織田信長の初陣《吉良大浜の戦い》とは?実は織田信長の大敗だったという逸話がある

この記事では「織田信長の初陣」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「信長の初陣が、いつ、どこで行われ、どのような結果に終わったのか」が、カンタンに理解できます。

 

実は「織田信長」は「初陣で大敗した」という逸話があるのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信長」の「初陣」は、いつどこで行われたのか?

「信長」の初陣は、【1547年】に、現在の「愛知県西尾市・碧南市」にあった「吉良」「大浜」という場所で行われた。兵力は「織田軍800」に対して「今川軍2000」で、織田信長の勝利だったといわれている

 

2,「信長」は「初陣」で大敗したという噂があるが、本当なのか?

「信長」は「長田重元」という武将に大敗し、「13」もの塚が必要になるほどの兵を死なせた、という逸話がある。この「大敗」という逸話こそが、おそらく真実なのだろう

 

3,「信長の初陣」は、「今川義元」を相手としたわけではなかったというのは、本当か?

当時「大浜」があった三河国は、まだ「今川義元」に支配されていたわけではないので、信長は「今川義元」の軍を相手に戦ったわけではない

織田信長の初陣「吉良大浜の戦い」は、いつ、どこでおこなわれたのか?

織田信長は、【1547年】に「数え14歳」で初陣を果たしています。

「吉良大浜の戦い」と呼ばれたこの戦いは、のちに「天下人」として歴史に名を刻みつける「織田信長」の伝説が始まった戦いです。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」


1547年】、織田信長は現在の「愛知県西尾市・碧南市」にあった「吉良」と「大浜」という場所を攻撃し、初陣を飾ります。

相手は、駿河国の大勢力「今川義元」。

当時「吉良」と「大浜」という地は、織田信長の支配地域である「尾張国」のとなり「三河国」にありました。

初陣の様子は、信長の公式記録「信長公記」にも記されています。

どうやら若武者らしい「華々しい姿」だったようです。

1547年、織田信長は初陣を果たした。

家老の「平手政秀」が用意した装備を身に着けた「織田信長」の姿は

  • 紅の横筋を織入れた頭巾
  • 陣羽織
  • 鎧を着せられた軍馬

というものだった。

駿河・今川軍が守備の兵を入れていた三河国「吉良」と「大浜」を攻撃した。

そこら中へ放火したあと、野営をした織田信長は、次の日に居城「那古野城」へ帰還を果たした

この「吉良大浜の戦い」は、諸説あるものの、織田軍のほうが、兵の数が少なかったようです。

織田軍800 VS 今川軍2000

この戦いを、信長は勝利で飾り、「平手政秀」や部下たちは大喜びした・・・ということになっています。

風の強い日であることを利用して、敵の領地に放火して、甚大な被害をあたえたのだとか・・・。

わずか2日間の小規模な戦闘だったといわれています。

しかし、覇王「織田信長」の初陣にしては、「吉良大浜の戦い」は、それほど有名ではないことが不思議です。

例えば「武田信玄」は、「海ノ口城の戦い」で初陣を飾り、見事に敵の城を少数の軍団で陥落させています。(もちろん「大勝した」とされている武田信玄の初陣も、後世の創作である可能性がある)

実は、「織田信長の大敗北だった」という噂があるのです。


「今川義元」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「今川義元のすべてを徹底解説!家紋や首の行方・墓の場所など完全網羅」の記事はコチラ


スポンサーリンク

信長「初陣」の結果とは?実は大敗北だった

信長の「初陣」は、「信長の伝説」の始まりに相応しい「大勝利」・・・ではなく「大敗北だった」という噂があります。

信長は「大浜城主」の「長田重元」の攻撃に惨敗したのだとか。

今川軍の武将「長田重元」が、敵兵である織田軍の死者を弔うために作った「塚(墓)」が、「13」も出来上がったとのことです。


現在の「愛知県碧南市向陽町」は、当時「十三塚」と呼ばれていました。

そして「十三塚」は、このときの「信長の大敗」の逸話を、今に伝えているのだとか。

このあと信長は、初陣で大敗したままでは格好がつかないので、今川領に放火したといわれています。

この「信長の大敗」は、歴史書「信長公記」には、まったく記されていません。

おそらく「織田信長」という猛将の「汚点」として、歴史から抹消されたのでしょう。

「信長公記」を記した「太田牛一」は、織田信長から大切にされた部下でした。

そのため太田牛一は、信長の汚点を歴史に残す気にならなかったのでしょう。

実は「織田信長」は、「戦争」に強かったわけではありません。

名将「武田信玄」から徹底的に逃げ回ったほどですので、「初陣」で敗北していたとしても、それほど不思議ではないのです。


「武田信玄」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【織田信長vs武田信玄】信長と信玄が直接対決したら勝つのはどっち?」の記事はコチラ


スポンサーリンク

実は「今川義元」と戦ったわけではなかった?

「吉良大浜の戦い」は、「織田信長」が「今川義元」の軍を相手に戦ったものだと言われています。

しかし、そうではない可能性が高いです。

「大浜城」がある「三河国」は、当時「徳川家康」の父「松平広忠」が支配していた地域です。

このとき「松平広忠」は、駿河「今川義元」と尾張「織田信秀」の、どちらに味方すべきかを迷っている状態でした。

そのため「今川義元」の軍団が「三河国」に存在しているはずがありません。

織田信長もそれを知っていたと考えられます。

信長は、初陣で命を落とさないように、安全を重視した戦いをしたことが予想されています。


信長が「初陣」を果たした【1547年】、「松平広忠」は息子の「竹千代(徳川家康)」を、「今川義元」のもとへ送ろうとします。

しかし「竹千代」を護送していた部下が、突如裏切ってしまいます。

その裏切った部下は、「竹千代」を「今川義元」のところではなく、「織田信秀」のもとへ送ってしまうのです。

「竹千代」を人質にとった「織田信秀」は、「松平広忠」に対して、『降伏せよ』と迫ります。

しかし「松平広忠」は脅しには屈しませんでした。

「松平広忠」は、あくまでも「今川義元」に味方することを選び、本格的に「織田家」と断交します。

信長が攻撃した「三河国・大浜」は、初陣の当時「今川家」に属していたわけではありません。

ということは、織田信長は初陣で「今川義元」と戦ったわけではない、ということになります。

おそらく、強敵「今川義元」を相手に初陣を飾った、ということにしたのでしょう。

そうすることで、信長の功績を輝かしいものにしようと考えたのです。

これを考えたのは、守役だった「平手政秀」ではないでしょうか。もしくは父「織田信秀」か・・・。

信長の初陣は、「信長公記」やその他の歴史書にかかれているような、華々しいものではなかったと考えられます。

ただし、この「初陣」で、もしかすると「今川義元」は、大敗した「織田信長」を侮ったかもしれません。

そうだとすれば、その油断が、【13年後】の「桶狭間の戦い」で、「今川義元」の運命を左右したことになりますね。


「桶狭間の戦い」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【桶狭間の戦いとは】簡単にわかりやすく解説!隠されていた真実に驚愕」の記事はコチラ

「【今川義元】なぜ織田信長との「桶狭間の戦い」で敗北した?原因は油断」の記事はコチラ

「【今川義元と桶狭間の戦い】その謎や疑問のすべてを短く簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長と桶狭間の戦いを簡単に解説!どのような戦法で勝利したのか」の記事はコチラ


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信長初陣は、【1547年】に、現在の「愛知県西尾市・碧南市」にあった「吉良」「大浜」という場所で行われた。兵力は「織田軍800」に対して「今川軍2000」で、織田信長の勝利だったといわれている

 

2,実は「信長」、初陣で「長田重元」という武将に大敗し、「13」もの塚が必要になるほどの兵を死なせた、という逸話がある。この「大敗」という逸話こそが、おそらく真実だろう

 

3,当時「大浜」があった三河国は、まだ「今川義元」に支配されていたわけではないので、信長は「今川義元」の軍を相手に戦ったわけではない

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る