【源頼朝の家系図と子孫】超見やすくわかりやすい画像でカンタン解説

「鎌倉幕府」を開いた「源頼朝(みなもとのよりとも)」の「家系図」と「子孫」を「画像付き」で、わかりやすく解説いたします。

征夷大将軍となり、日本最初の「幕府」である「鎌倉幕府」という「武家政権」を開いた「源頼朝」。

その「子孫」は、今も続いているのか?

頼朝の家系図を、画像付きで、世界一分かりやすく解説いたします。

「子孫」は、すでに断絶していた。しかし「源氏の血筋」は、「武田信玄」や「足利尊氏」を通じて、今も続いていた。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 「源頼朝」の子孫は、頼朝の「孫」の代で断絶しており、今に続いてはいない
  2. ただ、「源頼朝」と同じ「源氏」の一族は、「足利尊氏」や「武田信玄」を通じて、今も続いている。「徳川家康」も・・・。
  3. 頼朝の次男・三代将軍「実朝」は、長男・二代将軍「頼家」の息子「公暁(くぎょう)」の手で暗殺された

「源頼朝」のわかりやすい家系図!子孫はすでに断絶

源頼朝の家系図

源頼朝(みなもとのよりとも)

《源頼朝》
「引用元ウィキペディアより」

征夷大将軍」となって、日本最初の幕府「鎌倉幕府」をつくった人物。

宿敵である「平家」を「壇ノ浦の戦い」で滅ぼした名将「源義経」の兄。

その家系図をご用意いたしました。

頼朝の子孫は、残念ながら断絶してしまっています。

《源頼朝の家系図》
「家系図の引用等はご遠慮くださいませ」

余談ですが、源頼朝の叔父「源為朝」には数々の伝説があります。

「源為朝」の子孫は、あの「西郷隆盛」の二人目の妻「愛加那(あいかな)」であるといわれています。

つまり、西郷隆盛と愛加那の子供で、京都市長をつとめた「西郷菊次郎」は、「源為朝」の末裔であるということです。

「愛加那」「西郷菊次郎」について、詳しくは以下のリンク記事をお役立てくださいませ。

「【愛加那】西郷どん二人目の妻その子孫と家系図!先祖は最強の武将?」の記事はコチラ
西郷菊次郎(京都市長)ってどんな人?子孫が現在鹿児島で活躍中!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

頼朝には、複数の子供がいました。

二代将軍「源頼家」。

三代将軍「源実朝」。

その他、姫が何人かいましたが、全員が若くして亡くなっており、子孫は続いていません。

孫の「公暁」は、自分の叔父にあたる三代将軍「源実朝」を暗殺。

その直後に「公暁」は、「将軍を暗殺した犯人」として、執権「北条義時」らに殺害されています。

《源頼朝の家系図》
「家系図の引用等はご遠慮くださいませ」

頼朝には、「源義経」や「義円」「阿野全成」などの異母弟がいました。

しかし「義経」は頼朝との関係が悪化し、最終的に「頼朝」の圧力に屈した「藤原泰衡」に殺害されています。


スポンサーリンク

「源頼朝」の生涯と功績を、超カンタンに解説

源頼朝は、1147年に「源義朝」の三男として誕生。

幼名は「鬼武者」。

「平治の乱」で、父「源義朝」が「平清盛」に敗れて亡くなると、頼朝は「伊豆」へと流罪になり、幽閉生活をおくります。

「平清盛」がひきいた「平家」が、権力を独占し、諸国の武士からの反発をうけると、頼朝は伊豆で挙兵。

平家打倒に立ち上がります。

「源義経」「源範頼」ら、弟たちに軍を預けた「頼朝」は、「木曽義仲」や「平家」を討伐。

その後、敵対した弟「源義経」を討伐する名目で、奥州の覇者「藤原泰衡」をも討伐。

日本全国を支配するに至ったのです。

1192年、「征夷大将軍」に就任した「源頼朝」は、本拠地「鎌倉」に、「幕府」を開き、日本最初の「武家による政権」を樹立。

その後、約700年つづく「武士の世」の基礎をつくったのでした。


スポンサーリンク

「源氏の子孫」は「足利」「武田」を通じ、今も続く

源頼朝の子孫は、すでに断絶しています。

しかし、「源義家」から始まる「源氏の血筋」は、今も続いています。

たとえば「室町幕府」をつくった「足利尊氏」は、先祖をたどれば、源頼朝とおなじ「源義家」です。

そして、「源義家」の弟「源義光(新羅三郎義光)」の子孫は、「武田信玄」。

「足利尊氏」「武田信玄」、彼らの子孫は今も続いているので、「源頼朝」と同じ「源氏の血筋」は、今も続いていると言えます。

また、江戸幕府を開いた「徳川家康」も、「足利尊氏」と同じく「源義国」を先祖としている・・・・と自称しています。

まぁ・・・「家康」は「系図をでっちあげた」と言われているので、その末裔は「源氏」の血を引いてはいないかもしれませんが・・・。

 

足利尊氏」「武田信玄」の子孫について、以下のリンク記事で詳しく解説しております。

足利尊氏の家系図と子孫を調査!性格が良かったため将軍になれた?」の記事はコチラ
「【武田信玄】子孫はモデルだが逮捕された?現在までの家系図を解説!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「頼朝」の子供たちの最期!北条政子のその後とは?

頼朝の子供たちは、ほとんどが悲惨な最期をとげています。

源頼朝が最初に授かった子供「千鶴丸」は、妻「八重姫」の父「伊東祐親」によって殺害されています。

伊東祐親は、娘が罪人である「源頼朝」と子供をつくったことに激怒したのです。

 

二代将軍「源頼家」は、権力を欲しがった祖父「北条時政」や叔父「北条義時」の罠によって、伊豆の修善寺に幽閉。

その後、頼家はその「北条一門」によって暗殺。

頼家の5人の子供たちの内、4人の男子も全員「北条一門」によって暗殺されています。

女子が一人いたが、最初の子を死産した直後に亡くなっています。

 

三代将軍「実朝」は、兄「頼家」の息子「公暁」によって暗殺。

公暁は、北条一門によって「父・頼家は、叔父・実朝に殺害された」と騙され、「実朝暗殺」をやってしまったのです。

その「公暁」もまた、北条義時の罠によって殺されています。

こうして「源頼朝の子孫」は断絶。

北条一門は、その後100年以上も「鎌倉幕府」を支配。日本のトップに君臨することとなるのです。


スポンサーリンク

源頼朝の妻「北条政子」はというと、頼朝の死後も、一定の権力を保持して政治に参加。

息子「頼家」「実朝」を失った後は、京都からおくられてきた4代将軍「藤原頼経」の代理で政治を行った、と言われています。

特に有名なのが「承久の乱」。

後鳥羽上皇が、北条政子の弟・執権「北条義時」を討つようにと、全国へ命令をくだしたのでした。

その時、鎌倉幕府は、敗色濃厚。

しかし「北条政子」が、武士たちに行った演説によって、形勢は逆転。

「後鳥羽上皇」は敗北し、隠岐の島へと流罪になるのでした。

1225年、「北条政子」は69歳で死去。

お墓は、鎌倉市の寿福寺。


スポンサーリンク

『源頼朝』と「鎌倉幕府」について「ひとこと」いいたい!

なぜ「幕府」を開かなくてはいけなかったのか?

ところで、どうして「源頼朝」は「鎌倉幕府」を開いたのでしょうか?

理由はカンタンです。

「自分たちにとって都合の良い政治をおこなうため」

平安時代、鎌倉幕府が開かれる以前の日本では、「公家」が権力を独占し、「武家」はそのボディーガードにすぎませんでした。

「武家」が権力を握るなど、夢のまた夢だったのです。

お公家さんは、自分たちにとって都合の良い「政治」をおこなうことにより、ますます力を強めていきました。

対して『武家』は、いくら頑張っても、出世できなかったのです。

そんな中「平清盛」という人物が、武士として初めて最高の官位「太政大臣」に就任。

権力を平家一族で独占したのです。

しかし、この権力は「もろい」ものでした。

あくまでも「天皇」と「上皇」が、平家の上に君臨していたので、思うままの政治ができなかったのです。

そこで、「源頼朝」は「天皇」や「上皇」に邪魔されず、自分の思うままの政治をおこなう方法を考え出します。

それが「幕府」です。「幕府」とは、何か。

「幕府」とは、言ってみれば「臨時の政府」。

頼朝は、京都にある「朝廷」という「天皇や上皇をトップにする政府」とは別に、「武士たちによる政府」を「鎌倉」につくったのです。

この「武士たちによる政府」が「鎌倉幕府」なのです。

「鎌倉幕府」は、まさに「武士たちの、武士たちによる、武士たちのための政治」をおこなうための「臨時の政府」。

そこには「天皇」や「上皇」の邪魔も入りません。

「自分たちにとって都合の良い政治」をおこなうことで、武士たちは強力な力を得ていくのでした。


スポンサーリンク

「幕府」を滅ぼした「後醍醐天皇」と、復活させた「足利尊氏」

しかし、この「武士のための臨時政府(幕府)」をこころよく思わない人たちがいました。

「お公家さん」です。

それまで自分たちのための政治をやっていた「お公家さん」たちは、鎌倉幕府と非常に仲が悪かったのです。

後醍醐天皇

そんな「鎌倉幕府をよく思わない公家」たちは、この後醍醐天皇を中心に、「鎌倉幕府」に戦いを挑むこととなるのです。

鎌倉幕府が誕生してから、約140年後。1333年、鎌倉幕府は「後醍醐天皇」や「足利尊氏」「楠木正成」によって滅ぼされます。

こうして「お公家さんによる政治(建武の新政」が始まったのです。

ところが、所詮は「お公家さんによるお公家さんのための政治」。

「足利尊氏」ら武士たちは、まったく政治に参加できず、利益を得ることができません。

これに不満を抱いた「武士」たちは、武家の棟梁「足利尊氏』を祭り上げて、もう一度「武家の政府」を誕生させます。

それが「室町幕府」。

「室町幕府」は、「後醍醐天皇」と血で血を洗う死闘を繰り返し、「武家による政権」を守り通すこととなるのです。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 源頼朝の子孫は、孫の代で断絶している。
  2. しかし、源頼朝と同じ「源氏の血筋」は、「足利尊氏」「武田信玄」らを通じて、今に続いている。徳川家康の子孫も・・・。
  3. 源頼朝の次男・三代将軍「実朝」は、長男・二代将軍「頼家」の息子「公暁」によって暗殺された。北条政子は、その後も権力を握り続けた。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

壇ノ浦の戦いの場所を地図付きでわかりやすく解説!なぜ壇ノ浦で戦ったの?」の記事はコチラ
「【巴御前とは】最強の逸話と家紋の真実!彼女の武器・刀が今も使われてる」の記事はコチラ
「【承久の乱とは】世界一わかりやすく解説!原因は北条政子の弟だった」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る