長州藩士の有名人物まとめて解説!吉田松陰・高杉晋作など過激派の巣

幕末「長州藩」、歴史に名を残した「有名な偉人」たちを、まとめてご紹介いたします。

長州藩に「吉田松陰」や「高杉晋作」などの「過激な活動家」が多いのは、なぜなのか?

「過激思想の原因は、天才『吉田松陰』先生が育て上げた『松下村塾』の人材が、藩の実権を握っていたから」


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・長州藩には「吉田松陰」「木戸孝允」「高杉晋作」「久坂玄瑞」「伊藤博文」「山縣有朋」などの有名な偉人がたくさんいる

・長州藩士には「過激」な人材が多いが、その理由は、彼らの師である「吉田松陰」の思想が過激だったから

・長州藩の中で最も有名な人物と言えば「吉田松陰」だろう


長州藩の有名人一覧

幕末の「長州藩」といえば、後に『薩摩藩』と「薩長同盟」をむすび、260年続いた「徳川幕府」を倒した藩です。

その幕末・長州藩には、現在まで名を残す「偉人」が数多くいます。

「長州藩の有名人」について、まとめて簡単に解説いたします。


スポンサーリンク

・「赤禰武人(あかねたけと)」
奇兵隊」総管。松下村塾の塾生
1866年処刑

・「荒川邦蔵(あらかわくにぞう)」
福井県知事。幕末に生まれ、明治時代に活躍した政治家
1903年死去

・「有地品之允(ありちしなのじょう)」
海軍軍人。貴族院議員。戊辰戦争で活躍。
1919年死去

・「伊藤博文(いとうひろぶみ)」
初代内閣総理大臣。幕末にイギリスへ秘密裏に留学した5名。通称「長州ファイブ」の一人
1909年暗殺

・「井上馨(いのうえかおる)
農商務大臣・内務大臣を歴任。長州ファイブの一人。松下村塾の塾生ではない。
1915年病死

・「井上勝(いのうえまさる)」
長州ファイブの一人。「日本鉄道の父」
1910年病死

・「入江九一(いりえくいち)」
松下村塾四天王の一人
1864年「禁門の変」で戦死

・「遠藤謹助(えんどうきんすけ)」
長州ファイブの一人。大阪造幣局長。大阪造幣局「桜の通り抜け」を始めた人物。
1893年死去


スポンサーリンク

・「大村益次郎(おおむらますじろう)
東京・靖国神社に銅像が建つ天才軍学者
1869年暗殺

・「桂太郎(かつらたろう)」
第11・13・15代内閣総理大臣。首相在任期間最長だった通称「ニコポン宰相」
1913年病死

・「楫取素彦(かとりもとひこ)」(別名・小田村伊之助)
群馬県令。吉田松陰の妹「寿」結婚。「寿」の死後、その妹「美和」と再婚。
1912年死去

・「木戸孝允(きどたかよし)」(別名・桂小五郎)
西郷隆盛大久保利通と並ぶ「維新三傑」の一人にして長州藩のリーダー
1877年病死

・「久坂玄瑞(くさかげんずい)」
吉田松陰の門弟であり、義弟。「松下村塾四天王」の一人。吉田松陰の妹「美和」の夫。
1864年「禁門の変」で自刃。

・「周布政之助(すふまさのすけ)」
長州藩士。禁門の変や長州征伐の責任をとって切腹した
1864年切腹

・「高杉晋作(たかすぎしんさく)」
松下村塾四天王の一人。「功山寺挙兵」で長州を倒幕に導き、「四境戦争(第二次長州征伐)」で幕府を撃破する。
1867年病死

・「玉木文之進(たまきぶんのしん)」
吉田松陰の養父。兵学者。「萩の乱」の責任をとって切腹
1876年切腹

・「品川弥二郎(しながわやじろう)
松下村塾の塾生。のちの枢密院顧問。衆議院選挙で選挙干渉。
1900年死去


スポンサーリンク

・「世良修蔵(せらしゅうぞう)」
新政府軍参謀。戊辰戦争に参戦。
1868年暗殺

・「広沢真臣(ひろさわさねおみ)」
維新十傑の一人。明治新政府の参議。
1871年暗殺

・「前原一誠(まえはらいっせい)
維新十傑の一人。松下村塾の塾生。徴兵令に反対して「萩の乱」を起こし処刑。
1876年処刑

・「椋梨藤太(むくなしとうた)」
長州藩政務担当。高杉晋作の「功山寺挙兵」に敗北した
1865年処刑

・「毛利敬親/慶親(もうりたかちか/よしちか)
長州藩13代藩主。通称「そうせい侯」。吉田松陰らの有能な人材を守った、人使いの名人
1871年死去

・「山尾庸三(やまおようぞう)」
長州ファイブの一人。法制局の初代長官
1917年死去

・「山縣有朋(やまがたありとも)」
第3・9代内閣総理大臣。日本陸軍をつくった「国軍の父」「元老中の元老」
1922年病死

・「山田顕義(やまだあきよし)
吉田松陰最期の弟子にして天才軍学者兼法律家。日本大学・國學院大學の基礎を作る
1892年病死

・「吉田稔麿(よしだとしまろ)
松下村塾四天王の一人。秀才だったが「池田屋事件」で戦死
1864年戦死


スポンサーリンク

長州藩士は、結構早くに亡くなる方が多いです。

明治維新が起こった「1868年」を前に、「吉田松陰」やその弟子たち「久坂玄瑞」「高杉晋作」「吉田稔麿」「入江九一」などの「松下村塾四天王」は全員が亡くなっています。

「伊藤博文」「山縣有朋」たちも生き残ってはいたものの、久坂や高杉に比べると、能力が低いです。

対して薩長同盟を結んだ盟友「薩摩藩」は、「西郷隆盛」「大久保利通」「黒田清隆」たち、優れた人材が残っていました。

なぜ長州藩は、そんなに早く亡くなる人が多いのか?

