今川義元の家紋を画像つき解説!義元は「汚れ落とし」を家紋にした

この記事では「今川義元の家紋」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。
これを読めば「今川義元がつかっていた家紋の画像」を、カンタンに手に入れられます。

 

「今川義元」が使っていた家紋は3つ。「二つ引両」「赤鳥」「五七花桐」です。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,今川義元は、「二つ引両」「赤鳥」「五七花桐」という3つの家紋を使っていた

 

2,「赤鳥紋」は、元々は「垢(あか)取り」、つまり「汚れを落とす櫛」を描いた家紋

 

3,今川氏は、元々「室町幕府」を開いた「足利尊氏」の分家にあたる家なので、「足利将軍家」から、足利家の家紋である「二つ引両」の使用を許された

 

「今川義元の家紋」を画像付きで、まとめて紹介!

今川義元が使ったと言われている家紋は3つ。

  1. 「二つ引両」
  2. 「赤鳥」
  3. 「五七花桐」

この3つです。

《今川義元》
「引用元ウィキペディアより」

 

家紋の画像引用は、画像の下にある「ウィキペディア」のリンクより行なえます。

二つ引両

《二つ引両》
「引用元ウィキペディアより」

 

赤鳥

《今川氏家紋》
【赤鳥紋】
「引用元ウィキペディアより」

 

五七花桐

(以下の家紋は「五七花桐」ではなく「五七桐」です。この二つの家紋は、似ているものの、すこし異なっています。適切な画像をご用意できず申し訳ありません。「五七桐」は豊臣家の家紋です。)

《五七桐紋》
「引用元Wikipediaより」

 


スポンサーリンク


「二つ引両」とは、「足利尊氏」が開いた「室町幕府」の将軍家「足利家」の家紋です。

 

今川家も「足利将軍家」と同じ「二つ引両」の家紋を使っていたわけです。

 

この家紋の二本線は、「龍」を表していると言われています。

 

 

「赤鳥(あかとり)紋」は、今川義元の「馬印」にも使われているデザインです。

 

櫛(くし)のような形なのに、どうして「赤鳥」なのでしょうか?

 

詳しくは、次の項目で解説します。

 

 

「五七花桐」の家紋。

 

「桐紋」は、とても縁起の良いもので、「日本十大家紋」の1つに数えられます

 

「室町幕府」の家紋であり、「豊臣家」も「桐紋」を使用していた縁起物ですね。

 

現在では「日本国政府」の紋章として、「桐紋」が使用されています。

 

「桐(きり)」は、伝説の神獣「鳳凰が棲(す)む」と言われています。

 

「「足利尊氏」は、主君「後醍醐天皇」から「五七桐紋」をもらって使用したのでした。

 

今川家は「足利尊氏」から、この「五七桐紋」の使用を許されたというわけです。

 

「五七桐紋」は、当時たくさんの家で使われていたため、「五七花桐」へと改造して、区別できるようにしたのでしょう。


スポンサーリンク


「赤鳥紋」の由来!実は「垢(あか)」を取るためのものだった

今川義の家紋といえば「赤鳥紋」が有名です。

 

「赤鳥紋」

 

「赤い鳥」と書いているわりには、実はそれほど美しい形ではないですね。

 

しかも、「赤い鳥」という名前のはずが、どう観ても櫛(くし)です。

 

もしくは、馬につける「鞍」、その鞍と馬のあいだに挟む「ブランケット」を模したものが、この「赤鳥」の家紋と考えられています。

 

実はこの「赤鳥紋」は「馬の汚れを落とすためのもの」が、デザインの基となっているのだとか


スポンサーリンク


「赤鳥」とは、すなわち「垢(あか)取り」。

 

「垢(あか)を取るための櫛(くし)」が、この「赤鳥紋」なのです

 

今川家の初代当主「今川範国(のりくに)」が、1337年に駿府浅間神社に参拝したところ「赤い鳥とともに戦え」という、神のお告げを聞いたのだとか

 

もともと「今川家」の家紋は「垢取り」だったので、「赤鳥」と書いて、その後も代々今川家の家紋として利用していたのでしょう。

 

「赤鳥とともに戦う」なんて、かなりかっこいい逸話ですが、実際には「汚れ落とし」の「垢取り」が基となっているのですね。


スポンサーリンク


今川家の家紋「二つ引両」と、室町幕府「足利将軍家」の関係

今川家は、元々「足利尊氏」の先祖である「足利義氏」の家系です。

 

足利尊氏の先祖にあたる「足利義氏」の息子「長氏」が、「吉良家」という「足利家の分家」を起こしたのです。

 

その「吉良家」のさらに分家が「今川家」です。

「足利が絶えたら吉良家から将軍をたてよ

吉良家が絶えたら今川家から将軍をたてよ」

足利将軍家には、こういう言い伝えがあったのです。

 

徳川将軍家が後継者を出さなかったら「尾張徳川家」または「紀伊徳川家」から将軍を出すように、と「徳川家康」は遺言しました。

 

そのため、徳川家康の直系であった7代将軍「徳川家継」が亡くなると、「紀伊徳川家」から「徳川吉宗」が「八代将軍」となったのでした。

 

それと同じように、「足利将軍家」が後継者を出せなかったら、吉良家・今川家から将軍がたてられる予定になっていたわけです。

 

今川家は足利家の分家の分家であり、「足利尊氏」にしたがって戦った武士「今川範国」には、多大な功績があったのです。

 

そのため「今川家」は、「足利家」の家紋「二つ引両」を使うことを許されたのでした。

 

今川家が「二つ引両」の家紋を使っていたのは、「足利家の一族」であることをアピールし、自らの格式と権威を知らしめようとしたのでしょう。


スポンサーリンク


もしも「今川家」が天下を取っていたら、「今川義元」が「征夷大将軍」になって幕府開いていた

「桶狭間の戦い」で「織田信長」に敗北した今川義元。

 

4万もの大軍団をひきいて尾張国へ出陣した今川義元は、わずか2千の軍団をひきいた織田信長に敗死したのでした。

 

最近では、この「桶狭間の戦い」にいたるまでの今川義元の遠征軍は

「尾張国を服従させるためだけに、今川義元は4万の軍を率いて出陣した」

と考えられています。

 

しかし以前は「尾張国を滅ぼしたあとは、その4万の軍団で、そのまま京都を制圧しようとしていた」と考えられていました。

 

現実的に考えて、4万の軍で一度に京都まで行けるとは思えません。

 

だが、今川義元が京都を目指していたことは事実です。

 

「武田信玄」「北条氏康」を、三国同盟の締結で封じ込めていた「今川義元」は、確実に京都を制圧する野望を持っていました。

 

もしも「今川義元」が「桶狭間」で死ななかったら、もしかすると「征夷大将軍」になって「幕府」を開いていたかもしれません。

 

「足利が断絶したら吉良家が、吉良家が断絶したら今川家が将軍となる」

 

足利将軍家から、今川家はこのように言われていたので、この言い伝えを根拠として、今川義元は自ら将軍となったはずです。

 

当時は、13代目の「足利義輝」が将軍でした。

 

しかし「足利義輝」には、なんの力もなく、「三好長慶」や「細川晴元」に何度も京都から追い出されていた有様です。

 

そのため、何かしらの口実を見つけて、今川義元は自ら将軍となって「室町幕府」を乗っ取っていたのではないでしょうか。

 

弱体化した「室町幕府」なら、乗っ取りなど簡単です。

 

実際「足利義輝」は、【1565年】に「三好三人衆」「松永久通」によって暗殺されて、事実上乗っ取られているのですから。

今川義元は、「三好三人衆」のように、「暗殺」という強硬手段は使わなかったでしょう。

 

けれど、何かしらの言いがかりをつけて、「征夷大将軍」の位を奪っていただろうと考えられます。

「家紋ステッカー」

以下のリンクで、「家紋ステッカー」が取り扱われています。

くれぐれも、サイズ確認をお忘れなく。

 

「二つ引両紋」

 

「赤鳥紋」

 

「五七桐紋」

 

その他にも、数々の家紋ステッカーを取り扱われているようですね。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,今川義元は、「二つ引両」「赤鳥」「五七花桐」を家紋として使っていた

 

2,「赤鳥」の家紋は、元々は「垢取り」、つまり「汚れを落とす櫛(くし)」を描いた家紋だった

 

3,今川氏は、「足利尊氏」が生まれた「足利家」の分家にあたる家であり、「足利将軍家」から、足利家の家紋「二つ引両」の使用を許された

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


「今川義元」関連記事

「今川義元」について、よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。


『【今川義元】おんな城主・井伊直虎との関係とは?二人は親戚だった!』の記事はコチラ

『【今川義元武田信玄と北条氏康三人の関係は親戚・義兄弟だった!』の記事はコチラ

【今川義元】肖像画の画像を探してみた!どうしてお公家風の姿なの?』の記事はコチラ

『【今川義元】なぜ織田信長との「桶狭間の戦い」で敗北した?原因は油断』の記事はコチラ

『今川義元の家臣団一覧と【3人の名将】!信長・家康をも苦しめた逸話』の記事はコチラ

『今川義元と太原雪斎はどういう関係?雪斎の功績と、徳川家康との関係』の記事はコチラ

『今川義元の逸話桶狭間の予知夢亡霊の正体と、実の兄を殺した経緯』の記事はコチラ

今川義元と豊臣秀吉の隠された関係!秀吉が義元から受け継いだ名刀とは』の記事はコチラ

『【今川義元の年表】その生涯がひと目でわかる!42年の波乱の一生!』の記事はコチラ

『今川義元はお公家さんだったのか?お化粧とお歯黒をしていた理由とは』の記事はコチラ

『【今川義元と天下統一もし上洛できていたら義元は天下が取れたの?』の記事はコチラ

『【今川義元の評価義元は最強の武将だった!軍事・内政・外交の実績』の記事はコチラ

『今川義元と徳川家康の関係を解説!義元・家康を育てた超天才軍師とは』の記事はコチラ

『今川義元の父母と息子・今川氏真を解説!氏真はバカだから生き残れた』の記事はコチラ

『今川義元の子孫と先祖を【家系図】で解説!子孫は「忠臣蔵」のあの人』の記事はコチラ

『【今川義元と桶狭間の戦い】その謎や疑問のすべてを短く簡単に解説』の記事はコチラ

『今川義元「ゆかりの地」と「城」を地図でご案内!生誕地と最期の地』の記事はコチラ

『今川義元の愛刀「義元左文字」愛用の「鉄兜」は今どこにあるのか?』の記事はコチラ

『今川義元のは桶狭間の後どこへ行った?なぜ義元は敗北したのか』の記事はコチラ

瀬名姫の母親は誰?今川義元の妹か、又は井伊直虎の親戚・佐名姫か!』の記事はコチラ

今川氏真が織田信長殺害に協力?本能寺の変を家康は知っていた!』の記事はコチラ

今川氏真の最期とは?妻・早川殿との子孫はあの有名人で現在も大活躍』の記事はコチラ

北条氏康の義兄は今川義元?二人は血縁もある兄弟だった!』の記事はコチラ

織田信長と桶狭間の戦いを簡単に解説!どのような戦法で勝利したのか』の記事はコチラ

『【桶狭間の戦いとは】簡単にわかりやすく解説!隠されていた真実に驚愕』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る