豊臣秀吉の末裔・子孫は現在タレント?茶々の血を引く有名人って誰だ

豊臣秀吉の末裔は、現在どこにいるのか?

タレントをやっているという噂もあるのですが・・・・。

秀吉の子といえば、織田信長の姪「茶々」が産んだ子ということか?


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと
豊臣秀吉の直系の子孫は、すでに断絶している

・秀吉の子供や孫は、全員子孫を残せずに亡くなっている

・日本の天皇陛下は、秀吉の姉の血をひいている


豊臣秀吉と茶々姫の子孫は、タレント?

豊臣秀吉の子孫が「タレント」「芸能人」という噂が一部に流れているようです。

羽柴秀吉(豊臣秀吉)
「引用元ウィキペディアより」

しかし正確に言えば、秀吉直系の子孫が「タレント活動」をしているという事実はないみたいです。

そもそも、秀吉には「子孫」が存在しません。

秀吉は、幼少時に患った「おたふく風邪」によって、子供ができない身体になった・・・と言われています。

後述する「茶々」こと「淀君」が産んだ2人の息子も、実は「淀君」の乳兄弟である「大野治長」との隠し子・・・という噂があります。

秀吉には、直系の子孫はいない・・・。徳川家康によって根絶やしになっているのです。

豊臣家の簡単な家系図は、以下のとおりです。

粗末な家系図で申し訳ありません・・・。


スポンサーリンク


秀吉の「3人の息子」と「2人の孫」の末路

秀吉の直系の子孫は、秀吉の死後どうなったのでしょうか?

詳しく解説いたします。

秀吉の「3人の息子」の末路

秀吉には「3人の息子」がいました。

長子が「石松丸秀勝」

織田信長の姪・茶々が産んだ長男「鶴松」

そして茶々の次男「秀頼」

最初に生まれた「石松丸秀勝」は、秀吉の側室「南殿」が産んだとされている子ですが、1576年に夭折しています。

南殿には、他にも女児がいたということですが、詳細は不明。

茶々姫の子「豊臣鶴松」は、1589年に生まれて、1591年に亡くなっています。

鶴松が亡くなった2年後に生まれたのが、同じく茶々姫の子「豊臣秀頼」

秀頼は1615年の「大坂夏の陣」で、母親の「茶々」とともに亡くなっています。

この豊臣秀頼の正室は、家康の孫で徳川秀忠の娘「千姫」でしたが、子供は出来ず、側室との間に「2人の子」をもうけたとされています。

つまり、秀吉には「孫が2人」いたということです。

「2人の孫」の結末

秀頼は、二人の側室との間に、それぞれ子供をもうけています。

一人が「国松」

もう一人が「奈阿姫」

大阪夏の陣で、大阪城が落城した時、2人は大阪城を脱出したものの、徳川軍によって捕縛されます。

国松はその後、千姫の必死の助命嘆願も虚しく、六条河原で斬首の刑となり、わずか8歳で亡くなっています。

「奈阿姫」は、千姫の助命が叶えられ、千姫の養女となって出家し「天秀尼」と呼ばれることになりました。

鎌倉の「東慶寺」へと入れられ、縁切り寺「東慶寺」を守り続けたとされています。

ちなみにこの「東慶寺」・・・「戸田恵梨香」「大泉洋」が出演した2015年の映画「駆込み女と駆出し男」の舞台となっています。


スポンサーリンク


「秀吉の孫・生存説」

秀吉の孫で、秀頼の子「国松」・・・実は生存していたという説があります。

国松は、真田幸村の息子・真田大助とともに「薩摩」に逃れ、秀吉の正室「ねね」の兄で豊後日出藩主「木下延俊」の四男「延由」と名乗ったのだとか・・・。

その「延由」は、「木下延俊」の死後、領地3万石のうち「5千石」を相続し、「立石領」の領主・旗本になりました。

木下家は現在まで子孫を続けていますが、現当主「19代当主・木下崇俊」さんは、口伝で「延由の正体は、豊臣秀頼の子・国松」と教えられてきたと証言しています。

現実的に考えて、国松が生きているとは思えません。

木下家は、関ヶ原の戦いでは家康に味方し、大坂冬の陣・夏の陣でも、家康に味方して豊臣家を敵としています。

おそらくですが、後世の子孫が、「秀吉の正室の兄であるにも関わらず、木下延俊は豊臣家を裏切った」とでも言われて、その罪悪感を和らげるために、「国松生存説」を作り上げた・・・・なんてことじゃないでしょうか?

もちろん、何の証拠も根拠もない空論でしかありませんが・・。

ちなみに、「島原の乱」を起こした「天草四郎時貞」が、秀吉の孫「豊臣秀綱」であった・・・とされていますが、可能性は限りなく低いと言われています。


スポンサーリンク


天皇陛下は、豊臣秀吉の血を引いている?

秀吉直系の子孫は亡くなりましたが、秀吉の姉「日秀尼」の子孫が、現代に続いています。

秀吉の姉「日秀尼」の子孫は、実は「令和」の世の天皇陛下。

天皇陛下は、秀吉の姉の血を引く子孫なのです。

どういうことかというと、秀吉の姉には、2人の息子がいました。

関白「豊臣秀次」と、その弟「羽柴秀勝」

秀次は御存知の通り、叔父である豊臣秀吉によって切腹させられています。

羽柴秀勝は病死していますが、信長の姪「お江(おごう)」との間に「完子(さだこ)」をもうけています。

「お江」は秀勝の死後、徳川秀忠と再婚しています。「完子」姫は、お江の姉・淀殿に育てられて、五摂家の一つ「九条家」の関白「九条忠栄(くじょう ただひで)」の妻となって子孫を残しています。

「九条家」・・・・後世「大正天皇」の皇后さま「九条節子」様が、完子姫の子孫であり、「昭和天皇」を出産しておられるのです。

つまり大正天皇の末裔である、現在の天皇陛下は「秀吉」の姉の子孫。

皇室には豊臣に血が続いている・・・・ということなのです。


「天皇陛下」といえば、「浅井長政」の子孫でもあるわけですが、それについては以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

「浅井長政の子孫は現在東京にいる!織田信長に戦いを挑んだ2つの理由」の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

・豊臣秀吉の子孫がタレント・芸能人という事実はない・・・。

・秀吉直系の子孫は、断絶している

・秀吉の孫「国松」の生存説があるが、おそらく真実ではない

・秀吉の姉は、現在の皇室に続いている

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク


「豊臣秀吉」関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「【豊臣秀吉】朝鮮出兵の理由を簡単解説!結果は失敗どころか大成功だった」の記事はコチラ
「豊臣秀吉の辞世の句を超カンタン解説!秀吉最後の言葉と17年後の滅亡」の記事はコチラ
「豊臣秀吉の天下統一までの道を解説!農民が偉業達成できた3つの理由」の記事はコチラ
「豊臣秀吉の末裔・子孫は現在タレント?茶々の血を引く有名人って誰だ」の記事はコチラ
「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る