【斎藤道三と織田信長の関係】宿敵でありながら認めあった義理の親子

皆さんは「斎藤道三と織田信長がどういう関係なのか」を、ご存知でしょうか?

 

実は「道三と信長の関係」について、知っている人は、それほど多くないみたいです。

 

この記事では「道三と信長の関係」を、わかりやすく、みじかく、カンタンに解説いたしました。

 

今は「道三と信長の関係」について、漠然としか知らなかったとしても、これを読めば、誰かに説明できるほど、「道三と信長」に詳しくなれるはずです。

 

この記事で、「斎藤道三と織田信長がどういう関係なのか」の疑問をスッキリと解消していただけたら、これほど嬉しいことはありません。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。 どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,織田信長」と「斎藤道三」は、「娘婿」と「義父」という関係。道三の娘「帰蝶」が「織田信長」に嫁いでいる。もともと信長の父「信秀」と「道三」は宿敵同士だった

 

2,道三の娘「帰蝶」が嫁いだ5年後、「正徳寺」で「信長」と会談した「道三」は、信長の才能を見抜き、将来の躍進を予言していた

 

3,道三は亡くなる際に、「国ゆずり状」という「美濃の国をゆずる」旨が記された遺言状を「織田信長」に遺した。それを大義名分として、信長は11年後に美濃国を奪った

「斎藤道三」と「信長」の父「織田信秀」の因縁

「斎藤道三」と「織田信長」は、「義父」と「義理の息子」という関係です。

 

斎藤道三の娘「帰蝶(きちょう)」が、「織田信長」の妻となっているのです。

《斎藤道三》
「引用元ウィキペディアより」

織田信長の父「織田信秀」は、斎藤道三と何度も何度も戦った猛将です。

 

「美濃のマムシ」と「尾張の虎」

 

「斎藤道三」は「美濃のマムシ」とあだ名を付けられた猛将です。

 

「織田信秀」も「尾張の虎」と呼ばれた猛将でした。

 

「織田信秀」は、「斎藤道三」に一度たりとも勝利できないまま亡くなっています。

 

信長からすれば、斎藤道三は、父「織田信秀」が敵わなかった宿敵なのです。


スポンサーリンク


道三の愛娘「帰蝶」が、「織田信長」と結婚

織田信秀が亡くなる前の【1548年】、「斎藤道三」は愛娘「帰蝶」を、「織田信長」へ嫁がせて、「織田信秀」と同盟を締結します。

 

こうして「織田信長」と宿敵「斎藤道三」は、「義父」と「娘婿(むすめむこ)」という関係になるのです。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

直後に「織田信秀」は病死して、「信長」が織田家の家督を継承。

 

1553年】、信長と帰蝶が結婚してから5年後、「斎藤道三」は正徳寺(聖徳寺)という場所で、信長と会見します。

このとき斎藤道三は、それまで「うつけ者(バカ者)」と呼ばれてバカにされていた「織田信長」の非凡な才能を見抜きます。

 

「私の子供たちは、いずれ信長に屈して、その家来となり下がるだろう」

 

道三は、会見の直後に、このような予言を残しているのです。


スポンサーリンク


道三の死!義理の息子「信長」に美濃の国を託す

「正徳寺での会見」からわずか3年後、「斎藤道三」は突然の死を迎えます。

 

道三の息子「斎藤義龍」が、父「道三」を裏切って戦いを挑んだのです。

《斎藤義龍》
「引用元ウィキペディアより」

圧倒的な戦力差が原因で、息子「義龍」に敗北した「斎藤道三」は、娘婿「織田信長」に対して、のちに「国ゆずり状」と呼ばれる遺言書をのこします。

 

「美濃の国を、織田信長殿に譲(ゆず)る」

 

その書状には、そう書かれていました。

 

父「織田信秀」の宿敵であった斎藤道三は、死の間際に、自らが心を込めて支配した領地「美濃の国」を、娘婿「織田信長」に託したのです。

 

道三の死から5年後、「斎藤義龍」は病死。

 

あとを継いだのが、「斎藤道三」の孫であり「義龍」の息子でもある「斎藤龍興」。

 

