【徳川斉昭とは】その功績を年表でわかりやすく解説!名君だけど問題児

最期の将軍「徳川慶喜」の実父「徳川斉昭」

「烈公」と呼ばれた名君の功績を「年表」にまとめて解説いたします。

徳川斉昭・・・名君だけど、問題も多い人物だった?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・徳川斉昭は、最期の将軍「徳川慶喜」の実父。水戸藩の改革に務めた

・斉昭は、攘夷を主張し、息子・一橋慶喜を次期将軍に推し、海防にも関与した

・斉昭は評価が高い君主だが、女性関係での醜聞も多い


徳川斉昭とは誰なのか?彼の功績とは?

徳川斉昭

水戸藩9代目藩主

徳川斉昭
『引用元ウィキペディアより』

そして徳川幕府最期の将軍「徳川慶喜」の実父でもあります。

徳川慶喜
『引用元ウィキペディアより』

徳川慶喜・・・「英邁」と評判で「神君・徳川家康公の再来」とまで言われた秀才。その慶喜を育てたのが「徳川斉昭」です。

「徳川斉昭」の功績

徳川斉昭の功績を短くまとめると以下のとおりです。

・秀才と評判だった「徳川慶喜」を生み育てた

・水戸藩の藩政改革に尽力

藤田東湖のような、日本全国に名を知られることとなる逸材を取り立てた

・幕政にも関与し、海防に尽力した

徳川斉昭・・・かなり行動力がある人で、「烈公」とあだ名された人物でした。


スポンサーリンク

その生涯を年表でわかりやすく解説

徳川斉昭の生涯を年表で表してみました。

徳川斉昭の生涯年表

「1800年」、徳川斉昭・・・江戸の水戸藩邸で水戸藩7代目藩主「徳川治紀」の子として誕生。幼い頃から優秀で、会沢正志斎から「水戸学」を教授される

「1829年」、父「徳川治紀」の後を継いだ兄・8代藩主「徳川斉脩(なりのぶ)」が亡くなり、「徳川斉昭」が第9代水戸藩主に就任。

「1832年」、皇族「登美宮吉子」を妻とする(最期の将軍・慶喜の実母)

「1844年」、過激で急激な藩政改革を行っていた徳川斉昭・・・宗教弾圧や過激な鉄砲訓練を問題視され、幕府から「隠居」と「謹慎」を命じられる。

「1846年」、謹慎解除。

「1849年」、幕政への参加が許可される

「1853年6月」、アメリカの「マシュー・ペリー」が、浦賀に来航。老中首座「阿部正弘」が、徳川斉昭を「海防参与」に推し、幕政に影響力を及ぼす

「1855年」、軍政改革参与に任命される。

「同年」、安政の大地震により、側近「藤田東湖」が亡くなる

「1857年」、老中「阿部正弘」が亡くなり、開国派「井伊直弼」との関係が急激に悪化

「1858年」、井伊直弼が大老就任。「日米修好通商条約」に天皇の許しなく調印。更に「徳川家茂」を強引に14代将軍にしてしまう。

「同年」、条約調印と将軍後継について、講義のために登城した「福井藩主・松平春嶽」「尾張藩主・徳川慶勝」「一橋慶喜」、そして「徳川斉昭」が、「無断登城」の罪で処罰される。斉昭は「屋敷での謹慎」

「同年」、「一橋慶喜」を次期将軍に推していた薩摩藩主「島津斉彬」が死去

「1859年」、朝廷から「戊午の密勅」が下され、斉昭は「永蟄居(永遠に謹慎)」となり、政治への関与ができなくなる。

「1860年」、「桜田門外の変」で、大老「井伊直弼」が亡くなる

「同年」、水戸で死去。享年60歳。死因は心筋梗塞と考えられています。


スポンサーリンク

やらかしたエピソード!名君だけど、問題児

徳川斉昭・・・かなりの名君として評価されていますが、その反面「烈公」と呼ばれて、相当な「問題児」でもありました。

斉昭・・・実は「女癖が悪い」ことが玉に傷。

それでかなり、やらかしておられます。

・兄の妻とともに、大奥から水戸にやってきた「唐橋」という女性に手を出した(この唐橋という人、通常は将軍ですら手出ししてはならない身分の女性だった)

・長男「慶篤」の妻「線姫」が、急死している。「斉昭が手を出したため、自害した」という噂が広まった

・大奥に対して、セクハラまがいの発言が多かったため、息子「一橋慶喜」が14代将軍に就任することに「大奥」は大反対していた

・水戸藩で、大規模な軍事訓練を行い、幕府から睨まれた

・水戸藩内の寺から、仏像や鐘を没収し、兵器の材料として利用し、道端の地蔵を撤去するなど、仏教弾圧ともとれる行為に及んでいる。

先程解説いたしました「無断登城」で謹慎処分となっていますし、かなり問題が多いお方。

とはいえ、水戸藩では「名君」として評価も高いですし、何より「家康公の再来」とまで言われた『徳川慶喜』という有名人を育てていますからね。

これらの「マイナス」を一気に払拭して、評価が高いのも当然かもしれません。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・斉昭は「徳川慶喜」の実父にして、水戸藩9代目藩主

・水戸藩の改革に尽力し、幕政にも積極的に関与した

・女癖が悪く、その他にも様々な失敗をしている

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


徳川慶喜」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする