【今川義元】なぜ織田信長との「桶狭間の戦い」で敗北した?原因は油断

この記事では「今川義元が、なぜ織田信長に敗北したのか」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「今川義元の敗因」を、カンタンに理解できます。

 

「今川義元が敗北した原因」は「信長がまさか出撃してくるとは考えていなかった」から。

 

つまり「油断」です。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「今川義元」が「織田信長」に敗北した理由とは?

1つが「奇襲戦法」を信長が仕掛けたため。2つ目が「偶然」つまり「今川義元が不運だった」から

 

2,「今川義元」は、「信長が出撃してくるとは思っていなかった」

義元は、「信長が出撃してくるとは思っていなかった」おらず、「籠城する」と思い込んでいたため、信長の突撃に混乱した

 

3,もしも「今川義元」が「桶狭間の戦い」で勝利していたら?

おそらく「織田信長」を従属させて、「尾張国」を属国とし、京都への道を塞ぐ敵を倒すように命じていただろう。

今川義元が織田信長に敗北した2つの理由!

1560年】、「桶狭間の戦い」で「今川義元」が「織田信長」に敗北した理由は、「奇襲」または「偶然」であると考えられます。

《今川義元》
「引用元ウィキペディアより」

 

織田信長の軍は「2千~3千」。

 

それに対して今川義元の軍は2万5千~4万。

 

信長からすれば、正面から攻撃しても、勝ち目などありません。

 

そうであるなら、勝利するためには、「今川義元の首を取ってしまう」しかなかったのです。


スポンサーリンク


奇襲

少数の軍団で勝利するためには、敵の総大将を倒してしまうしかありません。

 

そのためにもっとも有効な方法が、「敵の総大将への奇襲」だったのです。

 

信長は、とにかく敵の総大将「今川義元」のみを倒すことだけを考えたはずです。

 

信長は、「今川義元がどこにいるのか」を知るために、全力を尽くします。

そして、今川義元が桶狭間で休憩していると知ると、即座に出撃。

 

「梅雨将軍」と呼ばれた信長は、大切な戦いで、いつも雨に降られていました。

 

このときも、桶狭間は豪雨が振って、信長が今川義元の本隊へ近づく音をかき消した、といわれています。

 

義元の本隊を急襲した信長。

 

奇跡的に、今川義元の首をあげることに成功したのです。

 

「奇襲戦法」

  • 「毛利元就」の「厳島の戦い」
  • 「北条氏康」の「河越夜戦」

 

この二つと並んで、「桶狭間の戦い」は、「日本三大奇襲戦」と呼ばれて、讃えられる事となったのです。

偶然

実は、「織田信長が今川義元に勝利できたのは、偶然」という説があります。

 

信長についての一級資料「信長公記」によると、「奇襲」などという言葉が全く出てこないのです。

 

「信長公記」にかかれている「桶狭間の戦い」を解説してみると、こうなります。

「信長は、沓掛城から出てきた今川軍の部隊に攻撃を仕掛けた。

そこに今川義元がいたので、討った」

ザックリ言うと、こんな感じです。

 

信長公記」によると、「信長は奇襲などやっていなかった」「敵の前線部隊を攻撃したら、たまたま今川義元の本隊だった」ということになるのです。

 

明智光秀の末裔を自称しておられる作家「明智憲三郎」さんの著書「織田信長~435年目の真実~」によれば

「信長は緻密な作戦をたてて、今川義元を討った」

とのことです。

 

 

しかし、もしかすると意外にも「織田信長が今川義元に勝利できたのは、偶然」だったのかもしれません。


スポンサーリンク


今川義元は、織田信長が「出撃してくる」とは思っていなかった!

今川義元が敗北した原因は、数多くありますが、ひとことで言えば「運が悪かった」ということになります。

 

義元が敗北した原因は、「自分の居場所を、信長に知られてしまったこと」でしょう。

 

そして、なによりも「油断していた」ということがあると思います。

 

「籠城戦」

 

織田軍は「2千~3千」。対して今川軍は「2万5千~4万」。

 

これほどの兵力差があれば、少数の織田軍は、「籠城」するのが常識でした。

 

そのため、今川義元も、「信長は清洲城に籠城するだろう」と考えていたはずです。

 

ところが、信長は予想に反して「出撃」してきたのです。

 

1614年】の「大坂冬の陣」で、「7万の豊臣軍」は、「15万の徳川軍」を相手にして、「大坂城」へ籠城しました。

 

兵力差は、2分の1でも籠城するのが当然だったのです。

 

しかし、信長は籠城しませんでした。

 

この「信長は籠城するだろう」という「今川義元の油断」が、義元の敗因だったと言えます。


スポンサーリンク


もしも桶狭間の戦いで、義元が勝利していたら?

もし「今川義元」が「桶狭間の戦い」で勝利していたら、「織田信長」は義元に降伏し、属国化つまり信長は義元の家来になっていたはずです。

 

今川義元は、三河国を属国とし、三河国主の正統後継者「松平元康(のちの徳川家康)」を、自分の部下として「桶狭間の戦い」で先陣をきらせています。

 

おそらく「今川義元」が織田信長に勝利していたら、その生命を奪うのではなく、「尾張国・織田家」を、「駿河国・今川家」の属国としていたはずです。

  • 「美濃国・斎藤家」
  • 「南近江・六角家」
  • 「京都・三好家」

今川義元は、最終目標として、京都を目指していたと考えられます。

 

織田信長に勝利したら、その力を利用して、京都への道を塞ぐ「斎藤家」「六角家」「三好家」と戦わせていたはずです。


スポンサーリンク


「今川義元の生涯と最期」を描いた人気漫画「センゴク外伝」

後世において「弱い武将」、「愚かなバカ殿」と、極めて低い評価をされている「今川義元」。

 

実は「今川義元」は、戦国時代トップクラスの名将でした。

 

そんな名将「今川義元」を主人公として描かれた人気マンガがあります。

 

「センゴク外伝~桶狭間戦記~」

 

 

「今川義元」と、その軍師「太原雪斎」を主人公とした作品です。

 

今川義元という武将が、どれほど凄い人物だったのかを、カンタンに、面白く、わかりやすく知ることができる名作です。

また、以下のリンク記事でも、「今川義元」のことを可能な限りくわしく解説しております。

今川義元のすべてを徹底解説!家紋や首の行方・墓の場所など完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「今川義元」が「織田信長」に敗北した理由は2つ、「奇襲戦法」と「偶然」

 

2,義元は、「信長が籠城する」と思い込んでいた

 

3,もしも「今川義元」が「桶狭間の戦い」で勝利していたら、「信長」を従属させて、京都への道を塞ぐ敵を倒すように命じていたはず。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


「今川義元」関連記事

「今川義元」について、よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。


『【今川義元】おんな城主・井伊直虎との関係とは?二人は親戚だった!』の記事はコチラ

『【今川義元武田信玄と北条氏康三人の関係は親戚・義兄弟だった!』の記事はコチラ

【今川義元】肖像画の画像を探してみた!どうしてお公家風の姿なの?』の記事はコチラ

『【今川義元】なぜ織田信長との「桶狭間の戦い」で敗北した?原因は油断』の記事はコチラ

『今川義元の家臣団一覧と【3人の名将】!信長・家康をも苦しめた逸話』の記事はコチラ

『今川義元と太原雪斎はどういう関係?雪斎の功績と、徳川家康との関係』の記事はコチラ

『今川義元の逸話桶狭間の予知夢亡霊の正体と、実の兄を殺した経緯』の記事はコチラ

今川義元と豊臣秀吉の隠された関係!秀吉が義元から受け継いだ名刀とは』の記事はコチラ

『【今川義元の年表】その生涯がひと目でわかる!42年の波乱の一生!』の記事はコチラ

『今川義元はお公家さんだったのか?お化粧とお歯黒をしていた理由とは』の記事はコチラ

『【今川義元と天下統一もし上洛できていたら義元は天下が取れたの?』の記事はコチラ

『【今川義元の評価義元は最強の武将だった!軍事・内政・外交の実績』の記事はコチラ

『今川義元と徳川家康の関係を解説!義元・家康を育てた超天才軍師とは』の記事はコチラ

『今川義元の父母と息子・今川氏真を解説!氏真はバカだから生き残れた』の記事はコチラ

『今川義元の子孫と先祖を【家系図】で解説!子孫は「忠臣蔵」のあの人』の記事はコチラ

『【今川義元と桶狭間の戦い】その謎や疑問のすべてを短く簡単に解説』の記事はコチラ

『今川義元「ゆかりの地」と「城」を地図でご案内!生誕地と最期の地』の記事はコチラ

『今川義元の愛刀「義元左文字」愛用の「鉄兜」は今どこにあるのか?』の記事はコチラ

『今川義元のは桶狭間の後どこへ行った?なぜ義元は敗北したのか』の記事はコチラ

瀬名姫の母親は誰?今川義元の妹か、又は井伊直虎の親戚・佐名姫か!』の記事はコチラ

今川氏真が織田信長殺害に協力?本能寺の変を家康は知っていた!』の記事はコチラ

今川氏真の最期とは?妻・早川殿との子孫はあの有名人で現在も大活躍』の記事はコチラ

北条氏康の義兄は今川義元?二人は血縁もある兄弟だった!』の記事はコチラ

織田信長と桶狭間の戦いを簡単に解説!どのような戦法で勝利したのか』の記事はコチラ

『【桶狭間の戦いとは】簡単にわかりやすく解説!隠されていた真実に驚愕』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る