江藤新平の生涯と最期!佐賀の乱が起きた理由と、大久保利通との因縁

参議や初代司法卿を務めた「維新十傑」の一人「江藤新平」

江藤新平はどうして『佐賀の乱』を起こしたのか?

そして、なぜ「大久保利通」とあれほど険悪な仲だったのか?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・江藤新平とは、維新十傑の一人、留守政府で西郷と共に様々な改革を行った

・江藤新平・・・佐賀の乱を起こし処刑された

・超現実主義者「大久保利通」と、理想主義者で清廉潔白にすぎた「江藤新平」は、とても相性が悪かった


江藤新平とは何をした人?功績を簡単解説

江藤新平

《江藤新平》
『引用元ウィキペディアより』

佐賀藩出身の武士にして、明治政府・参議の一人

佐賀の乱」を起こし、後に刑死

西郷隆盛大久保利通木戸孝允小松帯刀前原一誠などと並んで「維新十傑」の一人にあげられる人物。

または、後の総理大臣「大隈重信」や「副島種臣」「島義勇」「鍋島閑叟」「大木喬任」「佐野常民」たちと並び「佐賀の七賢人」とも呼ばれています。「枝吉神陽(副島の兄)」を含めて「佐賀の八賢人」とも言われています。


スポンサーリンク

江藤新平の功績

江藤新平の功績を短く解説いたします

岩倉具視に対して、江戸を「東京」へと改称するように献言

・上野戦争で、大村益次郎とともに旧幕臣・彰義隊を撃破

・四民平等を主張し、民法の基礎をつくった

・司法卿として司法制度を整えた

・参議を務め、学制・警察制度などを整えた

・西郷隆盛とともに「留守政府」を主導し、「地租改正」などの改革を実現

江藤新平や大隈重信、副島種臣たちが所属していた「佐賀藩(肥前藩)」は、「鎖国藩(二重鎖国)」とよばれていたほど「閉鎖的」な藩でした。

藩主「鍋島直正(閑叟・かんそう)」の手腕により、佐賀藩は日本最強の「技術大国」でもあったのです。

佐賀は「技術大国」であり日本最強の「軍事大国」ではあったものの、幕末の尊王攘夷・倒幕などの争いには全く介入せず、そのため「江藤新平」も「大隈重信」も、幕末の争いには登場しません。登場するのは「明治」になってからです。

そんな江藤は、岩倉使節団が諸外国と「条約改正」をするために出国した後、西郷隆盛とともに留守政府を預かっていたわけですが、そのときに改革を実行。

西郷隆盛とのコンビは、非常にうまく回ったと言われています。

清廉潔白な「西郷隆盛」と、理想主義者で同じく潔白な人物だった「江藤新平」・・・相性が良かったのでしょうね。

その相性の良さが、後に「大久保利通」からの強烈な嫉妬を受け、江藤の身を亡ぼすこととなるのですが・・・・。


スポンサーリンク

江藤新平の生涯と最期

江藤新平の生涯と最期を、分かりやすく解説いたします。

生い立ち

1834年、肥前国・佐賀藩にて誕生

父は「江藤嵐光」、母「浅子」

1848年、藩校・弘道館に入学。とても成績優秀でしたが、父が職務怠慢を理由に「引退」へ追い込まれ、一気に生活は貧しくなりました。

その後も勉学に打ち込み、日本は開国すべきであると主張する「図海策」を執筆

その後佐賀藩の貿易・砲術の役職を任せられるようになります。


スポンサーリンク

勤王志士として活動を開始

1862年、佐賀藩を脱藩して京都で長州藩士「木戸孝允」たちと交流。

2ヶ月後に佐賀へ戻るが、藩主「鍋島直正」に死罪を許され、引退処分となる。

1867年、徳川慶喜が「大政奉還」。同年、江藤新平は引退処分を解除され、藩の重職に復帰。

1868年、「岩倉具視」と協力して「王政復古の大号令」を発します。

戊辰戦争では、軍艦として活躍。

江戸城無血開城の後、江戸城内の重要書類を回収。

大村益次郎と共に「上野戦争」で「彰義隊」を撃破

明治政府で活躍

明治新政府が発足すると、江戸鎮台・会計局判事に任命される

1870年、太政官中弁に就任。同年、虎ノ門で佐賀藩卒兵に襲撃されて負傷

1871年、制度取調専務に就任。同年、「尾去沢銅山事件」で「井上馨」を大蔵大輔辞職に追い込む

1872年、司法卿、及び参議に就任。同年、「山城屋事件」で「山県有朋」を追求。一時的に失脚させる


スポンサーリンク

明治六年の政変

1873年、征韓論争に敗北。下野(明治六年の政変)

佐賀に帰郷しようとするが、同郷の盟友「大隈重信」や、土佐藩「板垣退助」「後藤象二郎」達は、帰郷すべきではないと説得

佐賀に戻れば、江藤新平は必ず不平士族によって担ぎ出されて、反乱の首謀者とされる。政敵であった「大久保利通」は、それを待っているので、反乱が起こると同時に討伐される・・・と説得されたのです。

それでも江藤新平は帰郷。案の定「佐賀の乱」が勃発します。

実は、大隈重信たちの予想はあたっていました。

大久保利通・・・・江藤新平が帰郷しただけで、まだ反乱も起こしていないにも関わらず「追討令」を発しています。

江藤新平は、政敵「大久保」の罠に引っかかってしまったのでした。


スポンサーリンク

佐賀の乱

1874年、佐賀に帰郷した絵等は、同郷で憂国党の「島義勇」と会談。「佐賀征韓党」の党首に祭り上げられるのです。

憂国党が蜂起して「佐賀の乱」が勃発。

一時は佐賀城を陥落させましたが、大久保利通が率いる政府軍に敗北。

江藤新平は、帰郷していた西郷隆盛に助けを求めますが、断られ、「手配写真」が出回っていた事により高知県で捕らえられます。

この「手配写真制度」をつくったのは「江藤新平」本人であり、江藤は逮捕者第一号となってしまいました。

江藤新平はこの失敗について、「秦国の『孝公』に仕えた宰相・商鞅のようだ」と大久保利通から言われています。

商鞅もまた、自分がつくった法律で、逃亡しそこない、処刑された人物でした。ちなみに商鞅の改革で最強国となった「秦」は、「始皇帝」の代で天下統一を成し遂げました

最期

佐賀裁判所で裁判が行われ、1874年4月13日、処刑されます。

享年40歳

1889年(明治22年)、大日本帝国憲法発布の際、江藤新平の逆賊としての汚名は払拭されました。政敵「大久保利通」の死後、11年目のことでした。


スポンサーリンク

大久保利通との確執!なぜ2人は仲が悪かったのか?

江藤新平と大久保利通は、非常に仲が悪いことで有名です。

どうして2人は仲が悪かったのか?

一言で言うと相性が悪かったのです。

「江藤新平」は、理想主義者。対して「大久保利通」は、とてつもない現実主義者。

坂本龍馬が「船中八策」で、政治総裁に「徳川慶喜」を推したのに対し、大久保利通は「慶喜」が「旧幕臣たち相手に、しがらみのない政治」が出来るとは少しも考えず、徹底的に徳川慶喜を排除しようとしました。大久保利通は、それほどの現実主義者なのです。

そんな現実主義者の大久保利通と、理想主義者で清廉潔白な「江藤新平」が、相容れるはずがありません。

江藤新平は、「井上馨」や「山県有朋」たちを汚職で追求し、薩長藩閥を叩き潰し、佐賀藩閥による政治を行おうとしていました。

薩摩藩閥の大久保利通が、これを許せるはずがありません。

そして大久保利通が「岩倉使節団」に同行し、欧米視察をしている際、西郷隆盛と江藤新平は「留守政府」を主導し、「学制」「地租改正」など様々な改革を成功させています。

西郷隆盛と江藤新平・・・このコンビは非常に相性が良かったのです。ともに清廉潔白・・・理想主義者・・・。大久保利通は、もしかしたら幼い頃からの盟友「西郷隆盛」を江藤新平に取られたと感じていたのかもしれませんね

また、大久保利通と江藤新平は、「征韓論争」で対立しています。

大久保利通は、江藤新平に極刑が言い渡されたことについて、日記に記しています。

「今朝は五時に出張し、裁判所へ出席する。十三人の斬刑につき、罰文の申し渡しを聞く。江藤の醜態は笑止なり。今日は都合よく済み、大安心」

江藤新平は、判決が言い渡された時、裁判長に発言しようとしましたが、自分を縛った縄を引かれて倒れてしまったのです。後世、これを「極刑を言い渡されて腰を抜かした」と言われ、その名誉を傷つけられました。

大久保利通が記したこの日記は、江藤新平の評価を貶めるものだった・・と作家の「司馬遼太郎」さんは分析していました。

大久保利通・・・・・江藤新平のことがよほど嫌いだったのでしょうね。

江藤新平の法律家としての能力を、大久保利通は認めていたみたいですが・・・・2人は相容れない関係だったのです。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・江藤新平は、司法卿として司法制度、教育制度の確立に尽力した

・江藤新平は、佐賀藩出身の武士。勉学に励み、小松帯刀の引き立てで明治政府に参画

・大久保利通の罠にはまり、佐賀の乱において首謀者としてまつりあげられ、処刑された

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


大久保利通」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする