大久保利通の子孫は【麻生太郎】!2人の系図をわかりやすく解説!

「維新三傑」の一人にして、明治政府・内務卿「大久保利通」

その子孫にして、内閣総理大臣「麻生太郎」

2人の繋がりを、家系図を作成して、解説いたします。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・大久保利通の子孫は、元内閣総理大臣「麻生太郎」

・麻生太郎元首相は、大久保利通の玄孫(孫の孫)にあたる

・麻生さんが言うには、「大久保利通は、明治新政府の新体制を岩倉具視とともにつくった」とのこと


大久保利通の子孫は「麻生太郎」元総理大臣

初代内務卿にして、明治新政府の実質的な首相を務めた「大久保利通

《大久保利通》
『引用元ウィキペディアより』

西郷隆盛」「木戸孝允(桂小五郎)」と並び「維新三傑」と呼ばれた「大久保利通」の子孫は、元内閣総理大臣にして、2018年現在「安倍政権」で「財務大臣兼副総理」を務めている「麻生太郎」さんです。

麻生太郎さんは、「大久保利通」の玄孫・・・つまり「孫の孫」

その麻生太郎さんといえば、戦後の首相「吉田茂」の孫にあたるお方ということで有名です。

そして「麻生財閥」の御曹司・・・と言われていますが、幼い頃はかなり質素な生活をしていたみたいですね。小学校に通っていた時、弟の「麻生次郎」さんと「太郎」さんは、学校内で唯一「ランドセル」を買ってもらえず、ズック素材のカバンを使っていたのだとか。

九州・福岡で祖母に育てられていた時は、かなり厳しくしつけられていたようで、「祖母は怖かった」と証言しています。御曹司とはいえ、苦労しておられるようですね。

2018年の「安倍晋三政権」を支える麻生財務大臣・・・。

山口県(長州藩)を地元とする安倍晋三総理・・・その「晋」の字は、長州藩の偉人「高杉晋作」の一字をもらったものと噂されています。

「第二次安倍政権」・・・実は長州藩・安倍晋三さんと、薩摩藩・大久保利通の末裔「麻生太郎」さんの「薩長内閣」だったのですね。

ちなみに・・・元総理大臣「岸信介」の孫にあたる「安倍晋三」さんと「麻生太郎」さんもまた、吉田茂の長女「桜子」さんを通じて遠縁関係です。


スポンサーリンク

その他の子孫たち

大久保利通には、麻生太郎さんの他にも、たくさんの子孫がいます。

牧野伸顕の孫に当たる、昭和52年に亡くなった作家の「吉田健一」さん。作品「瓦礫の中」や「シェイクスピア」で読売文芸賞を受賞しています。

元産業医科学大学の学長「大久保利晃」さん

参議院議員「武見敬三」さん

通産省の事務方トップ・事務次官「牧野力」さん

とてつもないエリート集団ですね・・・。


スポンサーリンク

大久保利通から麻生太郎までの系図解説

大久保利通から麻生太郎さんまでの家系図をご用意いたしました。

大久保利通の次男で外務大臣「牧野伸顕」の娘「雪子」さんが、後の内閣総理大臣「吉田茂」と結婚。

吉田茂と「雪子」さんの子「和子」さんが、麻生財閥の「麻生太賀吉」さんと結婚し、麻生太郎さんが産まれています。

ちなみに「麻生太郎」さんの弟「麻生次郎」さんは、船の事故で若くして亡くなっておられます。

麻生太郎さんの妹「信子」さんは「寛仁親王」と結婚。「寛仁親王」は麻生太郎さんと友人で、太郎さんは結婚を後押ししたと言われています。

信子さんは2人の女王を産み、大久保利通の血は、皇族にも入っていることになります。


スポンサーリンク

大久保利通の子供達

大久保利通には、正妻「大久保満寿子」との間に5人の子供がいました。

長男「利和」は、貴族院議員として活動し、鉄道会社経営に携わり「実業家」としても活躍しています。

次男「牧野伸顕」は、外務大臣・宮内大臣・内務大臣として活躍。

三男「利武」は、通訳として語学力を発揮。西郷従道・松方正義の秘書官を歴任し、後に鳥取・埼玉・大分・大坂の知事をも歴任

四男は、後述いたします。

五男「石原雄熊」

長女「芳子」は、後の外務大臣「伊集院彦吉」と結婚。

そして、大久保利通には「おゆう」という芸姑の愛妾がおり、その人との間に4人の子がいました。

四男「利夫」、六男「駿熊」、七男「七熊」、八男「利賢」・・・八男の「利賢」氏は、後に「横浜正金銀行(現・三菱UFJ銀行)」の銀行頭取として活躍しています。

ちなみに「利賢」は「ダルマ宰相」と呼ばれ「二・二六事件」で亡くなった太っちょ首相「高橋是清」の娘と結婚。2人の間に産まれたのが、商社「丸紅」の重役を務めた「大久保利春」

この「大久保利春」は、「田中角栄」が失脚した「ロッキード事件」で逮捕されています。大久保利春は

「じいさんに合わせる顔がない」

と、逮捕されたことを終始後悔していたらしいですね。


スポンサーリンク

麻生太郎さんが語る『大久保利通』について

麻生太郎さんが、自らの先祖である「大久保利通」について語っていたことがありました。

「幕藩体制を破壊したのは西郷隆盛。

その後の新体制を築いたのは岩倉具視と大久保利通」

確かに、「戊辰戦争」「鳥羽伏見の戦い」の後、東征軍を実質的に率いていたのは、東征軍参謀「西郷隆盛」でした。その西郷隆盛が、勝海舟との会談で「江戸城無血開城」を成功させて、江戸幕府を崩壊させたのです。

その後の明治新政府を主導したのは、あくまでも「大久保利通」

彼は「内務省」を設置して、自らが「初代内務卿」に就任。内務卿は当時、事実上の「首相」ポストでした。

版籍奉還

廃藩置県

廃刀令

「学制」

地租改正

「徴兵令」

「士族反乱鎮圧」

「台湾出兵の戦後処理と、日清両国間互換条款への調印」

など、大久保利通が主導しています。

岩倉具視もまた、三条実美の代理を務めた後、新政府の政策実現に尽力。

麻生太郎さん・・・・近代日本の礎を築いたご先祖様のことを、とても尊敬しておられるのでしょう。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・大久保利通の玄孫(孫の孫)が、元総理大臣「麻生太郎」さん

・大久保利通の孫「雪子」さんが、元総理大臣「吉田茂」と結婚し、その孫が「麻生太郎」さん

・麻生太郎さんは、大久保利通について「岩倉具視とともに日本の新体制をつくった人物」と語っていた

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


大久保利通」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。
↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする