島津久光とはどんな人で何をした人?家系図についても簡単解説!

明治維新をなしとげた「薩摩藩」最期の最高権力者「島津久光(しまづひさみつ)」について、「どんな人」で「何をした人」なのか、そして「家系図と子孫」を、わかりやすく解説いたします。

「大久保利通・西郷隆盛を使い、明治維新をなしとげた人物。」

「現在の『天皇陛下』は、島津久光の子孫」


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・島津久光とは、薩摩藩主「島津斉興」の子で、篤姫の養父「島津斉彬」の弟

・島津久光は、公武合体を推進して幕政改革を実現したが、その後「倒幕」へと方針転換し、倒幕を成し遂げた薩摩藩の最高権力者

西郷隆盛とは仲が悪く、最期は西郷や大久保利通をかなり困らせていた


島津久光を家系図で簡単解説

薩摩藩代11代藩主にして、松平春嶽・伊達宗城・山内容堂と並ぶ「幕末の四賢侯」の一人「島津斉彬」公。

その「島津斉彬」公の異母弟が「島津久光」公

島津久光
『引用元ウィキペディアより』

二人共、第10代薩摩藩主「島津斉興」の息子。「斉彬」の母は「弥姫」、「久光」の母は「お由羅

久光は、藩主「忠義」の父として「国父」と呼ばれ、若い藩主に代わり実質的に藩の実権を握ったのです。

「家系図の引用などはご遠慮くださいませ」

島津久光の血筋は、現在も続いており、皇室に繋がっております。

「家系図の引用などはご遠慮くださいませ」

久光の息子「島津茂久(忠義)」・・・・・平成の現在、今上天皇陛下は島津久光さんの玄孫(孫の孫)に当たるということです。


スポンサーリンク

島津久光とは何をした人なのか?

島津久光の功績とは何があるのか?

短く解説すると、次のようになります。

・200年以上変わることがなかった「徳川幕府」の政治体制を、無理やり改革させた

小松帯刀西郷隆盛大久保利通たちを使い、倒幕を実現した

島津久光は「率兵上京」と言って、軍を率いて京都・江戸へ向かい、力づくで幕府に政治改革を行わせたのです。幕府は200年続き、大名の負担となっていた「参勤交代」を簡略化。

それまでは「譜代大名」(古くから徳川家康に従っていた臣下の家系)しか、幕府の政治には介入できませんでした。しかし幕府は久光の圧力によって、「参預会議」または「四侯会議」という制度を設置し、外様大名の政治介入を認めたのです。(参預会議・四侯会議ともに、一橋慶喜によって即座に潰された)

一橋慶喜によって外様大名の政治介入を阻止された久光は、それまでの「公武合体(外様も譜代も公家も幕府も協力して諸外国に対処する挙国一致体制)」を実現する方針を「倒幕(徳川幕府を潰す)」へ転換。

「鳥羽伏見の戦い」「戊辰戦争」「江戸城無血開城」などを実現し、倒幕を成し遂げたのです。


スポンサーリンク

西郷隆盛に酷評された、かなり困ったお殿様だった

島津久光・・・日本で最も知られている英雄「西郷隆盛」と、とても仲が悪かったことで有名です。

久光は「率兵上京」を行って「幕政改革」を行おうとした際、「井伊直弼」の「安政の大獄」から逃げて奄美大島で潜伏生活を送っていた「西郷隆盛」を呼び戻し、「率兵上京」という作戦についてどう思うか質問しています。

それに対して「西郷隆盛」は、久光の作戦を酷評。「やらないほうがいい」と発言したのです。

更には西郷は久光に対して

「あなたさまはジゴロ(田舎者)でございますので、兄・斉彬公とは違う」

と発言しています。

激怒した久光・・・・西郷は直後に下関へ先発し待機するようにと命令されたものの、久光を軽く見ていたのか・・・命令違反を犯して下関から京都・大坂へ移動。奄美大島から帰ってきたばかりだと言うのに、命令違反の罪で「徳之島」や「沖永良部島」へと流罪になったのです。


スポンサーリンク

久光、明治新政府に徹底的に反発

明治新政府が発足した後、久光の側近だった「大久保利通」や「西郷隆盛」は、政治の中枢に関与します。

そして次々と、近代化のための法律を制定していくのです。

版籍奉還」「廃藩置県」など

これに対して久光は猛反発。戦国武将「島津義弘」から受け継いだ先祖代々の領地を、何の罪もなく没収されたのですから、仕方ないかもしれません。それでも近代化のためには避けて通れない改革でした。

「廃藩置県」に怒った久光は、自宅で一日中「花火」を打ち上げるという行動で、抗議の意思を表します。

さらに「廃刀令」には大反対。常に刀を帯び続け、マゲを切ることもありませんでした。

久光はどうやら「島津幕府」を開くことを望んでいたらしく、常に「大久保利通」や「西郷隆盛」を批判し続け、朝廷もそれに応えるため、常に最高の官位で久光に報いたと言われています。

島津久光公・・・確かに「大久保利通」や「西郷隆盛」「小松帯刀」などの英雄を使い、近代化を実現したお人ではありますが・・・彼自身が望んでいた「近代化」とは、違った形になってしまったようですね。

もしも久光が、西郷や大久保による近代化を率先して指示していたら、歴史上もっと評価されていたでしょう。

長州藩の「毛利敬親」公は、版籍奉還を行うことを部下「木戸孝允(桂小五郎)」から進言された際、快く承諾したと言われています。その時「木戸孝允」は、自分が仕えていた君主が、とてつもない名君だったことを思い知らされ、言葉を失ったと言われています。

久光公・・・・残念ながら「毛利敬親」ほどの名君ではなかったのかもしれません。

ちなみに・・・「西郷隆盛がなぜ久光を嫌っていたのか」その理由については、以下のリンク記事をお役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「島津斉彬暗殺疑惑と息子達の不審死その真相!西郷隆盛は犯人を知ってた」の記事はコチラ

スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・島津久光は、戦国武将「島津義弘」の末裔で、名君「島津斉彬」の異母弟

・久光は、大久保利通・小松帯刀・西郷隆盛などを使い、倒幕を実現した人物

・久光は西郷隆盛と仲が悪かった。どうやら自ら「幕府」を開くことを望んでいたらしい

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


島津久光」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「島津久光の生涯・最期と家系図を調査!子孫は皇室に繋がっている?」の記事はコチラ
「島津久光と久光製薬の関係とは?花火や寺田屋事件のエピソードご紹介」の記事はコチラ
「【島津久光】西郷隆盛と仲悪かった理由は?評価が低い殿様だった!」の記事はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る