織田信長の顔はイケメンだったのか?信長の肖像画で顔を検証してみた

この記事では「織田信長の顔だち」や「容姿」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「織田信長がイケメンだったか否か」を、カンタンに理解できます。

 

「織田信長」は「イケメン」だった可能性が高いと思います。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信長」は「イケメン」だったのか?

織田信長の肖像画を見てみると、「鼻筋」の通った端正な顔立ちをしていることがわかる。当時の価値観からすると「イケメン」だったのだろう

 

2,「信長」の身内にも、美男美女が多かったのか?

織田信長と両親が同じ妹「お市の方」は、「戦国一の美女」と評価されており、弟「織田信勝」も「容姿端麗」といわれている。さらに信長の三男「信孝」も、美男子として有名だったらしい

 

3,「織田信長」の子孫「織田信成」について

「信長」は切れ長の目だったらしいが、「信成」さんと似ていたのかもしれない

「織田信長」の肖像画をまとめてご紹介

戦国の覇者「織田信長」には、数多くの肖像画が現在まで伝えられています。

最も有名な肖像画といえば、「愛知県豊田市・長興寺」のコチラの肖像画でしょう。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

 

次は、「織田信長」の顔を「西洋式」の画法で描いた肖像画です。その肖像画を写真におさめたものが、コチラです。

《山形県天童市三宝寺所蔵、宣教師による織田信長肖像画Wikipediaよりパブリックドメイン》

 

以下の肖像画は、愛知県の「秀吉清正記念館」の「織田信長」像です

《織田信長の肖像画》
「引用元ウィキペディアより」

 

最期は「兵庫県丹波市」にある「春日歴史民俗資料館」が所蔵する「ひげのない織田信長」の肖像画です。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

 

この他にも、織田信長の肖像画は、現在「19点」発見されているといわれています。(30点以上発見されているという説もあり)

これらの肖像画を見てみると「織田信長」は

鼻筋の通った「端正な顔立ち」をしている

ということがわかると思います。

とくに「山形県天童市所蔵の西洋式肖像画」と「最期の肖像画」は、織田信長が顔立ちの整った「美男子」であることを、見事に描ききっているのではないでしょうか。


スポンサーリンク

「織田信長」は、イケメンだったのか?

結論からいえば、当時の価値観でいうと「織田信長」は「イケメンだった」と考えられます。

ただし、現代の価値観や評価基準でみると、「織田信長」がイケメンだったと言えるかどうか、若干疑問が残ります。


当時、宣教師「ルイス・フロイス」は「織田信長」について、こんな記録を残しています。

彼は中くらいの背丈で、華奢な体躯であり、ヒゲは少なく、はなはだ声は快調

この「フロイス」の記録を言いかえると、以下の通りになると思います。

  • 「身長は平均的」
    (当時の平均身長は150cm。信長はそれより数センチ身長が高かったといわれている)
  • 「ヤセ型だが筋肉質」
    (信長は馬術・弓術や水泳で常に身体を鍛えていた)
  • 「ひげが少ない」
    (おそらく女性的な顔立ちだったのだろう)
  • 「はなはだ声が快調」
    (甲高い声だったという証言がある)

平均身長より高く、痩せマッチョ、ヒゲが少ない清潔で整った顔立ち、甲高い声

おそらく当時としては、女性を喜ばせる顔立ちだったのでしょう。

余談ですが、美男子といえば「織田信長」の小姓「森蘭丸」が有名です。

蘭丸は「織田信長」の愛人だったという噂があります。

当時の風習としては、「戦国武将」が「小姓」を愛人とすることは、それほど珍しいことではなかったようですが・・・。

この「愛人関係」について、真偽の程は不明です。


「森蘭丸」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【本能寺の変】美少年「森蘭丸」の最期!蘭丸が黒幕だった説を考察!」の記事はコチラ

「織田信長と森蘭丸の関係がスゴイ!信長との家臣と主君を超えたBL関係」の記事はコチラ


スポンサーリンク

信長の身内には、「美男美女」がたくさんいた!

実は「織田信長」の身内には、美男美女がたくさんいました。

例えば「織田信長」の妹「お市の方」は、「戦国一の美女」と呼ばれています。

《お市の方》
『引用元ウィキペディアより』

 


当時から「戦国一」と評価されていたかどうかはわかりませんが、「美女」であったことだけは確かなようです。

「お市の方」の容姿について、「溪心院」という人が記録を残しています。

「30代後半であるにも関わらず、20代にしかみえない」

この「お市の方」は、「織田信長」と父も母も同じくする妹ですので、「織田信長」とも顔立ちが似ていても不思議ではありません。

また、同じく「お市」や「信長」と両親を同じくする「織田信勝(信行)」も、容姿端麗であったと言われています。

それだけではありません。

信長の三男「織田信孝」も、容姿端麗で、まるで「お姫様」のようだったとの証言が残っています。

信長の家系には「美男美女」が多かったのでしょう。

「織田信長」もまた、その「美男美女」の家系ですので、美男子であったとしても、不思議ではないわけです。


「お市の方」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「お市の方のすべてを徹底解説!家系図や[織田信長]との関係を完全網羅」の記事はコチラ


スポンサーリンク

信長の顔は、子孫「織田信成」さんに継承されていた?

織田信長の子孫といえば、元フィギュアスケート選手「織田信成」さんが有名です。

《織田信成》
「引用元ウィキペディアより」

 

実は「織田信長」、織田信成さんと同じく、「切れ長の目」であったといわれています。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

 


歴史家や、実際の「織田信長」の末裔の方々からすれば、「織田信成」さんが本当に信長の子孫かどうか、ハッキリしていないようです。

あくまでも「織田信長の末裔」というのは「織田信成」さんの「自称」でしかないということです。

それでも「織田信長」の容姿を、「信成」さんが引き継いでいる、という噂があります。

織田信成さんも「切れ長の目」ですが・・・。

もしかすると、「織田信長」は「織田信成」さんのような顔立ちだったのかもしれませんね。

この「顔立ち」が、当時は「イケメン」と評価されるものだったのでしょう。


「織田信成」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「織田信長と元スケート選手「織田信成」の家系図!彼は子孫ではない?」の記事はコチラ

「織田信長」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信長の肖像画を見てみると、「鼻筋」の通った端正な顔立ちをしていることがわかる。当時の価値観からすると「イケメン」だったのだろう

 

2,織田信長と両親が同じ妹「お市の方」は、「戦国一の美女」と評価されており、弟「織田信勝」も「容姿端麗」といわれている。さらに信長の三男「信孝」も、美男子として有名だったらしい

 

3,「信長」は切れ長の目だったらしいが、子孫といわれている「信成」さんと似ていたのかもしれない

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る