【王政復古の大号令】と【大政奉還】の違いを超わかりやすく解説

幕末に薩摩・長州と「岩倉具視」が起こした「王政復古の大号令」

その直前に、「徳川慶喜」が起こした「大政奉還」

これらは、どういう違いがあるのでしょうか?

「王政復古の大号令」とは、「新政府の樹立宣言」のこと。

「大政奉還」とは、「幕府から朝廷へ政権をかえす宣言」です。

この記事では、「王政復古の大号令」と「大政奉還」の違いを、わかりやすく簡単に解説いたします。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・王政復古の大号令とは、岩倉具視や薩長が起こした「新政府」の樹立宣言

大政奉還とは、徳川慶喜が行った「政権を朝廷に返上」する宣言

・王政復古の大号令とは、「徳川慶喜」を新しい政府から排除するためのクーデターだった


《王政復古の大号令への経緯を解説!大政奉還への反撃の一手!》

「王政復古の大号令」とは、1868年1月3日に起こった出来事

徳川慶喜の将軍職辞職による徳川幕府の廃絶

・摂政・関白など旧公家社会の解体

・三職(総裁・議定・参与)の設置による新政府樹立を宣言

などを決めた「政変」「大改革」のことを指します。

1867年の徳川慶喜による大政奉還により、倒幕の名目を失った岩倉具視を代表とする公家や、薩長などの討幕派が、起死回生を狙ったクーデター宣言ともいわれています。

倒幕派は「王政復古の大号令」をきっかけに、幕府を挑発し、無理やり「鳥羽伏見の戦い」を引き起こし、倒幕を実現したのです。


スポンサーリンク

《王政復古の大号令とは?わかりやすく解説》

王政復古の大号令は、五つの項目で成り立っています。

①将軍職辞職を勅許
徳川慶喜の将軍辞職届けを受理して、慶喜の政治的権限を奪うこと。

②京都守護職・京都所司代の廃止
この役職に就いていた松平容保や松平定敬を京都から追放し、一会桑連合(いっかいそうれんごう・・・一橋家,会津藩,桑名藩)をバラバラにすること。

③幕府の廃止
幕府組織を解体し、権力を新政府に全て集中させること。

④摂政・関白の廃止
5摂家中心の門閥体制を崩すこと。

⑤新たに総裁・議定・参与の三職をおく
これらの古い政治形態に変わり、総裁・議定・参与の三職をおいて新政府の政策運営を行うこと。

幕府の権限ははく奪され、すべて新政府にゆだねるというものです。

これでは、幕府はひとたまりもありません。

なんといっても「幕府」の権限を廃する・・つまり幕府を廃止してしまう宣言なのですから。


スポンサーリンク

「大政奉還」と「王政復古の大号令」の違い

ちなみに「大政奉還」とは、徳川慶喜による「政権返上」のこと。

それまで日本の政治を行っていたのは「江戸幕府」と幕府のトップ「征夷大将軍」でした。

しかし、徳川慶喜はその「政治を行う権利」を「朝廷」へ返したのです。

これにより、西郷隆盛大久保利通が画策していた「討幕」は出来なくなりました。

なぜなら「大政奉還」で、倒すべき幕府がなくなったから。

例えるなら

「内閣総理大臣を倒そうと、デモの許可を求めたら、デモを起こす前に総理大臣が自ら辞職したため、デモをする必要がなくなった」

というようなもの

大政奉還を「総理大臣の辞職」に例えるなら、王政復古の大号令は「新しい会社(新政府)の設立」に例えられるかもしれません。

「旧会社(幕府)の社長が気に入らないから、新会社(新政府)を設立して、社長(慶喜)以外の全員が新会社に移ってきた」

という感じでしょうか。

大政奉還は「慶喜による策略」、王政復古の大号令は「大政奉還に対する対抗措置」なのです。


《全ては「徳川慶喜」を排除するためだった》

王政復古の大号令によって、約700年ぶりに天皇主導で政治が行われることになりました。

総裁・議定・参与の三職の人事は、武力倒幕派だけでなく公議政体論・公武合体派からも選ばれており、そのため諸侯会議では、徳川慶喜の今後の扱いについて激しく対立しました。

慶喜を残しておくと、それを支持する勢力も生き残り、新体制は慶喜が手動するものと成るのでは?という恐れがあったために、完全に慶喜を排除した「王政復古の大号令」を起こしたともいえます。


スポンサーリンク

《『王政復古の大号令』について、レビュー(評論)!》

実は「王政復古の大号令」が起こることを、徳川慶喜は事前に知っていました。

しかし慶喜は、この「王政復古の大号令」に対して、何も手出しせず、黙って薩長の好きなようにさせています。

「武家政権」・・・・平清盛や源頼朝らが武家政権を樹立してから、幕末まで約600年。それまで朝廷は、「建武の新政」を除いて、ほとんど政治をやったことがありません。

朝廷に実務経験がないことを知っていた慶喜は、「王政復古の大号令」で新政府樹立を宣言したことを黙って見過ごします。新政府を樹立しても、どうせ何もできないことを知っていたのです。

「幕府」という巨大な行政機関を、まるまる抱えている徳川慶喜は、なおも全国を統治する意思を宣言。朝廷も、それに信任を与えるという有様で、実は「王政復古の大号令」は失敗に終わっているのです。

これに焦った「西郷隆盛」が、後に「赤報隊」を率いることとなる「相良総三」らを使って、江戸の幕府側を挑発。庄内藩の薩摩藩体焼き討ちなどを引き出して、「鳥羽伏見の戦い」を無理やり引き起こして、ついに「戊辰戦争」を勃発させるのです。

これにより「武力討幕」を実現し、「江戸城無血開城」で幕府は崩壊。徳川家康がつくった「江戸幕府」は260年で終わったのでした。


スポンサーリンク

《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・王政復古の大号令は、大政奉還により倒幕の名目を失った薩長などの討幕派が、起死回生を狙ったクーデター。

・幕府を完全に解体し、天皇を中心とした新政府による政治政権を樹立させるためのもの。

・徳川慶喜を完全に排除し、新体制での政治をはじめるためのもの。

長い歴史の江戸幕府は、こうやって新政府に政権を交代していったんですね。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「【錦の御旗とは】その意味を解説!なぜ旗で戊辰戦争の勝敗が決したの?」の記事はコチラ
「【倒幕運動とは】わかりやすく解説!倒幕派誕生の原因は徳川慶喜?」の記事はコチラ
「【寺田屋事件とは】世界一わかりやすく解説!坂本龍馬と有馬新七」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る