木戸孝允こと桂小五郎の死因とは?西郷隆盛を叱り飛ばして死亡した!

維新三傑の1人にして、長州藩の実質的リーダー「木戸孝允(桂小五郎)」

彼の死因は何だったのか?

実は「西郷隆盛」を叱り飛ばして死亡した?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・木戸孝允の死因は諸説あるが、生真面目な性格が災いしての「胃がん」と言われている

・実は、西南戦争の報を聞いて、西郷を助けようとしていた・・・という説がある

・亡くなる前、夢の中で西郷を叱り飛ばした・・・という逸話がある


木戸孝允(桂小五郎)の死因とは?

維新三傑の1人、長州藩の「木戸孝允(桂小五郎)」

「引用元ウィキペディアより」

木戸孝允の死因は胃癌とされています。もともと病弱であったにもかかわらず、かなりの酒豪であり、それが原因での肝臓肥大していたという説もあります。

また、生真面目な性格で、新政府では当時、征韓論や士族の反乱、権力闘争など、諸々がなかなかうまくいっていなかったこともあり、精神的ストレスが凄まじかったのだとか。

木戸は毛利敬親や明治天皇からも、厚く信頼されるなど、期待されることが多く、それもまたストレスの原因であったと言われています。

様々な説がありますが、木戸はさまざまな立場からの意見を調整する役に付いていました。それによって、苦悩が絶えない状況であり、精神的ストレスによる疲弊が、死因となったのではないでしょうか。


スポンサーリンク

死の間際、西郷隆盛を助けようとしていた?

1877年、西郷隆盛が鹿児島で西南戦争を起こすと、以前より旧態依存とした鹿児島県の体制を批判していた木戸孝允は、討伐軍の任にあたりたいと希望しました。

しかし、木戸は以前から病気で、その時も病状が悪化し、出張中の京都で亡くなります。

明治維新後、木戸は新政府内で活躍するも、新政府内部での派閥争いや期待の大きさにストレスを感じていたと言われています。。

西郷に対しては、征韓論などで意見の対立することも多くあり、また考え方の相違も大きかったですが、自分と同じように倒幕に尽力した同志でした。

維新後、様々な苦労があり新政府に思うところがあったという共通点も・・・。

西郷の功績が偉大であったことや、明治天皇が西郷を殺すことを望んでいなかったなどから、病気にも関わらず征討軍の任をうけることを望んだその理由は、自分以外に西郷を救えるものがいないと思っていたからではないか・・・・という説もあります。

西郷隆盛にお説教して亡くなった

木戸孝允は死ぬ間際まで国のことを案じ、また維新の功労者である西郷隆盛の当時の状況を危惧しておりました。

亡くなる直前には、夢の中でも西郷を叱責するほどだったとのこと。それほど、西郷隆盛と日本のことを案じていたのです。

木戸は「岩倉具視使節団」にも随行し、西洋のこともよく知っていたため、内乱などやっている場合ではないと考えていたのです。そんなことしていたら、諸外国に付け入る隙を与えることとなります。

おそらくですが木戸は西郷について、国のためにも西南戦争で士族とともに死んでいくのではなく、政府のため国のために生き残るべきであると考えていたのでしょう。

木戸は、西南戦争を鎮圧するための責任者に自ら志願。

京都まで出向いたところで病気で倒れます。

最期は「大久保利通」の手を握りながら

「西郷もいい加減にしないか!」

と、意識朦朧とした状況で叫びながら、亡くなったと言われています。

この最期の言葉から考えてみるに、やはり盟友「西郷隆盛」を救えるのは自分しかいない・・・と考えていたのでしょう。

大久保利通もまた、西郷隆盛を説得しようと、鹿児島へ行くことを主張していましたが、周囲が反対。当然です。大久保は「廃藩置県」「廃刀令」など武士の特権を剥奪する改革を手動した立場だったため、故郷「鹿児島」で非常に憎まれていたのです。鹿児島に入った瞬間に襲われることは明らかでした。

そうなると、西郷隆盛と渡り合えるのは「木戸孝允」しかいなかった・・・それは木戸本人が最もよくわかっていたはず。

木戸亡き後、西南戦争鎮圧は「西郷」「木戸」とならぶ「維新三傑」最期の一人「大久保利通」に引き継がれ、西郷は戦死。大久保は西郷の死を耳にした際、狂ったように嘆いたと言われています。

1869年、西南戦争の翌年、「大久保利通」もまた、「紀尾井坂の変」で悲惨な最期を遂げています。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・木戸孝允の死因については諸説ありますが、精神的ストレスが最大の原因であったと思われる

・征討軍の任を望んだ木戸孝允は、実は西郷隆盛を助けようとしていたのではないかと言われている

・死の直前まで国や西郷のことを想い、木戸孝允は夢の中で西郷を説教をした

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


「西郷隆盛」「坂本龍馬」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする