征夷大将軍とは何か?簡単にわかりやすく子供でもわかるよう解説!

「征夷大将軍」とは何かをご存知でしょうか?

 

「幕府」というワードもよく耳にしますが、どういう意味なのか?

 

「征夷大将軍」とは「武士たちのボス」。

 

「幕府」とは「征夷大将軍」の「本拠地」のこと。

 

この記事で「征夷大将軍」や「幕府」について、わかりやすく解説いたします。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・「征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)」とは、元々は「外敵を倒す」という仕事をおこなう職だったが、徐々に「朝廷の政治代行」を行うようになった

 

・「幕府(ばくふ)」とは、征夷大将軍がいる場所・征夷大将軍が政治を行う場所のこと。征夷大将軍の本拠地。例えば、徳川家康は「江戸」。足利尊氏は「京都」に幕府をおいた

 

・征夷大将軍は、朝廷から政治をおこなう権利を与えられることで「幕府」を設置(開く)することが可能となる


《征夷大将軍のお仕事って何?》

征夷大将軍は朝廷の役職の一つ。

 

本来は東北地方の蝦夷(えみし)と呼ばれている、「朝廷に従わない人たち」を征服するために指揮官として任命された役職でした。

 

蝦夷地で戦っていると、現地で兵力や食料や資金が不足します。

 

これを京の都まで伝えるには、かなりの時間がかかります。

 

それを「征夷大将軍」は、天皇の名で現地調達できる権利がありました。

 

この時代では天皇のみが、徴税や徴兵の権利を持っていました。

 

それを代わりに行える特別な役職が「征夷大将軍」です。

 

つまり、「天皇の許可をもらうことなく、自分の判断で政治おこなうことができる役職」それが「征夷大将軍」なのです。

 

源頼朝は「征夷大将軍」という役職を少しずつ変えていき、政治を行うようになりました。


スポンサーリンク


《幕府って何?》

「幕府」という言葉の由来は、もともと中国から来た言葉だと言われています。

 

中国では将軍が戦いの指揮を取るための陣地を「幕府」と呼んでいました。周囲を幕で囲んだ場所のことです

 

日本で「幕府」とは、蝦夷との戦いを指揮していた「征夷大将軍」の基地・指令本部のこと。

 

または「征夷大将軍」の住むところを、「幕府」と呼んでいたそうです。

 

源頼朝は「征夷大将軍」という役職を使い朝廷とは別に、自分が思った政治を行うようになりました。

 

つまり、「幕府」とは、言いかえれば「臨時の政府」とも言えるのです。

 

「本当の政府」は「朝廷」ですが、「幕府」は「臨時の政府」。

 

武士たちは、「幕府」という「臨時の政府」をつくることによって、天皇や公家に邪魔されない、自分たちにとって都合の良い政治を行っていたのです。

 

その幕府は鎌倉時代、室町時代、江戸時代と続きそれぞれ「鎌倉幕府」、「室町幕府」、「江戸幕府」と呼ばれています。

 

幕府は江戸幕府を最期に、終わりを迎えます。

 

「幕府とは何か」について、以下のリンク記事で、「朝廷」とくらべながら、わかりやすく解説いたしました。

『【朝廷とは】世界一わかりやすく簡単に解説!幕府との違いはなに?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


《なぜ征夷大将軍は、幕府を開けるの?》

昔の日本では、朝廷があらゆる権限を持っていました。

 

その権限を、朝廷に代わって取り行うことができたのが征夷大将軍です。

 

征夷大将軍は、「異民族」を討伐することが仕事です。

 

すなわち、征夷大将軍は「遠いところにいる敵を倒すことが役目」ということです。

 

遠くにいる敵を倒すのに、何から何までいちいち「朝廷」に許可を得ていたら、勝てる戦いも勝てなくなります。

 

そのため、征夷大将軍には

「自分の判断で戦争をしていいし、本拠地の周辺における政治を勝手に行っていい」

という権限が与えられていました。

 

つまり「征夷大将軍」は、「朝廷に代わって、自分勝手に政治を行ってもかまわない役職」なのです。

 

これは言い換えると「征夷大将軍は、朝廷という本来の政府とは別の、臨時政府をつくってもよい役職」ということになります。

 

だから、征夷大将軍は「幕府」という「臨時政府」を開くことが出来るのです。

 

「征夷大将軍」という役職について、日本史をさかのぼり、以下のリンク記事でさらに詳しく解説いたしました。

征夷大将軍と関白の違いを簡単に解説!秀吉が関白を選んだ理由とは?』の記事はコチラ

スポンサーリンク

《『征夷大将軍』について、レビュー(評論)!》

征夷大将軍はよく「武家の棟梁」と呼ばれます。

 

つまり征夷大将軍は「武士たちのトップに君臨する役職」ということでしょう。

 

鎌倉幕府を倒した「後醍醐天皇」は、部下の「足利尊氏」を征夷大将軍にすることを、極端に嫌がりました。

 

なぜなら、足利尊氏を「征夷大将軍」にすれば、それは足利尊氏を「武士の棟梁」に任命することとなり、武士たちは尊氏を中心にしてまとまり、自分に反抗し始めるだろう、と考えたからです。

 

征夷大将軍という称号には、「武士たちに命令する権限」を持ち、日本中の武士たちを従わせる威厳を持っていたのです。

 

案の定「征夷大将軍」の称号を北朝からもらった足利尊氏は、幕府を開いて南朝の後醍醐天皇に対抗しています。

 

実は「後白河法皇」も、「源頼朝」に「征夷大将軍」の称号を与えることを嫌がっていました。

 

「後白河法皇」も「源頼朝」に幕府を開かれることが嫌だったのです。

 

そのため、後白河法皇が亡くなった年になってやっと「源頼朝」は「征夷大将軍」に就任しています。

 

「1192年」

 

この年は、「源頼朝」が「征夷大将軍」に就任した年です。しかしそれだけではなく、「後白河法皇」が亡くなった年でもあるのです。

 

後白河法皇が亡くなった直後に、源頼朝は征夷大将軍に就任しています。

 

征夷大将軍の称号は、武士たちの憧れ、武家の最高位の称号でした。

 

そんな「征夷大将軍」は、「徳川慶喜」を最後にして消滅いたします。

 

慶喜は「大政奉還」で政権を朝廷に返します。

 

「大政奉還」とは「政治を行う権限を朝廷に返上する行為」のこと。

 

「返上する」という言葉でわかる通り、元々政治を行う権限は「朝廷」が持っていました。

 

将軍はあくまでも「政治代行」なのです。


スポンサーリンク


《まとめ》

本日の記事をまとめますと

 

・「征夷大将軍」とは、当初「外敵を倒すこと」が仕事だったが、徐々に役目を変えて、「朝廷に代わって政治を行うための役職」となっていった

 

・幕府とは、征夷大将軍が政治を行う場所。征夷大将軍が本拠地と定めた場所。

 

・征夷大将軍は、朝廷から「政治を代行する」権限を与えらえることで「幕府」を設置・・・つまり幕府を開くことができるようになる

 

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「【参勤交代とは】その意味や目的・費用を世界一わかりやすく簡単解説」の記事はコチラ
「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の人柄・性格をエピソードで簡単解説!」の記事はコチラ
「徳川家康の性格エピソードを紹介!ホトトギスを待てない短気者だった」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る