徳川慶喜の妻は夫のせいで不幸な一生送らされた!彼女の墓はどこに

徳川慶喜の妻『一条美賀子』は、姉のかわりに慶喜と「結婚」をさせられて、人生が大きく変わってしまう悲しい女性です。

嫉妬と、子供を亡くした悲しみ、自分の居場所のなさ。いろいろなことを背負い、それでも最期まで「徳川」の妻とした生きた女性。

そんな「一条美賀子」の生涯について、わかりやすく解説いたします。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

徳川慶喜の妻「一条美賀子」、彼女は嫉妬と寂しさに苦しめられ、夫と不仲だった

・もともと一条美賀子さんは、慶喜さんと結婚するはずではなく、姉が結婚するはずだった

・彼女のお墓は、徳川慶喜のお墓の隣、東京「谷中霊園」にある


「徳川慶喜」は「妻」と不仲だった!なぜ?

徳川慶喜の妻「一条美賀子」。

《德川美賀子》
「引用元ウィキペディアより」

慶喜さんと美賀子さんは、不仲で有名だったみたいです。

その原因の1つは、「慶喜の養子先」にありました。

徳川家の分家である水戸徳川家で生まれた徳川慶喜は、また別の徳川家の分家である「徳川御三卿(とくがわごさんきょう)」の一つ「一橋家」の養子となります。

そこには慶喜の義理の祖母となる「徳信院(とくしんいん)」がいたのです。

祖母といっても、慶喜との年の差はわずか7つ。

慶喜の方が年下でしたが、2人はとても仲が良かったのです。

さらに徳信院は未亡人。妻・美賀子は、二人の仲を勘ぐって、それはおもしろくなかったでしょう。

当時、慶喜と徳信院のことで、ふさぎこんでいることが多かった美賀子ですが、慶喜との間にできた子供が、唯一の心の支えでした。

しかし、生まれて間もなく、その子は亡くなります。

心の支えがなくなり、美賀子はますますふさぎこんでしまいます。



スポンサーリンク


実は「一条美賀子」は代役だった!慶喜は別の女性と結婚するはずだった?

慶喜と美賀子の不仲には、まだ理由があります。

実は慶喜の結婚相手は、最初「美賀子」ではありませんでした。

慶喜は関白「一条忠香」の娘・千代君と婚約していたのです。

しかし千代君は疱瘡(ほうそう・天然痘)にかかり死去。

そのため急遽、一条美賀子が代役として、慶喜の妻となったのです。

美賀子の心の中には『代役』ということが、ずっとひっかかったままだったのでしょう。

 

代役の妻と言えば明智光秀の逸話が有名です。

光秀と妻である煕子(ひろこ)は、結婚前に疱瘡にかかり、顔に痘痕が残ってしまいます。

代わりに煕子の実家「妻木家」は、煕子の妹を嫁がせようとします。

しかし光秀は、それをきっぱりと断りました。

「容貌は変わりやすいもの。

だが心の美しさは、決して変わらぬ」

と語り、あくまでも煕子との結婚を願ったのです。

ここまで言ってもらえると、女冥利に尽きますよね。


「渋沢栄一」については、以下のリンク記事で、さらにくわしく解説しております。

『【渋沢栄一の年表】何をした人でどんな人なの?その功績がスゴすぎた』の記事はコチラ
渋沢栄一の学歴と出身大学をご紹介!実は超エリートコースで学んだ秀才だった 』の記事はコチラ
渋沢栄一の子孫と家系図を、ひと目でわかる画像付きで超カンタン解説』の記事はコチラ

スポンサーリンク

一条美賀子の最後とお墓

美賀子の最期

不仲だった慶喜と美賀子は、徳川幕府の終わりとともに、江戸城を出て静岡に移住します。

それまで離れて暮らしていた2人ですが、久々に一緒に暮らすようになりました。

静岡で美賀子は、慶喜が側室に産ませた子供を育てていきます。

この頃から慶喜と美賀子の仲は、少しずつ修復します。

1894年(明治27年)】、美賀子は乳がんを発症します。

治療のため美賀子は、静岡から東京へ移住。

手術を受けたものの、回復することはなく【1894年7月9日】に亡くなります。

享年60歳。

美賀子危篤の知らせを聞いた徳川慶喜は、とにかく急いで東京へ向かいました。

ところが、急いだ甲斐もなく、美賀子はすでに亡くなっていたのです。

一説によると、慶喜は美賀子の死を知ると、葬儀もせずに静岡へ帰ってしまったとか・・・。。

不仲だったとはいえ、長年連れ添った妻の死を悼むこともしないとは・・・。

もしかすると慶喜は、最初から美賀子に関心がなかったのかもしれません。

さすが冷静極まる「最後の将軍様」です。

美賀子のお墓は、どこにあるの?

そんな彼女のお墓は東京「谷中墓地」に、慶喜の墓の隣りにあります。

2人のお墓が隣り合わせになっています。

これは2人の仲が、ある程度修復していたことを証明しているのかもしれません。

 

「徳川慶喜の子孫」については、以下のリンク記事で、くわしく解説しております。

『徳川慶喜の子孫は現在すでに断絶?簡単な家系図で解説!』の記事はコチラ


スポンサーリンク

「一条美賀子」について「ひとこと」いいたい

一条美賀子さん
「最後の将軍」という宿命を背負った「徳川慶喜」の妻

慶喜さんは、静岡へ移り住んだのち、複数いた側室の中でも、お気に入りの二人を除いて、全員を解雇しています。

慶喜さん
さすがに鳥羽・伏見の戦いで、家来たち全員をおいて一人で敵前逃亡しているだけに、冷酷な切り捨て方をするお人なのです。

そんな慶喜さんと夫婦をやるのは、結構大変だったのではないでしょうか。

この時代の奥様は、そんな大変な思いをみんなしておられたとは思うのですが、個人的には一条美賀子さんに同情してしまいます。


まとめ

本日の記事をまとめますと

・徳川慶喜の妻は、不運が重なり、嫉妬と孤独に苦しめられた一生だった

・彼女は『代役』として、徳川慶喜の嫁になっている

・彼女のお墓は東京「谷中霊園」にある。徳川慶喜のお墓と隣り合わせになっている。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「【錦の御旗とは】その意味を解説!なぜ旗で戊辰戦争の勝敗が決したの?」の記事はコチラ
「【鳥羽伏見の戦いとは】わかりやすく解説!戦争の場所と新選組の戦い」の記事はコチラ
「【王政復古の大号令とは】世界一わかりやすく簡単に5分で解説!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る