MENU

八重姫とはどんな人?源頼朝と別れたあと北条義時と結婚した伝説とは

皆さんは八重姫を、ご存知でしょうか?

実は八重姫について、くわしく知っている方は、それほど多くないみたいです。

この記事では八重姫を、わかりやすく、みじかく、カンタンに解説いたしました。

今は八重姫について、漠然としか知らなかったとしても、大丈夫です。

これを読めば、誰かに説明できるほど、八重姫に詳しくなれます。

この記事を読んで、八重姫の疑問をスッキリと解消していただけたら、これほど嬉しいことはありません。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 八重姫とは、源頼朝の最初の妻だった女性。息子・千鶴丸を、父・伊東祐親に殺された悲劇の女性
  2. 八重姫の子・千鶴丸をとむらう最誓寺には、【八重姫は北条義時と再婚した】という言い伝えが残されている
  3. 大河ドラマ【鎌倉殿の13人】の時代考証をつとめる学者・坂井孝一先生は、【八重姫は、北条義時の息子・泰時を産んだのではないか】と推測している

八重姫とは、どんな人なの?

八重姫は、源頼朝の最初の妻であり、悲劇的な生涯をおくったといわれている女性です。

八重姫は、伊東祐親(いとうすけちか)という豪族の娘であり、頼朝の最初の妻でした。(有名な北条政子は、頼朝の再婚相手)

彼女は頼朝とのあいだに、千鶴丸(せんつるまる)という息子を産んでいます。

ところがその千鶴丸が、なんと八重姫の父・伊東祐親によって、川に沈められて殺害されてしまったのです。

八重姫のその後は、はっきりしていません。

彼女のその後については諸説あり、権力を握った頼朝に招かれて、好きな男性を選べといわれて、相馬師常(そうまもろつね)という人物と再婚といわれています。

または別の説によると、北条政子と頼朝が結ばれたことを知って絶望し、現在の伊豆の国市にある真珠が淵というところで入水し、亡くなったともいわれています。

 

源頼朝については、以下のリンク記事で、さらにくわしく解説しております。


スポンサーリンク

八重姫が頼朝と別れたあと【北条義時】と結婚したという伝説

八重姫には、鎌倉幕府・2代執権で、源頼朝の妻・政子の弟である北条義時と結婚したという伝説があります。

北条義時
「引用元ウィキペディアより」

八重姫の子・千鶴丸(せんつるまる)の菩提をとむらうために建てられた最誓寺というお寺に、

「八重姫は、江間小四郎(北条義時のこと)と結婚した」

という言い伝えが残っているのだとか。

八重姫は、源頼朝と結婚して、千鶴丸という息子を出産しました。

ところが、当時最高の権力者だった平清盛(たいらのきよもり)に敗北して、罪人として伊豆で幽閉生活をおくっていた源頼朝と、自分の娘である八重姫が結ばれたことに、八重姫の父・伊東祐親は激怒。

祐親は、実の孫である千鶴丸を、川に沈めて殺害し、清盛から怒りを向けられることを回避したのでした。

その後、八重姫は頼朝と無理やり引き裂かれ、北条家の領地と隣合わせだった江間(えま)という人物と再婚。

頼朝が平家打倒のために挙兵すると、江間氏は頼朝との戦いで戦死。

こうして、八重姫は未亡人となってしまいます。

その後、北条家の領地のお隣りにあった江間氏の領地は、頼朝の義弟・北条義時に与えられます。

北条義時は、江間の領地を与えられたため、通称・江間小四郎(えま こしろう)と名乗るようになるのです。

その江間小四郎(北条義時)と、八重姫が再婚したという伝説が、最誓寺に残されています。

 

北条義時については、以下のリンク記事で、さらにくわしく解説しております。


スポンサーリンク

大河ドラマ【鎌倉殿の13人】の時代考証学者が推測する!八重姫は北条泰時の母?

2022年の大河ドラマ【鎌倉殿の13人】の時代考証(じだいこうしょう)を担当しているのが、創価大学の歴史学者・坂井孝一(さかいこういち)先生という方です。
(時代考証とは、ドラマの衣装や言葉づかいなどが、その時代と合っているかどうかを検証・指導する学者さん)

その坂井先生が

八重姫は北条義時と再婚し、北条泰時を産んだのではないか

という仮説を提唱しておられました。

坂井先生の仮説によれば、八重姫は、夫の江間が亡くなったあと、頼朝の館で働くようになったのだとか。

そこで八重姫は、阿波局(あわのつぼね)と呼ばれるようになって北条義時と結婚した、というのです。

そして、三代執権として歴史に名を刻む名将・北条泰時(ほうじょうやすとき)を産んだのではないか、ということです。

北条泰時といえば、その後の武士の世でお手本とされる法律・御成敗式目(ごせいばいしきもく)をつくった偉人です。

《北条泰時》
「引用元ウィキペディアより」

とはいえこの推測には何の根拠もないと、坂井先生本人が認めておられます。

しかし、その仮説はかなり説得力があります。

その仮説によると、頼朝はかつての妻であり、息子・千鶴丸を失った八重を不憫に思い、そばに置こうとしたのだとか。

ところが、当時の頼朝には、嫉妬深く過激な性格の北条政子がいたため、前妻の八重をそばに置くことは危険でした。

北条政子もまた、八重の方をそばに置くことを嫌がり、信頼できる弟・北条義時に、八重を嫁がせることをすすめたのでした。

義時と八重が結婚したことで、政子は夫の浮気の心配がなくなり、頼朝も前妻・八重の今後の生活が保証されたことに安心したと考えられるのだとか。

八重はその後、北条泰時という男児を産みました。

この北条泰時は、最初の名前を【頼時よりとき】と名乗っていたそうです。

頼という字は、源頼朝から一文字をもらったものです。

頼朝は、この北条義時の息子の北条泰時を、とても大切にしたのだとか。

なぜ大切にしたのかは不明だったのですが、もしも北条泰時の母親が、頼朝の前妻・八重なのだとしたら、頼朝が泰時を大切にしたのも納得できます。

北条泰時は、1199年に源頼朝が亡くなると、頼時という名前から泰時へと改名しています。

その後、北条泰時は、承久の乱で19万の大軍団をひきいて、後鳥羽上皇の軍団を撃破し、頼朝がつくった武士の世を確立する活躍するのでした。

もしも、この坂井孝一先生の仮説のとおり、八重姫が北条義時の妻となっていたのならば、彼女はその後、武士の頂点に登りつめた北条義時の妻として、穏やかな一生を終えたことでしょう。

 

北条泰時については、以下のリンク記事で、さらにくわしく解説しております。


スポンサーリンク

八重姫の最期とは?じつは若いうちに亡くなっていた

八重姫は、かなり若くして亡くなっていた可能性が高いと考えられます。

少なくとも、建久年間つまり1190年前には亡くなっていたと考えられるのです。

死因は定かではありません。

何歳で亡くなったのかも不明です。

実は北条義時は、1192年に姫の前ひめのまえという女性を妻としているのです。

姫の前とは、鎌倉殿の十三人の一人である比企能員ひきよしかずの一族の女性です。

当時、まだ身分の低い武士でしかなかった北条義時が、八重姫と姫の前という2人の女性を正室と側室として抱えることは、当時の常識としてできないはずでした。

そのため、北条義時が姫の前と結婚したとき、八重姫との夫婦関係はすでに終わっていたと考えられるのです。

八重姫は、おそらく1192年に義時が姫の前と結婚する以前に、病気かなにかで亡くなったのでしょう。

詳しい死因や亡くなったときの状況は不明です。

しかしおそらく、義時に大切にされた八重姫は、幸福のうちに亡くなったであろうと思います。

余談ですが、姫の前はその後、1193年に北条朝時、1198年に北条重時を産んでいます。

ところが1203年、比企能員の乱が勃発し、比企一族が北条氏に滅ぼされると、姫の前は北条義時と離婚。

その後、姫の前は京都で源具親みなもとのともちかという人物と再婚しています。

八重姫は、実在しなかった説

八重姫は、実在していなかったという説があります。

実は、質の高い歴史文献のなかに、八重姫という人物は登場していないようなのです。

  • 曽我物語
  • 平家物語
  • 源平盛衰記

など、いってみれば小説のような物語調の読み物の中には、八重姫は悲劇的な人物として登場しています。

しかしこれらの書籍は、真実味の薄い、質の低い資料でしかないのです。

八重姫も千鶴丸も、吾妻鏡(あづまかがみ)のような確かな歴史資料のなかには登場しないのです。

もしかすると、八重姫も千鶴丸も、頼朝を悲劇のヒーローとしてまつりあげるためにつくりあげられたフィクションなのかもしれません。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 八重姫とは、源頼朝の最初の妻だった女性。息子・千鶴丸を、父・伊東祐親に殺された悲劇の女性
  2. 八重姫の子・千鶴丸をとむらう最誓寺には、【八重姫は北条義時と再婚した】という言い伝えが残されている
  3. 大河ドラマ【鎌倉殿の13人】の時代考証をつとめる学者・坂井孝一先生は、【八重姫は、北条義時の息子・泰時を産んだのではないか】と推測している

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。

北条義時の関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる