織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の人柄・性格をエピソードで簡単解説!

三英傑「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」

三人の人柄と性格を、エピソードを交えて簡単解説致します。

この三名は、なぜ天下を取ることが出来たのか?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・織田信長は、人情味と冷徹さを併せ持つ合理主義者

・豊臣秀吉は、残酷で器が狭いところもあるが、スケールの大きさを併せ持つ、器用な人たらし

・徳川家康は、短気で無口、慎重な人物。大胆さも併せ持つ


≪織田信長≫

「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」

尾張の大うつけ「織田信長

人柄・性格

一説によると「サイコパス」とも言われており、冷徹なる超合理主義者。

「比叡山焼き討ち」「長島一向一揆の虐殺」など、残忍な性格をしていると考えられているが、日常では、例えば「秀吉」に「妻を大切にせよ」と諭したり、娘を政略結婚の道具とせず、大半を家臣に嫁がせたりと、人間味ある様子が伺えます。

合理主義者で、現実主義者。

自らの目で見たものしか信じず、しかもあらゆる手を駆使して目的を達成する人物

俗に言う「マキャベリスト(目的のために手段を選ばない人のこと)」


スポンサーリンク

エピソード

信長がまだ、尾張一国の領主であった頃の話。

領内の池に「龍が住んでいる」という噂が広まり、信長はこの池を視察に来ました。

すると信長は、池に龍がいるかどうか確かめてくる、と言い、脇差しを口にくわえて水中へ(信長は水泳がめちゃくちゃ得意だった)。

何度となく潜り続け、龍を探し続けましたが、全く見つからず、「龍はいない」と結論づけて、激怒。

風説の流布を禁じて帰ったと言われています。

ルイス・フロイスが初めて信長とあった時の話・・・。

信長は当時、二条城の建築を自ら指揮していました。

すると、その建築現場に、笠をかぶる町娘の顔を覗き込み、笠をめくり上げてイタズラする兵士が、信長の目につきました。

一直線に兵士の元へ走っていった信長・・・。

問答無用でその兵士を惨殺!

領民に危害を加える者は処刑する・・・という法を破った罪で、即極刑としたのです。

武田信玄の父・信虎・・・・出陣する際、農道で昼寝している農民を発見し、礼をしない農民を処刑したのだとか・・・。

対して信長・・・・同じく出陣の際に昼寝する農民を見つけ、家来たちが激怒していると、それを制して一言。

「俺はあんな光景が好きだ。

ああいう光景を日常のものとするためにも、早く平和な世を築こう」

度量の大きさが伺えるエピソードですね。


スポンサーリンク

≪豊臣秀吉≫

「鳴かぬなら 鳴かせてみしょう ホトトギス」

「人たらし」と呼ばれた人心掌握術の天才「豊臣秀吉

人柄・性格

派手好き・賑やか好きのお祭り男。

人を楽しませることにおいては天下一と言っても過言ではない「人たらし」。

度胸があり、ある程度の器の広さもあるものの、小心者な側面もある人。

処世術に長けており、気難しい信長とうまく付き合った人物。

天下人となった後・・・調整役であった弟「豊臣秀長」を失ってからは、「秀次処刑」など自らの首を絞める行為を繰り返し、徐々におかしくなっていきます。


スポンサーリンク

エピソード

秀吉が大切にしていた「鶴」を、家臣の一人が逃してしまった時のこと。家臣は死罪を覚悟で正直に告白。

すると秀吉は笑って一言。

「何処に逃げても、日本はもはや私の庭。気にするな」

の一言で許したと言われています。

優秀な若武者を好み、優秀な人物を求めること人一倍だったと言われています。

秀吉は、半農半兵の武士「木下弥右衛門」の息子だったので、他の武士と違って「譜代の家来」を持っていないのです。

そのため、「福島正則」「加藤清正」などの優秀な若者を引き取って育て、参謀・黒田官兵衛孝高の息子「黒田長政」を匿い育て、寺の小僧だった「石田三成」をスカウトし、「大谷吉継」やその娘婿「真田幸村」のような若者を小姓として登用しています。

家康の次男で秀吉の養子「結城秀康」など、実の父・家康から嫌われた反面、養父であった秀吉に可愛がられ、秀吉に忠誠を誓っていたとも言われています。

「秀頼に何かあったら、俺は真っ先に大阪城に駆けつける」

と結城秀康は、豪語していたとも・・。

晩年まで子宝に恵まれなかった秀吉は、その反面、子供や若者に優しかったと言われています。

器量の大きさをアピールするものの、誇り高く、自らを軽く扱うものに対しては残酷な刑罰をすることも・・。

聚楽第の壁に悪口を落書きされた時、犯人を見つけ出して、かなり残酷な処刑をしたと言われています。

実はそれほど器が大きかったわけではなく、器が大きいふりをしていただけなのかもしれません。


スポンサーリンク

≪徳川家康≫

「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」

最期に天下を取った「海道一の弓取り」こと「徳川家康

人柄・性格

非常に忍耐強く、温厚であると言われていますが・・・実はかなり短気だったとも言われています。

信長にこき使われ、秀吉には故郷の領地「三河国」を取り上げられて関東へ追い出され・・・・。

それでも忠実なふりを続けて絶好のタイミングをまち、信長が死んだ直後には「天正壬午の乱」と呼ばれる「信濃・甲斐」の争奪戦を勝ち抜いて飛躍。

更に秀吉の死後には、法律として定められていた「大名間での婚姻は、届出が必要」という法を破って縁組をしまくったため、詰問されるとサラリと一言

「コロッとわすれていた」

また大坂の陣で、和睦条件の「外堀の埋めたて」を破り、外堀だけではなく内堀も埋めてしまい、抗議されると

「うっかりしてた・・」

と一言。

後世「たぬきおやじ」と揶揄されるのも頷ける狡猾さです。

実は口数が少なく、家来から「何を考えているのかわからない」と言われていたようです。

慎重な性格で、言葉を慎重に選んでいたのでしょう。


スポンサーリンク

エピソード

幼いころ、人質として預けられていた今川家で、当主の今川義元に謁見。

その時、対面が終わると庭先で突然放尿をし始めました。

それを見た今川義元は

「肝に毛が生えた子供だ」

と褒めそやしたと言われています。

子供の頃は大胆不敵な子だったようです。

温厚な性格である・・・と言われているようですが、そんなことはなく、非常に苛烈な性格をしていたと考えられます。

関ヶ原の戦いにおいて、使番の馬が自分の馬にぶつかって、そのまま走り去っていったところ、家康は怒って抜刀し、近くの旗指し物を切り倒して八つ当たりしたのだとか。

相当に短気で、自らが使用していた采配の手元は、歯型でいっぱい・・・。

しかも爪を噛む癖があったと言われています。

神経質な性格をしていたのかもしれません。

とはいえ、豪胆な性格でもあったらしく、上洛して秀吉に臣従した時、秀吉の陣羽織が欲しいと言い出したそうです。

この理由を家康は

「関白殿下(秀吉)に具足羽織は二度と着せません。

殿下の戦は、全てこの家康が代わりに致します」

と言ったそうですが、そもそも主君に物をねだる行為はあまりに非礼。

この言葉の裏には

「公家の官位である関白になった秀吉に、もはや武士の代物・陣羽織は無用。

今後、武家の棟梁はこの家康が代わりに務めます。」

という隠れた、挑戦的な真意があったのかもしれません。

また、実の息子「信康」を処刑するという厳格な一面も見せています。

温厚というのは、後世の人々の勝手な思い込みかもしれません

徳川家康の息子・信康」については、以下のリンク記事で詳しくご説明させていただいております。

↓↓↓↓↓


スポンサーリンク

≪まとめ≫

本日の記事をまとめますと

・織田信長は、目的のために手段を選ばないマキャベリストであるが、反面人情味ある人物

・豊臣秀吉は、人たらしと呼ばれるお祭り男。大物を装っているが、実は器量の狭さも垣間見える

・徳川家康は、温厚だと言われているが、実は短気で神経質。その反面豪胆さも併せ持つ

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする