【斎藤道三】息子・娘や妻など家族をまとめて紹介!マムシの呪いとは

皆さんは「斎藤道三の子供や妻」を、ご存知でしょうか?

 

実は筆者も、今回の記事を書くために調査するまで、「斎藤道三の家族」について全然知りませんでした。

 

この記事では「道三の妻子」を、わかりやすく、みじかく、カンタンに解説いたしました。

 

今は「道三の家族」について、漠然としか知らなかったとしても、大丈夫です。

 

これを読めば、誰かに説明できるほど、「斎藤道三とその家族」に詳しくなることができます。

 

この記事を読んで、「斎藤道三の子供や妻たち」の疑問をスッキリと解消していただけたら、これほど嬉しいことはありません。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「斎藤道三」には、「小見の方」や「深芳野(みよしの)」という妻がおり、「義龍」「帰蝶」といった複数の子供がいた

 

2,道三は、嫡子「斎藤義龍」と関係が悪く、「親子ではないかもしれない」という疑惑を逆に利用されて、殺された

 

3,道三の娘婿「織田信長」と、義理の甥「明智光秀」は、道三の遺領である「美濃」を土台に、天下統一へ進み続けた

斎藤道三の「息子」「娘」「妻」たちを一覧紹介

16世紀の岐阜県を中心に活躍した戦国武将「斎藤道三(さいとう どうさん)」。

《斎藤道三》
「引用元ウィキペディアより」

彼には、数多くの「息子」「娘」がおり、複数の「妻」がいました。

 

一覧でご紹介いたします。


スポンサーリンク


  1. 小見の方(明智光秀の叔母)
  2. 深志野(みよしの・元「土岐頼芸」の愛妾)

(この他にも、側室や愛妾がいた可能性が高い)

 

息子

  1. 斎藤義龍(【1561年】病死)
  2. 斎藤孫四郎(義龍により謀殺)
  3. 斎藤喜平次(義龍により謀殺)
  4. 日饒
  5. 日覚
  6. 斎藤利堯(さいとう としたか)、信長に仕えたのち、【1583年】「賤ヶ岳の戦い」の後に死去
  7. 斎藤利治(さいとう としはる)、信長に仕えたのち、【1582年】「本能寺の変」で戦死
  8. 長井道利(ながい みちとし)、道三の弟という説もあり。「義龍」「龍興」親子に仕え、【1571年】「摂津白井河原の戦い」で戦死
  9. 松波政綱(まつなみ まさつな)
  10. 養子:斎藤正義(養父・道三により謀殺)

 

  1. 姉小路頼綱・正室
  2. 土岐頼香・室
  3. 帰蝶(通称「濃姫」、「織田信長」の正室)
  4. 土岐頼純・室
  5. 斎藤利三・正室
  6. 伊勢貞良・正室
  7. 稲葉貞通・正室

 

「土岐頼芸(とき よしのり)」

 

この「土岐頼芸」という人は、室町幕府から任命された、美濃国の守護大名。

 

「土岐頼芸」は、「斎藤道三」の主君に当たる人物です。

 

斎藤道三は、この主君である「土岐頼芸」から、愛人「深芳野」をゆずりうけて、嫡子「斎藤義龍」を産ませます。

《斎藤義龍》
「引用元ウィキペディアより」

これが、道三の悲劇の始まりでした。

 

「斎藤義龍(高政)」と「帰蝶」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

斎藤義龍(高政)の全て!生涯年表に家紋、明智光秀との関係までを解説』の記事はコチラ
濃姫(帰蝶)の全てを徹底解説!織田信長との関係や家系図を完全網羅』の記事はコチラ
斎藤道三の子孫」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。
『【斎藤道三】家系図を画像つきで簡単解説!現在の子孫・末裔はあのお方』の記事はコチラ

スポンサーリンク


斎藤道三と息子「斎藤義龍」の呪われた因縁

「マムシの呪い」

「斎藤道三」と「斎藤義龍」親子ですが、当時から「ある噂」がひろまっていました。

「実は血が繋がっていないのではないか?」

「親子じゃないのではないか」

 

「斎藤義龍」の母は、道三の側室「深志野(みよしの)」という女性です。

 

彼女は元々、道三の主君「土岐頼芸」の愛人でした。

 

彼女はその後、土岐頼芸から斎藤道三へと、褒美の代わりに与えられた女性だったのです。

 

道三に与えられた翌年、深芳野は「斎藤義龍」を出産しています。

《斎藤道三・土岐頼芸・義龍・家系図》
「家系図の引用等は、何卒ご遠慮くださいませ」

こういった事情から、「斎藤義龍」は当時から

「斎藤道三の息子ではなく、土岐頼芸の子ではないか」

と、噂されていたのです。

 

「蝮(マムシ)」

 

斎藤道三は、「美濃のマムシ」という「あだ名」をつけられていました。

 

「マムシ」とは、猛毒をもった蛇。

 

当時から日本人にとって、「マムシ」は身近な蛇でした。

「マムシは、親の腹を喰い破って産まれ出る」

そんな迷信を、当時の人は信じていたのです。(実際にはそんなことはない。また「蝮は親の口から生まれる」という噂もあるが、これも迷信)

 

「斎藤道三」は、主君の「土岐氏」を追放しています。

 

つまりは「下剋上」で、美濃国を奪った武将なのです。

 

そのやり方を、「親の腹を食い破るマムシ」に例えられ、「マムシの道三」と呼ばれたのです。

 

そんな道三は、息子である「斎藤義龍」と、仲が悪かったのでした。

「自分は斎藤道三の子ではなく、美濃国守護の土岐頼芸の子である」

斎藤義龍はそう主張し、【1556年】、父「斎藤道三」を「長良川の戦い」で討ち取り、美濃国の実権を奪います。

 

マムシのように、主君を追放して美濃国を奪った「斎藤道三」が、同じように息子「斎藤義龍」から、その腹を食い破られて亡くなったのです。

 

因果応報ということでしょうか。

 

名将「斎藤道三」は、「マムシの呪い」から、逃れることができなかったのです。

 

「斎藤道三の死因と最期」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『【斎藤道三】死因と最後の様子が壮絶!織田信長に託した遺言状とは』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「斎藤義龍」は、道三の息子ではないのか?

結論からいえば、「斎藤義龍」は「道三」の実子だと思います。

 

「義龍は道三の息子ではなく、土岐頼芸の息子である」という説は、100年後の江戸時代の創作である、と考えられています。

 

実は、こういった「実子ではない」という例は、歴史上けっこうたくさんあります。

 

豊臣秀吉」の息子「豊臣秀頼」は、実は秀吉の子ではなく、「淀殿」とその幼馴染「大野治長」の子であると、当時から言われていました。

《豊臣秀吉》
「引用元ウィキペディアより」

 

秦の始皇帝」は、父「荘襄王」と母「趙姫」の子ではなく、宰相「呂不韋(りょふい)」と「趙姫」の子である、と言われていました。

≪始皇帝≫
「引用元ウィキペディアより」

 

徳川幕府三代将軍「徳川家光」は、二代将軍「徳川秀忠」と「お江の方」の子供です。

 

しかし実は、初代将軍「徳川家康」と「春日局」の子である、という説もあります。

《徳川家光》
「引用元ウィキペディアより」

こういった「出生の秘密」は、高い身分にいる者の正当性を否定し、その求心力を低下させるための策略として利用されていたのです。

 

斎藤義龍は、もともと父「道三」から低く評価されていました。

 

そのため、義龍は自分が後継者から除外されると考え、その前に父「道三」を倒すことを決めたのでしょう。

 

しかし「親殺し」という汚名は、領主としての求心力を低下させてしまいます。

 

そのため「父・道三を倒す正当な大義名分」が必要だったのです。

 

そこで「義龍」は、「道三と親子ではないかもしれない」という噂を逆に利用したのです。

「自分は斎藤道三に追放された、土岐頼芸の息子である。

父の復讐をするため、道三を討つ」

という大義名分をかかげて、父「斎藤道三」、弟「孫四郎」「喜平次」を討ったのでした。

 

おそらく「斎藤義龍」自身も、自分が「斎藤道三」の実子であるとわかっていたのでしょう。

 

わかっていながら、「親を殺害」した自分の正当性を主張するため、「土岐頼芸の息子」であると自称したと考えられます。


スポンサーリンク


道三の遺志を引き継いだ「二人の名将」

斎藤道三は、息子「義龍」に殺害されました。

 

しかし、その遺志は「二人の武将」に引き継がれることとなります。

 

道三は亡くなる直前に、娘婿「織田信長」に対して、「美濃一国をゆずる」と書かれた「国ゆずり状」を残しています。(この国ゆずり状は、「京都・妙覚寺」と「大阪城・天守閣」に現存している)

 

