新渡戸稲造の著書『武士道』とはどんな本?内容を簡単に要約してみた

新渡戸稲造が記した世界的大ベストセラー「武士道」の内容が、この記事を読めばすぐわかる!

作家「新渡戸稲造」。

その最大の功績は、名作「武士道」を記して、世界に「日本」を紹介したこと。

内容は「武士」とは何か?を、西洋の偉人や出来事を例に上げて解説するものなのです。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 新渡戸稲造」が残した書「武士道」は、日本人の価値観などを解説する「ガイドブック」だった。
  2. 「武士道」は、「義」「勇」「仁」「礼」「名誉」「忠義」「切腹」「刀」などを、わかりやすい例をつかって解説している
  3. アメリカ大統領「セオドア・ルーズベルト」「ジョン・F・ケネディ」らも「武士道」を愛読していた

新渡戸稲造の「武士道」は、英語で出版された日本人ガイドだった

新渡戸稲造(にとべ いなぞう)

《新渡戸 稲造》
「引用元ウィキペディアより」

「新渡戸稲造」といえば、「樋口一葉」の前に「5000円札」の肖像画をつとめていた人ですね。

その「新渡戸稲造」の最大の功績といえば、名作「武士道」という本をしるしたことでしょう。

では、そもそも「武士道」とは、どういう本なのでしょうか?


スポンサーリンク

「日本人は、宗教教育を受けていないようだね。だったら、どのようにして道徳教育をうけているのだね?」

新渡戸はある日、ベルギーの法学者「ラブレー」氏から、このように尋ねられました。彼はその質問にとっさに答えることができなかったのです。

また、彼の妻でアメリカ人の「メアリー」は、たびたび新渡戸にたいして

「どうして日本人は、このような選択をするのか?」

という質問を投げかけていました。

新渡戸はある日、「ラブレー」氏の疑問と、妻「メアリー」の質問に答えることを決意。「武士道」を記すことで

「日本人の価値観と道徳は、どのようなものなのか」

を解説しようとしたのです。

書籍「武士道」は、1900年に「英語」で出版されます。日本語に翻訳されて出版されたのは、その数年後です。

「武士道」はあくまでも「外交人向けの日本人ガイドブック」だったのです。


スポンサーリンク

武士道の内容を、世界一カンタンに要約しました

「武士道」は、おもに「17」の章により構成されています。

それぞれの章で「武士道」の起源や内容、そこから現在の読者が得られる教訓などを記しています。

「義」「勇」「仁」「礼」「名誉」「忠義」「切腹」「刀」など、武士をかたちづくる要素を、かずかずの例をあげて解説しているのです。ここでは、それぞれの章を、きわめて短く要約してかいせついたします。

 

1章「武士道とは、何か?」

「武士道」とは、すなわち武士が生涯守り続けなくてはならない「おきて」のこと。

 

2章「武士道は、どこから生まれたものなのか?」

武士道は「仏教」「神道」「孔子」「孟子」などの教えが混ざり合って出来上がった思想。

 

3章「義とは?」

「義」とは、義理・義務など、我々が無条件にしたがうべき「正義の道理」のことである。それはまるで「親」が「子」を育て諭し導く義務があるかのごとく。


スポンサーリンク

4章「勇とは?」

「勇気とは、正しいことをすることである」。「義を見てせざるは勇なきなり」という言葉通り、義を果たすことを「勇」と呼び、「勇」と「義」は、双子のように互いを支え合う関係である。

 

5章「仁とは?」

「勇」が高みに達すると、それは「仁」となる。「仁」とは「他者への同情」「あわれみ」「慈悲の心」。「仁」とは民を統治するものが持つべき最高のもの。「武士の情け(武士の優しさ)」とは、すなわち「仁」である。

 

6章「礼とは?」

「礼」とは他人への「思いやり」を、目に見える形で表現することである。「礼」の最高の姿は「愛」。


スポンサーリンク

7章「誠とは?」

真のサムライは、「誠」に対して非常に強い敬意を表する。サムライは「二言」を嫌い、約束は口ですませて、ほとんど守られた。約束を文書にすることを嫌うほど、武士は誠と約束を重んじた。

 

8章「名誉とは?」

サムライは「名誉」を重んじ、笑われることや侮辱されることをつよく嫌った。侮辱した相手を殺害することもあるほどだ。「名誉」とは武士にとって「最高の善」なのである。

 

9章「忠義とは?」

「忠義」とは、「主君」に対して絶対的にしたがうこと。しかしそれは「こびを売ってへつらう」ことや「奴隷」となることではなく、主君が間違いを犯そうとするとき、それを正すことである。もしそれにしくじれば、命を失うことを、武士は覚悟しなくてはいけない。

 

10章「武士が学ぶことと、己をみがくこととは?」

武士は「智 仁 勇」を身につけるため「剣術」「弓術」「柔術」「馬術」「槍術」「戦略」「戦術」「読書」「道徳」「文学」「歴史」などを学ぶ。そして「金銭」を汚いものとして極端に嫌う。

サムライは「精神力」を鍛え、「自制心」を身につけるために、訓練に訓練をかさねるのである


スポンサーリンク

11章「人に勝ち、おのれにも克つために」

サムライは感情を顔に出さない。寡黙・沈黙がよしとされた。なぜなら感情を表に出すことは、他者を不愉快にするものだからだ。そのため、武士は身内を亡くした直後でも、笑顔すら浮かべて友をむかえる。他者に勝利するためには、みずからの感情に勝利することが必要であると考えられている。

 

12章「切腹とは?」

切腹とは、ただの「自死」ではない。それは「儀式」であり、武士がおのれの「罪」をつぐない、謝罪し、「不名誉」を逃れ、命を捨ててみずからの「誠」を証明する方法だった。切腹の儀式を見事に終わらせることは、「名誉」でさえあった。しかしそれが原因で、武士は「切腹」にあたいしない理由で切腹し、軽々しくみずからの命を捨てたこともあった。

 

13章「刀とは?」

刀を持つことは、自尊心と責任感をサムライに抱かせる。刀は武士にとって「忠誠心」と「名誉」の象徴なのだ。刀への不敬と侮辱は、サムライ本人への侮辱となる。とはいえ、むやみに刀を振り回すものは軽蔑され、名誉を失う。勝海舟は、何度も暗殺の危機をむかえたが、「殺されても殺さず」と誓い、生涯かけて「刀」を抜くことはなかった。

 

14章「武士道が求めた女性の理想像」

女性が「夫」「家」「家族」のために、自分の命をあけわたすことは、名誉であるとされた。女性は夫のために自分自身を捨て、それによって夫は、「名誉」を得ることができた。そして武士社会では、必ずしも女性は「軽視」されていたわけではない。


スポンサーリンク

15章「大和魂とは?」

サムライは民族の理想となった。「花は桜木 人は武士」とうたわれるほど。武士道は、日本人の「エリート」を意味する憧れの的となった。武士道に到達できないものも日本人の魂、すなわち「大和魂」という、この国独特の魂をその身に宿すこととなった。「大和魂」は「桜」のように、美しく、気品があり、優雅で、毒もトゲもない。派手な色でもなく、淡い。香りも弱い。そして、儚く散り、永遠にその姿を消してしまう。大和魂とは、そんな「桜」のようなものなのだろう。

 

16章「武士道はよみがえるのか?」

1900年現在、武士道は衰退してしまった。それでも今も日本人の心に根付いている。とはいえ、武士道が衰退するであろう予兆が、すでに出始めている。

 

17章「武士道から何を学ぶ?」

武士道は衰退の道を進んでいる。しかし武士道が教える「名誉」「勇気」「徳」などを守り抜き、それをもって人生を生きる義務が、現在の人々にはあるのではないか。不死鳥とは、みずからの灰のなかからのみ復活し、決してよそから飛んでくるのではない。武士道は一つの道徳や掟としては滅びるかもしれないが、その力が消さることは決してない。たとえ遠い未来で武士道の精神が忘れ去られたとしても、桜の残り香のように、必ずどこからか漂ってきて、見事に復活するだろう。


スポンサーリンク

「武士道」を読んだ人達がスゴイ!アメリカ大統領も熱中した名作!

この「武士道」という本は、世界中で時代を超えて読まれた、まさに名作と呼んでいい代物でしょう。

愛読した人として有名なのは、アメリカ大統領「セオドア・ルーズベルト」と、同じく米大統領「ジョン・F・ケネディ」。

特に「セオドア・ルーズベルト」は、武士道を読んで日本に好感を抱いたらしく、日本とロシアの間で起こった「日露戦争」の講和を仲介。駐露アメリカ大使に、ロシア「ニコライ皇帝」を説得させ、「南樺太の割譲」を約束させるなど、日本に対して友好的な活動をしてくれています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

武士道 現代語で読む最高の名著 (知的生きかた文庫) [ 新渡戸稲造 ]
価格:534円(税込、送料無料) (2019/2/3時点)

楽天で購入

 

 

また、「ジョン・F・ケネディ」も「武士道」を愛読し、その中に登場する名君「上杉鷹山」を尊敬していました。

新渡戸稲造の「武士道」。間接的に「日本の国益」を守る働きもしてくれた、名作と言っていいのではないでしょうか。


スポンサーリンク

『武士道』について「ひとこと」言いたい!

現在の日本人は、「武士道精神」を持っているのでしょうか?

ご存知のとおり、現在の日本人は、武士道精神を失ってしまっています。ほとんど99%をなくしてしまったと言っていいでしょう。

そもそも「武士道とは何なのか」を答えることができる人など、数えるほどしかいないでしょう。

中には「葉隠」という本に書かれた名文句

「武士道とは死ぬこと」

何ていう人もいるかもしれません。

しかし、新渡戸は著作「武士道」で、「意味のない死」を徹底的に批判しています。

「『名誉』を得る簡単な手段として、軽はずみに死を選ぶべきではない」

と・・・。


スポンサーリンク

新渡戸は「武士道」の中で

「義を守り、勇敢であり、礼をわすれず、思いやりをもち、忠義をまっとうし、名誉を重んじて、誠を尽くす」

ということを主張しています。

現在の日本人に、これらが備わっているのでしょうか?

周辺諸国から「戦争犯罪国」と呼ばれ、ありもしない「人権侵害」を非難されて、やってもいないことを謝罪し、領土領海をおかされても「遺憾」を連発し、国民を「拉致」されても「救出」もできず、戦勝国アメリカから渡された「憲法9条」という「自分自身を縛る縄」を大切にし続けている。

挙句の果てには、日本を守るために亡くなった「英霊たち」をまつる「靖国神社」に、日本の「内閣総理大臣」が参拝することすらできなくなっているのです。

これでは「武士道精神は滅びた」と言われても、反論できません。

失われた武士道を取り戻す。そのために、今「新渡戸稲造」の「武士道」をもう一度見直すべきなのではないでしょうか。

「武士道は、いつか必ず復活する」

新渡戸稲造は、書籍「武士道」のなかで、そう予言しています。

今こそ、その時なのかもしれません。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 書籍「武士道」は、日本人の「価値観」や「選択の基準」を、数々のわかりやすい例をつかって解説している「日本人のガイドブック」のような本。
  2. 「武士道」は、武士の要素である「義」「勇」「仁」「礼」「名誉」「忠義」「切腹」「刀」などを解説している。
  3. アメリカ大統領「セオドア・ルーズベルト」「ジョン・F・ケネディ」なども、「武士道」を愛読し、強く影響されていた

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「【新渡戸稲造とは何した人?】その功績について超わかりやすく解説」の記事はコチラ
「嘉納治五郎の生涯年表と経歴をわかりやすく解説!実は東大出身だった」の記事はコチラ
「【大隈重信】生涯年表と経歴をカンタン解説!どんな功績を残したの?」の記事はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る