【クーベルタン男爵とは】オリンピック創始者の名言と功績をご紹介!

オリンピックの創立者「クーベルタン」男爵について、その「功績」や「名言」を簡単に解説いたします。

2019年の大河ドラマ「いだてん」にも登場した、フランスの教育者「クーベルタン」男爵。

近代オリンピックの創立者にして、「五輪マーク」の考案者。

実は秘密結社「フリーメイソン」のメンバーだった!


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. クーベルタンとは、古代オリンピックを復活させた「近代オリンピック」の創立者
  2. クーベルタンは「オリンピックは参加することに意味がある」という名言を残したと言われているが、実際にはこの言葉、他人が口にした言葉だった
  3. クーベルタンは「フリーメイソン」のメンバーだったと言われているが、「差別主義者」でもあったと言われている

クーベルタン男爵とは、何者なのか?

「クーベルタン男爵」とは、いったい何者なのでしょうか?

《クーベルタン男爵》
「引用元ウィキペディアより」

クーベルタン男爵とは、フランスの教育者。

そして、古代ヨーロッパで行われていた「オリンピック」を復活させ、近代オリンピックの第一回「アテネオリンピック」を開催した創立者です。

クーベルタン男爵がいなかったら、2020年に予定されている「東京オリンピック」もまた、開催されなかったことでしょう。


スポンサーリンク


クーベルタン男爵の功績を、簡単解説

「クーベルタン」の功績

クーベルタン男爵の功績を短く解説いたしますと

・今も続く「オリンピック」を創立した人物。

ということになります。

オリンピックはもともと、古代ギリシャで行われていた巨大な「競技大会」でした。それは紀元前9世紀頃から、紀元後4世紀頃まで行われていたのです。

その「オリンピック」を、19世紀の世界に復活させたのが「クーベルタン男爵」。

彼の影響もあって、日本では「嘉納治五郎」さんが「日本オリンピック委員」となって、「金栗四三」「三島弥彦」ら日本選手団のオリンピック参加が実現したわけです。


スポンサーリンク


有名な「五輪マーク」を考えたのも、クーベルタン男爵

オリンピックといえば、「五輪マーク」

《オリンピック・シンボル》
「引用元ウィキペディアより」

実はこの「五輪マーク」を考案したのは「クーベルタン」男爵なのです。

クーベルタンが古代オリンピックの開催地の一つだった「デルフォイ」の祭壇にあった休戦協定の象徴である「五輪の紋章」をもとにして考案し、1914年にIOC設立20周年記念式典で発表されたものです。

この「5つの輪」は、それぞれ「ヨーロッパ」「南北アメリカ」「アフリカ」「アジア」「オセアニア」の五大陸。そして相互の結合と連帯を表しています。とはいえ、「どの色がどの大陸を表しているか」は定められておらず、ときには「すべて単色」で表示されることもあります。


スポンサーリンク


クーベルタンの名言集

クーベルタンの残した名言を探ってみましょう。

彼が残した名言といえば、以下のものが最も有名でしょうね

「オリンピックは、勝つことではなく参加することにこそ意義がある」

実はこれ、クーベルタン男爵が考えた発言ではありません。

これは1908年の「ロンドンオリンピック」に参加した「アメリカ選手団」が、イギリス選手団から嫌がらせを受けて疲れ果てていたところに、教会の偉い大主教さんが、アメリカ選手団を勇気づけるために、かけた言葉・・・・。それをクーベルタンが省略したのが

「オリンピックは、勝つことではなく参加することにこそ意義がある」

という言葉なのです。

その大主教さんというのは「エセルバート・タルボット」さん。

彼が「アメリカ選手団」にかけた言葉は、少し長いです。以下に記しておきます。


スポンサーリンク


「オリンピックについて考えてみましょう。

世界中から優れた肉体を持つ若者が集まる大会のことです。

そしてこれはまた、国際主義の時代としては、危険な要素をもはらむものだと、私は思います。

もちろん、選手たちがスポーツへの貢献のためではなく、祖国のために努力していることは明らかです。

しかしそのため、新しい闘いが始まるのです。例えばイングランドが川の上での競技で相手を打ち負かしたり、アメリカの選手が、競技で相手を引き離したり・・・。

これらが原因で争いが起こってしまうことは、オリンピアの精神に反する。答えは「オリンピアの教え」あるではありませんか。

『オリンピック自体が、レースや賞状よりも、遥かに優れているのだ』と。

聖人「パウロ」は、賞状が重要ではないことを、我々に教えてくれているのです。我々一人一人が手にした賞状は、決して腐敗しません。

『月桂樹の花輪を授けられるのはただ1人。しかし誰もが試合の喜びを分かち合うでしょう』

だから声援は爽快で、魂を救済してくれる、活発で公平で清廉なスポーツからくる利益を与えることになるのです。」

これを聞いたクーベルタンは、この教えを省略し

「オリンピックは参加することに意味がある」

と言ったのです。

 

クーベルタン男爵が残した名言は、もう一つあります。

「自己を知る、自己を律する、自己に打ち克つ、これこそがアスリートの義務であり、最も大切なことである」

アスリートは、自分自身をコントロールし、諦めてしまいそうな自分の心に打ち克つ。それがアスリートの義務。

という意味でしょうね。

クーベルタン男爵は、アスリートとは「自分に勝利する者」であると考えていたようです。


スポンサーリンク


『クーベルタン』について、レビュー(評論)!

クーベルタンが生まれる50年ほど前の1815年、フランス皇帝「ナポレオン1世」は、「ワーテルローの戦い」でイギリス軍に敗北しました。

その原因を、クーベルタン男爵は、「心身を鍛える英国式の教育」にあると考えたのです。

彼は裕福な家庭に生まれ育ち、進学。しかしそこで待っていたのは、「憎しみ」をはらすための教育でした。決して子供たちの「心身」を鍛えるためのものではありませんでした。

当時のヨーロッパは、新興国「ドイツ」の鉄血宰相「ビスマルク」がコントロールしていました。

ビスマルクはフランスとの戦争に勝利して「ドイツ帝国」を建国。その後は「曲芸」と呼ばれる複雑怪奇な外交を駆使して、「フランス」と「ロシア」の同盟を阻止し続け、ドイツを守っていたのです。

ドイツに負けたフランスは、教育において「反ドイツ」教育をすすめていました。これに反発したクーベルタンは、学校を飛び出したのでした。

その後、彼は「古代オリンピック」の精神を学んで感銘を受け、オリンピックの復活を志すようになります。

ビスマルク・・・・近代日本を作り上げた大政治家「大久保利通」も尊敬した名宰相。彼の存在が、「近代オリンピック」の誕生を後押しすることとなっていたのです。


スポンサーリンク


フリーメイソンのメンバーだった

都市伝説で語られる秘密結社「フリーメイソン」

実はクーベルタンもまた、「フリーメイソン」のメンバーだったと言われています。

では、クーベルタンは世界を支配する組織の一員として、世界をコントロールする立場の人間だったのか?

そうではないと思います。

実はクーベルタンは、「優劣民族は、劣等民族に社会的な恩恵を与える必要がない」と考えていたとされ、一種の「差別主義者」であったと考えられています。

ドイツの「アドルフ・ヒトラー」により統率された「ベルリンオリンピック」におけるドイツ代表の強さを、クーベルタンは喜んでとも言われています。もちろんヒトラーの「ホロコースト(ユダヤ人虐殺)」らを支持したわけではないと思いますが・・・。

フリーメイソンは、イギリス本部を中心として、「差別」を嫌う組織であるとされています。フランスの「フリーメイソン」は、それとは異なり、一部メンバーが差別主義的な思想を持っていることで有名です。

クーベルタンが「フリーメイソン」のメンバーであったとしても、その差別的思想に、イギリスやアメリカの「フリーメイソン」主力組織が協力するとは思えません。

ですので、クーベルタンが「フリーメイソン」メンバーとして、世界を裏で操っていた・・・なんてことは、ないと思います。

クーベルタンは、都市伝説で噂される「フリーメイソンの権力」を使わずに「近代オリンピック」を創立したのです。その功績が素晴らしいものであることは、疑いようもありません。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. クーベルタンとは、「古代オリンピック」を復活させ「近代オリンピック」を創立した人物
  2. クーベルタンは「オリンピックは勝利よりも、参加することに意味がある」という名言残した・・・とされているが、実際には別の人が言った言葉だった
  3. クーベルタンは、「フリーメイソン」メンバーだったと言われているが、世界の黒幕・・・というわけではないだろう

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク


「いだてん」関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

これらの記事でも大河ドラマ「いだてん」登場人物についての「逸話」や「功績」を簡単に理解できるように、極めてわかりやすく解説させていただいております。

「田畑政治」関連記事

「【田畑政治とは】経歴・プロフィールを簡単紹介!その生涯と功績がスゴイ」の記事はコチラ

 

「金栗四三」関連記事

「【金栗四三とは】その生涯と最期!大河ドラマ『いだてん』主人公の物語」の記事はコチラ
「金栗四三の家系図と子孫を画像付きで解説!54年8ヶ月の道のりとは?」の記事はコチラ
「金栗四三と妻「春野スヤ」の再婚の真実!結婚時の年齢と尚絅学園について」の記事はコチラ
「金栗四三がグリコのロゴのモデルって本当か?真相はすでに解明されていた」の記事はコチラ

 

「嘉納治五郎」関連記事

「嘉納治五郎の生涯年表と経歴をわかりやすく解説!実は東大出身だった」の記事はコチラ
「【嘉納治五郎とは】その功績をわかりやすく解説!何をした人なの?」の記事はコチラ
「嘉納治五郎の子孫家系図の画像つき解説!子も孫も柔道の達人だった」の記事はコチラ
「嘉納治五郎はオリンピック招致に成功していた!幻の1940年東京五輪とは」の記事はコチラ
「【嘉納治五郎の名言全集】柔道の父が残した言葉と教えの意味がスゴイ」の記事はコチラ

 

「古今亭志ん生」関連記事

「【古今亭志ん生の家系図と家族一覧】池波志乃・中尾彬との関係とは?」の記事はコチラ
「【古今亭志ん生の名言全集】残された『逸話と伝説』がスゴすぎた!」の記事はコチラ

 

「大隈重信」関連記事

「大隈重信とはかわかりやすく解説!早稲田大学創設はあの人のおかげ」の記事はコチラ
「【大隈重信】生涯年表と経歴涯をカンタン解説!どんな功績を残したの?」の記事はコチラ
「【大隈重信】子孫家系図でわかりやすく解説!嫁は超『賢妻』だった」の記事はコチラ
「大隈重信の『右足』と『義足』は今どこにある?足を失った理由がコワイ」の記事はコチラ

 

「三島弥彦」関連記事

「【三島弥彦とは】子孫と家系図がスゴイ!大久保利通や麻生太郎の親戚だった」の記事はコチラ
「三島弥太郎とは何をした人?岩崎弥太郎・坂本龍馬との意外な関係性!」の記事はコチラ
「三島通庸の家系図がスゴイ!子孫は麻生太郎や三島由紀夫と大物ぞろい」の記事はコチラ

 

その他「いだてん」関連記事

「【ストックホルムオリンピック】日本人の選手一覧!金栗四三と三島弥彦」の記事はコチラ
「大森兵蔵と妻・大森安仁子の子孫を探してみた!二人に子供はいたの?」の記事はコチラ
「【乃木希典】真の評価は凄かった!子孫の現在?珠玉の名言集まで」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る