徳川慶喜の写真からナルシストと判明?高身長な幕末屈指のイケメン将軍

最期の将軍「徳川慶喜」

実はナルシストで、イケメンだった?

高身長でイケメンだったから、14代将軍になれなかった?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・徳川慶喜は、ナルシスト・・・と「中野信子」氏が証言していた

・かなりのイケメンだったため13代将軍「家定」に嫌われ、14代将軍になれなかった

・高身長・・・というわけではなかった・・・・


徳川慶喜の写真!実はナルシストだった?

最期の将軍「徳川慶喜

実はかなりのナルシストだった・・・という噂があります。

≪徳川慶喜≫
「引用元ウィキペディアより」

上の写真・・・かなりカメラを意識してポーズをとっているのがわかります。

≪徳川慶喜≫
「引用元ウィキペディアより」

こちらは、かっこよく写る気満々ですね。

自分自身を美しく、かっこよく撮影することに長けた人だったのでしょう。

以前、「英雄たちの選択」というテレビ番組で、脳機能学者「中野信子」さんが徳川慶喜のことを「ナルシスト」と断じていました。

「とても自己評価が高い人だった。

これまでのどの将軍よりも違い、自分は特別な存在であり自分には、なさなくてはならないものがある・・・と考えていたのだろう」

そんなナルシストな慶喜さん・・・・16歳の頃に、自分の人生を達観したかのような言葉を残しています。

「天下を取ることほど気骨が折れる(疲れる)ことはない」

12代将軍「徳川家慶」から、次の将軍にされそうになった時、慶喜はこう言って「将軍就任」を嫌がったのだそうです。

かなり自分を美化しているような・・・そんな人の言葉に聞こえちゃいます。


スポンサーリンク

父・斉昭とは違い、かなりのイケメンだった?

徳川慶喜の父といえば水戸藩主だった「徳川斉昭」

徳川斉昭
『引用元ウィキペディアより』

徳川斉昭公・・・女好きで有名な方だったようですが、残念ながらイケメンとは言い難いと思います。

対して息子の「徳川慶喜」。名門公家の母親から引き継いだのか、イケメンとして結構有名だったようですね。

実は慶喜・・・イケメンだったことが災いして、「征夷大将軍」になり損ねたという事情があるのです。

13代将軍「徳川家定」・・・あの天璋院篤姫の夫として有名です。

その家定ですが、容姿にかなりのコンプレックスを持っていたことで有名です。

幼いころの病気(疱瘡)で、顔にあざができてしまったのだとか。

そのおかげで、家定は人前に出ることを極端に嫌うようになったと言われています。

そんな家定が、徳川慶喜を嫌っていることは有名な話でした。

理由は、慶喜がかなりかっこよかったから。その上、脳性麻痺とも噂されていた家定と違い、慶喜は優秀。

家定の後継者として有力視されていたのは、幼い紀州藩主「徳川家茂」と、イケメンで優秀な「徳川慶喜」

家定は慶喜が嫌いだったためか、次期将軍に「徳川家茂」を指名。

慶喜は将軍になり損ねたのです。

もちろん「慶喜がイケメンだったから」というだけの理由で、将軍後継候補から外されたわけではありませんが・・・。やはり家定と慶喜の容姿の差も、影響したと考えられます。

もしも慶喜がブサイクだったら・・・・14代将軍は「家茂」ではなく、「慶喜」だったかもしれません。

そしてトリッキーな政治巧者の慶喜が将軍なら、徳川幕府はまだもう少し続いていたかもしれません。

とはいえ・・・慶喜自身は将軍になりたくないと言っていたので、一概には言い切れませんけどね。


スポンサーリンク

身長は、結構高かった?

当時、男性の身長は平均「155」cm

正確にはわかっていないのですが、徳川慶喜の身長は、150cm前後だったと伝えられています。

当時としては小柄なほうだったのでしょう。

また、一説には「153~156cm」という説も・・・。とにかくそれほど大柄だったわけではなく、小柄だったことが伺えます。

慶喜を敵視していた「家定」が、149cmほどでした。

もしかしたら家定のほうが高身長だったかもしれません。

とはいえ、平均が155cmですからね。若干小柄というだけで、それほど際立って小さかったわけではないと思います。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・徳川慶喜はナルシストだった

・慶喜はイケメンだったため、徳川家定に嫌われ、将軍になり損ねた

・慶喜は当時としては小柄な身長だった

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


徳川慶喜」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする