今川義元はお公家さんだったのか?お化粧とお歯黒をしていた理由とは

この記事では「お化粧」に「お歯黒」と、まるでお公家さんのような格好をしていた武将「今川義元」について、「お公家さんだったのか?」という点を、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「なぜ今川義元が、お公家さんのようにお化粧をして、お歯黒をしていたのか」を、カンタンに理解できます。

 

「今川義元」は「自らが高い身分にいることを自慢するために、お公家さんの格好をしていただけ」なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,今川義元が「お公家さんのように、お化粧・お歯黒をしていた理由」は、「自らが、とても身分の高い家柄であることを自慢するため」だった

 

2,今川義元は「お公家さんのような格好」をしていたが、お公家さんではなく、名門の武家出身。武士のトップ「足利家」の分家であり、伝説の武将「源義家」の末裔。

 

3,義元が「桶狭間の戦い」で戦死した9年後、戦国大名「今川家」は「徳川家康」と「武田信玄」の連合軍によって滅ぼされた。

今川義元は、なぜ「お化粧」と「お歯黒」をしていたのか?

「今川義元」が「お化粧」や「お歯黒」をしていた理由は、簡単に言ってしまうと「自分の実家である今川家が、身分の高い家柄であることを自慢するため」です。

 

《今川義元》
「引用元ウィキペディアより」

 

今川義元は、「守護大名」と呼ばれる「国主」の家柄よりも、さらに上の身分にいました。

 

今川家は、通常の「一国の守護大名」とは違って、「駿河(静岡県中央部)」と「遠江(静岡県西部))」という、2カ国を領有する「名家中の名家」だったのです。


スポンサーリンク


  • 「駿府」
  • 「山口」
  • 「一乗谷」

 

当時これら三都市は「京都のようだ」と言われるほどに、豊かで栄華を極めた大都市だったのです。

 

義元は本拠地「駿府(すんぷ・静岡市)」に住み、戦乱が起こった京都から逃げてきた「お公家さん達」を保護していました。

 

自らの栄華を誇るために、義元は「お公家さんたち」をマネして、「お化粧」をして「お歯黒」もして、「自分がとても高貴な身分・家柄であること」をアピールしたと考えられています。

 

「奥州平泉」

 

今川義元が生きた「戦国時代」よりも、約【350年】ほど前に、「岩手県平泉市」に存在していた都市が「奥州平泉」です。

 

「奥州藤原氏」に支配されていた、この「奥州平泉」は、京都にも負けない大都市が存在していました。

 

そこでは京都をマネして「京都の方言」が使われて、「お公家さんの衣装」が使用されていたという説があります。

 

今川義元も、自らの身分の高さと、本拠地「駿府」の栄華を自慢するために、「化粧」をして「京言葉」を使っていたのでしょう。


スポンサーリンク


今川義元は「お公家さん」だったのか?

「今川義元」は「お公家さん」ではありません。生粋の「武士」であり、「武家の名門中の名門」の出身です。

 

今川義元が生まれた「今川家」は、「武家の棟梁」つまり「武士たちのトップ」だった「足利家」の分家でした。

 

「足利家」とは、室町幕府をつくった征夷大将軍「足利尊氏」の末裔の家です。

 

征夷大将軍」・・・「武士たちのトップ」を意味する当時最高の称号です。

 

今川義元は、この「征夷大将軍」を代々引き継いでいた名門「足利家」の分家「今川家」という名門の当主だったのです。

 

「足利家」という「武家のトップ」の分家ですから、「お公家さん」なはずがありません。

 

とはいえ、今川義元の母「寿桂尼(じゅけいに)」は、「中大兄皇子(天智天皇)」とともに「大化の改新」をおこなった「中臣鎌足」の末裔です。

 

「寿桂尼」は、「中臣鎌足」の血を引く「藤原北家」の末裔「中御門(なかみかど)家」の出身なのです。

 

そのため、「今川義元」にも「名門のお公家さん」の血が流れています。

 

ちなみに、今川義元の義弟である「武田信玄」の妻「三条の方」も、「藤原北家」の末裔であり、名門のお公家さん「三条家」の出身です。


スポンサーリンク


今川義元の【先祖】は、「伝説の名将」だった

「今川義元」のご先祖様は、「八幡太郎義家」と呼ばれて崇拝された伝説の名将「源義家」です。

 

「源義家」とは、鎌倉幕府を開いた「源頼朝」や、その弟「源義経」の曽祖父にあたる人。つまりは「頼朝・義経」兄弟の「おじいさんのおじいさん」です。

 

東北地方で起こった戦い「後三年の役」で活躍したのが「源義家」なのです。

 

「源為義(みなもとのためよし)」

 

この「源為義」とは、「源義家」の孫であり、「源頼朝」の祖父です。

 

2012年】の大河ドラマ「平清盛」で、俳優の「小日向文世」さんが「源為義」を演じていましたが、そのセリフの中で「祖父・源義家」という名前を口にして、自慢していました。

 

「源為義」が生きていた「平安時代末期」の当時から、「源義家の子孫」であることは、かなりのステータスだったということです。

 

今川義元も、「源義家」の末裔であることと、武士のトップだった「足利家」の分家であることを誇りとして、自慢していたのです。

 

余談ですが、今川義元の子孫には「有名人」がいます。

 

あの「忠臣蔵」で「大石内蔵助」に討ち取られた悪役「吉良上野介」は、今川義元の子孫にあたる人物なのです。

 

「今川義元」の「子孫」については、以下のリンク記事で解説しています。

今川義元の子孫と先祖を【家系図】で解説!子孫は「忠臣蔵」のあの人』の記事はコチラ

スポンサーリンク


今川義元が亡くなったその後!「今川家」はどうなったのか?

名門中の名門「今川家」は、「今川義元」が亡くなった9年後の【1569年】に、「徳川家康」と「武田信玄」の連合軍によって滅ぼされています。

 

「滅ぼされた」といっても、戦国大名としての「今川家」が滅びただけです。

 

「今川家」そのものが無くなったわけではありません。

 

義元の息子「今川氏真(うじざね)」は、その後【1615年】まで生き続けています

 

「桶狭間の戦い」

 

1560年】に、「今川義元」は「織田信長」によって、「桶狭間の戦い」で討ち取られています。

 

この戦いから、名門「今川家」は没落し始めたのです。


スポンサーリンク


その後、名門「今川家」が、当時のような力を取り戻すことはありませんでした。

 

今川家の滅亡後、「今川氏真」は、今川家を滅ぼした「徳川家康」によって保護され、「江戸幕府」で「高家」という高い身分を与えられました。

 

「今川家」は【1868年】の明治維新まで存続し、今川家の本家は、明治維新の直後に断絶しています。

 

とはいえ、今川家の分家は、現在でも各地に子孫を残しています。

 

どうやら「今川義元」の命日には、子孫の方々が法要に参列したり、お供え物をしたりしているようです。

 

「今川義元」の「お墓の場所」について、以下のリンク記事で、くわしく解説しております。

今川義元の墓所はどこにあるのか地図で解説!愛知・静岡・東京に墓が複数ある理由』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,今川義元が「化粧・お歯黒をしていた理由」は、「自らが、高い身分であることを自慢するため」

 

2,今川義元はお公家さんではなく、名門の武家出身。「足利家」の分家であり、「源義家」の末裔。

 

3,義元が「桶狭間の戦い」で戦死した9年後、「今川家」は「家康」と「信玄」によって滅ぼされた。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


「今川義元」関連記事

「今川義元」について、よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。


『【今川義元】おんな城主・井伊直虎との関係とは?二人は親戚だった!』の記事はコチラ

『【今川義元武田信玄と北条氏康三人の関係は親戚・義兄弟だった!』の記事はコチラ

【今川義元】肖像画の画像を探してみた!どうしてお公家風の姿なの?』の記事はコチラ

『【今川義元】なぜ織田信長との「桶狭間の戦い」で敗北した?原因は油断』の記事はコチラ

『今川義元の家臣団一覧と【3人の名将】!信長・家康をも苦しめた逸話』の記事はコチラ

『今川義元と太原雪斎はどういう関係?雪斎の功績と、徳川家康との関係』の記事はコチラ

『今川義元の逸話桶狭間の予知夢亡霊の正体と、実の兄を殺した経緯』の記事はコチラ

今川義元と豊臣秀吉の隠された関係!秀吉が義元から受け継いだ名刀とは』の記事はコチラ

『【今川義元の年表】その生涯がひと目でわかる!42年の波乱の一生!』の記事はコチラ

『今川義元はお公家さんだったのか?お化粧とお歯黒をしていた理由とは』の記事はコチラ

『【今川義元と天下統一もし上洛できていたら義元は天下が取れたの?』の記事はコチラ

『【今川義元の評価義元は最強の武将だった!軍事・内政・外交の実績』の記事はコチラ

『今川義元と徳川家康の関係を解説!義元・家康を育てた超天才軍師とは』の記事はコチラ

『今川義元の父母と息子・今川氏真を解説!氏真はバカだから生き残れた』の記事はコチラ

『今川義元の子孫と先祖を【家系図】で解説!子孫は「忠臣蔵」のあの人』の記事はコチラ

『【今川義元と桶狭間の戦い】その謎や疑問のすべてを短く簡単に解説』の記事はコチラ

『今川義元「ゆかりの地」と「城」を地図でご案内!生誕地と最期の地』の記事はコチラ

『今川義元の愛刀「義元左文字」愛用の「鉄兜」は今どこにあるのか?』の記事はコチラ

『今川義元のは桶狭間の後どこへ行った?なぜ義元は敗北したのか』の記事はコチラ

瀬名姫の母親は誰?今川義元の妹か、又は井伊直虎の親戚・佐名姫か!』の記事はコチラ

今川氏真が織田信長殺害に協力?本能寺の変を家康は知っていた!』の記事はコチラ

今川氏真の最期とは?妻・早川殿との子孫はあの有名人で現在も大活躍』の記事はコチラ

北条氏康の義兄は今川義元?二人は血縁もある兄弟だった!』の記事はコチラ

織田信長と桶狭間の戦いを簡単に解説!どのような戦法で勝利したのか』の記事はコチラ

『【桶狭間の戦いとは】簡単にわかりやすく解説!隠されていた真実に驚愕』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る