【薩英戦争とは】勝敗や結果をわかりやすく解説!西郷隆盛は何してた?

幕末、世界最強国「大英帝国(イギリス)」に、現在の鹿児島県こと「薩摩藩」が立ち向かった「薩英戦争」。

この薩英戦争、どちらが勝利したか、ご存知でしょうか?

当然、世界最強「イギリス」・・と言いたいところですが、「薩摩が勝利した」という意見もあるのです。当時世界最強だった「イギリス」に、「鹿児島県」が勝利していた?

この薩英戦争の時、英雄「西郷隆盛」はどこで何をしていたのか?

これらが簡単にわかるように、わかりやすく短く解説いたします。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・「薩英戦争」とは、前年に起こった英国人殺傷事件「生麦事件」を発端として起こった「イギリス」対「薩摩藩」の戦争

・薩英戦争は「イギリス軍の勝利」だが、最終的に「賠償金」を払っていない「薩摩の勝ち」とみる意見もある

・薩英戦争のとき、西郷隆盛は「流罪」で「沖永良部島」にいたため、戦争に参加していない


《薩英戦争とは何か?それまでの経緯をわかりやすく解説》

大名行列を馬に乗ったまま横切ったイギリス人が、薩摩志士「奈良原喜左衛門」と「海江田信義」に切り殺された「生麦事件」。

イギリスは解決策として賠償金と処罰を求めてきます。

幕府は賠償金を支払いますが、薩摩藩はそれらを拒否。

業を煮やしたイギリスは、実力行使に出ます。

それが「薩英戦争

《薩英戦争》
「引用元ウィキペディアより」

これが「生麦事件」から「薩英戦争」までの簡単な経緯です。


スポンサーリンク

《薩英戦争の結果と勝敗!どっちが勝った?》

イギリスと薩摩の戦力差は、圧倒的なものでした。

最新式のアームストロング砲を含む89門の大砲を携えたイギリスは、鹿児島の街を破壊し賠償金を手に入れています。

このことから、薩英戦争はイギリスの勝利と言えるでしょう。

しかし、派手な砲撃の一方、薩摩側が受けた人的被害は思いのほか少ないものでした。

・砲台の死傷者10名

・市街地での死傷者9名

と言われています。

これに対し、英国艦隊は、艦長と副長ならびに7名の水兵が戦死、6名が負傷。

戦艦損傷3隻で死者20名に負傷53名とも伝えられています。

結局、薩摩はイギリスに対して、6万300両という莫大な賠償金を支払うことになります。

ところが、賠償金は幕府が立て替えており、いまだに返済していません。

実質、一円も支払っていないのです。

こういったことから、一説には「薩摩藩勝利」という意見もささやかれています。


《西郷隆盛は、何をしていた?》

薩摩に巻き起こった薩英戦争。

この時、西郷隆盛はいったい何をしていたのでしょうか。

実は、島津久光への命令違反で「徳之島」へ、次に「沖永良部島」へ流罪になっていました。

生麦事件、薩英戦争と薩摩をめぐる緊迫した状況の中、2年で罪を許されて薩摩に戻ります。

薩英戦争に敗北した薩摩は「西郷隆盛」のカリスマ性を必要としていたのでしょう。

この後、西郷隆盛は大久保利通とともに薩摩藩の中心的人物として、倒幕に向けて活躍をしていきます。


スポンサーリンク

《『薩英戦争』について、レビュー(評論)!》

薩英戦争は「薩摩藩」の勝利だったのか?

敵艦の艦長と副艦長(つまりは敵の総大将)を倒し、しかも賠償金は支払っていない・・・。

「薩摩藩の勝ちだ」と言われても、否定できません。とはいえ鹿児島の町は焼き払われ、英国は賠償金を受け取っています。英国もまた「英国の勝ちだ」と主張していても、全然おかしくないのです。

拙者個人の意見を述べさせていただければ、この戦いを「薩摩の勝利」と言ってしまうと、これまでの歴史上全ての戦いについて、「勝敗」を検証しなおさなくてはならなくなりそうなので、「英国勝利」と言いたいと思います。

ただ、「薩摩勝利」ではないにしても、「賠償金を支払っていない」点から考えて「英国をだまし、幕府をだまし、策略をもって損害を最小限におさえた」とは言えると思います。

薩摩の作戦勝ち・・・かもしれません。


《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・薩英戦争とは、生麦事件を発端とした、薩摩とイギリスの戦争。

・薩英戦争はイギリスが勝利をしたが、被害や賠償金を払っていない点からみると薩摩勝利ともいえる。

・薩英戦争が起こったとき、西郷隆盛は島流しにあっており、薩英戦争が終わったあとで薩摩に呼び戻される。

大国イギリスと1つの藩である薩摩藩が戦った薩英戦争。

力の差を考えても、薩摩はかなり頑張った、と言えるのではないでしょうか。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「西郷隆盛にはなぜ3人も妻がいたのか?彼女達との離婚や別れを解説」の記事はコチラ
「【小松帯刀】死因を調査!若くして亡くなったのは暗殺されたから?」の記事はコチラ
「薩摩と長州はなぜ不仲だったのか?会津藩と薩長の憎しみの歴史も解説」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る