織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策

織田信長の歴代「居城」の名前と場所は?

城下町で実施した特殊な政策!

安土・岐阜などの名前の由来も簡単に解説!


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

織田信長は、生涯で「7つ」の居城を持った

・信長が支配した城下では「楽市楽座」や「一銭切り」などの政策が取られたらしい

・信長の居城「岐阜」は、「岐山」「曲阜」に由来し、「安土」は「平安楽土」に由来という説がある


織田信長の歴代「居城」の名前と場所

織田信長は、生涯において7つの「居城」・・・つまり自分の住む城を持っています。

 

勝幡城(しょばたじょう)」(1534~1542)

愛知県愛西市勝幡町

信長が産まれた城とされる「勝幡城」

信長は1542年にこの城を出て、那古野城へ引っ越しています

 

那古野城」(1542~1555)

愛知県名古屋市中区・・現在の名古屋城二之丸

那古野城・・・後にこの那古野城は、1610年に「名古屋城」として新しく築城され、家康の九男「徳川義直」にの居城となりました。

1555年、奪取した堅城「清州城」へと引っ越しています。

 

清州城」(1555~1563)

愛知県清須市一場・・・清須古城跡公園

元々は尾張国の守護代にして、信長の主君に当たる「斯波家」の居城。

信長が奪取し、斯波氏を追放してから、居城として活用しました。

 

小牧山城」(1563~1567)

愛知県小牧市堀の内1-1

尾張国・小牧に築かれた小牧山城

徳川家康と同盟し、東側の脅威をなくした信長・・・。

「美濃攻略」という目的のために築城された、美濃・尾張国境に近い、最前線基地

 

岐阜城」(1567~1576)

岐阜県岐阜市天主閣18

元々は「稲葉山城」又は「井ノ口城」と呼ばれた、信長の妻「帰蝶」の父「斎藤道三」の居城

斎藤道三の孫「斎藤龍興」を追い出し、居城とし「岐阜城」と改名。

 

二条御新造」(1575~1579)

京都市・両替町通御池通

京都を制圧した信長が、京都における拠点として築き上げた邸宅。

足利義昭のために築城した「二条城」とは別物。後に誠仁親王に献上されました。

 

安土城」(1576~1582)

滋賀県近江八幡市安土町下豊浦

信長が琵琶湖畔「安土山」に築いた城。

元々は、琵琶湖東岸ルートで進軍してくるだろう「上杉謙信」を防ぐために築かれた「対上杉謙信」の防御拠点。

信長はこの城を最期の拠点とするつもりはなく、「大坂」に拠点を移すつもりだったと言われています。


スポンサーリンク

城下町での政策とは?

信長は、城下町でどのような政策を実行したのでしょうか?

「楽市楽座」

最も有名なものと言えば「楽市楽座」令

当時の城下町では「座」と呼ばれる「ギルド」つまり「組合」が商売を独占していました。

この「座」が城主に一定の金銭を納めることで、城主も独占を認めていたのです。

しかし、信長はこの「座」を撤廃し、商人による商売を自由にして「競争原理」を働かせました。

この「楽市楽座」は、信長は初めてではなく、「六角定頼」という近江国の大名が初めて実施した政策です。

関所撤廃

当時、交通の要所には無数の「関所」がありました。

大坂~京都間には、数百もの関所があり、商人はこの関所に「通行料」を収めなければ、物資の流通をさせられなかったのだとか。

信長は関所を撤廃し、商人の商売をスムーズにし、その収益から莫大な富を手にしたのでした。

一銭切り

「一銭でも盗んだものは死罪」

又は「盗みを働いたものは、一銭も残さず没収する」という意味での「一銭きり」だったとも言われています。

この法律のおかげで、信長が支配する地域では、劇的に治安が改善したと言われています。


スポンサーリンク

「安土」「岐阜」の名前の由来とは?

信長は、故事に由来する名前を城につけるのが好きだった・・・と言われているようです。

岐阜城

岐阜という名称は、「岐山」という中国の地名に因んだと言われています。

「岐山」とは、古代中国の「文王」という君主が、「岐山」という地で挙兵し、天下統一を果たしたという場所」

この「岐」という字と、儒教の孔子が産まれた街「曲阜」の「阜」という文字を組み合わせ「岐阜」と名付けたのです。

つまり信長は、「岐阜」から天下統一を果たして見せる!という意思表示をしたのです。

安土城

安土城・・・一説には「平安楽土」という四字熟語から「安」と「土」という文字を取って「安土」と名付けたとされています。

しかし実際には、信長がこの地に城を築き上げる前から「安土」という地名は存在していたという説もあります。

どちらの説が真実なのかはわかりません。

もしかしたら「安土」という地名は、元々あったのかもしれません。

ただ、信長が「安土」という地名が「平安楽土」という言葉に通ずるものがあるとして、そのままその名前を使ったという可能性もあります。

元々は、「対上杉謙信」用の基地だったという安土城・・・。

よく目にする、天主閣に金の社を施した城のデザインは、後世の人間による創作・・・。

もしかしたら、もっと武骨な「軍事要塞」だったかもしれません。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・信長は「勝幡城」から「安土城」まで7つの居城をもった

・「楽市楽座」「関所撤廃」などの政策を実施した

・岐阜城は「岐山」「曲阜」に由来し、安土城は「平安楽土」に由来する・・・という説がある

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る