【承久の乱とは】世界一わかりやすく解説!原因は北条政子の弟だった

1221年「承久の乱」について、世界一わかりやすく簡単に解説いたします。

そもそも「承久の乱」とは、誰と誰の戦いなのか?原因は何なのか?

「承久の乱」は、「後鳥羽上皇」と「北条義時」の戦い。

原因は、「北条義時」が「後鳥羽上皇」へ「軍事的圧力」をかけるなど、失礼な態度を取ったため。

この記事を読めば、「承久の乱」について、即座に理解できます。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 1221年「承久の乱」とは、「鎌倉幕府」対「朝廷」、「北条義時」対「後鳥羽上皇」の戦い。鎌倉幕府の勝利で終わった
  2. 「承久の乱」の原因は、4代将軍に「後鳥羽上皇の息子」を求めた「北条義時」が、朝廷に対して「軍事的圧力」をかけたこと
  3. 「承久の乱」は、鎌倉幕府・北条義時の勝利に終わった。その後、「後鳥羽上皇」は亡くなり、怨霊になったという。

「承久の乱」とは何かをわかりやすく解説!誰と誰の戦い?

1221年(承久3年)、「鎌倉幕府」と京都の「朝廷」のあいだで、戦いが勃発しました。

「承久の乱(じょうきゅうのらん)」です。

「鎌倉幕府」の総大将は、執権「北条義時(ほうじょうよしとき)」。

源頼朝の妻「北条政子」の弟です。

《北条義時》
「引用元ウィキペディアより」

 

「朝廷」側の総大将は「後鳥羽上皇」。

「平清盛」と権力闘争を繰りひろげた「後白河法皇」の手で即位した人物です。

《後鳥羽上皇》
「引用元ウィキペディアより」

 

後鳥羽上皇が「鎌倉幕府」へ戦いを挑んだ事件が「承久の乱」。

後鳥羽上皇は、地方政権であった「鎌倉幕府」とそのリーダー「北条義時」に、不満をもっていたのです。

「尼将軍」・・・・「承久の乱」で、「鎌倉幕府」を勝利に導いた女性「北条政子」の異名です。

鎌倉幕府をつくった「源頼朝」の妻「北条政子」が、鎌倉武士たちに「名演説」をおこなったのです。

その「演説」がきっかけで、敗色濃厚だった「鎌倉幕府」が大逆転勝利したのでした。

敗北した「後鳥羽上皇」は、遠く「隠岐」へと流罪となります。

後鳥羽上皇は、死ぬまで故郷の「京都」へ戻ることは出来ませんでした。

この戦いで「朝廷」は没落していきます。

承久の乱をきっかけにして、鎌倉幕府は「朝廷」への監視を強めます。

それまでの「朝廷」と「幕府」による「二頭政治」が、鎌倉幕府による支配へと変わっていくのでした。


スポンサーリンク

「承久の乱」の原因は何?原因は「北条義時」の挑発

どうして「後鳥羽上皇」は、「鎌倉幕府」へ戦いを挑んだのでしょうか?

簡単にまとめてみると、原因は主に以下の2つ

・もともと後鳥羽上皇は、鎌倉幕府が気に入らなかった

・鎌倉幕府のトップ「北条義時」が、朝廷に圧力をかけたことが気に入らなかった

 

もともと「後鳥羽上皇」は、「鎌倉幕府」という地方政権を嫌っていました。

当然です。

後鳥羽上皇がトップを務める「朝廷」こそが、日本で唯一の「政権・政府」のはずだったのです。

しかし、いつの間にやら「武士」たちが「地方に政権を樹立」したのですから。

目障りだったはずです。

「源実朝(みなもとのさねとも)」・・・・・源頼朝の息子で、鎌倉幕府3代将軍だった人物です。

この「源実朝」が甥の「公暁(くぎょう)」に暗殺され、「源頼朝」の血筋は途絶えてしまいます。

つまり「征夷大将軍となる資格をもつ人間がいなくなってしまった」ということです。

実朝が亡くなったあと、「鎌倉幕府」のトップを務めていたのは執権「北条義時」という人物。

その義時は、「後鳥羽上皇」の息子を「第4代将軍」としてむかえいれようと考え、朝廷と交渉します。

ところが、この交渉は難航します。

後鳥羽上皇が、自らの息子を将軍として遠い「鎌倉」へおくることを嫌がったのです。

交渉がうまくいかないことに「北条義時」は怒ります。

義時は「1000人」の兵士を京都へ派遣。

その軍団をつかって後鳥羽上皇に「軍事的圧力」をかけて、交渉を有利に進めようとします。

しかし交渉は「決裂」。

「軍事的圧力」をかけられた後鳥羽上皇は、「北条義時」と「鎌倉幕府」に激怒。

北条義時はしかたなく、4代将軍には名門のお公家さん「九条家」の御曹司「九条頼経」を迎えいれたのでした


スポンサーリンク

「軍事的圧力」をかけるという北条義時の「挑発的な態度」に後鳥羽上皇は激怒します。

そして、鎌倉幕府へ「呪いの祈り」をおこなったのです。

これに気がついた「鎌倉幕府」の武士「源頼茂」は、口封じのために後鳥羽上皇によって殺害されてしまいます。

口封じの甲斐もなく、「後鳥羽上皇の呪いの噂」は鎌倉の「北条義時」にまで届くことになります。

当然「北条義時」は激怒。

このとき、「鎌倉幕府・北条義時」と「朝廷・後鳥羽上皇」の戦いは、もう避けられなくなっていました。

後鳥羽上皇は、「鎌倉幕府」とそのトップ「北条義時」を倒して、朝廷の権威を取り戻そうとしたのです。


スポンサーリンク

戦いの結果!「北条政子」が戦いを逆転させた!

1221年(承久3年5月14日)、後鳥羽上皇はついに挙兵。鎌倉幕府へ戦いを挑みます。

「義時追討の院宣」・・・つまり「義時を倒せ」という「上皇の命令」を出すのです。

鎌倉幕府は、この「後鳥羽上皇」の挙兵に驚きます。

当初、この戦いは「朝廷」と「後鳥羽上皇」の圧勝だろうと考えられていました。

「北条政子」・・・・・・・この「尼将軍」と呼ばれた「源頼朝の妻」が、戦いの流れをひっくりかえすのです。

「北条義時」の姉でもある「北条政子」が、慌てふためく「鎌倉武士」たちに、「世紀の名演説」をおこないます。

「源頼朝公のご恩は、山よりも高く、海よりも深い。

このご恩に報いるため、後鳥羽上皇の軍団を倒せ」

この演説に勇気づけられた鎌倉武士たちは、わずか18人で鎌倉から京都へ出撃。

北条義時の息子「北条泰時」がひきいたこの軍団は、各地で次々と味方を加えていきます。

鎌倉を出発し、京都へつく頃には「19万」もの大軍団にふくれあがっていました。

対する「後鳥羽上皇」の軍は、総勢わずか「2万」ほど。

「朝廷」はあっという間に敗北。

「後鳥羽上皇」は捕らえられ、日本海に浮かぶ絶海の孤島「隠岐」へと流罪になるのでした。


スポンサーリンク

「後鳥羽上皇」の最期とその後!「怨霊伝説」とは?

後鳥羽上皇は、その後どうなったのか?

承久の乱から18年後の1239年、後鳥羽上皇は「隠岐」で亡くなります。

何度も何度も「京都へ帰らせてほしい」と幕府へ願い出ていた後鳥羽上皇。

しかし、ついに故郷へ帰ることは出来ませんでした。

「万が一、私が魔物になることがあれば、この世に災いをもたらすだろう。

だがもしも、私の子孫が天皇となってこの世を支配することがあったなら、それは全て私の力によるものである。

その時は、子孫たちよ。私の菩提を弔うように」

後鳥羽上皇が、最期に残した遺書の内容です。

こののち、鎌倉幕府では不幸が続いたと言われています。

そのため、「後鳥羽上皇が怨霊になった」と噂され、恐れられたのです。

その後、後鳥羽上皇の孫である「後嵯峨天皇」が即位。

この「後嵯峨天皇」が後継者を明らかにしなかったことが一因となって、100年後、あるの人物をこの世に誕生させます。

後醍醐天皇(ごだいごてんのう)」。「後嵯峨天皇」の「ひ孫」にあたる人物です。

「承久の乱」から112年後の「1333年」のこと。「後醍醐天皇」が「足利尊氏」や「楠木正成」を従えて鎌倉幕府へ戦いを挑みます。

この戦いで、「源頼朝」以来141年続いた「鎌倉幕府」は滅亡することとなります。

「後鳥羽上皇」の怨念が、鎌倉幕府を滅亡させたのかもしれません。


スポンサーリンク

『後鳥羽上皇』について「ひとこと」言いたい!

後鳥羽上皇といえば、「歌人」として、歴代天皇の中でも「最高の人物」と言われているお人です。

さらに、武術でもすぐれた能力を発揮したのだとか。

天皇家の家紋といえば「菊の御紋」。

その菊の御紋を初めてつかったのは「後鳥羽上皇」という説があります。

鳥羽伏見の戦い

幕末、西郷隆盛がひきいた薩長・新政府軍が、「徳川慶喜」がひきいる「旧幕府」軍を倒した戦いです。

「菊の御紋」で飾られた「錦の御旗」がかかげられた瞬間に、旧幕府軍が崩壊したと言われています。

徳川幕府を倒したのは、後鳥羽上皇がつくった「菊の御紋」と「錦の御旗」。

後鳥羽上皇の怨念は、もしかしたら、こんなところでも効力を発揮したのかもしれません。

 

そういえば、「承久の乱」から53年後、1274年「元寇」という日本始まって以来の大事件が起こりましたね。

それもまさか、後鳥羽上皇の怨霊の仕業だったのでしょうか・・・。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 1221年「承久の乱」は、「鎌倉幕府・北条義時」対「朝廷・後鳥羽上皇」の戦い。鎌倉幕府の勝利で終わった
  2. 承久の乱の原因は、北条政子の弟「北条義時」が、後鳥羽上皇へ「軍事的圧力」をかけて、挑発したことだった
  3. 戦いは「鎌倉幕府」の勝利に終わり、後鳥羽上皇は「隠岐」へ流罪。そこで亡くなり、怨霊になったと言われている

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「鎌倉幕府を作った人は誰?幕府成立の年と、なぜ鎌倉が選ばれたかを解説」の記事はコチラ
「【元寇】対馬での女子供への仕打ちがむごい!神風と鎌倉武士の真実」の記事はコチラ
「【朝廷とは】世界一わかりやすく簡単に解説!幕府との違いはなに?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る