安政の大獄から桜田門外の変までの経緯を解説!なぜ暗殺は起きたの?

幕末・江戸幕府の大老「井伊直弼」

「安政の大獄」という弾圧事件を起こし、「桜田門外の変」で暗殺された人物。

「安政の大獄」から「桜田門外の変」までの経緯を解説し、どうして暗殺事件が起こったのかを紐解いていきたいと思います。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・安政の大獄が起こった原因は「戊午の密勅」

・安政の大獄から、桜田門外の変まで、水戸藩では「戊午の密勅」について藩が割れていた

・桜田門外の変は、戊午の密勅返納に反対する者たちによって行われた


安政の大獄が起こった理由を簡単解説

安政の大獄・・・・幕末の江戸幕府・大老井伊直弼」が襲撃され、亡くなった事件。

そもそも、どうして「安政の大獄」は起こってしまったのか?

その原因は、幕府が抱えていた「2つの問題」が原因です。

「2つ」の問題とは「将軍後継問題」と「日米修好通商条約の問題。


スポンサーリンク

将軍後継問題

当時、江戸幕府の将軍は13代「徳川家定」・・・一部ドラマでは「名君」であるかのように描かれていますが、実際には「押し込め(謹慎)」寸前の状態に追い込まれた「暗君(バカ殿)」

しかも病弱だったため、いつ亡くなってもおかしくない上に、世継ぎ誕生も見込めない状況。

この時、将軍後継者として有望視されていた2人の人物がいました。紀伊藩の「徳川慶福(後の14代・徳川家茂)」と、水戸藩からの養子で徳川御三卿の1つ「一橋家」の当主だった「一橋慶喜」

井伊直弼は血統からいって有力だった「徳川慶福」を推していました。

対して、「島津斉彬」や一橋慶喜の父で前水戸藩主「徳川斉昭」たちは、賢いと評判だった「一橋慶喜」を推していたのです。

井伊直弼は、大老の権力でほぼ強引に「徳川慶福」を後継者に決定。

強引なやり方は、「一橋派」を怒らせてしまいます。


スポンサーリンク

日米修好通商条約

当時、日本はアメリカと「日米和親条約」を締結していました。

その後、アメリカ領事「ハリス」は、日本に対して「日米修好通商条約」の締結を迫ってきます。

この圧力に対して、井伊直弼は「条約締結」でもって圧力をかわし、戦争を回避する方法で対処。

しかし、外国との条約締結には「天皇の勅許」つまり許可が必要だったのです。

井伊直弼は、この勅許を得ずに条約を締結。それだけ切羽詰まった状況だったことが伺えます。

これに対して、攘夷派・・・つまり「外国など打ち払うべき」という考えを持っていた者たちは激怒。

とくに尊王攘夷派の「水戸藩」は、激怒。

この「日米修好通商条約」を勝手に締結したことが、「安政の大獄」の引き金となった・・・と考えられていますが、実は安政の大獄の前に、1つの事件が起こりました。

それが「戊午の密勅(ぼごのみっちょく)」


スポンサーリンク

戊午の密勅

戊午の密勅(ぼごのみっちょく)

密勅とはつまり、秘密裏に届けられた天皇からの命令。

これが、天皇から水戸藩へと下されたのです。

その内容は、主に3つ

1,天皇の許し無く「日米修好通商条約」を締結したことへのお説教と、詳細な経緯を説明せよという命令

2,尾張・紀伊・水戸の御三家と諸藩は、幕府と協力して「公武合体」を成し遂げ、幕府を攘夷へと方針転換させよ

3,上の2つの命令内容を、水戸藩が全国諸藩へ伝達せよ

これが、幕府を飛び越えて「朝廷」から「水戸藩」へ直接届けられた命令・・・。

この命令・・幕府の権威を傷つけるものでした。幕府があるのに、まるでないかのような扱いをされたのですから。

幕府の権威が失墜したら、外様大名は次々と蜂起し、幕府を倒そうとするでしょう。「第二次長州征伐」に敗北した幕府に対して、薩摩などの諸藩が次々と反乱を起こしたように。

井伊直弼は、この「戊午の密勅」に携わった人間を次々と弾圧し始めました。

これと同時に将軍後継問題で、「一橋派」を支持した人間も弾圧。

処罰された者は合計で100名を超えています。

「安政の大獄」は、主にこの「戊午の密勅」に対しての弾圧事件だったのです。

特に水戸藩は、次々と藩士を処断されていきます。

「戊午の密勅」は「朝廷・天皇」が行ったことではなく、水戸藩の陰謀である・・・と幕府が判断したからです。

実際には、朝廷が行ったことですが、表立って天皇を処断できないので、水戸藩処分で維新を守ろうとしたのでしょう。


スポンサーリンク

「安政の大獄」の後、「桜田門外の変」までの出来事を解説

安政の大獄で、水戸藩はもちろん、「梅田雲浜」「橋本左内」「吉田松陰」など、有能な士たちが次々亡くなりました。

安政の大獄は、実は「桜田門外の変」において「井伊直弼」が暗殺されるまで続いたのですが、安政の大獄が始まってから「桜田門外の変」で井伊直弼が亡くなるまで、何が起こっていたのでしょうか?

実はこの間に、水戸藩では揉めに揉めていました。

何に揉めていたのかというと、「戊午の密勅」をどうするかについてです。

密勅・・・つまりそれは天皇からの命令書のこと。

これを幕府は「引き渡せ」と命じてきます。しかし水戸藩は元々「尊皇」・・つまり天皇への忠誠心が強い国でした。

そのため、幕府の命令に従って「密勅」を渡すか・・・それとも命令を拒絶して「密勅」を渡さないか・・・藩内で2つに割れて揉めに揉めていたのです。

水戸藩では、この密勅を「幕府に引き渡します」つもりでいたらしいのですが、反対派が過激な行為でこの引き渡しを阻止。引き渡し延期を何度も繰り返す事態となったのです。

これが原因で、水戸藩家老「安嶋帯刀」は切腹させられ、前藩主「徳川斉昭」は半永久的に謹慎させられます。

そして「返納反対派」は次々と弾圧されていくのでした。

結局、密勅は幕府に返されることはなく、明治維新を迎えることとなるのですが、この時「返納反対派・過激派」は弾圧されたことが原因で脱藩し、井伊直弼暗殺を狙って、江戸に潜伏することとなるのです。


スポンサーリンク

桜田門外の変はなぜ起きたのか?

桜田門外の変が起こった原因は、主に3つ

1,「日米修好通商条約」で天皇の許しを得ずに条約調印をしたこと。

2,「戊午の密勅」を返納するよう水戸藩に迫り、反対派を弾圧したこと。

3,事前に暗殺計画があることを密告された井伊直弼が、その密告を事実上無視したこと

日米修好通商条約に天皇からの許しなく調印したことで、尊皇の志が強い水戸藩は井伊直弼に対して激怒。

更に「戊午の密勅」を返納するよう水戸藩に迫り、反対派を弾圧したことで、過激派の藩士が脱藩・・・江戸に潜伏して「井伊直弼暗殺」を企てる事となってしまいました。

3つ目「暗殺計画の無視」について・・・・実は「桜田門外の変」が起こるその日・3月3日早朝、井伊直弼がいた「彦根藩邸」に対して、水戸藩浪士による「暗殺計画」を密告する手紙が送られてきたのです。

それを井伊直弼は無視。

警備を増やすわけでもなく、暗殺されてしまったのです。

井伊直弼は、既に死を覚悟していたのでしょう。

襲撃に際して、直弼自身はほぼ無抵抗・・・・直弼はとても強かったらしいですが、銃弾を太ももに受けて、駕籠の中で動けなくなっていました。

そこを刀で突かれてしまったのです・・・・。

安政7年3月3日、江戸城・桜田門外・・・現在の東京警視庁前で「水戸藩脱藩浪士17名」と「薩摩藩士1名」、合計18名により、井伊直弼は暗殺されたのでした。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・安政の大獄は、日米修好通商条約・将軍後継問題・戊午の密勅が原因で起こった

・安政の大獄から、桜田門外の変まで、水戸藩では「戊午の密勅」を幕府に返納するか否かで、意見が別れて揉めていた

・桜田門外の変が起こったのは、井伊直弼が密告を無視したため。または、戊午の密勅返納反対派が脱藩したため起こった・・・。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました
井伊直弼」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする