織田信長と森蘭丸の関係がスゴイ!信長との家臣と主君を超えたBL関係

この記事では「織田信長と森蘭丸の関係」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「信長と蘭丸の関係」を、カンタンに理解できます。

 

「森蘭丸」は「織田信長の愛人であり、夜のお相手をしていた人物」なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信長」と「森蘭丸」は、どういう関係だったのか?

森蘭丸は、織田信長が寵愛した部下であり、愛人でもあった

 

2,「同性愛」は当時めずらしいものだったのか?

同性愛の関係は、当時それほど珍しくはなかった。「前田利家」や「伊達政宗」「徳川家康」にも、似たような逸話・エピソードがある

 

3,「森蘭丸」の父「森可成」と兄「森長可」とは、どういう人たちだったのか?

「森可成(もり よしなり)」は信長お気に入りの猛者で、【1570年】の「宇佐山城の戦い」で戦死。兄「森長可(もり ながよし)」は弟「蘭丸」の死の2年後【1584年】に「小牧・長久手の戦い」で戦死している。

「織田信長」と「森蘭丸」の関係!2人は深い関係だった

織田信長と森蘭丸は、「主君」と「家来・部下」という関係だけではなく、肉体関係にあったといわれています。

 

つまり、現代でいうところの「ボーイズ・ラブ」・・・。「BL」というやつですね・・・。

《森蘭丸》
「引用元ウィキペディアより」

 

絶世の美少年「森蘭丸」は、信長から夜の相手を命じられて、素直に従っていたようです。

 

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

森蘭丸といえば、織田信長に仕えた猛将「森可成(もり よしなり)」の息子。

 

正式名称は、「森成利(もり なりとし)」または「森長貞」や「森長康」ともいわれています。

 

信長の小姓(こしょう)として仕え、現代でいうところの「秘書」のような役割を果たしていました。

 

小姓とは、「名門の子弟」が任命されることが多く、今でいう「エリートコース」でした。

 

森蘭丸は、【18歳】という若さで戦死していますが、織田信長お気に入りの家来「森可成」の息子だったため、将来をかなり有望視されていたのです。

 

小姓として、勉強も武術も、最高レベルでのエリート教育を施された森蘭丸は、その優れた容姿もあって、織田信長から寵愛されていたのです。

 

その寵愛ぶりは、半端ではなく、「夜の相手」もさせられるほどだったわけです。


スポンサーリンク


当時はめずらしくない同性関係!「前田利家」や「伊達政宗」も同性愛の経験あり?

「織田信長」と「森蘭丸」は「同性」でありながら、関係をもっていたわけですが、戦国時代の当時、男性同士で肉体関係を持つことは、それほどめずらしいことではありませんでした。

 

信長の部下「前田利家」は、若いころに、信長から愛されて、同僚たちから羨ましがられたという逸話が残っています。

 

「伊達政宗」も、同性の家来を愛して、「嫉妬に狂った手紙」を、その部下に対して送りつけています。(手紙は現存しているらしい・・・。)

 

当時、戦場に女性を連れてくることは、かなり難しいものがありました。

 

なぜなら、家来たちの妬みをかいますし、下手に風俗嬢をそばにいれたら、暗殺のリスクもあります。

 

そのため戦国武将たちは、長い戦場での生活に、イケメンの若い小姓を連れていって、夜は一緒に寝て、相手をさせていたのでした。

 

「徳川家康」も、徳川四天王の一人で「井伊直政」に、夜の相手をさせたといわれています。

 

女好きで有名な「豊臣秀吉」は、超絶美男子をそばに仕えさせてみたところ、「姉か妹はいるか?」と質問しただけで、何もしなかったとか。

 

秀吉はおそらく、同性愛の気はなく、その美男子の姉か妹を側女にしたいと考えたのでしょう。

 

「西郷隆盛」も、美男子の僧侶「月照」とそういう関係だったといわれています。

 

当時、同性愛はそれほど珍しくはなかったのです。

 

 

「井伊直政」や「月照」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『井伊直政は超イケメンで徳川家康の愛人だった?2人の関係を解説!』の記事はコチラ
『月照の生涯と海に身を投げた最後を解説!超美男子で西郷隆盛の愛人?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


森蘭丸の父「森可成」や兄「森長可」について解説

森蘭丸の父「森可成(もり よしなり)」と、兄「森長可(もり ながよし)」は、ともに猛将であり、壮絶な戦死を遂げています。

父「森可成」

「攻めの三左衛門」と呼ばれる猛者で、槍の名人だったという「森可成」。

 

1555年】には、「織田彦五郎信友」を討ち取る功績を残しています。

 

織田信長からとてつもなく気に入られた猛者「森可成」は、【1570年】の「宇佐山城の戦い」で戦死しています。

 

「浅井・朝倉連合軍」を相手に壮絶な死闘を繰り広げて、長男「森可隆(もり よしたか)」も、父とともに戦死。


スポンサーリンク


次兄「森長可」

次男「森長可」は、兄「森可隆」が戦死したことで、森家の家督を継承。

 

「森長可」は、かなり気性の激しかった荒武者だったようです。

 

信濃北部を領地として与えられ、越後「上杉景勝」攻略を任されていました。

 

1582年】、「本能寺の変」で「織田信長」や弟「森蘭丸」が亡くなると、「森長可」は、妻の父「池田恒興」とともに、「羽柴秀吉」に仕えます。

 

1584年】、「小牧・長久手の戦い」に「秀吉」の先方として参戦。

 

「羽柴秀次」や「池田恒興」とともに三河攻撃の別働隊に参加し、「徳川家康」に討ち取られています。

 

織田信長の乳兄弟「池田恒興」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話』の記事はコチラ

スポンサーリンク


蘭丸の最期!「本能寺の変」で弟たちとともに戦死!

「森蘭丸」は、【天正10年(1582年)6月2日】、「本能寺の変」で弟「森坊丸」や「森力丸」とともに、戦死しています。

 

「本能寺の変」は、「明智光秀」が主君「織田信長」を裏切って起こした事件。

 

このとき、蘭丸は、自ら槍を奮って奮戦したものの、明智三羽烏(あけちさんばがらす)と呼ばれた猛者「安田国継」に討たれたといわれています。(安田国継は、信長をも負傷させたといわれている)

 

享年18歳。

《森蘭丸の最期》
「引用元ウィキペディアより」

弟たち「森坊丸」と「森力丸」も、若くして壮絶な戦死を遂げています。

 

蘭丸が持っていた「槍」は、現在「兵庫県赤穂市」にある「大石内蔵助」たち「赤穂四十七士」を祀る「大石神社」に保管されており、「宝物殿」で公開されています。

 

「大石神社のホームページ」はこちら

 

森蘭丸の兄「森長可」は、「本能寺の変」の2年後に「小牧・長久手の戦い」で戦死。

 

兄弟が数多く戦死した「森家」は、末弟「森忠政」が継承し、「津山藩」を立藩しています。(津山藩は【1697年】に、改易)

 

「本能寺の変」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

 

「蘭丸」を討ち、「信長」を負傷させた「安田国継」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『明智光秀の家臣団を一覧紹介!山崎の戦いで敗北した最強明智軍の敗因』の記事はコチラ

余談になりますが、【2011年】の大河ドラマ「江」に、「森蘭丸」の弟「森坊丸」と「力丸」も登場しています。

 

その「坊丸」を演じたのが、【2020年】の大河ドラマ「麒麟がくる」で「織田信長」を演じた俳優「染谷将太」さんです。

 

「森蘭丸」は「瀬戸康史」さんが演じて、「森力丸」は「阪本奨悟」さんが演じておられました。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,森蘭丸は、「織田信長が寵愛した部下であり、愛人でもあった

 

2,同性愛の関係は、当時それほど珍しくはなかった。「前田利家」や「伊達政宗」「徳川家康」にも、「同性愛」について、似たような逸話・エピソードがある

 

3,「森蘭丸」の父「森可成(もり よしなり)」は、織田信長お気に入りの部下であり、有名な猛将だった。【1570年】の「宇佐山城の戦い」で戦死。兄「森長可(もり ながよし)」は弟「蘭丸」の死の2年後【1584年】に「小牧・長久手の戦い」で戦死している。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る