今川氏真が織田信長殺害に協力?本能寺の変を家康は知っていた!

今川氏真が「織田信長」殺害に協力?

本能寺の変・・・徳川家康は実は知っていた?

「おんな城主直虎」で採用された「本能寺の変」の設定を、検証してみました。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと
徳川家康は、本能寺の変を事前に知っていた・・・という説があるが、実際にはおそらく知らなかった

・史実において、まず間違いなく今川氏真は「本能寺の変」とは無関係

豊臣秀吉が黒幕説があるが、信憑性は低い・・・


徳川家康は「本能寺の変」を事前に知っていた?

2017年の大河ドラマ「おんな城主直虎」で、「本能寺の変」について「徳川家康は事前に知っていた」という説が採用されているみたいです。

これは明智光秀の子孫である「明智憲三郎」さんが主張している説。

「直虎」で、家康は光秀から、「信長を討とう」と誘われ、それに応じた・・・と・・・。

大河ドラマ「直虎」における「本能寺の変」

大河ドラマ「直虎」では、家康は「息子・信康と妻・築山殿」を死なせた信長を恨んでいました。

そんな中、家康は光秀から「信長暗殺」の誘いを受けます。

光秀の話では、信長は「家康を安土城へ招待し、殺害しよう」としているのだとか。

具体的には「本能寺」へ家康を招待し、そこを光秀軍が襲撃・・・という計画。

光秀は、計画の担保として息子の「自然(じねん)」を人質として家康に差し出しました。

家康は、光秀の誘いに応じ、信長を倒すことを決意。

信長の接待を受けた家康は、当初の予定通り「堺の街」を見学に行くため、安土城から出発。

すると「6月2日」に本能寺の変が勃発。

家康は当初の予定通り「伊賀越え」で三河国へ帰還。


スポンサーリンク

史実における「本能寺の変」

史実では、以下のようになっています。

史実上、信康は信長の命令でなくなったのではなく、謀反を企んだため、家康によって切腹させられた・・・・というのが最も有力な最新の説です。

1582年、安土城へ招待された徳川家康。

家康の接待役は「明智光秀」が務めました。

この時、信長は光秀に命じて「料理の魚に毒を盛って、家康を殺害」しようとしていたらしいのです。

しかし、光秀は毒を盛らず・・・。

これに怒った信長は

「魚が腐っている」

と因縁をつけて光秀を殴打・・・。

この後、家康は「堺の街」を見物するために、京都から堺へ移動。

光秀は本能寺に宿泊していた信長を襲撃。

家康は信長が亡くなったことを知って驚愕し、切腹しようとするが、家臣たちに止められて伊賀越えを決意。

「人生最大の苦難」と、後に語った「伊賀越え」で三河国へ帰還。

この時、家康の家来だった「穴山梅雪」が野武士に襲われて亡くなっています。

かなり命がけな逃亡劇だったところをみると、史実上、家康が「本能寺の変」に加担していた可能性は低そうです。


スポンサーリンク

今川氏真が「明智光秀」に協力?

ドラマ「直虎」では、「今川氏真」が明智光秀に協力して、本能寺の変を引き起こした事になっています。

明智光秀と旧知の仲であった今川氏真が仲介し、家康を「信長暗殺」の計画に引き込んだのだと・・・。

確かに史実において「今川氏真」は1575年、光秀と面会した経験があるみたいですが・・。

本当に今川氏真は、本能寺の計画を知っていて、家康と光秀の間を繋いだのでしょうか?

現実的に考えてそれはありません。

「信長暗殺」は、秘密裏に行わなくてはならない大事です。

計画を知っている人間が少なければ少ないほど、計画が漏洩する可能性が低くなります。

光秀は非常に緻密な男であり、信長は本能寺の変勃発の時、相手が光秀とわかって、即座に死を悟ったと言われています。

そんな緻密な光秀が、簡単に秘密の計画を今川氏真に漏らすでしょうか?

特に今川氏真は、この時徳川家の居候で、何の力も持っていません。

氏真が、本能寺の変の黒幕・・・または加担していたという説は、ほとんどありえないと思われます。


スポンサーリンク

秀吉も、事前に知っていた?

本能寺の変には「秀吉黒幕説」というものもあります。

その説、光秀は全くの無実なのだとか・・・。

羽柴秀吉」は、本能寺へ暗殺部隊を差し向けて、信長を暗殺!

そこへ、事件を聞きつけた光秀が、軍を率いて到着。

秀吉の罠により、光秀は信長を殺害した謀反人に仕立て上げられてしまいます。

その光秀を、秀吉は山崎の戦いで殺害。

秀吉は、信長の後継者となって天下人に・・・。

この仮説を支持している作家さんもいるとのことですが・・・。

確かに名将である光秀が、あっけなく「山崎の戦い」で敗北した無策ぶり。

又は、秀吉の「中国大返し」が、手際が良すぎるという点など、気になる点は多いです。

しかし光秀が無実なら、光秀は無実を周囲にアピールするはず。

ところが光秀は、娘の嫁ぎ先である「細川家」に協力を要請する手紙で

「信長を殺害した理由は、娘婿の細川忠興たちを引き立てるためで、止むを得ずやった」

と、信長暗殺を認めています。

これは可能性が低いのではないでしょうか。


本能寺の変の動機・真相」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・「徳川家康」は、本能寺の変を事前に知っていたという説を大河ドラマ「直虎」では採用しているらしい

・しかし、実際には家康は本能寺の変を知らなかった

・今川氏真は、本能寺の変とは無関係

・秀吉が黒幕頭囲説もあるが、おそらく黒幕ではない

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る