【今川義元と天下統一】もし上洛できていたら義元は天下が取れたの?

この記事では「今川義元が、桶狭間で死ななかったら、天下統一ができたかどうか」について、わかりやすく、短く、カンタンに検証・解説しております。

 

皆さんは、影の名将「今川義元」が、「もしも桶狭間の戦いで、織田信長に勝利していたら、歴史はどうなっていたのだろうか?」と、疑問に思ったことはありませんか?

 

これを読めば「今川義元が天下を取ることができたのかどうか」という「歴史のIF」について、カンタンに理解できます。

 

もしも「今川義元」が「桶狭間の戦い」で勝利していたら、「上洛して京都を支配はできただろうけれど、天下統一は難しかっただろう」と、筆者は考えています。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「桶狭間の戦い」で、「今川義元」は上洛(京都へ進軍)するつもりだった、と言われている。しかし実際には「織田信長」を倒そうとしただけで、そのまま上洛するつもりはなかった。

 

2,そもそも、なぜ上洛する必要があるのかというと、上洛して京都を支配すれば、一気に勢力拡大することが出来るから。

 

3,もしも今川義元が「上洛」に成功していたとしても、「天下統一」は難しかっただろう。そのためには「兵農分離」などの改革を、もっと推し進めなくてはいけないだろう

今川義元は上洛(京都へ進軍)するつもりで「織田信長」を攻めたのか?

今川義元は、「上洛(京都へ進軍)」するつもりで、「織田信長」を攻めたわけではない、と考えられます。

 

つまり一気に上洛するつもりはなく、あくまでも「織田信長を倒して尾張国を侵略する」ことが目的だったのです。


スポンサーリンク


永禄三年(1560年)5月19日】、「桶狭間の戦い」が勃発。

 

この戦いで「今川義元」は、「2~4万」の軍団をひきいて、尾張国の「織田信長」を攻めています。

《今川義元》
「引用元ウィキペディアより」

これまでの説によれば、「今川義元」はこの「2~4万」の軍団で、一気に尾張国を通過し、京都まで進軍するつもりだった、と言われてきました。

 

しかし、今川義元が京都を侵略するためには、美濃国「斎藤義龍」、南近江「六角承禎」、そして畿内の「三好長慶」を倒さなくてはいけません。

 

美濃国「斎藤義龍」の兵力は2万。

 

近畿地方を中心に11カ国を支配していた天下人「三好長慶」は、「桶狭間の戦い」の前後に、「5~6万」の兵力を動員できています。

 

どう考えても、これらの勢力を一度の出陣で粉砕することはできません。

 

今川義元は「一気に上洛するつもりで尾張国を攻めた」のではないと考えられます。

 

やはり「尾張国」だけを攻撃して、領地を広げることが目的だったのでしょう。


スポンサーリンク


そもそも、なぜ「上洛(京都へ進軍)」しなくてはいけないの?

上洛、つまり「京都」を支配することで、他国を侵略する大義名分が手に入るのです。

 

つまり、「上洛すれば、一気に勢力拡大することができる」ということです。

 

しかも「京都」は、当時から日本最大の都市。

 

つまり「人と金」が集まる「一大商業都市」だったのです。

 

京都を支配すれば、それはすなわち「日本最大の資金源を手に入れる」ということでもあるので、やり方によっては、軍資金が沢山手に入ったはず。


スポンサーリンク


さらに、京都には「天皇」と「征夷大将軍」がいます。

 

京都を支配するということは、「天皇」と「征夷大将軍」を味方につけるということを意味します。

 

この頃の「天皇」と「征夷大将軍」は、弱体化し、何の力も持っていませんでした。

 

この両者を武力で保護して、その保護の見返りに「命令」を出させることができれば、天下統一が現実的に可能となります。

 

つまり、「天皇」や「征夷大将軍」から、各地の戦国大名に、このように命令させるのです。

「今川義元の家来となって、その天下統一を助けよ」

これに対して、全国の大名・戦国武将たちは、なんだかんだと言い訳して、結局は従わないでしょう。

 

それこそが狙いだったのです。

 

「天皇」や「征夷大将軍」の命令に従わなかった者たちは、「逆賊」です。つまり「悪者」です。

 

「悪者」ならば、退治しなくてはいけません。

 

命令に従わないものは、今川義元の圧倒的な軍事力で滅亡させる。

 

すると、その「逆賊」の領地が今川義元のものとなり、さらに勢力が拡大します。

 

しかも「今川義元」の攻撃・侵略行為には、「天皇・征夷大将軍の命令」という、正当な理由があるため、全国の武将たちも協力しなくてはいけなくなります。

 

協力しない武将たちは、次に攻め滅ぼされる標的となってしまいます。

 

これを繰り返すことで、今川家は、一気に天下を取ることが出来るはずなのです。

 

三好長慶はそれを行う前に、敵勢力との乱戦に巻き込まれて病死したため、結局は天下統一できませんでした。

 

織田信長は、この作戦で越前国の「朝倉義景」に降伏するようすすめたものの、無視されたため「朝倉家」を滅ぼしています。

 

つまり「京都を支配する」ということは、「全国統一」するために、もっとも効率の良い方法だったのです。

 

そのため、「天下を狙う勢力」は、こぞって京都を目指しました。

 

中には「北条氏康」や「上杉謙信」のように、最初から京都を狙っていいない勢力も有りましたが、今川義元は間違いなく京都を目指していたと考えられます。


スポンサーリンク


今川義元がもしも上洛できていたら「天下統一」が出来たのだろうか?

今川義元が「上洛」に成功して、「京都」を制圧していたとしても「天下統一」は、かなり難しかったと思います。

 

なぜなら、今川義元の軍団では、織田信長のように、長期間にわたって京都を支配することができなかった、と考えられるからです。

 

先ほど説明したように、今川義元の軍団は「寄親・寄子制度」によって集められた軍団です。

 

この軍団は、「土着」、つまり地元の土地を支配することで、その農作物で生活していた軍なのです。

 

そのため、農作業の繁忙期には、地元へ戻らなくてはいけないのです。

「兵農分離」

織田信長は、この「農作業の繁忙期には、地元へ帰らなくてはいけない」という、土着兵の弱点を克服するために「兵農分離」を行いました。

 

すなわち「兵士は戦いのみを行う専門集団」

そして「農民は、農作業のみを行う専門集団」

 

そうして、その役割を明確に区別したのです。


スポンサーリンク


信長は「お金」で「戦い専門の傭兵たち」を雇い入れました。

 

その傭兵集団は、農作業をしなくてもいい集団なので、長期間にわたって京都へ居続けることができたのです。

 

この「傭兵集団」は、「危なくなったらすぐに逃げ出す」という弱点がありました。

 

対して「寄親寄子の軍」は、逃げ出すことが、ほとんどありません。

 

当然です。

 

逃げ出したりしたら、家に戻った瞬間に、ご近所さんから責められ続けます。

「お前の家の奴は、大変なときに逃げ出した」

と・・・。

 

信長はこの「危なくなったらすぐ逃げ出す」という「傭兵集団」の弱点を、「鉄砲」などの最新兵器で補いました。

 

それも父「織田信秀」から引き継いだ「優れた経済センス」によるものでした。

 

今川義元も優れた「経営者」「経済をよく知る武将」でしたが、織田信長ほどの優れた「経済運営の能力」があったとは思えません。

 

義元が上洛に成功したとしても、「大内義興」のように、10年ほど京都を制圧したのち、周辺勢力に圧されて、帰国を余儀なくされていたのではないでしょうか。

 

ただ、義元の軍師「雪斎」が生きていたら、その優れた外交手腕で、周囲の敵と和睦をしまくって、勢力維持ができたかもしれません。


スポンサーリンク


もしも「今川義元」が「桶狭間の戦い」に勝利していたら?

もし「今川義元」が「桶狭間の戦い」に勝利していたら、織田信長は一時的に「義元」に降伏し、その部下となっていたでしょう。

 

歴史家「磯田道史」さんが「英雄たちの選択」というテレビ番組で、もしも今川義元が「桶狭間の戦い」に勝利していたら・・・、を予測していました。

 

それによれば、「織田信長」が死なずに降伏した場合

「今川義元」は、「織田信長」や「徳川家康」を部下にして、美濃国など京都への侵略に先陣として利用していただろう

とのことです。

 

「義元が、信長や家康を先陣にして、美濃国や近江国など、京都への道を制圧して確保する。これを10年続ければ、京都へ進軍することも不可能ではない」

とも言っていました。


スポンサーリンク


ただし、野心的な織田信長が、「今川義元」におとなしく従っていたとは思えません。

 

おそらく「今川義元」が、何かしらの理由で弱体化した機会に、信長は義元を裏切って独立していたでしょう。

 

その前に、義元が「信長」を、なんらかの罪で処刑していたら、支配体制も盤石になったかもしれません。

 

もしも「今川義元」が「桶狭間の戦い」に勝利していたら、「織田信長を部下にして、京都をめざして戦っていた」と考えられます。

 

ただ、今川義元は【1560年】の「桶狭間の戦い」のとき、すでに「42歳」。

 

当時の平均寿命を考えれば、それほど長く天下に君臨できたとは思えません。

 

10~20年くらい生きることができたかどうか、と思います。

 

その後は、義元の愚鈍な長男「今川氏真」という災厄が待っています。

 

今川家の栄華は、それほど長くは続かなかったかもしれません。


スポンサーリンク


「今川義元の凄さ」を、もっとよく知るために、おすすめのマンガ『センゴク外伝~桶狭間戦記~』

センゴク外伝~桶狭間戦記~

「今川義元」と「太原雪斎」の一生を描いた人気マンガです。

 

人気漫画「センゴク」の作者「宮下英樹」氏の作品。

 

「義元」「雪斎」を、簡単に面白く学べぶことができました。

 

当サイトでは「今川義元の全て」を、簡単に短めに、わかりやすく解説した記事がございます。

 

もしよろしければ、ぜひご利用くださいませ。

今川義元のすべてを徹底解説!家紋や首の行方・墓の場所など完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「桶狭間の戦い」で、「今川義元」は織田信長を倒したあと、そのまま上洛(京都へ進軍)するつもりだった、と言われている。しかし実際には「織田信長」を倒そうとしただけで、そのまま上洛するつもりはなかった。

 

2,そもそもなぜ上洛する必要があるのか。京都を支配すれば、飛躍的に勢力拡大が出来るから。

 

3,もし今川義元が「上洛」に成功していたとしても、「天下統一」は難しかっただろう。「兵農分離」などの改革が、もっと必要だった。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


「今川義元」関連記事

「今川義元」について、よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。


『【今川義元】おんな城主・井伊直虎との関係とは?二人は親戚だった!』の記事はコチラ

『【今川義元武田信玄と北条氏康三人の関係は親戚・義兄弟だった!』の記事はコチラ

【今川義元】肖像画の画像を探してみた!どうしてお公家風の姿なの?』の記事はコチラ

『【今川義元】なぜ織田信長との「桶狭間の戦い」で敗北した?原因は油断』の記事はコチラ

『今川義元の家臣団一覧と【3人の名将】!信長・家康をも苦しめた逸話』の記事はコチラ

『今川義元と太原雪斎はどういう関係?雪斎の功績と、徳川家康との関係』の記事はコチラ

『今川義元の逸話桶狭間の予知夢亡霊の正体と、実の兄を殺した経緯』の記事はコチラ

今川義元と豊臣秀吉の隠された関係!秀吉が義元から受け継いだ名刀とは』の記事はコチラ

『【今川義元の年表】その生涯がひと目でわかる!42年の波乱の一生!』の記事はコチラ

『今川義元はお公家さんだったのか?お化粧とお歯黒をしていた理由とは』の記事はコチラ

『【今川義元と天下統一もし上洛できていたら義元は天下が取れたの?』の記事はコチラ

『【今川義元の評価義元は最強の武将だった!軍事・内政・外交の実績』の記事はコチラ

『今川義元と徳川家康の関係を解説!義元・家康を育てた超天才軍師とは』の記事はコチラ

『今川義元の父母と息子・今川氏真を解説!氏真はバカだから生き残れた』の記事はコチラ

『今川義元の子孫と先祖を【家系図】で解説!子孫は「忠臣蔵」のあの人』の記事はコチラ

『【今川義元と桶狭間の戦い】その謎や疑問のすべてを短く簡単に解説』の記事はコチラ

『今川義元「ゆかりの地」と「城」を地図でご案内!生誕地と最期の地』の記事はコチラ

『今川義元の愛刀「義元左文字」愛用の「鉄兜」は今どこにあるのか?』の記事はコチラ

『今川義元のは桶狭間の後どこへ行った?なぜ義元は敗北したのか』の記事はコチラ

瀬名姫の母親は誰?今川義元の妹か、又は井伊直虎の親戚・佐名姫か!』の記事はコチラ

今川氏真が織田信長殺害に協力?本能寺の変を家康は知っていた!』の記事はコチラ

今川氏真の最期とは?妻・早川殿との子孫はあの有名人で現在も大活躍』の記事はコチラ

北条氏康の義兄は今川義元?二人は血縁もある兄弟だった!』の記事はコチラ

織田信長と桶狭間の戦いを簡単に解説!どのような戦法で勝利したのか』の記事はコチラ

『【桶狭間の戦いとは】簡単にわかりやすく解説!隠されていた真実に驚愕』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る