【斎藤道三】家系図を画像つきで簡単解説!現在の子孫・末裔はあのお方

皆さんは「斎藤道三の家系図」について、くわしい情報をご存知でしょうか?

 

筆者も「道三の家系図」について、全然知りませんでした。

 

この記事では「道三の家系図」を、画像付きで、わかりやすく、みじかく、カンタンに解説いたしました。

 

今は「道三の家族・血縁者」について、漠然としか知らなかったとしても、これを読めば、誰かに説明できるほど、「道三の関係者」に詳しくなることができるはずです。

 

この記事で、「斎藤道三」の疑問をスッキリと解消していただけたら、これほど嬉しいことはありません。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。 どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「斎藤道三」は、「織田信長」「明智光秀」「浅井長政」たちと、親戚関係にあった。

 

2,「道三」の血筋は、現在の「天皇陛下」に受け継がれている。天皇陛下は「斎藤道三」の子孫。

 

3,道三にとって「織田信長」は娘婿であり、「明智光秀」は義理の甥。道三の二人の子供たちは、信長の家来なっている。

「斎藤道三」の家系図

「斎藤道三」といえば、「織田信長」の義父にあたります。

《斎藤道三》
「引用元ウィキペディアより」

 

その「斎藤道三」の家系図をご用意いたしました。

《斎藤道三・家系図》
「家系図の引用等は、何卒ご遠慮くださいませ」

 

「斎藤道三」は、「織田信長」と「明智光秀」という、時代を代表する二人の名将と関係があるのです。

 

それだけではありません。

 

「皇室」

 

実は現在の「天皇陛下」は、「斎藤道三」の末裔にあたられるお方なのです。

 

ちなみに、「織田信長」と、その妻「帰蝶」の間に、子供は産まれませんでした。

 

「帰蝶」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『濃姫(帰蝶)の全てを徹底解説!織田信長との関係や家系図を完全網羅』の記事はコチラ
「斎藤道三の子供や家族」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。
『【斎藤道三】息子・娘や妻など家族をまとめて紹介!マムシの呪いとは』の記事はコチラ

スポンサーリンク

「天皇陛下」は、斎藤道三の子孫だった!

「斎藤道三」の血筋は、現在の「皇室」に受け継がれています。

《斎藤道三》
「引用元ウィキペディアより」

「斎藤道三」の娘で「稲葉貞通」の妻となった女性。

 

彼女の末裔が、「天皇陛下」なのです。

《斎藤道三の娘達・家系図》
「家系図の引用等は、何卒ご遠慮くださいませ」

「勧修寺(かじゅうじ)ただ子」

 

第120代「仁孝天皇」を産んだ女性です。

 

この「勧修寺ただ子」という女性は、「斎藤道三の娘」と「稲葉貞通」の子孫にあたられます。

 

仁孝天皇から

  1. 孝明天皇
  2. 「明治天皇」
  3. 「大正天皇」
  4. 「昭和天皇」

と代々その血筋が継承され、現在の「天皇陛下」へとつながるのでした。

 

余談ですが、「天皇陛下」は、「浅井長政」や「お市の方」、そして「豊臣家」の末裔でもあります。

「浅井長政・お市の方・豊臣家の子孫と家系図」については、以下のリンク記事をどうぞ。

『浅井長政の子孫は現在東京にいる!織田信長に戦いを挑んだ2つの理由』の記事はコチラ
『お市の方の家系図まとめ!娘や子供たちのその後と旦那・結婚相手について』の記事はコチラ
『豊臣秀吉の末裔・子孫は現在タレント?茶々の血を引く有名人って誰だ』の記事はコチラ

スポンサーリンク

「織田信長」「明智光秀」と「斎藤道三」の関係!

「織田信長」と「明智光秀」。二人は「斎藤道三」と縁の深い人物です。

 

織田信長の妻「帰蝶(きちょう)」は、斎藤道三の娘。

(帰蝶は、斎藤義龍(高政)の異母妹)

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

 

「明智光秀」はというと、斎藤道三の正室「小見の方」の兄の息子です。

(光秀が「小見の方」の兄であるという説もあります)

《明智光秀》
「引用元ウィキペディアより」

つまり「明智光秀」は、「斎藤道三」の「義理の甥」というわけです。

「我が子らは、織田信長の門前に、馬をつなぐことになるであろう」

(息子たちは、信長に到底かなわない。その家来になり下がるだろう)

 

この言葉は、【1553年】、斎藤道三が織田信長と「正徳寺(聖徳寺)」というお寺で会見した直後、家来の「猪子兵介」にたいして発した予言です。

 

(猪子兵介は、のちに織田信長に仕え、「本能寺の変」で亡くなっている)

 

道三は、「うつけ者(バカ者)」と評判だった若武者「織田信長」の実力を、一瞬で見抜いたのでした。

 

この予言は、的中します。

 

斎藤道三は、【1556年】の「長良川の戦い」で、息子「斎藤義龍(高政)」に討たれて亡くなります。

《斎藤義龍(高政)》
「引用元ウィキペディアより」

その際に、道三の二人の息子である

  • 「斎藤利堯(さいとう としたか)」
  • 「斎藤利治(さいとう としはる)」

が、信長に臣従、つまり「織田信長の門前に馬をつなぐ」ようになるのです。

 

道三は、娘「帰蝶」の夫である「織田信長」の能力を、とっても高く評価していました。

 

亡くなる直前、道三は「国ゆずり状」という書状を残し、「美濃国を信長にゆずる」と書き記しています。

 

この書状は、のちの「織田信長」による「美濃侵攻」の大義名分となります。

 

「国ゆずり状」を信長が受け取った「11年後」の【1567年】、信長は「美濃国」を制圧。

 

そして「明智光秀」と出会い、「天下布武」の印を使い始め、天下統一へと進み始めるのです。

 

《天下布武》
「引用元ウィキペディアより」

 

「斎藤道三の死因と最期」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『【斎藤道三】死因と最後の様子が壮絶!織田信長に託した遺言状とは』の記事はコチラ

「斎藤義龍(高政)」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

斎藤義龍(高政)の全て!生涯年表に家紋、明智光秀との関係までを解説』の記事はコチラ

「明智光秀」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク

『斎藤道三と織田信長』について「ひとこと」いいたい

斎藤道三・・・・織田信長の能力を一瞬で見抜いた偉人として有名ですが、息子の能力を見抜けなかったために、悲惨な最期をむかえています。

 

「斎藤道三」と「織田信長」。この二人、もともとは「宿敵」と呼ぶべき間柄でした。

 

「斎藤道三」は、織田信長の父「織田信秀」と何度となく戦い、ただの一度も敗北したことがない名将です。

 

つまり、織田信長からすれば、「斎藤道三」は父「信秀」を苦しめ続けた宿敵、というわけです。

 

「尾張の虎」

「織田のうつけ」

「美濃のマムシ」

 

「織田信秀」は「尾張の虎」、「織田信長」は「うつけ」、「斎藤道三」は「美濃のマムシ」と、それぞれ呼ばれていました。

 

そんな「うつけ」と呼ばれた信長は、【1553年】におこなわれた「正徳寺(聖徳寺)」の会見で、「美濃のマムシ」こと「斎藤道三」から、のちに「国ゆずり状」を受け取るほどに見込まれました。

 

この「正徳寺会見」では、「斎藤道三」を見事に手玉に取った「織田信長」の能力が際立つようなエピソードが残されています。

 

しかし、筆者は「うつけ者と評判だった信長の非凡な能力を、たった一度の会見で見抜いた斎藤道三」のほうが、優れた名将だったと感じるのです。

 

そんな「信長」の能力を見抜いた「斎藤道三」ですが、我が子「斎藤義龍(高政)」のチカラを見抜くことはできませんでした。

 

道三は息子「義龍(高政)」を侮り続けていました。

 

「長良川の戦い」で義龍の見事な采配を見た道三は、侮っていた息子「義龍(高政)」の真の能力に気づかなかったことを、ひどく後悔したと言われています。

 

道三・・・人を見る目はあったのでしょうけれど、肝心なところで失敗した、ということですね。

「麒麟(きりん)も老いては駑馬(どば)に劣る」

といいますが、麒麟児(きりんじ)であった「斎藤道三」も、年老いてしまった・・・・ということなのかもしれません。

 

「信長の能力を見抜いた」ところまでが、「斎藤道三」の限界だったのでしょう。

 

「織田信長と斎藤道三の関係」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『【斎藤道三】織田信長との関係とは?道三が信長に託した3つの遺産』の記事はコチラ
『斎藤道三と織田信長の関係を解説!道三の残した予言と息子たちの最期』 の記事はコチラ
『【斎藤道三と織田信長の関係】宿敵でありながら認めあった義理の親子』の記事はコチラ

スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「斎藤道三」と「織田信長」「明智光秀」「浅井長政」は、親戚関係だった

 

2,現在の「天皇陛下」は、「斎藤道三」の子孫にあたられる

 

3,道三からすると「織田信長」は娘婿。「明智光秀」は義理の甥。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

『斎藤道三』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ
斎藤義龍(高政)の全て!生涯年表に家紋、明智光秀との関係までを解説』の記事はコチラ
濃姫(帰蝶)の全てを徹底解説!織田信長との関係や家系図を完全網羅』の記事はコチラ
『【斎藤道三の生涯年表】戦国最強の梟雄「美濃のマムシ」の歴史を解説』の記事はコチラ
『斎藤道三が使った2つの家紋!画像付きでその由来をわかりやすく解説』の記事はコチラ
『【斎藤道三と岐阜城】道三の居城「稲葉山城」と徳川家康の恐怖』の記事はコチラ
『【斎藤道三】死因と最後の様子が壮絶!織田信長に託した遺言状とは』の記事はコチラ
『【斎藤道三】息子・娘や妻など家族をまとめて紹介!マムシの呪いとは』の記事はコチラ
『斎藤道三と織田信長の関係を解説!道三の残した予言と息子たちの最期』 の記事はコチラ
『【斎藤道三】織田信長との関係とは?道三が信長に託した3つの遺産』の記事はコチラ
『【斎藤道三と織田信長の関係】宿敵でありながら認めあった義理の親子』の記事はコチラ
帰蝶は信長の死後に再婚したのか?彼女の最後と死因を調査』 の記事はコチラ
織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?』 の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る