今川義元と徳川家康の関係を解説!義元・家康を育てた超天才軍師とは

この記事では「今川義元と徳川家康の2人が、いったいどういう関係なのか」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

「今川義元」と「徳川家康」、戦国時代の名将であるこの二人が、どういう関係なのか、はっきりと分からずに、モヤモヤした気分になったことはありませんか?

 

これを読めば「義元と家康の関係」を、カンタンに理解できます。

 

「今川義元」と「徳川家康」は、「同じ師匠から教えを受けた先輩と後輩」そして「主君と部下」、さらに「保護者と人質」という関係なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,今川義元徳川家康は、「主君と部下」であり「宗主国の君主と、属国の幼い殿様」または「同じ師匠から教えを受けた兄弟子と弟弟子」という関係でもある。

 

2,義元と家康は、「太原雪斎」という天才軍師から英才教育を施された。太原雪斎は「三国同盟」で「武田信玄」「北条氏康」「上杉謙信」などの名将たちを封じ込めた戦国一の天才軍師。

 

3,「今川義元」と「徳川家康」は、【1549年】に「家康」と「織田信広」の人質交換が行われた直後に出会った。そして【1560年】に「桶狭間の戦い」で今川義元が戦死すると、家康は今川家を裏切って独立した

 

4,今川義元は、「徳川家康」を自分の一族と同じように大切に扱った。「太原雪斎」の英才教育を受けさせたのも、息子「今川氏真」の部下として仕えさせようとしたから。家康が「今川家の人質として苦労した」という話は、嘘。

今川義元と徳川家康の関係は、今でいう「先輩と後輩」の間柄?

今川義元と徳川家康は、「同じ師匠から学んだ先輩と後輩」という関係性がありました。

 

二人は非常に複雑な関係です。

 

「今川義元」は主君であり、「徳川家康」は部下という関係でもあったのです。

 

今川義元は、尾張国の武将「織田信秀」と戦う三河国の武将「松平広忠」へ、援軍を送っていました。

《今川義元》
「引用元ウィキペディアより」

そのとき、「今川義元」は「松平広忠」へ、さらに協力する保証を求めます。

 

保証、つまり「松平広忠は今川義元を裏切らない」という証拠として、広忠の息子「竹千代(徳川家康)」を人質として預かる約束をしたのです。

 

これにより、三河国「松平広忠」は、駿河国「今川義元」に臣従し、属国となることが確定します。


スポンサーリンク


「松平広忠」はその直後に、家臣に暗殺されてしまうのですが、それでも今川義元は属国「三河」の幼い当主「徳川家康」を保護します。

 

なぜ今川義元は、そんなにまで「徳川家康」を保護しようとしたでしょうか?

 

理由は簡単です。

 

「三河国の国主・松平広忠の正当な後継者」である「松平竹千代(徳川家康)」を手元に置いて、手懐けるれば、「今川義元」が「三河国」を支配する正当な理由となるからです。

 

それだけではありません。三河の正当な国主「徳川家康」を手元においておけば、三河国に住んでいる「家康の家来たち」つまり「三河武士」は、今川義元に逆らえません。

 

もし逆らったら、三河武士の主君である「徳川家康」が殺されてしまいかねないのですから。

 

こうして「今川義元」と「徳川家康」は、「保護者と人質」「宗主国の主と、属国の主」という関係にもなったわけです。

 

「宗主国の主と、属国の主」をわかりやすくいえば、「親分の国の王様(義元)」と「子分の国の王様(家康)」。「義元と家康」は、そういう関係なのです。

 

そして幼い「家康」を自らの手元に置いて、英才教育を施します。

 

「義元」は、将来「徳川家康」を自分の息子「今川氏真」の部下にしようとしていたのです。

 

義元は「家康」に、自分の師匠でもあった天才軍師「太原雪斎」の教育を受けさせます。

 

これにより、家康はとても優秀な武将へと成長していくのです。

 

つまり、「今川義元」と「徳川家康」は、ともに「太原雪斎」の弟子ということ。

 

兄弟子「今川義元」、弟弟子「徳川家康」。

 

二人は「太原雪斎」の英才教育により、ともに歴史に名を刻む名将へと成長したのでした。


スポンサーリンク


義元と家康!二人の天才を育てあげ、「謙信」「信玄」「氏康」を封殺した戦国一の天才軍師「太原雪斎」とは?

「太原雪斎」とは、幼かった「今川義元」の教育係をつとめた僧侶であり、今川義元の軍師を務めた武将でもありました。

 

今川義元は、父「今川氏親」の五男として誕生しました。

 

当時、たくさんの兄弟がいると、「家督争い」が起こる危険性があったため、長男以外の子どもたちは、そのほとんどが「他家へ養子入り」したり、「出家」したりしていたのです。

 

「今川義元(幼名・芳菊丸)」も、出家して「栴岳承芳(ばいがくしょうほう)」と名乗ります。

 

そして、「今川義元」は出家した先の寺「善徳院(現在の臨済寺)」で、師「太原雪斎」と出会うのです。

 

義元は、兄「今川氏輝」「彦五郎」が急死すると、兄「玄広恵探(げんこうえたん)」と家督争いをすることになります。

 

「今川義元」は、師「太原雪斎」や母「寿桂尼」の援助を得て、家督争いに勝利。

 

今川家の家督を継承します。

 

「太原雪斎」は、その後も今川義元の軍師・参謀として、今川家の「軍事・内政・外交」に天才的な力を発揮していきます。


スポンサーリンク


中でも「太原雪斎」がなしとげた最大の功績は「甲相駿三国同盟」でしょう。

 

雪斎は、「今川義元」「武田信玄」「北条氏康」の三者に同盟を締結させ、今川家の後方の安全を確保。

 

更には、「武田信玄」と「北条氏康」を協力させることで、軍神「上杉謙信」の勢力拡大を防ぎ、その力を封じ込めることに成功します。

  • 「竹中半兵衛」
  • 「黒田官兵衛」
  • 「片倉小十郎景綱」
  • 「太田道灌」
  • 「山本勘助」
  • 「宇佐美定満」

戦国時代に数々いる「軍師」と呼ばれる武将たち。

 

筆者は個人的に、「今川義元」と「徳川家康」という逸材を育て上げ、「三国同盟」を締結して「謙信」「信玄」「氏康」という名将のなかの名将を封殺した「太原雪斎」こそ、最高の天才軍師であると考えています。

 

雪斎は「桶狭間の戦い」の前に急死します。

 

もしも「雪斎」が生きていたら、もしかすると「今川義元」は、「桶狭間」で死なずに済んだかもしれません。


スポンサーリンク


義元と家康の出会いと別れをまとめて解説!「桶狭間の戦い」で暗転した運命

「義元」と「家康」は、【1549年】に家康が人質として駿府へ送られたときに出会い、【1560年】に「桶狭間の戦い」で別れることとなります。

 

家康が生まれた【1543年】頃、家康の父「松平広忠」は、「今川義元」の協力を得て、尾張国の「織田信秀」と戦っていました。

 

広忠は、義元に援軍を出してもらうために、息子「竹千代(徳川家康)」を、人質として義元の手元に送ることとなりました。

 

しかし、竹千代を今川義元のもとへ送る役目をつとめていた者が、突然「松平広忠」を裏切り、「織田信秀」のもとへ「竹千代(家康)」を送り届けてしまうのです。

 

これは、護衛をつとめていた「戸田康光」という武将が、「松平家は、今川家よりも織田家に味方したほうが良い」と判断したからでした。

 

これにより、「竹千代」を人質に取られた「松平広忠」は、織田信秀から、「自分に味方せよ」と脅されるのです。

 

ところが、「広忠」は、あくまでも「今川義元」に臣従します。


スポンサーリンク


「竹千代」は、織田家で人質生活をおくっていたこのときに、「織田信秀」の息子「織田信長」と出会ったのでした。

 

このとき、今川義元の軍師「太原雪斎」は、「竹千代(家康)」を救うため、「織田信秀」の長男で「織田信長」の兄に当たる「織田信広」を捕縛します。

 

そして「織田信広」と「竹千代」の人質交換を実現し、「竹千代」を救出。

 

1549年】、ようやく「竹千代」は、今川義元の手元で保護されることとなるのです。

 

その後、「竹千代」は今川義元から親族として扱われ、太原雪斎の英才教育を受けて成長。

 

何不自由なく生活した「竹千代」は、今川義元から一文字をもらって「松平元信」と名乗ります。(その後、「松平元康」へ、そして「徳川家康」へと改名した)

 

1560年】、成長した「松平元信」は、「桶狭間の戦い」の先陣として、「織田信長」がひきいる織田軍団と激突。

 

今川義元は、織田信長に討ち取られてしまいます。

 

家康は、どさくさ紛れに、故郷であり本拠地の「岡崎城」へ帰還。

 

今川家と縁を切り、独立を果たすのでした。

 

1561年】には、「織田信長」と同盟を締結し、今川家とは完全に縁を切ってしまいます。

 

家康はこの「54年後」の【1615年】、「大坂の陣」で「豊臣家」を滅ぼし、天下を完全に手に入れたのでした。

 

1549年】に義元と家康は出会い、【1560年】に「桶狭間の戦い」で永遠の決別をしてしまったのです。


スポンサーリンク


「徳川家康」がついた大嘘!「今川義元の人質になって苦労した」という話は大嘘だった!

「徳川家康は、今川義元の人質として、苦労の多い生活を強いられていた」と言われていますが、これは家康が広めた嘘だと考えられます。

 

家康は、【1605年】に息子「秀忠」へ征夷大将軍の職をゆずり、隠居してしまいました。

 

その隠居先は、人質生活をおくっていた「駿府」。

 

家康はよく、「人質として苦労した」と言われています。

 

しかし、実際には「今川義元」から、今川一族として扱われ、姪である「瀬名姫(築山殿)」との結婚を許され、立派な鎧まで与えられ、天才参謀「太原雪斎」の英才教育をほどこされ、何不自由なく「駿府」で生活していました。

 

それにもかかわらず、家康は義元が死ぬと今川を裏切って「義元の仇」である「信長」と同盟を締結したのです。

 

家康にとって駿府は、とても穏やかに生活できた安住の地だったのでしょう。

 

だから隠居城として駿府城を択んだのです。


スポンサーリンク


「家康は人質として苦労した」

 

というのは、今川を裏切った家康の嘘。

 

家康が人質になって、三河国にいた家康の家来たちは苦労していましたが、家康は全く苦労せず、平穏な日々を今川義元から与えられていたのです。

 

この後ろめたさがあったためか、家康は「義元」の息子「氏真」を引き取り、高家という身分の高い家柄として引き立て、明治維新まで「今川家」を大切にしています。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,今川義元徳川家康は、「主君と部下」「宗主国の君主と、属国の幼い殿様」「同じ師匠から教えを受けた兄弟子と弟弟子」という関係。

 

2,義元と家康は、「太原雪斎」という軍師から教育を施された。雪斎は「三国同盟」で「信玄」「氏康」「謙信」たちを封じ込めた天才軍師。

 

3,「義元」と「家康」は、【1549年】に「家康」と「織田信広」の人質交換が行われた直後に出会った。【1560年】に「桶狭間の戦い」で義元が戦死すると、家康は今川家を裏切って独立した

 

4,義元は、「家康」を大切に扱った。「雪斎」の英才教育を受けさせたのも、息子「氏真」の部下として仕えさせようとしたから。家康が「人質として苦労した」という話は、嘘。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


「今川義元」関連記事

「今川義元」について、よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。


『【今川義元】おんな城主・井伊直虎との関係とは?二人は親戚だった!』の記事はコチラ

『【今川義元武田信玄と北条氏康三人の関係は親戚・義兄弟だった!』の記事はコチラ

【今川義元】肖像画の画像を探してみた!どうしてお公家風の姿なの?』の記事はコチラ

『【今川義元】なぜ織田信長との「桶狭間の戦い」で敗北した?原因は油断』の記事はコチラ

『今川義元の家臣団一覧と【3人の名将】!信長・家康をも苦しめた逸話』の記事はコチラ

『今川義元と太原雪斎はどういう関係?雪斎の功績と、徳川家康との関係』の記事はコチラ

『今川義元の逸話桶狭間の予知夢亡霊の正体と、実の兄を殺した経緯』の記事はコチラ

今川義元と豊臣秀吉の隠された関係!秀吉が義元から受け継いだ名刀とは』の記事はコチラ

『【今川義元の年表】その生涯がひと目でわかる!42年の波乱の一生!』の記事はコチラ

『今川義元はお公家さんだったのか?お化粧とお歯黒をしていた理由とは』の記事はコチラ

『【今川義元と天下統一もし上洛できていたら義元は天下が取れたの?』の記事はコチラ

『【今川義元の評価義元は最強の武将だった!軍事・内政・外交の実績』の記事はコチラ

『今川義元と徳川家康の関係を解説!義元・家康を育てた超天才軍師とは』の記事はコチラ

『今川義元の父母と息子・今川氏真を解説!氏真はバカだから生き残れた』の記事はコチラ

『今川義元の子孫と先祖を【家系図】で解説!子孫は「忠臣蔵」のあの人』の記事はコチラ

『【今川義元と桶狭間の戦い】その謎や疑問のすべてを短く簡単に解説』の記事はコチラ

『今川義元「ゆかりの地」と「城」を地図でご案内!生誕地と最期の地』の記事はコチラ

『今川義元の愛刀「義元左文字」愛用の「鉄兜」は今どこにあるのか?』の記事はコチラ

『今川義元のは桶狭間の後どこへ行った?なぜ義元は敗北したのか』の記事はコチラ

瀬名姫の母親は誰?今川義元の妹か、又は井伊直虎の親戚・佐名姫か!』の記事はコチラ

今川氏真が織田信長殺害に協力?本能寺の変を家康は知っていた!』の記事はコチラ

今川氏真の最期とは?妻・早川殿との子孫はあの有名人で現在も大活躍』の記事はコチラ

北条氏康の義兄は今川義元?二人は血縁もある兄弟だった!』の記事はコチラ

織田信長と桶狭間の戦いを簡単に解説!どのような戦法で勝利したのか』の記事はコチラ

『【桶狭間の戦いとは】簡単にわかりやすく解説!隠されていた真実に驚愕』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る