徳川四天王とは誰?4人のその後と子孫をわかりやすく簡単に解説!

徳川家康に仕えた「徳川四天王」

メンバーと、4人のその後を分かりやすく解説!

子孫は、今でも続いていて、交流が?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・徳川四天王とは「酒井忠次」「本多忠勝」「榊原康政」「井伊直政」の4名

・四天王はその後、それぞれに家名を保ち、明治まで藩主として存続している

・四天王の子孫は、現在まで続き、たまに互いに交流もしている


徳川四天王のメンバー紹介

徳川四天王のメンバー紹介!筋金入りの名将たちです

酒井忠次(1527~1596)

「徳川四天王」の筆頭にして、「徳川十六神将」の筆頭でもある「酒井忠次

元々は「石川数正」とともに徳川家臣団筆頭だったのですが、「石川数正」が裏切って豊臣秀吉に乗り換えたため、徳川家臣団の単独筆頭となりました。

家康が、今川義元のところへ人質に行く際に同行した家臣団の中で、最年長だった酒井忠次。

1590年「小田原征伐」を最期の戦として引退するまで家康に仕えた「徳川第一の功臣」


スポンサーリンク

本多忠勝(1548~1610)

「唐の兜」とともに「家康には過ぎたるもの」と呼ばれた猛将「本多忠勝」。

結城秀康の「御手杵(おてぎね)」、福島正則・母里太兵衛の「日本号」と並ぶ【天下三名槍】の一つ「蜻蛉切」を振るう豪傑。

「徳川の軍神」とも呼ばれた武闘派で、生涯57度の戦いでかすり傷一つ負わなかった伝説は、かなり有名です。

真田幸村の兄・真田信之の妻「稲姫」の父。

「関ヶ原の戦い」において、敵方となった「真田昌幸」「真田幸村」親子の助命を家康に訴え

「聞き入れてくれないなら、真田信之とともに沼田城に立てこもり、殿を相手に戦つかまつる!」

と豪語して「昌幸」「幸村」を守った男。

榊原康政(1548~1606)

榊原康政・・・本多忠勝と同年齢で仲が良く、井伊直政とは「心友」であったと伝えられる名将。

秀吉からその首に「10万石」という懸賞がかけられたほどの武将。

関ヶ原の戦いでは、本隊を率いておきながら、戦いに遅刻するという大失態を犯した「徳川秀忠」とともに遅刻。

秀忠に対して激怒する家康をいさめ、秀忠の謝罪を受け入れさせ、徳川家の分裂を阻止。

この「家康・秀忠の徳川家分裂阻止」を、本多忠勝・井伊直政から

「関ヶ原の戦いにおいて第一の大功」

と讃えられていました。


スポンサーリンク

井伊直政(1561~1602)

徳川家譜代の家臣団の中では、明らかな新参者であるにも関わらず、美少年とされた容姿に似合わぬ苛烈な働きぶりと、圧倒的な戦闘能力で、家康の信頼を勝ち取った猛将。

最終的に徳川譜代大名の中で、最大の彦根30万石を得た井伊家中興の祖。

家康の直政への信頼はかなりのもので、家康の四男「松平忠吉」の妻は、直政の娘。

ちなみに直政のもう一人の娘は、伊達政宗の長男「伊達秀宗」にも嫁いでいます。

しくじった家来は容赦なく処刑した「井伊の赤鬼」

名将「山県昌景」から、最強部隊「赤備え」を受け継ぎ、最強部隊を率いて、関ヶ原の戦いで先陣を切った話は有名です。


武田四天王の一人「山県昌景」については、以下のリンク記事で詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓


スポンサーリンク

四天王のその後

四天王は、その後それぞれに領地をもらい、幕末まで存続しています。

酒井忠次のその後

家康の嫡男「信康」切腹事件で、織田信長から「信康が謀反をたくらんでいる」という疑いについて詰問を受け、信康を全く庇うことができなかったとか。

結果、信康は信長の命令で切腹させられ、忠次は家康に恨まれた・・・・その結果、四天王の他の3名はみんな10万石以上もらったのに、酒井忠次の息子は3万石・・・。

これに不満をもった忠次は家康に抗議したらしいですが

「お前も息子がかわいいか?」

と皮肉を言われたとか・・・。

しかし「信長の命令で、信康は切腹させられた」というのは間違いで、現在の定説では、「家康が信康謀反を未然に防ぐために、自ら切腹させた」とされています。

酒井忠次の領地が少ないのは、おそらく「新しい家臣を増やすために、新人に領地を与えなくてはならなかったため」なのでしょう。

豊臣秀吉も、長く仕えてくれた「山内一豊」より、若手「加藤清正」や「福島正則」に大きな領地を与えていますしね。

忠次は、1590年の「小田原征伐」の後に、失明が原因で引退。

1596年、関ヶ原の戦い前に亡くなっています。

本多忠勝のその後

関ヶ原の戦いを最期の戦として、平時においては真田を守り、徳川に仕え続けました。

晩年、小刀で手を切って、人生初の負傷を経験。

「負傷したら、本多忠勝もおしまいだ」

と、自らの死期を悟り、数日後に亡くなったことは有名です。

忠勝が使用した名槍「蜻蛉切」は、実は2つ存在していたらしく、一つは現在「三島市・佐野美術館」が保管していますが、もう一つは全くの行方不明。

2つの「蜻蛉切」は微妙に形が異なると言われています。


スポンサーリンク

榊原康政のその後

関ヶ原の戦いの後も、徳川家に仕え続けた榊原康政。

武闘派だった榊原康政は、関ヶ原の戦いの後の平時においては、家康から遠ざけられて激怒したとも、自ら若者へ身を引いたとも言われています。

家康から、常陸国・水戸に「25万石」を与えると言われましたが、関ヶ原の戦いでの失態を理由に固辞。

特に徳川秀忠からは、関ヶ原の失態をかばってもらった恩により、相当に信頼されていたとのこと。

1606年に、重体となり、秀忠は康政を助けるために医師を派遣したらしいですが、結局死去。

家康の参謀・本多正信を

「ハラワタの腐ったやつ」

と毛嫌いしていたらしいです。

「水戸25万石」を断り、領地の館林に帰ろうとした際に、その本多正信にとどまるよう説得されたとのこと。

正信の説得を聞かず、館林で亡くなっています。

井伊直政とは心友であり

「直政が死ねば、私の死期も近いだろう」と予言。

しかし直政の死後「4年」も生きたところをみると・・・予言は外れたかも・・・。

井伊直政のその後

関ヶ原の戦いで、娘婿の「松平忠吉」とともに先陣を務め、戦の終盤には「島津軍」の撤退を追撃。

しかし、島津豊久の決死の反撃により、銃撃を受けて負傷。

2年後の1602年、その傷と過労により死去。

最期に、自らを負傷させた「島津家」の赦免を家康に進言したと言われています。

娘婿であった「松平忠吉」もまた、関ヶ原の戦いで銃撃を受けて負傷。

松平忠吉は、直政の後を追うようにして1607年に、亡くなっています。


スポンサーリンク

子孫たちは?

徳川四天王の子孫は、今でも続いています。

「酒井忠次」の子孫、「酒井忠久」さん。

「本多忠勝」の子孫、「本多隆将」さん。

「榊原康政」の子孫、「榊原政信」さん。

「井伊直政」の子孫、「井伊直岳」さん。

井伊直政の子孫である、「井伊直岳」さんは、婿養子であるため井伊家の血を引いているわけではなく、本名は「井伊岳夫」さんと言います。

どうやら「井伊家の当主」として振る舞う席では「井伊直岳」と名乗っているようですね。

徳川家康の末裔で、現当主の「徳川恒孝」さんとともに、2011年・家康公シンポジウムにて、四天王の子孫が勢揃いしていました。

徳川家と四天王の子孫は、今でも交流を持っているようですね。


徳川四天王の中で最強は誰なのか?」について、以下のリンク記事で考察してみました。

↓↓↓↓↓


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・徳川四天王とは「酒井忠次」「本多忠勝」「榊原康政」「井伊直政」の4名

・酒井忠次は関ヶ原の戦いの4年前に、本多忠勝・榊原康政・井伊直政は、大阪の陣を前に亡くなっている

・四天王全員の藩が、幕末まで存続し、子孫を今に存続させている

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする