今川義元の愛刀「義元左文字」と愛用の「鉄兜」は今どこにあるのか?

この記事では「今川義元の愛刀と兜」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「今川義元の刀と、その逸話、現在どこにあるのか」を、カンタンに理解できます。

 

義元の愛刀「義元左文字」は、現在「京都国立博物館」に所蔵されているのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,今川義元の愛刀は「義元左文字」。織田信長徳川家康に受け継がれ、現在は「京都国立博物館」にある

 

2,義元が最期にかぶっていた鉄兜が、猛将「岡部元信」を通じて現在「大阪府岸和田市」の「岸和田城・三の丸神社」にある

 

3,今川義元は、亡くなる直前に「桶狭間の戦い」で、織田信長の家来「服部小平太春安」の膝を刀で斬りつけ、撃退していた。剣術の心得もしっかりあったと考えられる

今川義元の愛刀「義元左文字」の逸話と、現在どこにあるのかを解説

「桶狭間の戦い」で「織田信長」に敗北し亡くなった武将「今川義元」

 

《今川義元》
「引用元ウィキペディアより」

 

  • 「天下取りの太刀」
  • 「これを持つものは天下を取る」

そんな言い伝えが残されている今川義元が愛用した名刀「義元左文字(よしもとさもんじ)」

 

別名「宗三左文字(そうさんさもんじ)」または「三好左文字(みよしさもんじ)」とも呼ばれています。

 

今川義元は、この「義元左文字」と呼ばれる名刀を愛用していました。


スポンサーリンク


「義元左文字」の歴代「所有者」と、「天下取りの太刀」の逸話

「義元左文字」は、元々は「三好政長(みよし まさなが)」という武将が持っていた代物です。

 

「三好政長」は別名「三好宗三(みよし そうざ)といいます

 

この「三好宗三」が、「武田信虎」という武将へ、この「左文字」を贈ったのです。

 

「武田信虎」とは、「武田信玄」の父親です。

 

信虎は、自分の娘を「今川義元」に嫁がせています。

 

そのとき武田信虎は、「今川義元」へ、この「左文字」を贈っているのです。

 

「左文字」を愛用するようになった「今川義元」ですが、【1560年】の「桶狭間の戦い」で戦死。

 

「織田信長」が、そのとき「義元左文字」を奪い取っています。

 

信長は「義元左文字」を手に入れたことが、よほど嬉しかったようです。

 

「義元左文字」に、わざわざ自分の名前と「いつ、どこで手に入れたのか」を刻みつけているのです。

「永禄三年五月十九日、今川義元を討ち取ったときに、彼が所持していた刀」

それ以来、信長はこの「義元左文字」を愛用するようになります。

 

1582年】、本能寺の変で織田信長が亡くなると、豊臣秀吉が「義元左文字」を手に入れます。

 

秀吉から、息子「豊臣秀頼」へ受け継がれた「義元左文字」。

 

徳川家康が江戸幕府を開くと、「左文字」は「徳川家康」の手に渡ります。

 

そして家康は、この「義元左文字」を身に帯びて「大坂の陣」を戦い、「豊臣家」を滅ぼしたのでした。


スポンサーリンク


  • 「三好政長(宗三)」
  • 「武田信虎」
  • 「今川義元」
  • 「織田信長」
  • 「豊臣秀吉」
  • 「豊臣秀頼」
  • 「徳川家康」

このように、「左文字」は天下を狙う者、または天下を取ったものが所持している名刀なのです。

 

そのため「天下取りの太刀」とも呼ばれています。

 

家康は、二代将軍「徳川秀忠」にこの「義元左文字」をゆずります。

 

そして「秀忠」もまた、息子である三代将軍「家光」に、形見分けという形で「義元左文字」を譲り渡しています。

 

その後は、代々徳川将軍家に受け継がれていきました。

 

1868年】、明治維新江戸城無血開城によって徳川幕府が滅亡。

 

明治天皇が、織田信長の功績をたたえ、京都に「建勲神社(たけいさおじんじゃ)」を建立。

 

すると徳川宗家の当主「徳川家達(いえさと)」が、「義元左文字」を奉納。

 

現在も「建勲神社(けんくんじんじゃ・たていさおじんじゃ)」が「義元左文字」を所有し、「京都国立博物館」に寄託されています。

 

義元左文字は、現在「京都国立博物館」で大切に保管されているのです。

 

建勲神社のホームページはこちら

 

京都国立博物館のホームページはこちら

【2000年】の大河ドラマ「葵~徳川三代」に登場した「義元左文字」

2000年】に放送された大河ドラマ「葵~徳川三代」に、「義元左文字」が登場するシーンがあります。

 

第48話「さらば秀忠」という回で、父「徳川秀忠」から息子「徳川家光」へ、「義元左文字」が形見分けされるというシーンです。

 

俳優「西田敏行」さんが演じる「徳川秀忠」が、家光へ「江雪政宗」「不動国行」とともに、「左文字」を譲り渡すのですが、このときは「義元左文字」ではなく、「三好左文字」と呼ばれています。

 

義元左文字は、別名「三好左文字」とも呼ばれていました。

 

実際、史実でも「義元左文字」は、「秀忠」から「家光」へ与えられています。

 

ちなみに「江雪政宗」は、小田原北条氏に仕えた僧侶「板部岡江雪斎」の愛刀だったもの。

 

「不動国行」は、「足利義輝」や「織田信長」「豊臣秀吉」に愛された名刀です。


スポンサーリンク


義元愛用の「鉄兜」は、今どこにあるのか?

今川義元が亡くなる直前までかぶっていた「鉄兜」が、現存しています。

 

兜は現在「大阪府岸和田市」の「岸和田城」、城の中にある「三の丸神社」に「今川義元の兜」と伝えられているものが収蔵されています。

 

なぜ「今川義元の兜」が「大阪」にあるのでしょうか?

 

今川義元の家来「岡部元信」から、代々子孫へと伝えられてきたのです。

 

「岡部元信」とは、「桶狭間の戦い」で、織田信長から主君「今川義元」の首を取り返した猛将です。

 

この「岡部元信」は、自分が占領していた「鳴海城」と、「今川義元の首」を交換することで、首を奪還することに成功。

 

その首とともに、「今川義元の兜」もゆずりうけています。

 

首はその後、東向寺または臨済寺へ埋葬されています。

 

岡部元信はその後「武田信玄」「勝頼」親子につかえ、【1581年】の高天神城の戦いで、徳川家康に攻められて戦死しています。

 

この岡部元信の一族に「岡部正綱」という武将がいます。

 

岡部正綱が、徳川家康に仕えているのです。

 

正綱の孫「岡部宣勝」が、「岸和田城6万石」を与えられ大名になったのでした。

 

「岡部宣勝」は、岸和田城内にすでに存在していた「三の丸神社」に、代々「岡部家」に伝えられていた「今川義元の兜」を納めたのでしょう。

 

1935年】、社殿の祭壇のなかから、金色に輝く兜を発見。

 

それが、「今川義元の鉄兜」と伝わっているのです。


スポンサーリンク


今川義元は弱くなんかない?実は剣術にも優れていた!

「今川義元」は、肥満でお歯黒の弱い武将と考えられているようですが、実際には剣術も強かった可能性があります。

 

「桶狭間の戦い」で、今川義元は自ら「義元左文字」の太刀を振るって、織田軍の武将「服部小平太春安」の膝を斬りさいて撃退しているのです。

 

その後「毛利新助良勝」に討ち取られたものの、「服部小平太」を撃退しているのですから、剣術の腕前にも優れたものがあったのでしょう。

 

義元は幼い頃、僧侶として生活していたため、通常の「武士の子」がうける「武術の稽古」をしていなかったと考えられています。

 

しかしそれでも、実際の戦場で敵を撃退しているのです。

 

義元は、僧侶から武将となったあと、かなりの修行を積んだはず。

 

最近では、「桶狭間の戦いで圧倒的に有利な状況であるにも関わらず、敗北した愚かな武将」という評価が改められてきています。

 

武術についても、今川義元の能力は、決して弱くなんかなかったと考えられます。


スポンサーリンク


今川義元について「ひとこと」いいたい!武田信玄・北条氏康・上杉謙信を封じ込めた名将だった

「今川義元」は、名将であると、筆者は考えています。

 

後世に名将として高く評価されている「武田信玄」「北条氏康」「上杉謙信」にも敗けていません。

 

むしろ、これら三名の名将を、今川義元は手玉に取ったと言っていいと思います。

 

今川義元は、武田信玄・北条氏康・上杉謙信の運命を、大きく狂わせているのです。

 

「甲相駿三国同盟」

 

「今川義元」と「武田信玄」、そして「北条氏」康の三名が、「駿河国富士郡」にある「善徳寺」で締結した同盟です。

 

この同盟は、数多くの意味と効果がありました。

 

「今川義元」にとっては、後方に位置する「甲斐国・武田信玄」と「相模国・北条氏康」に攻撃される危険性を排除し、「尾張国・織田信長」との戦いに専念できたのです。

 

「武田信玄」と「北条氏康」も、背後から攻撃されることなく、それぞれが正面の敵に対処できました。


スポンサーリンク


ただ、「信玄」と「氏康」は、この「三国同盟」で、大きな損もしています。

 

「武田信玄」は、海という経済を発展させる上でとても大きな存在を、「北の上杉謙信を倒して、越後を奪う」という以外の方法で、手に入れることができなくなりました。

 

「北条氏康」は、「西」への道を完全に塞がれ、「京都を支配して天下を取る」ということができなくなりました。

 

「武田信玄」も「北条氏康」も、「三国同盟」のおかげで勢力拡大が難しくなっているのです。

 

そしてなによりも、「三国同盟」のおかげで最大の損失をこうむったのが「上杉謙信」です。

 

謙信はこの「三国同盟」のおかげで、生涯にわたって勢力拡大ができなかったのです。

 

「武田信玄」と「北条氏康」にとって、最大の強敵は、「上杉謙信」でした。

 

信玄と氏康は、軍神と呼ばれた最強の武将「上杉謙信」に、「武田」「北条」の連合軍で対処していきます。

 

さすがに「武田信玄」「北条氏康」という名将二人を相手にしては、上杉謙信も苦戦してしまいました。

 

そのスキに、今川義元は楽に「織田家」と戦うことができたのでした。

 

つまり、三国同盟は、「武田信玄」「北条氏康」「上杉謙信」という、戦国時代最高の名将たちを、互いに争わせて完全に封じ込める「秘策中の秘策」だったのです。

 

この「三国同盟」という名案を思いつき、実現させたのは、「今川義元」の軍師で師匠でもあった「太原雪斎」だと言われています。

 

その「太原雪斎」に三国同盟を実現させた「今川義元」は、やはり名将と言っていいでしょう。

 

たった1つの誤算は、「今川義元」が「織田信長」に討たれたことです。

 

「今川義元」「太原雪斎」が残した「三国同盟」は、義元・雪斎の死後も「今川家」を守りました。

 

「武田信玄」は義元の死後、「三国同盟」を即座に破棄して駿河国を攻めようとします。

 

しかし「今川家」に味方した「北条氏康」に邪魔され、さらには「上杉謙信」の攻撃にも苦しめられ、武田信玄は思うように駿河攻略ができずにいたのです。

 

しかし【1569年】、ついに今川家は「武田信玄」と「徳川家康」の連合によって滅亡するのです。

「三国同盟」

戦国時代で最高の「外交の成果」であったと、筆者は思っています。


スポンサーリンク


今川義元の「鎧兜」のフィギュア・「刀」のレプリカ

今川義元の鎧兜の20cm前後のフィギュアが人気のようです。

 

「今川義元」の愛刀「義元左文字」のレプリカ・模造刀は、こちら

 

かなり本格的な模造刀なので、くれぐれも取り扱いにご注意くださいませ。

 

「今川義元」の「家紋」シールはこちら

 

「今川義元の家紋」の他にも、この「TOYOLABO」というお店では、いろいろな家紋を取り扱っているようですね。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,今川義元の愛刀「義元左文字」は、信長家康に受け継がれ、現在は「京都国立博物館」にある

 

2,義元の兜が、現在「岸和田城・三の丸神社」にある

 

3,義元は、「桶狭間の戦い」で、信長の家来「服部小平太」の膝を刀で斬りつけ、撃退した。剣術の心得もあったということ

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


「今川義元」関連記事

「今川義元」について、よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。


『【今川義元】おんな城主・井伊直虎との関係とは?二人は親戚だった!』の記事はコチラ

『【今川義元武田信玄と北条氏康三人の関係は親戚・義兄弟だった!』の記事はコチラ

【今川義元】肖像画の画像を探してみた!どうしてお公家風の姿なの?』の記事はコチラ

『【今川義元】なぜ織田信長との「桶狭間の戦い」で敗北した?原因は油断』の記事はコチラ

『今川義元の家臣団一覧と【3人の名将】!信長・家康をも苦しめた逸話』の記事はコチラ

『今川義元と太原雪斎はどういう関係?雪斎の功績と、徳川家康との関係』の記事はコチラ

『今川義元の逸話桶狭間の予知夢亡霊の正体と、実の兄を殺した経緯』の記事はコチラ

今川義元と豊臣秀吉の隠された関係!秀吉が義元から受け継いだ名刀とは』の記事はコチラ

『【今川義元の年表】その生涯がひと目でわかる!42年の波乱の一生!』の記事はコチラ

『今川義元はお公家さんだったのか?お化粧とお歯黒をしていた理由とは』の記事はコチラ

『【今川義元と天下統一もし上洛できていたら義元は天下が取れたの?』の記事はコチラ

『【今川義元の評価義元は最強の武将だった!軍事・内政・外交の実績』の記事はコチラ

『今川義元と徳川家康の関係を解説!義元・家康を育てた超天才軍師とは』の記事はコチラ

『今川義元の父母と息子・今川氏真を解説!氏真はバカだから生き残れた』の記事はコチラ

『今川義元の子孫と先祖を【家系図】で解説!子孫は「忠臣蔵」のあの人』の記事はコチラ

『【今川義元と桶狭間の戦い】その謎や疑問のすべてを短く簡単に解説』の記事はコチラ

『今川義元「ゆかりの地」と「城」を地図でご案内!生誕地と最期の地』の記事はコチラ

『今川義元の愛刀「義元左文字」愛用の「鉄兜」は今どこにあるのか?』の記事はコチラ

『今川義元のは桶狭間の後どこへ行った?なぜ義元は敗北したのか』の記事はコチラ

瀬名姫の母親は誰?今川義元の妹か、又は井伊直虎の親戚・佐名姫か!』の記事はコチラ

今川氏真が織田信長殺害に協力?本能寺の変を家康は知っていた!』の記事はコチラ

今川氏真の最期とは?妻・早川殿との子孫はあの有名人で現在も大活躍』の記事はコチラ

北条氏康の義兄は今川義元?二人は血縁もある兄弟だった!』の記事はコチラ

織田信長と桶狭間の戦いを簡単に解説!どのような戦法で勝利したのか』の記事はコチラ

『【桶狭間の戦いとは】簡単にわかりやすく解説!隠されていた真実に驚愕』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る