MENU

源頼朝の家系図と子孫を完全網羅【簡単でわかりやすい画像付き】

鎌倉幕府をつくった源頼朝(みなもとのよりとも)の家系図と子孫を、画像つきで完全網羅いたしました。

征夷大将軍となり、日本最初の幕府である鎌倉幕府という、【武士が日本を支配する政府】をつくった源頼朝。

その子孫は、今も続いているのでしょうか?

頼朝の家系図を、画像つきで、世界一わかりやすく解説いたします。

実は頼朝の子孫は、すでに断絶しています。

しかし源氏の血筋は、武田信玄や足利尊氏を通じて、今も続いているのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 源頼朝の子孫は、頼朝の孫の代で断絶しており、今の日本に頼朝の子孫はいない
  2. ただ、源頼朝と同じ源氏の一族は、足利尊氏武田信玄を通じて、今も続いている。徳川家康も・・・
  3. 頼朝の次男・三代将軍の実朝(さねとも)は、頼朝の長男で二代将軍だった頼家(よりいえ)の息子・公暁(くぎょう)によって暗殺された

源頼朝のわかりやすい家系図!子孫はすでに断絶していた

源頼朝(みなもとのよりとも)

《源頼朝》
「引用元ウィキペディアより」

源頼朝とは、征夷大将軍となって、日本最初の幕府・鎌倉幕府をつくった人物です

宿敵である平家を、1185年の壇ノ浦の戦いで滅ぼした名将・源義経の兄でもあります。

そんな源頼朝の家系図をご用意いたしました。

頼朝の子孫なのですが、残念ながら断絶してしまっています。

《源頼朝の家系図》
「家系図の引用等はご遠慮くださいませ」

余談ですが、源頼朝の叔父に、源為朝(みなもとのためとも)という人がいます。

日本の歴史上でもトップクラスの猛将だった源為朝には、数々の伝説があります。

源為朝の子孫は、あの西郷隆盛の二人目の妻・愛加那(あいかな)であるといわれています。

つまり、西郷隆盛と愛加那の子供で、京都市長をつとめた西郷菊次郎は、源為朝の末裔であるということです。

 

愛加那・西郷菊次郎について、詳しくは以下のリンク記事をお役立てくださいませ。

源頼朝には、複数の子供がいました。

二代将軍・源頼家(みなもとのよりいえ)。

三代将軍・源実朝(みなもとのさねとも)。

頼朝にはその他にも、姫が何人かいましたが、全員が若くして亡くなっており、子孫は続いていません。

頼朝の孫・公暁(くぎょう)は、自分の叔父にあたる三代将軍・源実朝を暗殺しています。

公暁は実朝を暗殺した直後に、将軍を暗殺した犯人として、執権の北条義時らに殺害されています。

ちなみに、頼朝の最初の妻だった八重姫とのあいだに産まれた息子・千鶴丸は、幼くして祖父・伊東祐親(いとうすけちか)に殺害されています。

 

八重姫については、以下のリンクで詳しく解説しております。


スポンサーリンク

源頼朝の生涯と功績を、簡単にザッと解説

源頼朝は、1147年に源義朝の三男として誕生。

頼朝の幼名は、鬼武者(おにむしゃ)といいました。

頼朝は若い頃、伊豆で幽閉生活をおくっていましたが、その後は日本最初の武家による政府・鎌倉幕府をつくり、サムライの国・日本の土台をつくりあげたのです。

1160年、平治の乱(へいじのらん)と呼ばれる戦争で、頼朝の父・源義朝が、ライバルの平清盛に敗れて亡くなりました。

義朝の息子・頼朝は、命を助けられたものの伊豆へと送られて、幽閉生活をおくることになります。

平清盛の一族である平家(へいけ)が権力を独占し、日本中の武士からの反発をうけていたとき、頼朝は伊豆で平清盛を倒すために立ちあがります。

頼朝は、父・源義朝のカタキである平家を倒すために立ちあがったのです。

源義経や源範頼(みなもとののりより)ら、弟たちに軍を預けた頼朝は、ライバルだった猛将・木曽義仲や、宿敵だった平家を討伐することに成功します。

その後、敵対した弟・源義経を討伐する名目で、奥州の覇者だった藤原泰衡をも討伐することに成功しました。

  1. 木曽義仲
  2. 平家
  3. 源義経
  4. 藤原泰衡

これらのライバルをすべて倒した頼朝は、日本全国を支配することに成功したのです。

1185年、頼朝は守護と地頭を任命して、日本全国を支配させることに成功し、自分の本拠地の鎌倉に、幕府(ばくふ)とよばれる臨時政府をつくり、日本最初の【武士による武士のための政府」をつくることに成功。

その後、約700年つづく武士の世の基礎をつくったのでした。

 

源頼朝については、以下のリンク記事で、さらにくわしく解説しております。


スポンサーリンク

源頼朝は何した人なの?頼朝がしたことをわかりやすく解説

頼朝は、鎌倉幕府をつくった人

源頼朝が、何をした人なのかというと、【鎌倉幕府という、武士による臨時政府をつくった人】といえます。

どうして源頼朝は鎌倉幕府をつくったのでしょうか?

理由はカンタンです。

「自分たちにとって都合の良い政治をおこなうため」

なのです。

平安時代、鎌倉幕府がつくられる前の日本では、お公家さんが権力を独占し、お武家さんはそのボディーガードにすぎませんでした。

武家が権力を握るなど、夢のまた夢だったのです。

お公家さんは、【自分たちにとって都合の良い政治】をおこなうことにより、ますます力を強めていきました。

対して武家は、いくら頑張っても、出世できなかったのです。

そんななかで、平清盛という人物が、武士として初めて、日本で最高の身分である太政大臣(だいじょうだいじん)に就任したのです。

最高の身分となった平清盛は、自分と血のつながっている自分の一家である【平家(へいけ)】で権力を独占し、平家一族の繁栄を実現させたのです。

しかし、この権力は非常に壊れやすいものでした。

なぜなら、いくら平清盛が出世しても、あくまでも天皇と上皇が、平家の上に君臨していたので、天皇と上皇に邪魔されて、清盛が好きなように政治ができたわけではないのです。

そこで源頼朝は、絶対権力者である天皇や上皇に邪魔されず、自分の好きなように政治をおこなう方法を考え出します。

それが幕府をつくることだったのです。

では、幕府とは、何なのでしょうか?

幕府とは、いってみれば【臨時の政府】のことです。

政府とは、日本を支配して、日本を運営・経営する組織・集団のことをいいます。

頼朝は、京都にある朝廷(ちょうてい)という、【天皇や上皇をトップにする本来の政府】とは別に、【武士たちによる臨時の政府】を鎌倉につくったのです。

この【武士たちによる武士たちのための政治をおこなう政府】が【鎌倉幕府】なのです。

鎌倉幕府は、まさに

武士たちの、武士たちによる、武士たちのための政治をおこなうための臨時の政府

でした。

そこには天皇や上皇の邪魔も入りません。

自分たちにとって都合の良い政治をおこなうことで、武士たちはさらに強力な力を得ていくのでした。

 

幕府・鎌倉幕府については、以下のリンク記事で、くわしく解説しております。


スポンサーリンク

幕府を滅ぼした後醍醐天皇と、復活させた足利尊氏

しかし、この武士のための臨時政府(幕府)をこころよく思わない人たちがいました。

お公家さんです。

それまで自分たちのための政治をやっていたお公家さんたちは、鎌倉幕府と非常に仲が悪かったのです。

そのため、朝廷のトップだった後鳥羽上皇は、鎌倉幕府のトップをつとめていた北条義時に対して戦いを挑んだのでした。(承久の乱)

この承久の乱で、幕府のトップだった北条義時が、朝廷のトップ・後鳥羽上皇に圧勝したため、それまでの日本で認められていなかった幕府という臨時政府が、誰からも文句をいわれることのない確固たるものになったのです。

つまり、承久の乱の勝利によって、鎌倉幕府が日本を支配することに、誰も文句を言えなくなったのです。

ところが、それでも武士による臨時政府を認めたがらない勢力は、滅びてはいませんでした。

後醍醐天皇(ごだいごてんのう)をご存知でしょうか?

鎌倉幕府をよく思わない公家たちは、この後醍醐天皇を中心に、鎌倉幕府に戦いを挑むこととなるのです。

鎌倉幕府が誕生してから約140年後の1333年、鎌倉幕府は後醍醐天皇や足利尊氏・楠木正成らによって滅ぼされます。

こうして武士による武士のための政治が終わって

お公家さんによるお公家さんのための政治(建武の新政)

が始まったのです。

ところが、所詮はお公家さんによるお公家さんのための政治でしかありませんでした。

足利尊氏ら武士たちは、まったく政治に参加できず、利益を得ることができません。

これに不満を抱いた武士たちは、武家のトップだった足利尊氏をボスにまつりあげて、もう一度【武士による武士のための臨時政府】を誕生させます。

それが室町幕府です。

室町幕府は、【お公家さんのための政府】をつくろうとした後醍醐天皇と、血で血を洗う死闘を繰り返し、武家による政権を守り通すこととなるのです。

 

室町幕府については、以下のリンク記事で、さらにくわしく解説しております。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 源頼朝の子孫は、孫の代で断絶しているので、現在の日本に源頼朝の子孫はいない
  2. しかし、源頼朝と同じ源氏の血筋は、足利尊氏や武田信玄を通じて、今に続いている。徳川家康の子孫も・・・。
  3. 源頼朝の次男・三代将軍の実朝は、長男で二代将軍の頼家の息子・公暁に暗殺された。北条政子は、その後も権力を握り続けた。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました

その他の人物はコチラ

鎌倉時代に活躍した歴史上の人物等

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次