなく、父「利通」の義理のいとこ「牧野吉之丞」に養子入り。

しかし、養父「牧野吉之丞」が「戊辰戦争」の「北越戦争」で戦死。

 

1871年(明治4年)
父「利通」、兄「利和」とともに「岩倉使節団」で渡米。フィラデルフィアの中学校へ入学。

 

1880年(明治13年)
外務省へ入省。ロンドン大使館。イタリア公使。オーストリア公使などを歴任。

 

1906年(明治39年)
第一次西園寺公望内閣で「文部大臣」に就任。

 

1911年(大正元年)
第二次西園寺公望内閣で「農商務大臣」に就任。

 

1913年(大正3年)
第一次山本権兵衛内閣で「外務大臣」に就任。

 

1919年(大正8年)
「第一次世界大戦」の戦後処理である「パリ講和会議」に実質的な日本の責任者として出席。

 

1925年(大正14年)
「内大臣」に就任。

 

1936年(昭和11年)
「二・二六事件」で青年将校たちの襲撃を受けるも、孫「麻生和子」が盾になってかばったため、無事。護衛官が殺害された。ちなみに「麻生和子」さんは後の首相「吉田茂」の娘で、同じく後の首相「麻生太郎」さんの母。

 

1945年(昭和20年)
終戦

 

1949年(昭和24年)1月25日
死去。87歳。

 

「シャーロック・ホームズ」の大ファンだったそうです。父「利通」と同じく、他人の意見を頭ごなしに否定せず、再考を促す人だった。


スポンサーリンク


三男「大久保利武」(母・満寿子)

1865年(慶応元年)5月7日
薩摩国の鹿児島で誕生

 

1887年(明治20年)
アメリカおよびドイツへ留学

 

1894年(明治27年)
帰国。通訳官や台湾総督秘書官を歴任

 

1896年(明治29年)
内務省に入省

 

1900年(明治33年)
鳥取県知事に就任。その後「大分」「埼玉」などの知事を歴任。

 

1912年(大正元年)
大阪府知事に就任。

 

1928年(昭和3年)
兄「利和」の養子となって「大久保家」の家督を相続。同時に貴族院議員に就任。

 

1943年(昭和18年)
死去。

 

息子の「大久保利謙(としあき)」さんは歴史学者として活躍し、1995年に亡くなっています。


スポンサーリンク


四男「大久保利夫」(母・おゆう)

1867年(慶応3年)
誕生

 

海軍の軍人を目指していました。

海軍少尉となっていますが、27歳で若くして亡くなっています。

 

1894年(明治27年)
死去

五男「石原雄熊(たけくま)」(母・満寿子)

1869年(明治2年)
誕生。

親戚である「石原家」の養子となっています。

 

1943年(昭和18年)
死去。


スポンサーリンク


六男「大久保駿熊(はやくま)」(母・おゆう)

1870年(明治3年)
誕生

 

1887年(明治20年)
「駒場農学校(後の東京大学農学部)」に入学。この駒場農学校をつくったのは、父「利通」。

 

1894年(明治27年)
「駒場農学校」を卒業。

 

1898年(明治31年)
鳥取県農学校の教師に就任。

 

1904年(明治37年)
欧米へ留学

 

1908年(明治41年)
帰国

 

1912年(大正元年)
死去

七男「大久保七熊(ななくま)」(母・おゆう)

1871年(明治4年)
誕生

 

同志社大学で学んでいたとのこと。

その後「農学者」となって、兄「駿熊」と同じく「農業」の分野で活躍

 

1943年(昭和18年)
死去


スポンサーリンク


長女「芳子」(母・満寿子)

1876年(明治9年)
誕生

大久保利通の9人の子供達のなかで、唯一の女子。そのため、父「利通」から最も愛された。

毎朝、出勤する前の父と遊ぶ時間が、父「利通」にとっても大切な時間だったといわれています。

しかし誕生の2年後、1878年、父「大久保利通」が「紀尾井坂の変」で暗殺されてしまいました。

夫は薩摩出身の「伊集院彦吉」。

伊集院は、「第二次山本権兵衛内閣」で「外務大臣」を務めています。(ちなみに「第一次山本権兵衛内閣」では、義兄「牧野伸顕」が外務大臣を務めていました)

