大久保利通暗殺の犯人と襲撃場所を徹底検証!現場の状況がすさまじい

大久保利通暗殺の犯人と襲撃場所を徹底的に調査

暗殺現場は今どうなっているのか?

事件直後の現場状況が凄かった!


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・大久保利通暗殺の理由は、一言で言えば「悪政」を正す「世直し」。だが的外れだった

・暗殺現場は「紀尾井坂」。今は並木通りになっている

・犯人たちは、その後処刑された


大久保利通暗殺の理由!事件への経緯とは?

大久保利通

西郷隆盛木戸孝允と並ぶ「維新三傑」の一人にして、内務卿・実質的な首相として「明治政府」の舵取りをした人物

大久保利通
『引用元ウィキペディアより』

1878年、盟友「西郷隆盛」が西南戦争で亡くなった翌年、大久保利通もまた凶刃で命を落とすこととなります。

紀尾井坂の変

1878年5月14日、午前8時30分頃

明治天皇に謁見するために、自邸を出た大久保利通は、6名の暗殺犯に「紀尾井町清水谷」付近で襲撃されます。

16カ所もの傷を受けた大久保利通は亡くなります。

犯人たち6名は、その後、「斬奸状」という、犯行動機を書いた書状を手に警察へ自首しています。

その斬奸状には、大久保利通襲撃の理由が「5つ」書かれていました。

・大久保利通は国会を開設せず、憲法も制定せず、民の権利をないがしろにしている

・法令が激しく入れ替わり、役人採用が「コネ」で行われている

・必要のない土木工事に巨額の国費が浪費されている

・志士を排斥し、内乱を引き起こした

・諸外国との条約改正に乗り出していない

ちなみに大久保利通は清廉潔白な人で、自費を投じて公共事業を行っており、「8000円」の借金が残った程でした。

大日本帝国憲法は11年後の「1889年」に交付され、翌年施行されています。この時の日本に「憲法制定」はまだ難しかったのです。

内乱は確かに起こりましたが、前年「西南戦争」を最期に、現在まで日本で内乱は起こっていません。

結構いい加減な理由で暗殺されてしまったことがわかります。


スポンサーリンク

暗殺現場の状況!今、暗殺場所はどうなっている?

襲撃された場所は「紀尾井町清水谷」

現場はかなり悲惨な状況で、大久保が乗っていた馬車を引いていた馬が足を斬られ、更には従者が亡くなっていました。

大久保の傷も深く、前島密は事件後の大久保を見て、生々しい状況にショックを受けています。

事件現場が「紀尾井坂」の眼の前だったためこの事件は「紀尾井坂の変」と後世呼ばれるようになります。

「紀尾井」の地名は、かつてこの地に「紀州徳川家」「尾張徳川家」「井伊家」の屋敷が存在していた為、それぞれの頭文字を取って「紀尾井町」と呼ばれるようになったのです。

現在この地は「東京都千代田区紀尾井町清水谷」という住所になっており、尾張徳川家屋敷跡には「上智大学」があります。

近くの「清水谷公園」には、「紀尾井坂の変」の碑が建てられ、「尾張」「紀州」「井伊」各藩の屋敷があったことを示す碑も残されています。


スポンサーリンク

犯人たちのその後!

襲撃犯は「6名」

島田一郎・長連豪・杉本乙菊・脇田巧一・杉村文一・浅井寿篤

彼らは全員「石川県」の士族・・・つまり「元武士」でした。不平士族と呼ばれています。

彼らは事件後どうなったのか?

大審院による「臨時裁判所」が設置され、1878年7月27日に判決が言い渡され、即日斬罪となっています。

事件から2ヶ月余りでのスピード裁判でした。

ちなみに斬奸状を起草した「陸義猶」という人物は「終身刑」となりましたが、「大日本帝国憲法発布」による特赦で釈放。

「憲法を制定していない」ということを「大久保利通暗殺」の理由として「斬奸状」に記した「陸」が、帝国憲法の特赦で釈放されるとは、皮肉なものです。

ちなみにこの「大日本帝国憲法」の特赦で、「西郷隆盛」の朝敵という汚名も払拭。

西郷は「明治維新の功臣」として、上野公園に像を建てられるに至りました。これは西郷を強く愛した「明治天皇」のご意思であったとのことです。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・大久保利通暗殺の理由は「斬奸状」に記された5つだが、的はずれな動機もある

・現場は、現在上智大学が近くに建てられている

・犯人たちは、2ヶ月後に処刑されている

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


大久保利通」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする