金栗四三と妻「春野スヤ」の再婚の真実!結婚時の年齢と尚絅学園について

大河ドラマ「いだてん」の主人公「金栗四三」の妻「春野スヤ」について、「再婚の真実」や「結婚時の年齢」などについて、わかりやすく解説いたします。

「金栗四三」の妻「春野スヤ」

ドラマでは「幼馴染」「再婚」あつかいとなっているが、実際には「初対面」で結婚を決意していた。

彼女は熊本の学校「尚絅学園」出身のお嬢様。

そしてこの結婚と同時に、金栗四三は、「池部」家に養子入りして「池部四三」と改名していた!


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 「春野スヤ」は、大河ドラマ「いだてん」では「再婚」ということになっているが、史実では「金栗四三」との結婚がはじめて。しかも初めて出会った翌日に結婚している
  2. 結婚した時、「金栗四三22歳」「春野スヤ21歳」だった
  3. 春野スヤさんは、現在も熊本にある「尚絅(しょうけい)女学校」の出身。

金栗四三と妻「春野スヤ」の馴れ初め!再婚ではなかった

大河ドラマ「いだてん」の主人公「金栗四三」と、女優「綾瀬はるか」さんが演じるヒロイン「春野スヤ」さん。

《金栗四三》
「引用元ウィキペディアより」

ドラマのなかでは、「春野スヤ」さんが「池部」さんという資産家の家に嫁入り。

しかしその後、「金栗四三」と再婚するという設定になっているようです。

ドラマの中では「再婚」ですが、史実では「再婚」ではありません。

それどころか2人は、「初対面」で結婚しているのです。

金栗四三、資産家「池部磯江」に養子入り

1912年の「ストックホルムオリンピック」から2年後の「1914年」、金栗四三は兄『実次』から、一通の手紙を受け取ります。

「遠縁にあたる資産家『池部幾江』さんが、お前(四三)を養子にもらいたいと言っている。

どうだろうか・・。

考えてみてはくれないか」

「池部幾江」・・・・・・大河ドラマ「いだてん」では、女優「大竹しのぶ」さんが演じている人ですね。

ドラマでは、資産家で「四三」がストックホルムオリンピックに出場するための「資金」を、「池部磯江」さんが貸した事になっています。

また、ドラマのオリジナル設定なのでしょうが、「春野スヤ」さんは「池部磯江」さんの家に嫁入りしている事になっています。

しかし、史実ではまったく違います。

 