 

1965年(昭和40年)
死去

八男「大久保利賢」(母・おゆう)

1878年(明治11年)10月
誕生

 

誕生の5ヶ月前、1878年5月14日、父「大久保利通」が「紀尾井坂の変」で暗殺されたため、父の顔を知らずに育ちます。

「東京帝国大学」を卒業後、「横浜正金銀行(現在の三菱UFJ銀行)」に入行。

1936~1943年までの間、「13代目頭取」を務めています。

妻「和喜子」さんは、ダルマ宰相「高橋是清」の次女。

養父「高橋是清」は、「二・二六事件」で青年将校たちの襲撃を受けて亡くなりました。

同じく「二・二六事件」で、異母兄「牧野伸顕」も襲撃されましたが、孫「麻生和子」さんが盾になったため、無事でした。

 

1943年(昭和18年)
死去

≪まとめ≫

本日の記事をまとめますと

・大久保利通の子孫は、「麻生太郎」元内閣総理大臣

・麻生太郎さんは、質素な生活をさせられてきた

・大久保利通は、下級武士出身。子孫は政治家になっている人が多い

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク


「大久保利通」関連記事

以下のリンク記事では、「大久保利通」の「逸話」や「功績」について簡単にできるように、わかりやすく解説させていただいております。

よろしければこれらの記事も、ぜひお役立てくださいませ。

「大久保利通」の関連記事

「大久保利通の生涯と壮絶な最後!西郷隆盛と並ぶ『憎まれた英雄』の真実」の記事はコチラ
「大久保利通暗殺の犯人と襲撃場所を徹底検証!現場の状況がすさまじい」の記事はコチラ
「大久保利通の身長と体重はいくつ?病弱で痩せていたが背は高かった!」の記事はコチラ
「【大久保利通暗殺】犯人のその後と襲撃場所解説!事件の原因は勘違い!」の記事はコチラ
「大久保利通の子孫は【麻生太郎】!2人の系図をわかりやすく解説!」の記事はコチラ
「大久保利通・名言集と簡単年表一覧!維新の元勲から学ぶべき教訓とは」の記事はコチラ
「大久保利通の性格をエピソード解説!臆病者か清廉潔白な人格者か?」の記事はコチラ
「大久保利通の死因が超壮絶!ご遺体が受けた2つの無残な仕打ちとは?」の記事はコチラ
「大久保利通がしたことをわかりやすく簡単解説!暗殺された理由は何?」の記事はコチラ

 

「西郷隆盛」の関連記事

西郷隆盛と大久保利通はどういう関係なの?対立の理由と、残酷な最後」の記事はコチラ
西郷隆盛と大久保利通はなぜ対立した?2人の関係を物語る逸話とは!」の記事はコチラ
西郷隆盛と大久保利通の関係が悲しい!対立した末の『血塗られた手紙』」の記事はコチラ

 

「大久保利通」関連人物の記事

「大久保利通の父親・大久保利世!6年も流罪になった理由と生涯を解説」の記事はコチラ
「大久保利通の妻『大久保満寿子』の生涯!思わぬ運命に翻弄された最期」の記事はコチラ
川路利良の生涯と最期!「るろうに剣心」に登場した西郷を裏切った男」の記事はコチラ
島津久光の生涯・最期と家系図を調査!子孫は皇室に繋がっている?」の記事はコチラ

 

「大久保利通」に関係する歴史的出来事などの記事

西南戦争の原因を簡単にわかりやすく解説!西郷隆盛の最期と覚悟に絶句」の記事はコチラ
薩摩藩と長州藩なぜ対立していたのか?その後同盟した理由を解説!」の記事はコチラ
「【王政復古の大号令】と【大政奉還】の違いを超わかりやすく解説」の記事はコチラ
「【錦の御旗とは】その意味を解説!なぜ旗で戊辰戦争の勝敗が決したの?」の記事はコチラ
「【鳥羽伏見の戦いとは】わかりやすく解説!戦争の場所と新選組の戦い」の記事はコチラ
戊辰戦争とは何か簡単にわかりやすく解説!会津藩惨敗の2つの理由とは」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る