渋沢栄一の子孫と家系図を、ひと目でわかる画像付きで超カンタン解説

新一万円札の肖像画「日本資本主義の父・渋沢栄一」について、その「子孫・家系図」を画像付きで、さらに「功績」について、わかりやすく解説いたします。

徳川慶喜に仕えた「幕臣」の「渋沢栄一」。

「第一国立銀行」や「東京証券取引所」などの設立に関わり、更には「一橋大学」などの大学設立にも着手。

三菱「岩崎弥太郎」や、三井・住友・安田などの財閥をも超える天才実業家。

500を超える起業に携わった「公益を重んじる実業家・渋沢栄一」。

その子孫たちは多くが、著名人として活躍していた!


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 渋沢栄一の子孫は、多数いる。直系のひ孫「渋沢雅英」氏が、「渋沢栄一記念財団」の理事長をつとめておられる
  2. 渋沢栄一のひ孫たちは、現在も第一線で活躍している。「音楽家」や「銀行家」など、第一線で活躍している人が多い。
  3. 明治時代、「三井」「三菱」などの財閥が活躍する時代、渋沢栄一は「渋沢財閥」をつくること無く、私利私欲よりもあくまで「公の利益」を優先する人格者だった

渋沢栄一の子孫と家系図!ひ孫「渋沢雅英」氏

「渋沢栄一(しぶさわ えいいち)」・・・・幕末から昭和初期にかけて「実業家」として活躍した偉人。

徳川慶喜に仕え、明治維新後は新政府で「大久保利通」らと予算で対立し、「井上馨」とともに下野しています。

《渋沢栄一》
「引用元ウィキペディアより」

そんな渋沢栄一の「子孫」がひと目で分かる「家系図」をご用意いたしました。

《渋沢栄一の家系図》
「家系図の引用等はご遠慮くださいませ」

渋沢栄一の最初の妻「千代」は3人の子を産んで、明治15年(1882年)に他界。

後妻として「兼子」と結婚し、4人の子供を儲けています。

渋沢家の家督は、行いが悪かった長男が廃されてしまったため、孫「渋沢敬三」が相続しています。

 

渋沢栄一には、数名の「庶子」がおりました。

その「庶子」も家系図にまとめてみました

《渋沢栄一『庶子』の家系図》
「家系図の引用等はご遠慮くださいませ」

渋沢栄一の庶子「ふみ」は、渋沢栄一の従兄弟の家系である「尾高」家の「尾高二郎」氏と結婚。

その「ふみ」の息子「尚忠」と、孫「惇忠」「忠明」は、音楽家として活躍しています。

渋沢栄一の養子であった「平九郎」は、「戊辰戦争」で戦死しています。


スポンサーリンク

ひ孫たちが、第一線で活躍中!経営者・学者・音楽家など

渋沢栄一の「ひ孫」は、現在も第一線で活躍しておられます。

ひ孫を系図にまとめてみました

《渋沢栄一『ひまご』の系図》
「家系図の引用等はご遠慮くださいませ」

この「ひ孫」の系図には、掲載しておりませんが、「渋沢雅英」さんや「阪谷芳直」さんが活躍しておられます。

「渋沢敬三」の息子「渋沢雅英」さんは、高齢ながらも現在「渋沢栄一記念財団」の理事長。

「渋沢雅英」さんは、1925年に「イギリス・ロンドン」で誕生。

「父・渋沢敬三」などの書籍を執筆。「渋沢栄一記念財団」の理事長として、2019年の新年の挨拶をしておられました。

そのほかにも、現在も活躍しているひ孫が、かなりの数いるようです。上の系図に記された「渋沢栄一の子孫」は、ごく一部にすぎません。

ちなみに、ひ孫「阪谷芳直」氏は、母方の曾祖父が警視総監「三島通庸」。

三島通庸は、大河ドラマ「いだてん」に登場する日本最初のオリンピック選手「三島弥彦」の父です。


スポンサーリンク

渋沢栄一の功績!今も残る大企業の創立に協力していた

渋沢栄一の功績といえば、「起業と経営によって、日本の資本主義に大きく貢献した」ということ。

現在の「みずほ銀行」の前身となる「第一国立銀行」を創設。

ほかにも「七十七銀行」などの地方銀行創設にも着手しています。

そのほかにも「王子製紙」「東京海上火災保険」「東京ガス」「キリンビール」「サッポロビール」「東洋紡績」「東京証券取引所」など、のちの日本を支える大企業の創設に関与。

そんな「渋沢栄一」ですが、決して「私利私欲」のために仕事をしなかったことで有名です。

明治という時代に躍進した「大財閥」といえば、「三井」「三菱」「住友」「安田」などがあげられます。

しかし「渋沢栄一」は、けっして「財閥」という「自分たちの一族で経営を独占する企業グループ」を作ることはなく、あくまでも「公益」のために仕事をした人物だったのです。

渋沢栄一は、生涯に500を超える起業の設立に着手したと言われています。

1931年(昭和6年)、92歳で死去。

「一橋大学」「東京経済大学」「同志社大学」「二松学舎大学」などの「大学経営」にも携わり、後進育成にもつとめています。


スポンサーリンク

『渋沢栄一』と「新一万円札」について「ひとこと」言いたい!

2019年4月9日、渋沢栄一が「2024年」から発行される「新一万円札」の肖像画に採用されることが発表されました。

「5000円札」は、女子教育に尽力した「津田梅子」。

「1000円札」は、野口英世の恩師にして、細菌学者の「北里柴三郎」。

そんな渋沢栄一、実は、かつて「紙幣の肖像」に利用されていたことがあるのです。

1902~1904年、朝鮮半島で利用されていた紙幣に「渋沢栄一」の肖像画が印刷されていたのだとか。

新一万円札に「渋沢栄一」が印刷されていることに、お隣はご立腹のようです。

しかし、日本の経済界を現在の形に導いた先駆者であり、間違いなく偉人です。

お隣さんは不服かもしれませんが、日本人からすると、「一万円札にふさわしい」と感じられるのではないでしょうか。

これまで約40年、一万円札は「福沢諭吉」がつとめていました。

それが変わるのは、少し名残惜しい気もしますが、「令和」という新しい時代に、新しい紙幣を使うというのも、悪くない気がしますね。

余談ですが、「福沢諭吉」と「渋沢栄一」といえば、「碁をうった」というエピソードがあります。

福沢諭吉が渋沢栄一にたいして

「商人にしては強い」

と言うと、

「ヘボ学者にしては強い」

と渋沢栄一が返したのだとか。「新旧一万円対決」は、どちらが勝利したのか・・・・残念ながら調査してもわからず、追って調査を続けたいと思います。

 

「令和」の意味について、よろしければ、以下のリンク記事をお役立てくださいませ。

「【令和(れいわ)】意味や万葉集の由来をわかりやすく解説!新元号は異例だらけ」の記事はコチラ

スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 「渋沢栄一」の子孫は、たくさんいるが、直系のひ孫「渋沢雅英」さんが、現在「渋沢栄一記念財団」の理事長を務めておられる。
  2. ひ孫たちが、現在も第一線で活躍している。音楽家、銀行家など、さまざまなジャンルで活躍しておられる。
  3. 渋沢栄一の功績は、数々の起業に着手することで、日本の近代化に貢献したこと。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「【五代友厚とは】生涯年表と最期!子孫と家系図もくわしくご紹介」の記事はコチラ
「西郷隆盛の家系図を調査!子孫はカフェ経営やタレント女医の夫に?」の記事はコチラ
「大久保利通の家系図を調査!子孫は内閣総理大臣で財務大臣のあの人!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る