信長は、この「国ゆずり状」を大義名分として、美濃攻めを行います。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

1567年】、美濃国の攻略に成功した「信長」は、「斎藤義龍」の息子「龍興」を美濃から追放。

 

信長は、道三の居城「稲葉山城」を「岐阜城」と改名して本拠地にしています。

 

そんな織田信長は、美濃を攻め落としたころに、一人の武将と出会っています。

 

明智光秀」です。

《明智光秀》
「引用元ウィキペディアより」

斎藤道三の妻「小見の方」の甥であり、信長の妻「帰蝶」の「いとこ」にあたる人物です。

 

光秀は、信長に「足利義昭」を引き合わせます。

《足利義昭》
「引用元ウィキペディアより」

「足利義昭」を「征夷大将軍」に就任させるという大義名分のもとで、「京都へ向けて進軍(上洛)」するようにと勧めたのです。

 

これを受け入れた信長は、「天下布武」という印と、「平和な世」を象徴する神獣「麒麟(きりん)」を意味する「麟」という花押(サイン)を使い始めます。

《織田信長の花押「麟」》
「引用元ウィキペディアより」

信長と光秀は、怒涛の勢いで既得権益を次々と破壊。

 

「天下静謐(てんかせいひつ・平和な世の中のこと)」を実現すべく、斎藤道三がやろうとしていたことを受け継いだかのように、進み続けます。

 

道三の「天下への遺志」と、遺領である豊かな「美濃の国」は、「織田信長」「明智光秀」という、二人の名将に引き継がれたのです。

 

この「美濃」を土台として、二人は「天下統一」へ飛躍をし続けるのでした。

 

1582年】、「本能寺の変」までは・・・・ですが・・・。

 

「本能寺の変」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ

『【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ
『【織田信長】本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説』 の記事はコチラ

スポンサーリンク


『織田信長と斎藤義龍』について「ひとこと」いいたい

もしも「斎藤道三」と「義龍」の関係が良好だったら、斎藤家はどうなっていたのでしょうか?

 

おそらくですが、道三が生きている間は、美濃国は平和を保っていたでしょう。

 

もしかすると、信長と義龍は、義龍の異母妹「帰蝶」を通じて同盟を保っていたかもしれません。

 

二人で協力して、「足利義昭」を旗印にし、協力して京都へ向かっていた可能性もあります。

 

まるで、信長と協力して上洛した「浅井長政」のように。

《浅井長政》
『引用元ウィキペディアより』

ただ、信長はその後も急激に勢力を拡大していったはずです。

 

もしそうなったとしたら、信長は斎藤義龍に「臣従せよ」と迫ったはず。

 

もしくは「浅井長政」にしたように、同盟者ではなく、まるで「部下」のように扱ったはずです。

 

そうなると、義龍も「浅井長政」のように、信長と敵対していたでしょう。

 

とてもではありませんが、「徳川家康」のように、命がけで信長に臣従していたとは思えません。

《徳川家康》
「引用元ウィキペディアより」

 

「斎藤義龍」・・・。

 

道三は死の間際に、その戦いぶりをみて、義龍の非凡さに気付き後悔した、と言われています。

 

信長という不世出の英雄が、すぐそばにいなかったら、義龍はもっと活躍していたかもしれません。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「斎藤道三」には、「義龍」や「帰蝶」などたくさんの子供がおり、「小見の方」「深芳野」ら複数の妻がいた。

2,道三は、息子「義龍」との関係が悪化し、親子関係の疑惑を逆に利用されて殺害された。

3,道三の遺志は、娘婿「織田信長」と、義理の甥「明智光秀」によって引き継がれた。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『斎藤道三』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ
『【斎藤道三の生涯年表】戦国最強の梟雄「美濃のマムシ」の歴史を解説』の記事はコチラ
『斎藤道三が使った2つの家紋!画像付きでその由来をわかりやすく解説』の記事はコチラ
『【斎藤道三と岐阜城】道三の居城「稲葉山城」と徳川家康の恐怖』の記事はコチラ
『【斎藤道三】死因と最後の様子が壮絶!織田信長に託した遺言状とは』の記事はコチラ
『【斎藤道三】家系図を画像つきで簡単解説!現在の子孫・末裔はあのお方』の記事はコチラ
『斎藤道三と織田信長の関係を解説!道三の残した予言と息子たちの最期』 の記事はコチラ
帰蝶は信長の死後に再婚したのか?彼女の最後と死因を調査』 の記事はコチラ
織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?』 の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る