理由は簡単。「長州藩士は過激派が多いから」です。つまり「命知らず」が多いのです。


吉田松陰」「久坂玄瑞」「高杉晋作」らの【最期】について、よろしければ以下のリンク記事をお役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓

【吉田松陰】真の死因とは?最後の言葉や様子、処刑された理由」の記事はコチラ
「高杉晋作の死因と最期がかっこいい?辞世の句「三千世界」の意味解説」の記事はコチラ
「【久坂玄瑞】子孫と家系図を紹介!辞世の句がとてつもなく悲し過ぎる」の記事はコチラ

スポンサーリンク

長州藩に『過激派』が多いのは、なぜ?

どうして長州藩には「過激派」が多いのでしょうか?

理由は簡単で、「吉田松陰の弟子たちが、藩の中心にいたから」です。

吉田松陰・・・・松下村塾で「久坂玄瑞」「高杉晋作」「吉田稔麿」「入江九一」たちを育てた「天才的教育者」。

松陰の思想は、「日本を守るため」なら、どんなことでもやろうとする、非常に過激なものでした。

「行動することが何よりも大切だ」という考え方を持っていたため、たとえそれが「犯罪行為」であろうとも、「日本のため」なら迷うことなく行っています。

「密航」「暗殺」を計画したほどです。

その弟子たちも過激でした。「久坂」たちは「イギリス公使館」を焼き討ち。

「高杉晋作」は長州藩のトップの考えについていけず、「功山寺挙兵」というクーデターを強行。

松陰の弟子たちの中でも、特に優秀だった「四天王」と呼ばれた「久坂・高杉・吉田・入江」は、あまりにも過激だったためか、全員が若くして亡くなっているのです。


松下村塾」について解説させていただきます。よろしければ以下のリンク記事をお役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓

【松下村塾とは】わかりやすく解説!塾の思想や教え方と四天王の末路」の記事はコチラ

スポンサーリンク

長州藩で最も有名な人物は「吉田松陰」

有名な偉人が多い「長州藩」ですが、最も有名な人物といえば、やはり「吉田松陰」先生でしょう。

正確に言えば「吉田松陰」先生には、なにか具体的な功績はありません。

つまり、後世に残る「大きなお手柄」は何もないのです。

しかし、「伊藤博文」「山縣有朋」のような、後の「内閣総理大臣」を育て上げ、教科書で当たり前のように名前がでてくる「高杉晋作」のような偉人を教育したのです。

維新三傑の一人「木戸孝允」も、松下村塾の塾生ではなかったものの、吉田松陰の弟子でした。

個人的には「偉人を育てた」ということよりも、死をも恐れなかったその圧倒的な「行動力」こそが、素晴らしいと言いたいですが、やはりほかの「長州藩の偉人」に比べても、「吉田松陰」先生はスケールが違う気がします。


吉田松陰の過激な人生」について解説いたします。よろしければ以下のリンク記事お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓

「吉田松陰とはどんな人物か簡単に3分で解説!実はテロリストだった?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

『長州藩士』について、レビュー(評論)!

長州藩士たちは幕末の当時、日本の中でもっとも過激な「尊皇攘夷」思想を持っていました。

尊皇攘夷・・・・・つまり「天皇を守って、外国人を追い出そう」という思想のことです。

長州藩士は、その圧倒的な行動力で、他よりも過激に「尊皇攘夷」のために無茶をやらかしています。

そのせいで「下関戦争」「禁門の変」「長州征伐」などなど。これでもか!というほどに負けまくっています。

無茶な長州藩でしたが、坂本龍馬の仲介で「薩長同盟」を結んだことで、薩摩とイギリスの協力を得てから、勝ち始めます。

敗北を繰り返して、滅亡寸前まで追い込まれた長州藩。幕府を倒せたことは、奇跡と言ってもいいくらいの大逆転。

長州藩・・・・奇跡に彩られたその活躍・・・お見事です。


薩長同盟」について解説させていただきます。よろしければ以下のリンク記事をお役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓

薩長同盟とは何かわかりやすく解説!同盟締結の場にいた人物は誰?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・長州藩には「吉田松陰」「木戸孝允」「高杉晋作」「久坂玄瑞」「伊藤博文」「山縣有朋」などの有名な人材が多数いる

・長州藩が過激だったのは「吉田松陰」の教えが浸透していたため

・長州藩士の中でも「吉田松陰」が最も有名だろう

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「明治維新とは何かを超簡単にわかりやすく解説!坂本龍馬の功績とは?」の記事はコチラ
「【吉田松陰・名言】「志定まれば~」「夢なき者に~」意味を簡単解説」の記事はコチラ
「【坂本龍馬】死亡・暗殺の真相を解説!最期の様子とお墓の場所は?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る