【長岡藩と戊辰戦争】最大の激戦「北越戦争」勃発の理由は薩長の罠?

幕末「戊辰戦争」、その中でも最大の激戦が「長岡藩」らの死闘「北越戦争」

長岡藩はもともと、新政府と戦うつもりなどなかったのです。にもかかわらず、どうして戦争になったのでしょうか?

実は薩長「新政府」が、長岡藩を相手に無理やり開戦したのです。

「真珠湾攻撃」を成功させた、昭和の名将「山本五十六」が目にした「長岡の戦火」「北越戦争」について、簡単に理解できるように、わかりやすく解説いたします。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 長岡藩は、当初「新政府軍」と戦うつもりはなかったが、無理やり戦争に追い込まれた
  2. 新潟港という国際貿易港を利用し、長岡藩は最新兵器で武装をし、しかも名将「河井継之助」がいたため強かった
  3. 北越戦争のとき長岡藩には、のちの連合艦隊司令長官「山本五十六(やまもといそろく)」がいた

長岡藩は元々新政府と戦うつもりはなかった

《長岡藩・北越戦争》
「引用元ウィキペディアより」

戊辰戦争において、新政府軍と激戦を繰り広げた長岡藩。

長岡藩は当初、新政府(薩長)と戦うつもりはありませんでした。

その証拠に長岡藩は、会津藩が頼んだ「奥羽越列藩同盟」への参加を拒絶しています。

「河井継之助」・・・・・「蒼龍」と呼ばれた長岡藩の家老上席・軍事総督です。

元々、長岡藩は「新政府」「幕府」どちらにもつかず、いわば「中立」のような立場をとろうとしたのですが、新政府がそれを「時間を稼ぐための嘘」と判断し、開戦。

長岡藩は、やむを得ず「奥羽越列藩同盟」に参加し、新政府軍と戦うこととなったのです。


スポンサーリンク


戊辰戦争最大の苦戦!河井継之助と最新兵器

《河井継之助》
「引用元ウィキペディアより」

《ガトリング砲》
「引用元ウィキペディアより」

長岡藩と開戦した「新政府軍」でしたが、予想以上に苦戦。

苦戦の理由は2つありました。「河井継之助」と「最新兵器」です。

日米修好通商条約・・・・・大老「井伊直弼」がアメリカと結んだ不平等条約。その条約で、長岡藩の近く「新潟港」が開港。国際貿易港となっていたのです。

「イタリア」や「プロイセン(ドイツ)」などの西欧列強は、新潟港を利用して「長岡藩」に

「アームストロング砲」

「ガトリング砲」

「スナイドル銃」

「エンフィールド銃」

「シャープス銃」

などの最新兵器を次々と輸入。

ガトリング砲は、世間で言われているほどの効果を発揮しませんでしたが、それでも「最新式の銃」は効果絶大でした。

さらに「吉田松陰」「勝海舟」「坂本龍馬」らも学んだ軍学者「佐久間象山」の弟子「河井継之助」。彼の采配も、新政府軍を苦しめました。

記録によると、「北越戦争」での新政府軍の死傷者は「1000名超」、対して奥羽越列藩同盟の死傷者は「400名ほど」・・・

この激戦で、西郷隆盛の弟「西郷吉二郎」が戦死しています。


スポンサーリンク


戦火に滅ぶ長岡にいた、幼き名将「山本五十六」

《山本五十六》
「引用元ウィキペディアより」

戦火に燃える長岡・・・この事態を、名もなき幼い男の子が眺めていました。

彼は後年、「北越戦争」の戦火に滅ぶ故郷の光景を、うっすらと覚えていると言っています。

山本五十六(やまもと いそろく)・・・・後の大日本帝国・連合艦隊司令長官。

第二次世界大戦中、「アメリカとの開戦」に最後まで反対しておきながら、「真珠湾攻撃」で対米開戦の火蓋を切った猛将。

彼は「北越戦争」での戦火を胸に刻み、故郷「長岡」の子どもたちに、こんな言葉を残したと言われています。

「私は皆さんに、戦争へ行けなどとは決して申しません。

ただただ、飽くまで勉学に励んでほしいのです。」

戦争に反対した山本五十六・・・「北越戦争」の悲劇を繰り返したくないと、考えていたのでしょう。


スポンサーリンク


『長岡藩』について「ひとこと」いいたい

長岡藩と新政府軍の戦いは、甚大な被害をもたらしたと言って良いでしょう。

よく「北越戦争」をテーマとするドラマなどでは「新政府軍が無理やり開戦し、長岡藩を戦火に巻き込んだ」というストーリーが語られます。

確かにそれは間違っていないのですが、新政府にも事情がありました。

「中立」・・・戊辰戦争で「長岡藩」がとった「中立」という立場。

これは

「どちらの味方もしない」

という意味だと勘違いされがちですが、実際には

「どちらに対しても敵対する」

という宣言でもあります。

新政府からすると、長岡藩がいつ敵方についてしまうかわからず、心配だったのです。

江戸時代初期に、日本は諸外国に対して「鎖国」をしましたが、あれも一種の「中立」でした。

しかし、中立には「軍事力」と、それを下支えする「経済力」が必要なのです。

江戸時代初期の日本は、製鉄技術に裏打ちされた鉄砲生産「世界の鉄砲シェア80%」と、「黄金の国」と称されるほどの「資源大国」でした。

しかし長岡藩には、新潟港を利用した「軍事力」はあったものの、それを支える圧倒的な財力がなかったのです。

長岡藩・・・悲しいことですが、軍事力はあったものの、外交力は乏しかった気がします。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 長岡藩は、もともと新政府軍と戦うつもりなどなかった
  2. 新潟港を利用し、ガトリング砲などの最新兵器を輸入していた長岡藩は、非常に強かった
  3. 北越戦争の戦火を、後の連合艦隊司令長官「山本五十六」が記憶していた

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「【錦の御旗とは】その意味を解説!なぜ旗で戊辰戦争の勝敗が決したの?」の記事はコチラ
「【鳥羽伏見の戦いとは】わかりやすく解説!戦争の場所と新選組の戦い」の記事はコチラ
「【王政復古の大号令とは】世界一わかりやすく簡単に5分で解説!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る