鎌倉幕府を作った人は誰?幕府成立の年と、なぜ鎌倉が選ばれたかを解説

「鎌倉幕府」を作った人が誰なのかを、わかりやすく解説いたします。

「源頼朝」・・・「征夷大将軍」に任命されて、鎌倉幕府を設置した人物。

この「頼朝」が鎌倉幕府を作った人。

「いいくにつくろう鎌倉幕府」という語呂合わせが有名ですが、実は「鎌倉幕府」が誕生した年がいつなのか、諸説あった!


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 「鎌倉幕府」と作った人は、「源頼朝(みなもとのよりとも)」。「武家」による「政権」をつくりたかった頼朝は、征夷大将軍に任命されて「鎌倉幕府」が出来上がった
  2. 「鎌倉幕府」が誕生したのはいつなのかは、諸説ある。「1180年」、「1183年」、「1184年」、「1185年」、「1190年」、「1192年」。特に「1190年」が可能性が高いのではないだろうか。
  3. なぜ鎌倉に幕府が作られたのかというと、もともと鎌倉には「源頼朝」の本拠地があったため。幕府を鎌倉に作ったのではなく、幕府を作ったら、そこが鎌倉だった。

鎌倉幕府を作った人は誰?「源頼朝」が最初の幕府をつくった

鎌倉幕府(かまくらばくふ)

1192~1333年までの「141年」のあいだ、現在の「神奈川県鎌倉市」に存在していた「臨時政府」のことです。

政府・・・つまり、この時代の政治は、京都にある政府「朝廷」ではなく、この臨時政府である「鎌倉幕府」が代わりに行っていたのでした。

この「鎌倉幕府」を作った人は、「源頼朝(みなもとのよりとも)」という人物です。

《源頼朝》
「引用元ウィキペディアより」

源頼朝は「1192年」に、「征夷大将軍」という位を朝廷から与えられ、「臨時政府」である「幕府」をつくってもよい、という許可を実質的に手に入れたのでした。

これにより源頼朝は、初代「征夷大将軍」として、鎌倉に幕府を設置したのです。


スポンサーリンク

どうして幕府を作ったの?

鎌倉幕府が作られる以前、日本は「天皇」を頂点として「お公家さん」が支配していました。

「源頼朝」たち「武家」は、一体何をしていたのかと言うと、公家さんにこき使われる「ボディーガード」や「用心棒」のような存在だったのです。

武家の武者たちは、そのことに不満を抱いていたのです。

なにをやっても、武家に生まれた者は、一生を公家の「奴隷」として生きるしかない・・・と。

この「武家は公家の奴隷」という概念をぶち壊したのが、「平清盛」でした。

平清盛は、太政大臣という最高の位にまで出世。しかしそれでも、「天皇」の支配から逃れることは出来なかったのです。しょせん「平清盛」も、天皇の家来でしかなかったのです。

源頼朝は、「天皇」「公家」の支配から脱出するために、「幕府」という「臨時政府」を、京都から遠い「鎌倉」に設置することを考え出します。

これにより、武家はついに、独自の政権を樹立することに成功。

1868年「明治維新」によって、武家が滅びるまでの約700年。武家の政権が続くこととなるのです。


スポンサーリンク

鎌倉幕府の誕生は「1192年」ではない?「5つの説」があった

鎌倉幕府が誕生したのは、西暦「1192年」と言われてきました。「いいくに」つくろう鎌倉幕府。有名な語呂合わせですよね。

しかし、近年の研究で、「鎌倉幕府が誕生したのは、1192年ではない」という説が浮上してきたのです。

鎌倉幕府がつくられた年は、諸説あります。

 

・源頼朝が、実質的に関東の支配組織を完成させた年「1180年」。

・天皇から、源頼朝による関東支配が認められた年「1183年

・現代でいう「裁判所」にあたる「問注所」と、公文書の管理の役所「公文所」を、頼朝が設置した年「1184年

・現代でいう県知事にあたる「守護」と、市長にあたる「地頭」の任命権を、天皇・朝廷から源頼朝に与えられた年「1185年

・源頼朝が天皇から「日本全国の守護・地頭」つまり「日本全国の知事」に任命された年「1190年

・源頼朝が「征夷大将軍」という武家の臨時職に任命された「1192年


スポンサーリンク

「幕府」とは、すなわち「臨時政府」です。

その「臨時政府」を、源頼朝がいつ設置したのか、はっきりしていないのです。

なぜかというと、「鎌倉幕府」は、源頼朝が「設置します」と宣言して誕生したものではないからです。

気がついたら、頼朝が「臨時政府」を運営していた・・・というのが現実なのです。

そのため、臨時政府「鎌倉幕府」が作られた年がいつなのか・・・解釈によって異ってしまうのです。

様々な意見がありますが、「日本全国の守護・地頭」となった「1190年」こそが「鎌倉幕府」が作られた年と言えるのではないでしょうか。


スポンサーリンク

なぜ「鎌倉」に幕府をつくったのか?頼朝の家が鎌倉にあったから!

結論からいえば、鎌倉がもともと、源頼朝の本拠地(住んでいたところ)だったからです。

「鎌倉」という土地は、「天然の要塞」でした。南に海があり、東西北は「山」に囲まれて、非常に守りやすく攻めにくい土地なのです。

その証拠に、鎌倉幕府を滅ぼした武将「新田義貞」は、最終的に勝利するも、「鎌倉」攻撃にかなり苦戦しています。

もともと鎌倉は、源頼朝の先祖である「源頼義」が、本拠地として館をかまえていました。

その100年以上が経過したあと、「源頼義」の玄孫(まごのまご)である「源頼朝」が、本拠地としたのです。

なぜ鎌倉に幕府を作ったのか、というと、「鎌倉幕府をつくった源頼朝が、もともと鎌倉に住んでいたから」です。

ちなみに「源頼朝」が住んでいた屋敷の跡地には、現在「清泉女学院小学校」という学校があり、「大蔵幕府跡」という碑がたてられています。

幕府とは、「征夷大将軍が住んでいた場所」のこと。つまり「政治のトップ」である「征夷大将軍」が「政治を行う場所」なのです。


スポンサーリンク

『鎌倉幕府』について「ひとこと」言いたい!

のちに誕生した「足利尊氏」の「室町幕府」。そして「徳川家康」の「江戸幕府」。この「鎌倉幕府」をお手本にしてつくられた「臨時政府」です。

「室町幕府」は「足利氏」が代々トップを務め、「江戸幕府」は「徳川氏」が代々トップを務めたわけですが、「鎌倉幕府」だけは違います。

鎌倉幕府は、「征夷大将軍」の補佐役であった「北条氏」が、トップであった三代将軍「源実朝」らを暗殺して、乗っ取ってしまったのです。

北条氏はその後、鎌倉幕府を「執権」という役職で支配するわけですが、その支配の仕方がとてつもなく「陰湿」で「用心深い」のです。

「ライバルはとっとと暗殺」、「邪魔になりそうなやつは、言いがかりをつけて死なせる」などなど、とにかく「陰謀」が得意。

そんな鎌倉幕府ですが、世界最大の帝国「元(モンゴル帝国)」による「元寇」で、一気に弱体化することになります。

その影響から脱出することが出来ないまま、「鎌倉幕府」は「後醍醐天皇」がひきいた「足利尊氏」「新田義貞」「楠木正成」たちに滅ぼされることとなるのです。

足利尊氏・・・源頼朝と同じ「源氏」の棟梁。

平氏である「北条氏」に乗っ取られた鎌倉幕府を、源氏の棟梁「足利尊氏」が滅ぼす・・。

なんだか強い因縁を感じてしまいます


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 鎌倉幕府をつくったのは「源頼朝」。頼朝は、武家による政権をつくろうとして、征夷大将軍になると同時に、鎌倉に「幕府」という臨時政府をつくった
  2. 鎌倉幕府が誕生したのがいつなのかは、諸説ある。「1180年」「1183年」「1184年」「1185年」「1190年」「1192年」。やはり「1192年」がもっとも可能性が高いだろう
  3. なぜ鎌倉に幕府がつくられたかというと、もともと頼朝が「鎌倉」に住んでいただけのこと。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「【元寇】対馬での女子供への仕打ちがむごい!神風と鎌倉武士の真実」の記事はコチラ
「足利尊氏の家系図と子孫を調査!性格が良かったため将軍になれた?」の記事はコチラ
「楠木正成の銅像が皇居にある理由を簡単解説!子孫の苗字と家系図とは」の記事はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年12月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る