織田信長の顔写真は本物なのか?この似顔絵が本当に信長なのかを検証

この記事では「織田信長の顔写真」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「織田信長の顔写真」が「本物かどうか」を、カンタンに理解できます。

 

「織田信長の顔写真」といわれている代物は、本当は「顔写真」ではなくて「写実的に描いた似顔絵」なのだそうです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信長」の「顔写真・似顔絵」は、どこにあるのか?

現在「山形県天童市」の「三宝寺」というお寺が所蔵している

 

2,なぜ「織田信長の顔写真・似顔絵」が、「山形県天童市」にあるのか?

「織田信長」の次男「織田信雄」の末裔が、江戸時代にこの「山形県天童市」に位置していた「天童藩」を治めていたから。そのときの「織田家の菩提寺」が「三宝寺」であり、「織田信長の位牌」も存在している。

 

3,織田信長の「似顔絵」は、本当に「織田信長の顔」を描いたものなのか?

おそらく本当に「織田信長」の顔を描いた代物だろうが、誰がいつ描いた物なのかは、ハッキリしていない。

織田信長の「顔写真・似顔絵」は、現在どこにあるのか?

織田信長には、「顔写真」が現存していることをご存知でしょうか?

その信長の顔写真とは、こちらです。

《山形県天童市三宝寺所蔵、宣教師による織田信長肖像画Wikipediaよりパブリックドメイン》

今から約【450年前】を生きていた「織田信長」の写真が残っているなんて。

これは本物なのでしょうか?


この「織田信長」の顔写真、実は「写真」ではなくて、「肖像画」なのです。

「写実画」であり、当時海外から来た宣教師が、西洋の画法をつかって描いた「織田信長の似顔絵」なのだとか。

現在「山形県天童市」にある「三宝寺」というところに、「西洋人宣教師が書いた信長の似顔絵」の「複写」、つまり「複製品」が残されているわけです。


「織田信長の生涯年表」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ


スポンサーリンク

なぜ「山形県天童市」に、信長の似顔絵があるのか?

どうして「山形県天童市」に、織田信長の似顔絵が残っているのでしょうか?

実は「山形県天童市」は、「織田信長」の子孫が、藩主として支配していた土地なのです。

「織田信長」の次男「織田信雄」の子孫である「織田信美(のぶかず)」。

この「織田信美」が、1831年】から約【40年】のあいだ、藩主として「天童織田藩」を支配していたのです。


当時の「天童織田藩」の石高は「2万3千石」。

このとき、「天童織田藩」に「織田家の菩提寺」としてつくられたのが「三宝寺」です。

三宝寺には、織田家の歴代当主たちの位牌がおさめられています。

当然「織田信長」の位牌もあります。

そしてそれらの「位牌」と一緒に、この「織田信長の似顔絵」が伝えられてきたといわれています。


「織田信雄」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「織田信長の次男【織田信雄】の生涯年表!うつけを演じた名将だった?」の記事はコチラ


スポンサーリンク

この「似顔絵」は、本当に信長なのか?

結論からいえば、この似顔絵は「織田信長」の顔で間違いないと思います。

1835年】、この「似顔絵」を「天童織田藩」が所持していた記録が、はっきりと残っているのです。

しかし、実はこの「似顔絵」、いったい誰が描いたものなのか、正確にはわかっていないのです。


当時の日本には、「西洋の写実画」を描く技術を持つ人が、一人だけいました。

ナポリ出身のイタリア人画家「ジョバンニ・ニコラオ」という人物です。

「ジョバンニ・ニコラオ」は、【1583年】に日本へ渡り、【1614年】に「禁教令」によってマカオへ追放され、【1623年】に亡くなった画家です。

信長の次男「織田信雄」が、この「ジョバンニ・ニコラオ」に対して、父「織田信長」の肖像画の作成を依頼した、と推測されています

ただし、「ジョバンニ・ニコラオ」は「織田信長」と会ったことがありません。

織田信長は【1582年】に、「本能寺の変」で亡くなっています。

「ジョバンニ・ニコラオ」が来日したのは、織田信長が亡くなった翌年【1583年】です。

つまり「ジョバンニ・ニコラオ」は、「織田信長」の顔を知らないままに、その似顔絵を描いているのです。

とはいえ、もしもこの似顔絵を描かせたのが信長の次男「織田信雄」であるとすれば、「似ていない似顔絵」を、後世に残すはずがありません。

信雄は、「ジョバンニ・ニコラオ」が作成したこの肖像画をみて、「父・信長に似ている」と認めたため、後世に残したのでしょう。

ただし、「織田信雄が、父・信長の似顔絵の作成を、ジョバンニ・ニコラオに依頼した」という確かな記録はありません。

あくまでも憶測でしかないのです。

しかし、憶測とはいえ、もっとも可能性が高い推理であるとは思います。

《織田信長の次男「織田信雄」が「ジョバンニ・ニコラオ」に、父の似顔絵の作成を依頼した》

この憶測が正しいとしたら、「織田信長の似顔絵」として伝わっているこの肖像画の人物は、「織田信長」ということになります。

可能性は極めて高いと言っていいのではないでしょうか。


「本能寺の変」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅」の記事はコチラ


スポンサーリンク

信長の「肖像画」と「似顔絵」を比較してみた!

織田信長の「似顔絵」は、本当に「織田信長」の顔と似ているのかどうか、有名な「信長の肖像画」と比べてみました。

左の肖像画は、教科書などにも掲載されている、有名な「愛知県豊田市・長興寺」所蔵の「織田信長・肖像画」です。(引用元ウィキペディアより)

この肖像画も、信長の死後に描かれたものといわれています。

2つ並べてみると、筆者の感覚ですが、よく似ている気もします。


実は、右の肖像画には、「織田信長」にはない特徴が、一つ付け加えられていると考えられます。

それは「ヒゲ」。

宣教師「ルイス・フロイス」の残した「日本史」という記録には

「織田信長は、ヒゲが薄かった」

と記されています。

ところが「織田信長の似顔絵」には、ヒゲがとても濃く描かれています。

もしかすると次男「信雄」が、父の肖像画の威厳を高めるために、ありもしなかったヒゲを付け加えて描かせたのかもしれません。

それを除けば、「面長な顔の輪郭」、「切れ長な目元」、「通った鼻筋」など、とても良く似ていると思います。

やはり「三宝寺」に伝わる「織田信長の似顔絵」は、本物なのではないでしょうか。

「戦国一の美女」と呼ばれた「お市の方」と、父も母も同じくする「織田信長」。

「妹」が評判の美人だったのですから、「信長」自身もおそらく当時は、今でいう「イケメン」として評価されていたのではないでしょうか。


「織田信長は、イケメンかどうか」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「織田信長の顔はイケメンだったのか?信長の肖像画で顔を検証してみた」の記事はコチラ


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信長」の「顔写真・似顔絵」は、現在「山形県天童市」の「三宝寺」というお寺が所蔵している

 

2,「織田信長の顔写真・似顔絵」が、「山形県天童市」にある理由は、「織田信長」の次男「織田信雄」の末裔が、江戸時代にこの「山形県天童市」に位置していた「天童藩」を治めていたから。そのときの「織田家の菩提寺」が「三宝寺」であり、「織田信長の位牌」も存在している。

 

3,織田信長の「似顔絵」は、おそらく本当に「織田信長」の顔を描いた代物だろう。しかし、誰がいつ描いた物なのかは、ハッキリしていない。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る