今川義元の父母と息子・今川氏真を解説!氏真はバカだから生き残れた

この記事では「今川義元」の「父母」と「息子」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

今川義元の両親と息子が、どのような人物で、どんな生涯を送ったのか、ふと疑問を抱いたことはありませんか?

 

これを読めば「義元の父母と息子」についての疑問を、カンタンに解決できます。

 

「今川義元の母」は「寿桂尼」という名前で「武田信玄」をも苦しめた女大名。

 

息子の「今川氏真」は、後世において「バカ殿」と呼ばれた人物なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,今川義元の母親は「寿桂尼(じゅけいに)」。武田信玄をも苦しめたという女大名。しかし近年の研究では、「寿桂尼」は「今川義元」の実母ではなく、養母という説がある。

 

2,義元の息子「今川氏真」は、戦国大名「今川家」を滅ぼした当主。能力が低く、親の仇である「織田信長」のまえで「蹴鞠(けまり)」を披露したほど。のちに元部下の「徳川家康」につかえた

 

3,今川義元の父「氏親」は、叔父に当たる「北条早雲」の協力で、今川家の跡目争いに勝利した武将。北条早雲に興国寺城をあたえ、5代100年にわたる名家「小田原北条氏」の基礎を与えてしまったとも言える。

 

4,「今川義元」の息子「氏真」の娘が「吉良家」へ嫁いでいる。その「吉良家」からは「忠臣蔵」の悪役「吉良上野介」が生まれている。

今川義元の母とは誰?武田信玄をも苦しめた女大名「寿桂尼」

今川義元の母親は、「女大名」と呼ばれた女傑「寿桂尼」です。

 

「海道一の弓取り」とたたえられた名将「今川義元」。

《今川義元》
「引用元ウィキペディアより」

 

そんな「今川義元」の母である「寿桂尼」は、当時としては珍しく、政治に参加して、軍事・外交などでも手腕を発揮した女性です。

 

寿桂尼は、「桶狭間の戦い」で息子「今川義元」が亡くなった後も、孫「今川氏真」を補佐して、今川家を守り続けました。


スポンサーリンク


「敵に塩を送る」

 

「上杉謙信」が宿敵「武田信玄」の窮地を救った逸話をあらわす言葉です。

 

内陸国「甲斐」の領主だった「武田信玄」は、同盟国であった「今川家」「北条家」から、「塩」の輸入を止められて、窮地に陥っていたのです。

 

この「塩の輸出禁止」には、寿桂尼が協力していたという説があります。

 

「武田信玄」は、「寿桂尼」の「塩の輸出禁止」に、かなり苦しめられたのです。

 

ちなみに近年の研究で、「寿桂尼」は「今川義元の実母」ではなく、「養母」であると考えられています。


スポンサーリンク


今川義元の息子「今川氏真」の伝説!生き残れた理由は「うつけ」だったから

「今川義元」の息子「今川氏真」は、戦国時代という厳しい時代を生き抜いた人物です。

 

なぜ生き残れたのかというと、その理由は「今川氏真」が「うつけ」、つまり「バカ殿」だったからです。

 

永禄三年(1560年)5月19日】、「今川義元」は「桶狭間の戦い」で、「織田信長」に討ち取られました。

 

その後、「今川氏真」は「徳川家康」や「武田信玄」に領地を侵略されます。

 

1569年】に戦国大名「今川家」は滅亡。

 

「今川氏真」は、「北条氏康」や「徳川家康」に保護されます。

 

挙句の果てには、父「今川義元」の仇である「織田信長」の前で、「蹴鞠(けまり)」、すなわち「リフティング」を披露するまでに没落します。

 

そんな「今川氏真」ですが、子孫を残して「明治維新」まで「今川家」を存続させます。

 

なぜそんなことができたかというと、「今川氏真」が「バカ殿」だったからです。

 

能力が低すぎて、だれも「今川氏真」を恐れず、驚異とは考えなかったため、誰も今川氏真を滅ぼそうとは思わなかったのです。

 

「織田信長」の次男「織田信雄」も、「織田信忠」や「織田信孝」たち優秀な兄弟とは違い、父「信長」から縁を切られそうになるほどの「バカ殿」でした。

 

しかし、それが幸いしたのか、誰からも滅ぼされず、明治維新まで「織田信長」の子孫を守ることに成功しています。

 

「うつけもの」

 

「織田信長」が演じた「うつけ」。

 

「今川氏真」は「真のうつけ」だったからこそ、生き残れたのでしょう。


スポンサーリンク


「今川氏真」について、以下のリンク記事で、詳しく解説しております。

今川氏真が織田信長殺害に協力?本能寺の変を家康は知っていた!』の記事はコチラ
今川氏真の最期とは?妻・早川殿との子孫はあの有名人で現在も大活躍』の記事はコチラ

 

ちなみに、天下人の太刀として有名な「義元左文字(別名・三好左文字または宗三左文字)」については、以下のリンク記事で、詳しく解説しております。

今川義元のすべてを徹底解説!家紋や首の行方・墓の場所など完全網羅』の記事はコチラ
『【本能寺の変】織田信長の愛刀!本能寺で焼けた自害に使った刀とは?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


義元の父「今川氏親」!天才武将「北条早雲」を生み出した男

今川義元の父親は、駿河国の守護「今川氏親」です。

 

「今川氏親」といえば、名将「北条早雲」の甥。

 

叔父である「北条早雲」の協力を得て、今川家の家督争いに勝利したことで有名です。

 

そんな「今川氏親」ですが、幼くして父を失い、父のいとこである「小鹿範満」と家督争いをしています。

 

この家督争いに勝利した「今川氏親」は、叔父「北条早雲」に「興国寺城」という要衝を与えたのでした。

 

「北条早雲」はこの「興国寺城」を足がかりにして、「伊豆」と「相模」へ侵略を開始。

 

「今川氏親」は、妻「寿桂尼」を補佐として、「今川仮名目録」という「法律」を定め、今川家を強大化していきます。

 

「今川仮名目録」を定めた2ヶ月後の【1526年】、「今川氏親」は病死。

 

今川家の家督は、「今川義元」の兄「氏輝」が継承します。

 

その「氏輝」が若くして急死したため、「今川義元」が家督を継承することとなるのです。

 

「義元」は、父「氏親」が定めた「今川仮名目録」という法律を手本にして、「仮名目録追加」という法律を定め、「今川家」を日本屈指の強国へと押し上げるのです。


スポンサーリンク


義元の息子「氏真」のその後!娘の子孫が「忠臣蔵」の悪役になった?

今川義元の息子「氏真」は、娘を「吉良家」という今川家の親戚に嫁がせています。

 

この吉良家から、「忠臣蔵」で有名な悪役「吉良上野介義央(きらこうずけのすけよしなお)」が生まれています。

 

「吉良上野介義央」は、「浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)」に江戸城で斬りつけられました。

 

そのことが原因で、「浅野内匠頭」の部下「大石内蔵助」に討ち取られています。

 

この「吉良上野介」の息子「綱憲」は、母が「上杉家」出身だったことから、米沢藩「上杉家」に養子入りして「米沢藩主」になっています。

 

その後「米沢藩」からは、アメリカ大統領「ジョン・F・ケネディ」も尊敬した名君「上杉鷹山」がでています。

 

今川氏真の子孫は、「徳川幕府」で「高家」という身分の高い家柄としての待遇を受けています。

 

氏真の直系子孫は、「明治維新」まで続いています。

 

以下のリンク記事で、「今川義元」「今川氏真」の「子孫や先祖」を「家系図」をつかって解説しています。

今川義元の子孫と先祖を【家系図】で解説!子孫は「忠臣蔵」のあの人』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,今川義元の母親は「寿桂尼(じゅけいに)」。武田信玄をも苦しめたという女大名。近年の研究では、「寿桂尼」は「義元」の実母ではないという説がある。

 

2,義元の息子「氏真」は、戦国大名「今川家」が滅亡したときの最後の当主。能力が低く、仇である「信長」のまえで「蹴鞠(けまり)」を披露したほど。のちに「徳川家康」につかえた

 

3,今川義元の父「氏親」は、「北条早雲」の協力で、跡目争いに勝利した武将。早雲に興国寺城をあたえ、「小田原北条氏」の基礎を与えてしまった人物。

 

4,「義元」の息子「氏真」の娘が「吉良家」へ嫁いでいる。その「吉良家」から「忠臣蔵」の悪役「吉良上野介」が誕生している。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


「今川義元」関連記事

「今川義元」について、よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。


『【今川義元】おんな城主・井伊直虎との関係とは?二人は親戚だった!』の記事はコチラ

『【今川義元武田信玄と北条氏康三人の関係は親戚・義兄弟だった!』の記事はコチラ

【今川義元】肖像画の画像を探してみた!どうしてお公家風の姿なの?』の記事はコチラ

『【今川義元】なぜ織田信長との「桶狭間の戦い」で敗北した?原因は油断』の記事はコチラ

『今川義元の家臣団一覧と【3人の名将】!信長・家康をも苦しめた逸話』の記事はコチラ

『今川義元と太原雪斎はどういう関係?雪斎の功績と、徳川家康との関係』の記事はコチラ

『今川義元の逸話桶狭間の予知夢亡霊の正体と、実の兄を殺した経緯』の記事はコチラ

今川義元と豊臣秀吉の隠された関係!秀吉が義元から受け継いだ名刀とは』の記事はコチラ

『【今川義元の年表】その生涯がひと目でわかる!42年の波乱の一生!』の記事はコチラ

『今川義元はお公家さんだったのか?お化粧とお歯黒をしていた理由とは』の記事はコチラ

『【今川義元と天下統一もし上洛できていたら義元は天下が取れたの?』の記事はコチラ

『【今川義元の評価義元は最強の武将だった!軍事・内政・外交の実績』の記事はコチラ

『今川義元と徳川家康の関係を解説!義元・家康を育てた超天才軍師とは』の記事はコチラ

『今川義元の父母と息子・今川氏真を解説!氏真はバカだから生き残れた』の記事はコチラ

『今川義元の子孫と先祖を【家系図】で解説!子孫は「忠臣蔵」のあの人』の記事はコチラ

『【今川義元と桶狭間の戦い】その謎や疑問のすべてを短く簡単に解説』の記事はコチラ

『今川義元「ゆかりの地」と「城」を地図でご案内!生誕地と最期の地』の記事はコチラ

『今川義元の愛刀「義元左文字」愛用の「鉄兜」は今どこにあるのか?』の記事はコチラ

『今川義元のは桶狭間の後どこへ行った?なぜ義元は敗北したのか』の記事はコチラ

瀬名姫の母親は誰?今川義元の妹か、又は井伊直虎の親戚・佐名姫か!』の記事はコチラ

今川氏真が織田信長殺害に協力?本能寺の変を家康は知っていた!』の記事はコチラ

今川氏真の最期とは?妻・早川殿との子孫はあの有名人で現在も大活躍』の記事はコチラ

北条氏康の義兄は今川義元?二人は血縁もある兄弟だった!』の記事はコチラ

織田信長と桶狭間の戦いを簡単に解説!どのような戦法で勝利したのか』の記事はコチラ

『【桶狭間の戦いとは】簡単にわかりやすく解説!隠されていた真実に驚愕』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る