金栗四三の家系図と子孫を画像付きで解説!54年8ヶ月の道のりとは?

マラソンの父「金栗四三(かなくり しそう)」の「家系図」の画像と「子孫」を動画付きで解説いたします。

日本人として初めて「オリンピック」に出場し、日本のアスリートたちの先駆者となった「金栗四三」。

ストックホルムオリンピックのマラソンで、ゴールまでに要した「54年8ヶ月」について、簡単にご紹介いたします。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 金栗四三のひ孫「蔵土義明(くらど よしあき)」さんが、現在、熊本市内で会社員をしておられる
  2. 金栗四三は「ストックホルムオリンピック」で暑さにより失神し、そのまま帰国したため失踪あつかい。55周年記念イベントでゴールし「孫が5人できました」という名言を残した
  3. 「箱根駅伝」開催に尽力した金栗四三の「日本マラソン界」への貢献は、計り知れないだろう

金栗四三の「家系図」と「子孫」

金栗四三の家系図を、わかりやすくご紹介いたします。

マラソンの父「金栗四三」は、1891年、酒造業者を営む「金栗家」に誕生。

男4人、女4人、合計8人兄弟の七番目、四男として誕生したのが「四三」でした。一説によると「7人兄妹だった」とも言われているようですが・・・・八人という説もあり、はっきりわかっておりません。

父を早くに亡くした四三を育てたのは、長兄「実次」。身体は弱いが勉強ができた四三には、特に目をかけたと言われています。

以下に金栗四三の家系図をご用意いたしましたが、細かい個人名と性別が判明しなかったため、このような形となりました。お詫び申し上げます。

≪金栗四三の家系図≫
「恐れ入りますが、家系図の引用等はご遠慮くださいませ」

四三は「西洋医」の娘で、幼馴染の「春野スヤ」と結婚。6人の子供に恵まれます。そして孫は10人もいたのだとか。

子供たちのうち、娘の孫、つまり金栗四三の「ひ孫」が、金栗四三の子孫として、現代までその血を伝えています。


スポンサーリンク

金栗四三の子孫が「オリンピック記念大会」に招待されていた!

金栗四三の「ひ孫」のお名前は「蔵土義明(くらと よしあき)」さん。2012年の時点では「25歳」でした。

お仕事は熊本市内で会社員をしておられるようですね。

2012年7月14日、スウェーデン・ストックホルムで、ストックホルムオリンピックから100年の記念を祝し、「ストックホルムマラソン」と同じコースを走る「五輪100年記念マラソン大会」が開催されました。

その大会で、金栗四三の功績を讃え、「顕彰銘板」の除幕式も行われました。

そこに招待されたのが、「蔵土義明」さんです。

「蔵土」さんは、ストックホルムオリンピックのマラソンで倒れた金栗四三を介抱してくれた「ペトレ」家を訪問し、感謝を述べたとのことです。
引用元「公式チャンネル・KyodoNewsチャンネル」より

2018年11月、九州新幹線の新玉名駅の駅前に、金栗四三の銅像が完成。除幕式には、金栗の娘3人が出席していました。


スポンサーリンク

54年8か月の道のり!ストックホルムで愛された名言とは

金栗四三は「ストックホルムオリンピック」のマラソンに参加したものの、選手のコンディション調整に不慣れだったナショナルチームの失敗と、猛暑という最悪のコンディションのせいで、レース後半に失神。

日本の「林」中佐と東京帝大の「友枝」助教授に助けられ、近くの「ペトレ家」へ担ぎ込まれます。

金栗はその後、ゴールへ向かうわけでもなく、大会運営本部に事情を説明するでもなく、そのまま帰国してしまったため、「消えた日本人ランナー」と呼ばれることとなったのです。

その後、金栗はアントワープオリンピックで16位。パリオリンピックで途中棄権という結果を出します。

時は流れて54年8ヶ月後、スウェーデンから招待を受けた金栗は、「オリンピック55周年記念」のイベントに出席。

そこで、失踪に終わったマラソンのゴールテープをきることとなるのです。

タイムは

「54年8ヶ月6日5時間32分20秒3」

盛大な拍手に迎えられた金栗四三は、こんなコメントを残しています。

「長い道のりでした。この間に孫が5人できました」

ストックホルムでは、「消えた日本人ランナー」として、今も金栗四三は人々に記憶されているのです。


スポンサーリンク

『金栗四三』について、レビュー(評論)!

毎年、お正月に開催される「箱根駅伝」

「箱根から世界へ」という言葉が表すとおり、「箱根駅伝」で活躍した選手は「世界選手権」や「オリンピック」などの大会に数多く輩出されています。
この「箱根駅伝」の開催に力を尽くしたのが金栗四三なのです。

箱根駅伝で最も活躍した選手に贈られる賞は「金栗四三杯」と呼ばれ、「今井正人」「柏原竜二」「佐藤悠基」「神野大地」など、数々の名選手に贈られています。

金栗四三がいなかったら、お正月の風物詩として、視聴率30%を記録し、沿道を観客で埋め尽くす「箱根駅伝」は誕生しなかったでしょう。

金栗四三は、記録を残すことはできなかったかもしれませんが、日本のマラソンランナー育成への貢献は、計り知れないものがあると思います。

そして、その穏やかな人柄もまた、現代まで金栗四三が愛される理由なのかもしれません。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 金栗四三の子孫、「ひ孫」の「蔵土義明」さんが、現在「熊本市内」で会社員をしておられる。
  2. ストックホルムオリンピックで失踪した「金栗四三」は、55年記念イベントでゴールし「長い道のりでした。その間に孫が5人できました」と名言を残した。
  3. 100周年記念大会で、ひ孫の「蔵土義明」さんが、金栗四三を介抱してくれた「ペトレ家」を訪問した。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました

よろしければ以下のリンク記事もあわせてお役立てくださいませ。

「【金栗四三とは】その生涯と最期!大河ドラマ『いだてん』主人公の物語」の記事はコチラ
「【田畑政治とは】経歴・プロフィールを簡単紹介!その生涯と功績がスゴイ」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る