子供がいなかった「池部磯江」さんは、金栗四三さんを「養子」に求めているのです。

四三は、兄の手紙に対して、以下のようなお返事をしています

「実次兄さんにすべておまかせします。

私はいま、2年後のドイツ・ベルリンオリンピックのための練習に心血を注いでいます。

そのため、東京を離れることができません。

東京での生活と練習を続けても構わないのなら、養子入りしてもかまいません。」

実は、資産家である「池部磯江」さんへの養子入りは、金栗四三にとって、とても良い話でした。

「ベルリンオリンピック」に向けての練習に集中したい「金栗四三」にとって、資産家「池部磯江」からの資金援助をもらうことができれば、生活に困ることはありません。

そのため、四三は「養子入り」を決意。苗字がかわり「池部四三」となりました。

養子入りがすんだ直後、養母「池部磯江」さんは「四三」にたいして「結婚」の話をすすめ始めたのです。

その結婚相手が「春野スヤ」さんだったのです。


スポンサーリンク

金栗四三と「春野スヤ」の結婚!初対面だった

春野スヤ・・・・西洋医師の娘。

金栗四三は「東京高等師範学校」を卒業したのち、熊本へ向かいます。

1914年4月9日、「金栗四三」は「春野スヤ」とはじめて顔をあわせます。

大河ドラマ「いだてん」では、四三(中村勘九郎)とスヤ(綾瀬はるか)は、幼馴染・・。

しかも「四三」は「スヤ」と相思相愛な関係・・・となっています。

実際には、2人は結婚直前まで、一度も顔をあわせたことがありません。

金栗四三は、「春野スヤ」さんに対して、こう言います。

「私は、ストックホルムオリンピックで惨敗しました。

そのため、次のドイツ・ベルリンオリンピックに、人生の全てをかけているのです。

そのため、私は東京にいなくてはいけません。

熊本であなたと一緒に暮らすわけにはいかないのです。

それでも結婚してくれますか?」

春野スヤさんは、この申し出を受け入れます。

1914年(大正3年)4月10日、2人は結婚します。

「4月9日」に初めて出会った「金栗四三」と「春野スヤ」・・・。

なんと、出会った翌日に結婚してしまったのです。

おそらくですが、2人は出会った直後に、運命のようなものを感じたのでしょう。

結婚した5日後、金栗四三は『練習』のために、東京へと旅立ちます。

2人は「1924年」になるまでの「10年間」を、東京と熊本と、離れ離れにに暮らすこととなるのです。


スポンサーリンク

妻「春野スヤ」と養母「池部磯江」への手紙

遠くに残した養母と妻に、金栗四三はとても気を使っていたようです。

仕事をせず、援助を受けながら生活することに、心苦しさを感じていたのでしょう。

金栗四三は、妻と養母に、まめに手紙を送っています。

結婚から10ヶ月後、1915年2月、四三はこんな手紙を妻「春野スヤ」に送っています。

「スヤも、身体を動かしたほうがいいよ。

先日、講演のためにおとずれた久留米に、捕虜となったドイツ兵がいた。

彼は捕虜でありながら、身体を鍛えていた。

きっと、彼の妻もまた、運動が好きな方なのだろう。

身体を動かせば、勉学も進むし、育児や家事もはかどるだろう。

運動好きで丈夫な子供を育てるためにも、君も運動をすると良いよ」

のちに「女子スポーツ」の人材育成に力を尽くした、金栗四三らしい言葉ですね。


スポンサーリンク

結婚後、3度のオリンピックと引退

結婚したあと、四三には波乱の人生が待っていました。

人生の全てをかけていた「1916年」の「ドイツ・ベルリンオリンピック」が、「第一次世界大戦」の影響で中止。

1920年、「ベルギー・アントワープオリンピック」は、「16位」と低迷。

1924年、「フランス・パリオリンピック」は、「途中棄権」。

パリオリンピックの直後、金栗四三は引退を決意。

「春野スヤ」と「金栗四三」。2人は結婚してから10年で、ようやく一緒に生活を始めるのです。


スポンサーリンク

夫を支えた賢妻「春野スヤ」のエピソード

引退した「金栗四三」は、その後「梨園の経営」を始めようとします。

やはり「競技」ばかりで、6人の子供の子育てを妻「春野スヤ」1人に押し付けていたことを、心苦しく思っていたのでしょう。

ところが、この申し出を「スヤ」さんは激怒して大反対。

「あなたは一生をマラソンに捧げるべきです」

これにより、四三は生涯かけて「マラソン」の後進育成に力を尽くすこととなるのです。

「箱根駅伝」「福岡国際マラソン」など、100年以上も続く名物大会を次々と生みだした金栗四三。

1983年(昭和58年)11月13日、『金栗四三』死去。

享年92歳。

生涯を「マラソン」に捧げた人生でした。


スポンサーリンク

『春野スヤ』の結婚時の年齢とは?

1914年4月10日、2人は結婚したわけですが、この時の2人の年齢は、いくつだったのでしょうか?

この時「金栗四三22歳(数え年24歳)」。

対して「春野スヤ21歳(数え年23歳)」。

金栗四三は、「東京高等師範学校(現在の筑波大学)」を卒業した直後に結婚しています。

結婚式をすませた後、2人は「5日間」だけ一緒に過ごして、10年間も「東京」と「熊本」で別居しています。

その後、1983年に金栗四三が亡くなるまで、2人は約60年も一緒に過ごすこととなります。


スポンサーリンク

「春野スヤ」さんは、「尚絅学園」という学校の出身

どうやら春野スヤさんは「尚絅(しょうけい)女学校」の出身だとか。

彼女は比較的裕福な「医師」の娘。

エリート教育を受けていたであろうことが想像できます。

この「尚絅女学校」は、1888年(明治21年)に創立した「済々黌(せいせいこう)付属女学校」から分かれた学校。

「尚絅女学校」は、現在も熊本で「尚絅大学」「尚絅短大」「尚絅中学・高校」「附属幼稚園」など、教育分野で成果を上げています。


スポンサーリンク

『春野スヤ』について「ひとこと」言いたい!

春野スヤさん・・・・かなりキモのすわった、度胸のある人だったのでしょうね。

彼女は「6人」のお子さんを、ほぼ1人で育てています。

さらに、「梨園の経営」という、仕事をしようとする夫「金栗四三」を叱りつけ、マラソンに一生を捧げよと言いのけているのです。

とはいえ、お金で苦労はしていないのではないでしょうか。

彼女は資産家「池部磯江」や「医師」である父からの援助を受けて、裕福に暮らしていたこととは思います。

それでも夫の不在を10年も耐え続けるとは、賢妻であると言って良いのではないでしょうか。

まぁ、出会った翌日に結婚した「四三」と「スヤ」さん・・・遠く離れて暮らしていたほうが、「春野スヤ」さんからすると、気が楽だったのかもしれませんが・・。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 「春野スヤ」は、大河ドラマ「いだてん」では「再婚」という設定になっているが、実際には「金栗四三」との結婚がはじめて。しかも初めて出会った翌日に結婚している。
  2. 「1914年4月10日」に結婚した時、「金栗四三22歳」「春野スヤ21歳」だった
  3. 春野スヤさんは、現在も熊本にある「尚絅女学校」の出身

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「【三島弥彦とは】子孫と家系図がスゴイ!大久保利通や麻生太郎の親戚だった」の記事はコチラ
「【ストックホルムオリンピック】日本人の選手一覧!金栗四三と三島弥彦」の記事はコチラ
「【嘉納治五郎とは】その功績をわかりやすく解説!格闘技の強さは達人級?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年10月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る