織田信長は、この「龍興」が収める美濃国を、道三からもらった「国ゆずり状」を大義名分として猛攻撃。

 

道三の死から11年後の【1567年】、美濃国を奪うことに成功。

 

豊かな「美濃国」と「濃尾平野」から生まれる産物を土台にして、信長は天下統一へ飛躍を開始するのです。

 

ちなみに、道三の予言は的中し、道三の子「斎藤利堯(としたか)」と「斎藤利治(としはる)」が、信長の重臣として活躍しています。


スポンサーリンク


「道三」について「ひとこと」いいたい!「斎藤道三」がつないだ「明智光秀」と「織田信長」

「斎藤道三」は、「織田信長」へ豊かな「美濃」という国を遺したわけですが、それだけではありません。

 

もう1つ、重大な置き土産を遺していました。

 

明智光秀」です。

《明智光秀》
「引用元ウィキペディアより」

斎藤道三の妻「小見の方」は、「帰蝶」の母であり、「明智光秀」の父の妹。

 

つまり「明智光秀」は、「織田信長」の妻「帰蝶」の「いとこ」であり、同時に「斎藤道三」の義理の甥でもあるのです。

 

「明智光秀」は、「帰蝶」を通じて「織田信長」と出会い、その家来として仕えたと言われています。

 

「明智光秀」は、「足利尊氏」の末裔「足利義昭」を織田信長と引き会わせ、「義昭をつれて、京都へ向かうように」とアドバイスします。

《足利義昭》
「引用元ウィキペディアより」

これに従った「織田信長」は、日本の中心地「京都」を支配して、一気に勢力を拡大。

 

名将「明智光秀」の活躍もあり、信長は「天下統一」へと大きく飛躍することとなるのでした。

 

「明智光秀」も、「織田信長」が最も信頼する家来となって、織田家で出世を続けます。

 

応仁の乱」から100年以上も続く「戦国の時代」を終わらせようと、二人は理想的な「君主と家来」「上司と部下」の関係を続けます。

 

天下統一目前の【1582年】、「本能寺の変」において、悲劇が起こるまでは・・・・の話ですが・・・。

 

「本能寺の変」について、以下のリンク記事で、詳細に解説しております。よろしければお役立てくださいませ。

本能寺の変とは何か】その概要を世界一詳しくわかりやすく説明』 の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,もともと織田信長の父「信秀」と「斎藤道三」は宿敵同士だった。「信長」と「道三」は、「娘婿」と「義父」という関係。道三の娘「帰蝶」が「織田信長」に嫁いでいる。

 

2,道三の娘「帰蝶」が嫁いだ5年後、「正徳寺」で「信長」と会談した「道三」は、信長の才能を見抜いて、「我が子は信長に屈するだろう」と予言した。その予言は的中する

 

3,道三は亡くなる直前に、「国ゆずり状」という遺言状を織田信長に遺した。それを大義名分として、信長は11年後の【1567年】に美濃国を奪った

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『斎藤道三』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ
『【斎藤道三の生涯年表】戦国最強の梟雄「美濃のマムシ」の歴史を解説』の記事はコチラ
『斎藤道三が使った2つの家紋!画像付きでその由来をわかりやすく解説』の記事はコチラ
『【斎藤道三と岐阜城】道三の居城「稲葉山城」と徳川家康の恐怖』の記事はコチラ
『【斎藤道三】死因と最後の様子が壮絶!織田信長に託した遺言状とは』の記事はコチラ
『【斎藤道三】家系図を画像つきで簡単解説!現在の子孫・末裔はあのお方』の記事はコチラ
『【斎藤道三】息子・娘や妻など家族をまとめて紹介!マムシの呪いとは』の記事はコチラ
『斎藤道三と織田信長の関係を解説!道三の残した予言と息子たちの最期』 の記事はコチラ
『【斎藤道三】織田信長との関係とは?道三が信長に託した3つの遺産』の記事はコチラ
帰蝶は信長の死後に再婚したのか?彼女の最後と死因を調査』 の記事はコチラ
織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?』 の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る