【王政復古の大号令】と【大政奉還】の違いを超わかりやすく解説

幕末に薩摩・長州と「岩倉具視」が起こした「王政復古の大号令」

その直前に、「徳川慶喜」が起こした「大政奉還」

これらは、どういう違いがあるのでしょうか?

「王政復古の大号令」とは、「新政府の樹立宣言」のこと。

「大政奉還」とは、「幕府から朝廷へ政権をかえす宣言」です。

この記事では、「王政復古の大号令」と「大政奉還」の違いを、わかりやすく簡単に解説いたします。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・王政復古の大号令とは、岩倉具視や薩長が起こした「新政府」の樹立宣言

大政奉還とは、徳川慶喜が行った「政権を朝廷に返上」する宣言

・王政復古の大号令とは、「徳川慶喜」を新しい政府から排除するためのクーデターだった


「王政復古の大号令」への経緯を解説!実は「大政奉還」への反撃だった

「王政復古の大号令」とは、1868年1月3日に起こった出来事

徳川慶喜の将軍職辞職による徳川幕府の廃絶

・摂政・関白など旧公家社会の解体

・三職(総裁・議定・参与)の設置による新政府樹立を宣言

などを決めた「政変」「大改革」のことを指します。

1867年の徳川慶喜による大政奉還により、倒幕の名目を失った岩倉具視を代表とする公家や、薩長などの討幕派が、起死回生を狙ったクーデター宣言ともいわれています。

倒幕派は「王政復古の大号令」をきっかけに、幕府を挑発し、無理やり「鳥羽伏見の戦い」を引き起こし、倒幕を実現したのです。


スポンサーリンク


「王政復古の大号令」とは何か、わかりやすく解説

王政復古の大号令は、五つの項目で成り立っています。

①将軍職辞職を勅許
徳川慶喜の将軍辞職届けを受理して、慶喜の政治的権限を奪うこと。

②京都守護職・京都所司代の廃止
この役職に就いていた松平容保や松平定敬を京都から追放し、一会桑連合(いっかいそうれんごう・・・一橋家,会津藩,桑名藩)をバラバラにすること。

③幕府の廃止
幕府組織を解体し、権力を新政府に全て集中させること。

④摂政・関白の廃止
5摂家中心の門閥体制を崩すこと。

⑤新たに総裁・議定・参与の三職をおく
これらの古い政治形態に変わり、総裁・議定・参与の三職をおいて新政府の政策運営を行うこと。

幕府の権限ははく奪され、すべて新政府にゆだねるというものです。

これでは、幕府はひとたまりもありません。

なんといっても「幕府」の権限を廃する・・つまり幕府を廃止してしまう宣言なのですから。


スポンサーリンク


「大政奉還」と「王政復古の大号令」の違い

ちなみに「大政奉還」とは、徳川慶喜による「政権返上」のこと。

それまで日本の政治を行っていたのは「江戸幕府」と幕府のトップ「征夷大将軍」でした。

しかし、徳川慶喜はその「政治を行う権利」を「朝廷」へ返したのです。

これにより、西郷隆盛大久保利通が画策していた「討幕」は出来なくなりました。

なぜなら「大政奉還」で、倒すべき幕府がなくなったから。

例えるなら

「内閣総理大臣を倒そうと、デモの許可を求めたら、デモを起こす前に総理大臣が自ら辞職したため、デモをする必要がなくなった」

というようなもの

大政奉還を「総理大臣の辞職」に例えるなら、王政復古の大号令は「新しい会社(新政府)の設立」に例えられるかもしれません。

「旧会社(幕府)の社長が気に入らないから、新会社(新政府)を設立して、社長(慶喜)以外の全員が新会社に移ってきた」

という感じでしょうか。

大政奉還は「慶喜による策略」、王政復古の大号令は「大政奉還に対する対抗措置」なのです。


すべては「徳川慶喜」を排除するためだった

王政復古の大号令によって、約700年ぶりに天皇主導で政治が行われることになりました。

総裁・議定・参与の三職の人事は、武力倒幕派だけでなく公議政体論・公武合体派からも選ばれており、そのため諸侯会議では、徳川慶喜の今後の扱いについて激しく対立しました。

慶喜を残しておくと、それを支持する勢力も生き残り、新体制は慶喜が手動するものと成るのでは?という恐れがあったために、完全に慶喜を排除した「王政復古の大号令」を起こしたともいえます。


スポンサーリンク


「王政復古の大号令」について「ひとこと」いいたい

実は「王政復古の大号令」が起こることを、徳川慶喜は事前に知っていました。

しかし慶喜は、この「王政復古の大号令」に対して、何も手出しせず、黙って薩長の好きなようにさせています。

「武家政権」・・・・平清盛や源頼朝らが武家政権を樹立してから、幕末まで約600年。それまで朝廷は、「建武の新政」を除いて、ほとんど政治をやったことがありません。

朝廷に実務経験がないことを知っていた慶喜は、「王政復古の大号令」で新政府樹立を宣言したことを黙って見過ごします。新政府を樹立しても、どうせ何もできないことを知っていたのです。

「幕府」という巨大な行政機関を、まるまる抱えている徳川慶喜は、なおも全国を統治する意思を宣言。朝廷も、それに信任を与えるという有様で、実は「王政復古の大号令」は失敗に終わっているのです。

これに焦った「西郷隆盛」が、後に「赤報隊」を率いることとなる「相良総三」らを使って、江戸の幕府側を挑発。庄内藩に「薩摩藩邸焼き討ち」などを起こさせて、「鳥羽伏見の戦い」を無理やり引き起こし、ついに「戊辰戦争」を勃発させるのです。

これにより「武力討幕」を実現し、「江戸城無血開城」で幕府は崩壊。徳川家康がつくった「江戸幕府」は265年で終わったのでした。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

・王政復古の大号令は、大政奉還により倒幕の名目を失った薩長などの討幕派が、起死回生を狙ったクーデター。

・幕府を完全に解体し、天皇を中心とした新政府による政治政権を樹立させるためのもの。

・徳川慶喜を完全に排除し、新体制での政治をはじめるためのもの。

長い歴史の江戸幕府は、こうやって新政府に政権を交代していったんですね。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク


「大久保利通」「西郷隆盛」関連記事

以下のリンク記事では、「大久保利通」「西郷隆盛」の「逸話」や「功績」について簡単にできるように、わかりやすく解説させていただいております。

よろしければこれらの記事も、ぜひお役立てくださいませ。

「大久保利通」の関連記事

「大久保利通の生涯と壮絶な最後!西郷隆盛と並ぶ『憎まれた英雄』の真実」の記事はコチラ
「大久保利通の家系図を調査!子孫は内閣総理大臣で財務大臣のあの人!」の記事はコチラ
「大久保利通暗殺の犯人と襲撃場所を徹底検証!現場の状況がすさまじい」の記事はコチラ
「大久保利通の身長と体重はいくつ?病弱で痩せていたが背は高かった!」の記事はコチラ
「【大久保利通暗殺】犯人のその後と襲撃場所解説!事件の原因は勘違い!」の記事はコチラ
「大久保利通の子孫は【麻生太郎】!2人の系図をわかりやすく解説!」の記事はコチラ
「大久保利通・名言集と簡単年表一覧!維新の元勲から学ぶべき教訓とは」の記事はコチラ
「大久保利通の性格をエピソード解説!臆病者か清廉潔白な人格者か?」の記事はコチラ
「大久保利通の死因が超壮絶!ご遺体が受けた2つの無残な仕打ちとは?」の記事はコチラ
「大久保利通がしたことをわかりやすく簡単解説!暗殺された理由は何?」の記事はコチラ

 

「西郷隆盛」の関連記事

西郷隆盛と大久保利通はどういう関係なの?対立の理由と、残酷な最後」の記事はコチラ
西郷隆盛と大久保利通はなぜ対立した?2人の関係を物語る逸話とは!」の記事はコチラ
西郷隆盛と大久保利通の関係が悲しい!対立した末の『血塗られた手紙』」の記事はコチラ

 

「大久保利通」関連人物の記事

「大久保利通の父親・大久保利世!6年も流罪になった理由と生涯を解説」の記事はコチラ
「大久保利通の妻『大久保満寿子』の生涯!思わぬ運命に翻弄された最期」の記事はコチラ
川路利良の生涯と最期!「るろうに剣心」に登場した西郷を裏切った男」の記事はコチラ
島津久光の生涯・最期と家系図を調査!子孫は皇室に繋がっている?」の記事はコチラ

 

「大久保利通」に関係する歴史的出来事などの記事

西南戦争の原因を簡単にわかりやすく解説!西郷隆盛の最期と覚悟に絶句」の記事はコチラ
薩摩藩と長州藩なぜ対立していたのか?その後同盟した理由を解説!」の記事はコチラ
「【錦の御旗とは】その意味を解説!なぜ旗で戊辰戦争の勝敗が決したの?」の記事はコチラ
「【鳥羽伏見の戦いとは】わかりやすく解説!戦争の場所と新選組の戦い」の記事はコチラ
戊辰戦争とは何か簡単にわかりやすく解説!会津藩惨敗の2つの理由とは」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • 通りすがり
    • 2019年 6月 02日

    面白く見させていただきました。
    しかしながら、慶喜が王政復古を黙ってみていた理由は、クーデター後に政権入りを松平春嶽より打診されたからです
    慶喜は警護にあたっていた会津桑名両藩には何も言ってまよね?
    あと西郷は戦を望んでいません。やっても多勢に無勢で負けると思っていたようです。

    参考
    NHK BS 英雄たちの選択 明治維新 最後の攻防~西郷・大久保”革命“への賭け~

      • rekishiru
      • 2019年 6月 02日

      この度は、当サイトをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
      貴重なご意見をいただき、感謝に絶えません。
      「英雄たちの選択」、さっそく確認させていただきます
      もしもよろしければ、ぜひぜひ貴重なご意見を、今後ともいただけましたら幸いです。
      ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る